ビートルマニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビートルマニア(Beatlemania)とは、イギリスの音楽バンド「ビートルズ」の関連用語で、特に1960年代に存在した熱狂的なファンを指した言葉。「ビートルズ・マニア」とも呼ばれる。

概要[編集]

1962年10月にEMI系列のパーロフォンからシングル「ラヴ・ミー・ドゥ」でレコード・デビューしたビートルズは、1963年に入ると急激に人気を獲得した(詳細はこちらを参照)。特に十代を中心とした若い女の子たちのビートルズへの熱狂はすさまじく、幾つかの記録映像(ビデオ版の「ザ・ビートルズ・アンソロジー」や「ザ・コンプリート・ビートルズ(The Compleat Beatles)」)で、その高音による喚声が残されている。

こうしたファンの一部はコンサートで声援を送るだけではなく、ビートルズが宿泊しているホテルの周囲を取り囲んで終夜喚声を上げる様な状況をイギリス各地で起こすようになった[1]。11月になると、コンサート・チケットの発売日の三日前から未成年を含むファンが行列を作るという状況が問題視され、イギリス議会で取り上げられる[2]。10月頃になって、「デイリーミラー」がこうしたファン達を称してビートルマニアという言葉を使い始めるようになった[3]

ブライアン・エプスタインの発言[4]によると、1964年にビートルズがアメリカ合衆国JFK国際空港に降り立った時の状況が、ビートルズが世界的な人気を獲得した契機となり、これがビートルマニアのイメージの元になっているとされる。

派生した用語[編集]

この用語はその後さまざまな派生形を生んだ。たとえば、1970年代初頭のローラーマニア (Rollermania) はスコットランドバンドベイ・シティ・ローラーズについて用いられ、1980年代初頭にはラテンアメリカ全土を熱狂させたメヌード (Menudo、のちにリッキー・マーティンが在籍していたグループ) を指してメヌードマニア (Menudomania) という用語が作られている。

脚注[編集]

  1. ^ 庄司英樹著『ビートルズの復活』P118-119。
  2. ^ 高尾栄司著『ビートルズになれなかった男』P244。
  3. ^ 高尾栄司著『ビートルズになれなかった男』P180。
  4. ^ ビデオ版『ザ・ビートルズ・アンソロジー』より。