生徒諸君!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
生徒諸君!
ジャンル 少女漫画学園漫画
漫画
作者 庄司陽子
出版社 講談社
掲載誌 週刊少女フレンド
レーベル 講談社コミックスフレンド
発表号 1977年18号 - 1985年9号
発表期間 1977年 - 1985年
巻数 単行本全24巻、外伝全1巻
文庫版全12巻
その他 第2回講談社漫画賞少女部門(1978年)
テンプレート - ノート

生徒諸君!』(せいとしょくん)は、庄司陽子による日本の学園漫画作品。1977年から1985年に、『週刊少女フレンド』(講談社)で連載された。1978年(昭和53年)度、第2回講談社漫画賞少女部門を受賞した作者の代表作。

この作品を原作にして、1984年に実写版映画が制作されたほか、1980年1987年にはテレビドラマが、1986年にはテレビアニメが制作された。

2003年から、この作品の続編となる『生徒諸君!教師編』が連載され、2007年4月にテレビドラマ化された。

概要[編集]

『週刊少女フレンド』(講談社)1977年18号から1985年9号に連載。1978年に、第2回講談社漫画賞少女部門を受賞した作者の代表作。このほか、番外編となる外伝が『ハローフレンド』(講談社)1973年12月号、1974年1月号に掲載された。単行本は講談社コミックスフレンドから全24巻と外伝全1巻が発行され、文庫版は講談社漫画文庫から全12巻が発行された。

あらすじ[編集]

聖美第四中学校2年A組にやってきた転校生・北城尚子。ナッキーの愛称を持つ彼女は、自分に素直な感性と快活さで学園生活に新たな風を巻き起こす。やがて彼女を慕うクラスメイトたちと悪たれ団を結成。中学、高校、大学、そして社会に出るまで間に、学校行事や進学、恋愛、家庭事情などさまざまな出来事を経験しながら、ナッキーと彼らは強い友情を育みつつ成長していく。

主な登場人物[編集]

悪たれ団[編集]

ナッキーが最初に名づけた名前は『聖美悪たれ伝を作る会』だったが、この名称は物語の冒頭でしか登場しない。メンバーは加入順に

北城 尚子(きたしろ なおこ)
主人公。聖美第四中学校2年A組にやってきた転校生。愛称「ナッキー」。裕福な家庭に生まれるが、双子の姉・真理子が生まれつき極度に病弱であったため青森県に住む祖父母に育てられる。彼女はマールと母が写った七五三の写真を見て、勉強も遊びもすべてを全力でマールの分、二人分生きようと思った。学業は学年全国トップクラスでその上運動万能、人望も厚い。中学ではソフトボール部、高校では女子バスケットボール部に所属。自身の体験から学生生活の大切さを伝えるべく中学教師を目指す。
岩崎 祝(いわさき はじめ)
ナッキーが転入当時隣席になった縁で、最初の悪たれ団メンバーとなる。バスケットボール部に所属。身長は低いが敏捷な動きで交代要員として活躍。愛称「ばかめ」「チビ(高校に入り身長が伸びた為使われなくなった)」。学業は振るわなかったが、ナッキーと同じ瑞穂高校への進学を志し猛勉強の末に補欠入学。低身長を生かしたプレイを編み出し、レギュラーの座を勝ち取る。体育大学へ進学後もバスケットを続けていたが、全日本選手に選ばれる直前に沖田との喧嘩で網膜剥離を患い、選手をあきらめ教職の道へ。ナッキーを陰に日向に支える大切な存在となっていく。小西初音の恋人である。守という兄がいる。
五月野 舞子(さつきの まいこ)
2年A組の副委員長。美術部に所属。ナッキーの転入初日に祝と共に校内を案内し、飛島を紹介する。僚一に長らく片思いしていたが、中3の夏祭りの夜ようやく告白、めでたく両思いとなる。ふだんはおしとやかだが、マールに失恋し落ち込んでいた僚一を叱りつけるなど、しっかり者のところがある。薬科大学へ進学。将来は田村病院の院長夫人。2歳下の妹 愛子がいる。愛称「舞ちゃん」。
小西 初音(こにし はつね)
片思いしていた祝を取られると思い込みナッキーに文句をつけるが和解、メンバーとなる。家庭的な性格で、ナッキーに『日本二のお母さんになれる』と称された(日本一はナッキーの母親:ナッキー談)。中学校では家庭部に所属。高校2年のときレイプされ一時東京を離れるが、悪たれ団の友情と祝の兄・岩崎守の愛情で立ち直り、後に守と結婚する。子供も二人持っている。
田村 僚一(たむら りょういち)
2年A組の委員長。クラス一の秀才で田村病院のあととり。学業第一のまじめな性格で、ナッキー達の振舞いを当初は苦々しく思っていたが、体育祭で1位を取った者だけが貰える「緑色のネッカチーフ」の獲得を機に心を開き、メンバーとなる。医科大学在学中に舞子と婚約。愛称「委員長」。
沖田 成利(おきた なるとし)
大阪から来た編入生。ナッキーたちが進級した3年F組にやってくる。自称『大阪の悪たれ』でナッキーたちのことを「鼻たれ団の間違いでっしゃろ?」とからかうが、後に意気投合しメンバーとなる。母 久美子は幼少時に他界しており、トラック運転手である父と二人暮らし。高校・大学ではワンダーフォーゲル部に所属。ナッキーをめぐって祝と争うも、大学2年の時、冬の穂高で遭難事故に遭い命を落とす。

ナッキーたちをめぐる友人・先輩・ライバル・生徒[編集]

清水キャプテン
聖美四中ソフトボール部キャプテン。ポジションはピッチャーで、高校からスカウトが来るほどの実力の持ち主。街子という妹もいる。
鎌坂キャプテン
同部副キャプテン。ポジションはショート。転校して来たナッキーの素質を見抜きソフト部にスカウトする。清水キャプテン卒業後はキャプテンに昇格。
遠峰淳子
私立竜山寺高校バスケ部のキャプテン。かなりの力と実力がある。岩崎に片思いをしていた。ナッキーになろうと付き合っていたもののすぐに別れた。
守谷高雄
瑞穂高校バスケ部キャプテンで生徒会長でもあった。成績もトップクラス。
阪東太郎
ナッキーが教育実習で男子中学の国分学園に行った時に出会った総番長の2年生。力もあり頭の良いカリスマ的存在だが、空手道場にいる姉たちに一度も勝った事がない。ある日、傷だらけになりナッキーの家に来た事がある。好きになった子敦子の兄、駒井という暴走族と闘ったのだった。しかし阪東は敦子を愛していたので、彼は再び駒井と闘う。面影が沖田と似ている。
駒井敦子
兄駒井より7つ年下の妹。兄と幼い頃から二人暮らし。暴走族の環境で育ったせいか、気が強く、男顔負け度胸の持ち主。だか芯はとてもあたたかい。14歳の時、阪東と付き合い始めるが、兄に猛反対され、1対1の大ケンカになった。阪東がボロボロになった時、「やめて」と叫んだ敦子は阪東の代わりに兄のパンチに受け倒れた。ちょっと気の弱い阪東のことを愛している。
清水街子
ナッキーが教育実習で聖美中に行った時に出会った中1不登校児。だかナッキーの言葉で前向きに生きようと決めた。それからソフト部に入部。

その他の主要人物[編集]

飛島 峻(とびしま しゅん)
3年生で美術部の先輩。画家志望。ナッキーの想い人であり、ナッキーの本質を早くに見抜いた人物。父 青一(せいいち)は世界的に有名な画家。尚子に自作の絵を届けに行く際に交通事故に遭い、利き腕の右手が不自由となる。マールとのふれあいから左手で絵を描けるようになり、マールと婚約。マールの死後は世界を渡り歩きながら絵を描き続けている。3歳下の弟 遥がいる。
飛島 遥(とびしま よう)
峻の弟。再婚した母親の連れ子だったため、峻との血の繋がりはない。事故の間接的な原因となった尚子を憎むも、後に和解。聖美第四中学校に入学後、祝を慕いバスケットボール部に入部。その後も祝の後を追い続け、大学在籍時には全日本選手に選ばれる。
北城 真理子(きたしろ まりこ)
ナッキーの双子の姉。生まれつき病弱なため学校には通っていない。愛称「マール」。あやとりと編み物が得意。僚一に贈られたリンクスという子犬を可愛がっていた。16歳で夭折したものの・・
金田 巌(かねだ いわお)
聖美第四中学校の国語教師で、2年A組の担任。あだ名は「ガマダ」。淑子先生に思いを寄せていたが、悪たれ団の活躍によりめでたく結婚できた。以後、妻の淑子と共にナッキーたちを温かく見守る存在となる。ナッキーが教育実習で聖美四中に帰ってきたときは指導教員を務めた(計算上、聖美四中に7年以上勤続していることになる。これは連載当時には東京都内の公立中学校の在職年齢としてそう珍しいものではなかった)。
杉山 淑子(すぎやま としこ)
聖美第四中学校の家庭科教師。金田と結婚し二児を授かる。
高見沢 正博(たかみざわ まさひろ)
瑞穂高校の教諭で、1年C組の担任。ガマダの大学の後輩。中学の時に姉を亡くしシスターコンプレックスになる。悪たれ団の策略も手伝い、堀内と結婚することとなる。
堀内 知子(ほりうち ともこ)
瑞穂高校の養護教諭。婚約者を事故で失い、以後結婚する意思をなくすも高見沢に求婚される。眼鏡を外した顔が高見沢の姉に非常に似ているらしい。
北城 未知子(きたしろ みちこ)
ナッキーの母。夫の誠士とは駆け落ち結婚だった。赤ん坊のマールが長く生きられないと知り、マールの育児に専念するためにナッキーを実家に預けた(このことは後々までナッキーの心の傷となっていく)。ナッキー14歳のときマールの余命が残りわずかと知り、ナッキーを引き取った。マールの死後、その精神的ショックから一時ナッキーをマールと思い込む。
北城 誠士(きたしろ せいじ)
ナッキーの父。世界的なホテルグループ『ホテル・ユニオン』の社長。落ち着いた人格者で、家族を心から愛している。
岩崎 守(いわさき まもる)
祝の兄。家業を手伝いながら作家を目指している。事件に巻き込まれて失意のうちにあった初音を立ち直らせて後に結ばれる。後に「悪たれ団」をモデルとした小説で新人賞を獲得して作家デビューすることになる。
岩崎家の人々
岩崎酒店を経営。婿養子で気弱な性格の父とパワフルなおかみさんタイプの母、長男・守(小説家の卵)と次男・祝の4人暮らし。

コミックス[編集]

  • 単行本
    • 庄司陽子 『生徒諸君!』講談社〈講談社コミックスフレンド〉全24巻
    • 庄司陽子 『生徒諸君!外伝 沖田成利編』講談社〈講談社コミックスフレンド〉全1巻
  • 文庫版
    • 庄司陽子 『生徒諸君!』講談社〈講談社漫画文庫〉全12巻

映画[編集]

1984年12月22日より、日本ヘラルド映画(現・角川映画)の配給で公開された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビアニメ[編集]

1986年2月23日に、フジテレビ系「日生ファミリースペシャル」で、『生徒諸君!心に緑のネッカチーフを』のタイトルで放映された。「日生ファミリースペシャル」の最終作。

放送時間[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ハートに落とした涙」
作詞 - 秋元康 / 作曲 - 小田裕一郎 / 編曲 - 船山基紀 / 歌 - つちやかおり
エンディングテーマ「答えはいらない」
作詞 - 秋元康 / 作曲 - 小田裕一郎 / 編曲 - 船山基紀 / 歌 - つちやかおり
フジテレビ 日生ファミリースペシャル
前番組 番組名 次番組
生徒諸君!
心に緑のネッカチーフを
(終了)

テレビドラマ[編集]

1980年版[編集]

1980年9月1日から1981年3月30日まで、テレビ朝日系で毎週月曜日、19:00 - 19:30に放映された。全28話。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. ハーイ!アイアムうわさの転校生 (1980年9月1日)
  2. 片思いなんてもう古い! (9月8日)
  3. ガッツで飛びつけ!百本ノック (9月15日)
  4. ごめんねナッキー (9月22日)
  5. 走れ!さわやか体育祭 (10月6日)
  6. 友情って痛いもの? (10月13日)
  7. 先生、大好き!結婚させちゃお (10月20日)
  8. もう一人のナッキー (10月27日)
  9. モナリザの涙 (11月10日)
  10. ウエディング大作戦 (11月17日)
  11. がんばって、飛島先輩 (11月24日)
  12. 最終試合は青春色 (12月1日)
  13. 飛島さんが遠くに見える (12月8日)
  14. 期末試験必勝法 (12月15日)
  15. メリーXマス!友情に乾杯! (12月22日)
  16. 泣け!泣け!ナッキー (1981年1月5日)
  17. よく学びよく遊べ (1月12日)
  18. チビが受験をあきらめた!? (1月19日)
  19. 母ちゃんの胸に (1月26日)
  20. いじわる!ナッキー (2月2日)
  21. 愛のバレンタインデー (2月9日)
  22. バスケはチビの受験科目 (2月16日)
  23. 神様!合格させてください (2月23日)
  24. 泣くか?笑うか?合格発表! (3月2日)
  25. 悪たれ団対決!3対3 (3月9日)
  26. えっ!?ナッキーがスカウトされた (3月16日)
  27. ありがとう!金田先生 (3月23日)
  28. さようなら、中学時代 (3月30日)
テレビ朝日 月曜19時台前半枠
【当番組までドラマ枠】
前番組 番組名 次番組
生徒諸君!
タイガーマスクII世
(アニメ再開)

1987年版[編集]

1987年6月8日に、フジテレビ系「月曜ドラマランド」で放映された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]