有島一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ありしま いちろう
有島 一郎
本名 大島 忠雄
おおしま ただお
生年月日 1916年3月1日
没年月日 1987年7月20日(満71歳没)
出生地 日本の旗日本愛知県名古屋市
民族 日本人
ジャンル 俳優
活動期間 1933年 - 1987年

有島 一郎ありしま いちろう1916年3月1日 - 1987年7月20日)は、日本俳優。本名、大島 忠雄おおしま ただお)。

愛知県名古屋市出身。名古屋中学校卒業。所属事務所は、有島一郎一座に始まり、小夜福子一座、劇団たんぽぽ、劇団空気座、松竹大船、東宝芸能を経て、最後はフリーだった。

来歴・人物[編集]

1916年3月1日、愛知県名古屋市で鉄工所経営者の長男として生まれる。日置尋常小学校を経て名古屋中学に入学、その頃から芝居好きで学生時代は学芸会の花形として活躍した。しかし両親が相次いで亡くなるという不幸に見舞われ、有島自身も自活を迫られてしまう。

1933年に卒業後は、俳優を目指して当時、人気スターだった田村邦男に弟子入り、十代で軽演劇の世界に飛び込む。1936年に上京後は、新宿のムーラン・ルージュに入り、次第に頭角を現す。1940年にまさ子夫人と入籍(結婚式は21年後の1961年に行われる)。その後、有島一郎一座を結成するが長続きせず、小夜福子一座、水の江滝子率いる劇団たんぽぽと渡り歩くうちに終戦を迎える。

終戦直後には堺駿二と劇団空気座を旗揚げするも、すぐに脱退。結局は、三木トリロー・グループの池袋公演に出演したことがきっかけとなり、NHKラジオの『日曜娯楽版』に出演し、全国的に有名になる。1947年に『若き日の血は燃えて』で映画デビュー、1955年東宝と専属契約を結んでからは、『社長』シリーズ『若大将』シリーズなどに出演し、森繁久彌三木のり平と並び、名喜劇役者としての地位を確立する。一方、テレビではTBSの『ありちゃんのおかっぱ侍』で主役を演じ、舞台でも菊田一夫率いる東宝ミュージカルで三木のり平と共に中心的役割を果たすなど、有島の快進撃は続いた。その後は山田洋次監督の『なつかしい風来坊』あたりから、ペーソス漂う演技で新境地を開拓する。1966年には『暖春』でアジア映画祭最優秀助演男優賞を受賞。1972年に東宝専属契約を解除し、フリーになった。晩年はテレビ朝日の『暴れん坊将軍』で加納五郎左衛門役が当たり役となり、亡くなるまで演じた。

晩年の1984年6月21日には、『森田一義アワー 笑っていいとも!』の「テレホンショッキング」コーナー(フジテレビ)に出演。有島は「お友達紹介」で翌日の6月22日に、小説家有吉佐和子に出演依頼する。しかし、その有吉が同番組に出演した時の「『笑っていいとも!』テレビジャック事件」は当時大きな波紋を呼び、物議を醸すきっかけともなった。有吉は、同番組出演からわずか2か月後の同年8月30日に、53歳の若さで急死している。

1987年7月20日、心不全のため死去。71歳没。俳優・歌手のRomi(成田路実)は孫。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 鞍馬天狗角兵衛獅子 (1951年7月21日、松竹) - 板谷伊賀守
  • その夜の妻(1952年4月18日、松竹) - 松波刑事
  • あばれ獅子(1953年8月12日、松竹) - 都甲市郎左衛門
  • 七変化狸御殿(1954年12月29日、松竹) - 闇右衛門
  • 初恋カナリヤ娘(1955年1月8日、日活) - 疑問の男
  • 親馬鹿子守唄(1955年11月1日、東映) - モグラの鉄
  • サラリーマン出世太閤記(1957年6月19日、東宝) - 長谷川
  • 続サラリーマン出世太閤記(1957年11月12日、東宝) - 総務部長
  • おトラさんシリーズ(1957年 - 1958年、東宝)-日野江牛三
  • 社長三代記(1958年1月3日、東宝) - 奥村(姉妹会社専務)
  • 続社長三代記(1958年3月18日、東宝) - 奥村(姉妹会社専務)
  • 日本誕生(1959年10月25日、東宝) - 八百万の神
  • 珍品堂主人(1960年3月13日、東宝) - 宇田川
  • サラリーマン出世太閤記 花婿部長No.1(1960年3月29日、東宝) - 長谷川
  • 恐妻党総裁に栄光あれ(1960年5月10日、東宝) - 藤原弘之進博士
  • 若大将シリーズ(1961年 - 1970年、東宝) - 田沼久太郎
  • サラリーマン清水港(1962年1月3日、東宝) - 都田吉兵衛
  • サラリーマン 権三と助十(1962年1月28日、東宝) - 有馬彦吉
  • キングコング対ゴジラ(1962年8月11日、東宝) - 多胡部長
  • 大盗賊(1963年10月26日、東宝) - 久米地仙
  • 芸者学校(1964年2月29日、大映) - 松の屋呑平
  • ああ爆弾(1964年4月18日、東宝) - 銀行支店長
  • 君も出世ができる(1964年5月30日、東宝) - 大森課長
  • 花のお江戸の無責任(1964年12月20日、東宝) - 青山播磨
  • 日本一のゴマすり男(1965年5月29日、東宝) - 春山部長
  • 100発100中(1965年12月5日、東宝) - 手塚部長刑事
  • 奇巌城の冒険(1966年4月28日、東宝 / 三船プロ) - 酔仙道人
  • なつかしい風来坊(1966年11月12日、松竹) - 早乙女良吉
  • お嫁においで(1966年11月20日、東宝) - ジンタン
  • 九ちゃんのでっかい夢(1967年1月2日、松竹) - 旅館の主人
  • ドリフターズですよ! 特訓特訓また特訓(1969年1月15日、東宝) - 乃木多介
  • 三億円をつかまえろ(1975年4月12日、松竹) - 横山(元・金庫破り) ※主演作 
  • 潮騒(1975年4月26日、東宝) - 灯台長
  • 泥だらけの純情(1977年7月30日、東宝) - 飯塚医師
  • 炎の舞(1978年12月16日、東宝) - 小島
  • 遥かなる走路(1980年、松竹) - 谷口房蔵
  • 帰ってきた若大将(1981年2月11日、東宝) - 田沼久太郎
  • 生徒諸君!(1984年12月22日、日本ヘラルド映画) - 蒔枝校長
  • めぞん一刻(1986年10月10日、東映) - 音無老人

テレビドラマ[編集]

  • 居留地洋灯(1954年11月3日、NHK)
  • 土曜日の午後(1954年11月14日、NTV)
  • 青春スイート娘(1954年11月20日、NTV)
  • バスは春風にのって(1954年、KR
  • あっぱれ有馬氏(1956年、NTV)
  • ナショナル ゴールデン・アワー「てんてん娘 てんてん娘捕物帳」(1956年、KR)
  • 連続まげものドラマ ありちゃんのおかっぱ侍(1957年-1959年、KR) - ありちゃん
  • ボロ屋の春秋(1957年6月28日、NHK)
  • 夫婦百景(NTV
    • 第19回「探偵女房」(1958年9月15日)
    • 第89回「聖女房」(1960年1月19日)
    • 第110回「くいちがい夫婦」(1960年6月13日)
    • 第119回「まとはずれ夫婦」(1960年8月15日)
    • 第158回「ワンマンと弱妻」(1961年5月15日)
    • 第179回「催眠術夫婦」(1961年10月19日)
    • 第211回「創造夫婦」(1962年5月21日)
    • 第288回「現代妻」(1963年11月18日)
    • 第309回・第310回「銀座糞尿譚」(1964年4月6日・13日)
    • 第329回「銅婚式」(1964年8月24日)
    • 第361回「年上女房」(1966年6月21日)
    • 第394回「物々交換」(1967年2月7日)
  • 日曜家庭劇場「街に出た社長さん」(1959年2月22日、NTV)
  • ありちゃんの「パパ先生」(1959年-1960年、CX) - ありちゃん
  • NECサンデー劇場「華族女房」(1959年11月1日、NET)
  • 松本清張シリーズ・黒い断層 第37-39回「草」(1961年、TBS
  • 松本清張シリーズ・黒の組曲 第41話「結婚式」(1963年、NHK) - 新田徹吉
  • NHK大河ドラマ(NHK)
  • 太郎(1966年、NHK)
  • 青春とはなんだ 第8話「若い旋風」(1965年12月12日、NTV) - 信越産業人事部長
  • 嫌い!好き!!(1966年 - 1967年、NTV)
  • これが青春だ 第7話「赤ちゃん騒動」(1967年1月1日、NTV) - 南海郵便局局長
  • 時間ですよ(1970年、TBS)
  • 大忠臣蔵(1971年、NET / 三船プロ) - 堀部弥兵衛
  • 天下御免(1971年 - 1972年、NHK)
  • シークレット部隊(1972年、TBS) - 船長
  • 飛び出せ!青春(1972年 - 1973年、NTV) - 杉田校長
穂積隆信演じるうるさ型の教頭に対し、主人公たちに理解を示す校長役。『われら青春!』にも同役で出演。
※菊亭左大臣と梅小路大納言は同一人物。
  • ポーラテレビ小説 / 発車オーライ(1981年、TBS) - 亮軒先生
  • 時代劇スペシャル / 怨(1982年、CX) - 義寛
  • 暁に斬る! 第5話「医者が差し出す女体御供」(1982年、KTV) - 京屋楽右衛門
  • 開幕ベルは華やかに(1983年、ANB) - 中村勘十郎
  • ザ・サスペンス「非常階段の女たち」(1983年1月8日、TBS)
  • まどろみの暗示~ホスピスにて(1983年9月25日、NHK)
  • 必殺仕事人V 第11話「主水、送別会費を全額盗まれる」(1985年、ABC / 松竹) - 浦島亀吉
  • 月曜ワイド劇場「集団見合い、一目惚れ結婚 フルムーン婚約旅行」(1986年2月17日、ANB)

バラエティ[編集]

CM[編集]

外部リンク[編集]