生徒諸君!教師編

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

生徒諸君!教師編』(せいとしょくん きょうしへん)は、庄司陽子学園漫画作品。2003年より、講談社のヤングレディース誌『BE・LOVE』で連載開始し2011年3月、6号で終了した。続編は『生徒諸君! 最終章〜旅立ち〜』。

1977年から1984年まで、講談社「週刊少女フレンド」で連載された、『生徒諸君!』(中学編・高校編・大学編=まとめて『学生編』とも呼ばれる)の続編に当たる。2007年6月に小説版が発売された。 この作品を原案として、2007年4月~6月にはテレビドラマ(タイトルは『生徒諸君!』)が放送された。

あらすじ[編集]

学生編から3年後。晴れて、中学校教師となったナッキーこと北城尚子は、母校である聖美第4中学校で、楽しく幸せな教員生活を送っていた。しかしある日、恩師でもある金田教頭から「友人が教頭を務める中学で、2年生の担任が1学期いっぱいで辞めてしまい、代わりを探している」と打診される。

クラス担任になれると聞いたナッキーは大喜びで、その中学=横浜市立御園(みその)中学校へ赴任する。しかし、彼女が受け持つことになった2年3組は、教師や大人を信じられなくなった生徒たちの集団だった。謎の組織「3TD」に率いられた2年3組によって、苦しめられるナッキーであったが、彼女のあきらめようとしない根性と熱意を見た生徒達の一部は、次第に自分達の本心をナッキーに打ち明けていくようになる。

主な登場人物[編集]

テレビドラマ版では、学生編を読んでいなくても話が通じるよう、原作と設定が大幅に異なる人物も多い(#テレビドラマの項参照)。原作にフルネームが登場しない人物の姓名については、テレビドラマ版に従った。学生編にも登場する人物については、生徒諸君!#主な登場人物の稿も参照のこと。

御園中学校職員[編集]

北城尚子(きたしろ なおこ)
シリーズ通しての主人公。負けず嫌いな性格。中学校時代の経験から理想に燃え、教師を目指すが、初めて担当するクラスは、学校きっての問題児クラスであった。『母親に忘れられた』過去への複雑な思いを持っている。担当教科は国語。
宮沢義一
御園中学校の教頭。3TDと2年3組に手を焼き、友人の金田に新しい担任を紹介してもらう。
岸本まじめ
御園中学校の校長。ナッキーには信頼している。
野村信二
御園中学校の教師で、理科を担当。物語冒頭で、誤解によりセクハラのレッテルを貼られただけでなく、3TDによって半裸でさらし者にされてしまった。
近藤教諭
学年主任。修学旅行の責任者。
戸田教諭
2年5組担任。3組の行く末を案じ、新任のナッキーが3組を変えてくれるかと期待していた。担当教科は社会科。

2年3組生徒[編集]

3TD[編集]

御園中の教師達、そして御園中全体の生徒達を影で震え上がらせている、謎の3人組。当初構成員は不明であったが、尚子によって見破られた。2年3組教室前に設置された目安箱に、依頼内容を書いて入れれば、解決してくれるとして、2年3組生徒はもちろん他クラスからの依頼が、舞い込むこともしばしばだが、その実態は2年3組そのものを牛耳る存在であり、手段は卑劣そのもの。目安箱に書かれているターゲットは、全員が問答無用で横暴的な制裁を受けており、自分達に反意を持つ者は同じ生徒であろうとも容赦はしない。

3TDの3はメンバーの人数、Tは「Teacher」ではなく「Tree(3人とも苗字に“木(樹)”の字が含まれている)」、Dは「disposer(処理する人)」を意味する。

樹村珠里亜(きむら じゅりあ)
複雑な家庭事情を抱える女子生徒。寡黙で冷静沈着。先事件以来担任教師の事が信じられなくなり、話を聞かず一人で勉強をしていた。父は彼女の幼い頃に離婚し、母は病弱だった弟の死後錯乱し入院したため、叔母の家で厄介になっているが、叔母の息子に性的嫌がらせを受け続けている。それ故に学校に自分の居場所を求めて3TDを結成した。そのため2年3組の中でも、最後までナッキーに抵抗するが、心の中では切実に救いを求めていた。従兄弟に暴行されそうになった寸前、心配して駆けつけた公平たちに救われた。後に白血病を発病し入院治療をした。が、のちに再発し、公平がスイスから一時帰宅した際、ICUで亡くなる。
青木公平(あおき こうへい)
2年3組の学級委員長で、実質的な2年3組の支配者。私立ではなくても今の自分なら有名私立高校に行ける自信があり公立中学に入学。母親はPTA会長で、その威光をかさに着た振る舞いが目立つ。ナッキーと和解後は、母親の意向に逆らって自分の夢(パティシエ)を貫こうとし、スイス留学する。珠里亜のピンチを何度も救い、のちに相思相愛の仲になる。
木下薫(きのした かおる)
原作では長髪長身の少年。ドラマ版では唯一2年3組の中の金髪男子。バスケットボール部の幽霊部員。父親はヤクザの組長で「ヤクザに学問は要らぬ、中学卒業後は組に入ればよい」と言われ、好きなバスケットの夢もあきらめかけていたが、ナッキーの助言により進学を許され、今はあこがれの岩崎祝監督がいる京都の高校をめざし勉強中。西臣春菜が好きで、援助交際で妊娠した春菜に「オレが赤ん坊の父親になってやる」と申し出る。

その他の生徒[編集]

吉沢由佳(よしざわ ゆか)
万引きをしてナッキーが身元確認に行く。親が事故で死に、叔父の鹿野に育てられている。
白井将太(しらい しょうた)
山の置き去り事件以来不登校になった3人のうちの一人。事件以前は学級委員を務め、自分が提案したハイキングがもとで起きた事件に責任を感じていた。自分達のために公園を走るナッキーを最後まで見届け、ついに心を開く。
上田良(うえだ りょう)
不登校になった3人のうちの一人。ナッキーに「登校してほしければ公園を50周走れ」という無理難題を吹きかける。 この公園は上田がふだん運動のために使っている公園だった。気性は激しいがまっすぐな心の持ち主。
岡沢真奈(おかざわ まな)
不登校になった3人のうちの一人。
三宅静香(みやけ しずか)
修学旅行の事故で重傷を負いナッキーに助けられる。母親が恋愛をしているのが気に入らなかったが、ナッキーの助言で二人の結婚を認める。
神崎あゆみ (かんざき あゆみ)
絵が好きで将来その方面に進みたいが具体的なことがわからず悶々としている。ナッキーの助言により生き生きと将来を考えるようになる。青木のことが好きだったが、失恋してしまう。
トビオ
3年生になってやってきた転校生。報道カメラマンだった父親が戦争取材中に亡くなったため、叔母に引き取られた。父の遺品であるリュックサックを愛用している。

2年3組以外の生徒[編集]

渡辺順 (わたなべ じゅん)
2年1組生徒。気の弱い少年だが、成績は良い。かつては、私立の中学を受験していたが不合格となり、それまで仲の良かった友人達からイジメに遭い、3TDに救いを求める。
西臣春菜 (にしおみ はるな)
御園中の生徒会長。援助交際の末に妊娠してしまい、妊娠中絶のためのカンパを募っていたのをナッキーに見つかり、担任がさじを投げたためナッキーが面倒を見ることとなる。当初は中絶される赤ん坊の命も、自分の事もどうでもいいという態度をとっていたが…。

ナッキーをとりまく人々[編集]

岩崎祝(いわさき はじめ)
『悪たれ団』メンバーで高校教諭。中学生の頃からナッキーを想い続け、紆余曲折の末、学生編の最後にめでたく将来を誓う仲となった。大学時代にバスケットボールで全日本選手に選ばれかけたほどの名プレーヤーだったため、京都の高校にバスケ部顧問として招聘された。ナッキーとの関係を悩んだ時期があり、別の女性と交際するも沖田に目を覚ませられたが、その際に殴られたことで"網膜剥離"を患いバスケット選手の道を断念した。ところが、生徒にのめり込み心の迷宮の深みに自ら沈みゆくナッキーからの連絡が途絶えがちになり、何も知らされず第三者から伝え聞くという状況に不信感を抱くようになった。舞子&僚一の披露宴での渡航宣言に伴いフィンランド行きを決意したナッキーに別れを告げられてしまう。当初は思い悩むも兄の守に叱咤され、新たな道を求めてアメリカに渡ってドアーズの準トレーナーになり、後にチーフ・トレーナーになる。前任のチーフ・トレーナーに逆恨みされ殴られたことで右眼のレーザー手術を受け、そこで知り合ったサウスダコタ州の農園の娘である看護婦のシェリー(シェリル・アビーン)と知り合い、彼女のメールで自身がナッキーを"生身の女性"として欲したことのない過去に、自分達が"友人以上"になれない2人の感情の正体が"友愛"であり、それが強すぎて"男と女の愛情"だと錯覚していたことに気づく。それ以降は次第にシェリーと心の距離が縮まって愛し合うようになる。結婚してシェリーの両親と養子縁組をして婿養子になり「ハジメ・マイケル・アビーン」になり愛娘テスを設ける。ミドルネームの「マイケル」はクリスチャンネーム(洗礼名)である。
岩崎初音(いわさき はつね)
『悪たれ団』メンバーで旧姓小西。祝の兄・守の妻であり2児の母。コンビニエンスストア「岩崎商店(元酒店)」を姑とともに切り盛りする『日本一のおかみさん(になる予定)』である。従兄弟の魔の手から救い出された珠里亜をナッキーに頼まれ岩崎家で預かり、自身が過去に強姦(レイプ)されたこともあり愛情深く見守っている。ナッキーの様子に不安を抱いていたが、祝がふっきれてシェリーという真に愛する女性と幸福になることに戸惑い、本人達を尻目にナッキーと祝との復縁を舞子と共にこだわってしまう。
沖田成利(おきた なるとし)
『悪たれ団』メンバー。大学在学中に山の事故で死去するも、その思い出は今もナッキーの胸に深く刻まれている。祝にとってはナッキーをめぐる、永遠のライバル。
五月野舞子(さつきの まいこ)
『悪たれ団』メンバーで現在、薬剤師として田村医院に勤めている。田村と結婚し、尚子・輔(たすく)・由利の3児の母に。
田村僚一(たむら りょういち)
家業の医院を継ぐために必死で勉強をしてきた、がり勉タイプだったがナッキーとの触れ合いで心を開き悪たれ団に入る。
舞子と結婚し田村医院を継ぐ予定だったが、誰からも必要とされる医者を目指し無医村で医療を助産師・薬剤師・ケアマネの資格を取り結婚した舞子とともに医療を携わっている。
後に三人の子どもをもうけ、長女はナッキーと同じ尚子と命名している。離島の無医村の唯一の医師だったが、志願する後継者の医師が名乗り出てくれたのでナッキーが学校を創った旧若幸田村の診療所を改装し、若幸田市立病院分院の医師に。
鹿野高雄
吉沢の叔父。山岳写真家。容姿が沖田に酷似している。万引きをした姪を引き取りに出向いた警察署でナッキーと出会い、好意を寄せるようになるが、失恋した。

コミックス[編集]

2012年6月現在、25巻まで出ている。発売元は講談社

  1. 2004年4月発売。ISBN 978-4063191332
  2. 2004年4月発売。ISBN 978-4063191349
  3. 2004年7月発売。ISBN 978-4063191387
  4. 2004年11月発売。ドラマでも取り上げられた教室立てこもりの名シーンが出てくる。ISBN 978-4063191479
  5. 2005年2月発売。ISBN 978-4063191561
  6. 2005年6月発売。『樹里亜編』完結。ISBN 978-4063191653
  7. 2005年11月発売。ISBN 978-4063191769
  8. 2006年3月発売。ISBN 978-4063191851
  9. 2006年6月発売。ISBN 978-4063191929
  10. 2006年10月発売。ISBN 978-4063192025
  11. 2007年3月発売。3年生に進級。ISBN 978-4063192100
  12. 2007年5月発売。ISBN 978-4063192131
  13. 2007年10月発売。ISBN 978-4063192247
  14. 2008年3月発売。ISBN 978-4063192322
  15. 2008年7月発売。ISBN 978-4063192421
  16. 2008年11月発売。ISBN 978-4063192483
  17. 2009年2月発売。ISBN 978-4063192568
  18. 2009年6月発売。ISBN 978-4063192650
  19. 2009年10月発売。ISBN 978-4063192728
  20. 2010年3月発売。ISBN 978-4063192803
  21. 2010年7月発売。ISBN 978-4063192889
  22. 2010年10月発売。ISBN 978-4063192964
  23. 2011年1月発売。ISBN 978-4063803037
  24. 2011年4月発売。ISBN 978-4063803129
  25. 2011年8月発売。ISBN 978-4063803211 同時収録に『BE・LOVE』30周年に書き下ろされた『マリア・テレジア』。

小説版[編集]

2007年6月、講談社より発売。ISBN 978-4063646955

テレビドラマ[編集]

生徒諸君!
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2007年4月20日 - 6月22日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 ABC
テレビ朝日
演出 唐木希浩(5年D組)
田村直己(テレビ朝日)
常廣丈太(テレビ朝日)
原作 庄司陽子
脚本 渡邉睦月
プロデューサー 奥住尚弘(テレビ朝日)
内山聖子(テレビ朝日)
梶野祐司(ホリプロ)
津川栄子(ABC)
出演者 内山理名
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

生徒諸君!』(“教師編”は付かない)は、2007年4月20日より6月22日まで毎週金曜日21:00 - 21:54に、ABCテレビ朝日の共同制作・テレビ朝日系列で放送された。主演は内山理名

残酷な今を生きるキミたちへ」がキャッチフレーズ。第4話まではドラマや番組HPなどで「原作 庄司陽子」と表記していたが、第5話から突然、「原案 庄司陽子」の表記となった。

原作コミックス第6巻までのいわゆる『珠里亜編』を元にしている。

ドラマ版の登場人物[編集]

北城尚子
演 - 内山理名
25歳。御園中学校に赴任してきた新任教師。新任早々、問題児が集まる2年3組の担任になる。中学時代、母親に忘れられたというつらい境遇を仲間や教師に助けられ、教師になることを決意する。周りからウザがられる程の明るい性格で、3TDからどんな暴力を受けても翌日には笑顔で教壇に立つタフな精神の持ち主。自分の立場を省みず、体を張って生徒を守ろうとする。その姿勢が2年3組の生徒の心を動かし、生徒から信頼を得るようになった。珠里亜を侮辱した信子を殴ってしまい、御園中学校を去ることになってしまうが、最後に生徒たちに「自分や仲間を信じて」とメッセージを残した。バスケットボールなどのスポーツを得意とする一方、部屋の片付けや料理は苦手。

御園中学校職員[編集]

学校教育の熱がさめ、保身に走る教師たちが多かった。しかし、尚子の影響を受け、再び教育にやる気を持ち始めた。

宮沢義一
演 - 渡辺いっけい
48歳。御園中学校の教頭。次期校長の座を狙うも、岸本の金魚のふんになっている。2年3組が問題を起こさないかビクビクしている。
岸本まじめ
演 - 小林稔侍
57歳。御園中学校の校長。昔は尚子と同じように熱血漢の教師だったが、今は日向とPTAの顔色ばかりを伺っていて、肝心なときに役に立たない存在になってしまった。しかし、2年3組教室立てこもり事件のときの尚子の行動や言葉により、昔の気持ちを思い出し、尚子の免職通知を自ら破り捨てた。その後も尚子が教師を続けられるよう、教育委員会を説得しようとした。亀田の後輩で、二人きりになると亀田を「先輩」と呼び、愚痴を聞いてもらうこともある。
折戸聡史
演 - 石井正則
30歳。御園中学校の教師で2年学年主任。数学を担当。学校は「会社」、生徒は「顧客」と考える。目標は出世のみで、聖職者としての理想など欠片も無く、校長や教頭にゴマをする情けないダメ男。
鳥居玲奈
演 - 上原美佐
23歳。御園中学校の非常勤講師で、英語を担当。授業を終えるとさっさと帰っていく(実際には非常勤講師としてごく普通の行動である)。暇な時は、もっぱら花嫁修業とお見合いのみであり、キャリア組のイケメン(=日向)を狙っている。合コンの際に、うっかり御園中学校の実態をばらしてしまい、マスコミに取り上げられたことに責任を感じ、立てこもり事件のときには尚子の手助けをした。その後、教師の仕事にやる気を出し、正式採用された。
水原健
演 - 城田優
25歳。御園中学校の教師で、体育を担当。イケメンな体育会系で、何事にも一生懸命だが、それが逆に暑苦しいと生徒だけでなく同僚からも、敬遠されてしまっている。
野村信二
演 - 正名僕蔵
37歳。御園中学校の教師で、理科を担当。小心者で、他者と付き合うのが苦手。普段もできるだけ生徒と顔を合わせないよう、理科準備室に篭っている。シャーレで微生物を飼育しており、名前までつけて可愛がっている。
米崎駒子
演 - 星野奈津子
21歳。御園中学校の事務職員。学校予算の管理を任されているため、教師達を厳しく監視している。無神経な性格で、普段から事務的な口調で話す。
亀田陽吉
演 - 志賀廣太郎
59歳。御園中学校の教師で、社会科を担当。古株のベテラン教師で、かつては尚子同様に理想に燃えていたが、現代の教育社会の腐敗に絶望し、すっかり無気力になってしまっている。教師の中では数少ない尚子の理解者。校長の岸本の先輩に当たり、二人きりの時は『岸本君』と呼ぶ。

3TD[編集]

誰も来ない学校の屋上か、チャットで連絡を取り合っている。チャットネームは『三銃士』にあやかり、珠里亜が『アトス』、公平が『アラミス』、薫が『ポルトス』。

樹村珠里亜
演 - 堀北真希
ドラマ版では原作にない『他のクラスメートより3歳年上』という設定が追加されている。その理由として「幼い頃に重い病気で長期入院していたため」となっていたが、実は「弟が病気がちなため母親が育児放棄し、小学校に通わせなかったため」であった。3TDのリーダーであり、3TDでの活動に自分の居場所を見出しており、「私のクラスに3TDみたいな卑怯者は要らない」と言い放った尚子を憎み、様々な手段を用いて追放を画策する。一方では携帯電話に非通知の連絡(実は従兄弟から)がかかってくる度、尚子に「助けて」とメールを送っていた。自分を対等に扱ってくれる(珠里亜と呼んでくれる)公平と薫のことをとても大切に思っているが、従兄弟に汚されている自分を知られるのを恐れて本当のことを言えなかった。そのことで思い悩み、自殺を図ろうとするが、尚子に助けられ、尚子に公平と薫の気持ちを伝えられ、ついに尚子に心を開いた。さらにクラスメートにも自分のことを話し、お互い仲間であることを誓い合った。普段は授業などそっちのけで、高卒認定受験に向けての勉強ばかりしている。
青木公平
演 - 本郷奏多
2年3組の学級委員長でPTA会長の息子という強い威光によって、2年3組で本来暴力等を好まない生徒達も、従わずに裏切り者扱いされてしまう事を恐れ、誰も青木に逆らえずにいる。傲慢に近い自信家。尚子の言動にかなり心が揺らいでいるが、珠里亜を独りにできないと、薫が3TDを離れたあとも3TDにとどまる。その後、珠里亜の危機を救うことになる。3TDの参謀役。
木下薫
演 - 岡田将生
バスケットボール部の幽霊部員ショートカットの金髪で長身。短気で攻撃的な性格をしている。しかし、尚子に得意分野のバスケで敗北し、更には球技大会での件によって、今の自分の行いに疑問を抱き始め、3TDと縁を切る決意をする。しかし、3TDを抜けた後も珠里亜のことを気にかけ、公平とともに彼女を助ける。 3TDでは作戦の実行役であった。

2年3組生徒[編集]

一年前、山の事故で当時の担任に置き去りにされたことで、心が傷つき、大人を信じなくなったクラス。困ったことは3TDに依頼し、解決していたが、徐々に彼らの言いなりになっている状態になっていった。当初は尚子にも心を開こうとしなかったが、自分たちの為に奔走する尚子に心を動かされ、山の事故の傷を乗り越えることができた。

岡沢茉莉
演 - 夏未エレナ
去年の学級委員の一人。1年前ハイキングの提案をしたが、遭難した上に、三井恭平にナイフを突きつけられて、人質にされてしまい、更にはその事件が原因で直輝が登校拒否になってしまった為、自らも登校拒否してフリースクールに通っていた。尚子によって自分が逃げていただけである事に気付かされ、再び御園中に登校する。
白井直輝
演 - 若葉竜也
去年の学級委員の一人。1年前の置き去り事件で、三井に見殺しにされそうになったトラウマが原因で、引きこもりの登校拒否に陥っており、九州の学校へ転校する予定であった。尚子に促された茉莉の言葉から、御園中への復学を決意する。一部の教師達からは、厄介者扱いされていた。
上田敏也
演 - 松川尚瑠輝
バスケ部では、幽霊部員として扱われていたが、本人はバスケを心から愛している(特に北城尚子と同級生であり、かつて全日本に呼ばれるほどのバスケの実力を持った岩崎祝にあこがれている)。3TDを裏切る事に恐怖し、球技大会に出る事も諦めていたが、尚子との関わりを経て3TDとの決別を決意。順達と共に球技大会に出場した。
雨宮由希子
演 - 加地千尋
小学校の頃よりイジメに遭っており、元々学校が苦手。昨年の担任教師である三井に好意を抱き、置き去り事件の後も彼を心配していたが、当の本人は由希子の事を完全に忘れており、裏切った事について謝りにすら来させられなかったため、尚子を「嘘つき」と罵り、教室を飛び出してしまうが、後、信頼をよせる。
渡辺順
演 - 落合扶樹
2年3組の生徒の一人。カツアゲされたことを助けられた上、自分の気持ちを理解してくれようとした尚子には感謝しているが、3TDに裏切り者扱いされる事を恐れ、嘘をついてしまう。しかし、球技大会参加を機に次第に尚子に対し、心を開いていくようになる。
恩田蓮
演 - 塚田健太
笑顔の絶えない癒し系であったが、置き去り事件が切っ掛けで笑うことができなくなり、仲の良かった白井直輝が、心を病んでしまったことに苦悩していた。しかし、尚子によって直輝が復学した事で、彼と共に尚子に信頼を寄せるようになる。
神崎あゆみ
演 - 南沢奈央
青木とともに今年度学級委員を務める。茉莉の親友で、不登校中の彼女の分もクラスをまとめようとする。尚子によって茉莉が復学した事で、尚子に信頼を寄せるようになり、球技大会では尚子のチームを応援した。
柴田安里
演 - 岡本玲
自分を磨くことに精を出している今時の子。割れた手鏡を直してくれた件で日下部に恋心を持ち、バスケの練習を影で見ている。尚子に修学旅行に行きたいと伝え、必死になって努力した尚子に感謝した。
田谷美登利
演 - 藤村聖子
リーダー格のアネゴ肌。置き去り事件以来教師に対し反抗的になり成績優秀だったが成績が下がる。趣味はダンス。
吉沢由佳
演 - 星川玲奈
おしゃれが大好きな女の子。一人っ子で嫉妬心を見せることも…。
日下部和真
演 - 溝端淳平
バスケ部の幽霊部員。木下薫といつも行動を共にしていることが多い。置き去り事件以来大人への信頼や将来への希望も失っている。得意科目は体育。
乾浩輔
演 - 萩原一樹
パソコンに詳しい。どこでもパソコンに向かっていることが多い。趣味は秋葉原めぐり。
宇佐美彩女
演 - 阿部麻似子
休みの日に渋谷にいくのが好き。見かけは派手だが実はナイーブ。
紺野まゆな
演 - 小林未可子
天然系で甘えん坊。クラスの笑いを誘うムードメーカーだったが置き去り事件以来キレやすくなる。
桜井菜穂
演 - 久野みずき
置き去り事件がきっかけで過食症になり20キロ太ってしまった。天真爛漫で超楽観的な明るい性格。
玉井吉尚
演 - 染谷将太
大人しい性格。普段は無口だが知識が豊富。読書家。運動はニガテ。
辻本光
演 - SHO
バスケ部員。性格は温和で大人しい性格。置き去り事件以来バスケ部が廃部状態になり居場所をなくしている。
富岡駿
演 - 太賀
ものまねが得意。お笑い芸人になるのが夢。クラスのムードメーカーだったが置き去り事件以来教師に対し敵対心をむき出すようになる。
永嶋未来
演 - 斎藤千晃
ボーイッシュでハキハキしている。弱いものにとてもやさしい。心やさしいがんばり屋。走ることが趣味。
成瀬太朗
演 - 高橋賢人
小柄で落ち着きがない。いじられキャラ。いつも笑顔で怒ったところを見せなかったが置き去り事件以来少しバカにされるとキレルようになる。
野々村友利
演 - 長谷川愛美
何でも人に頼る傾向がある。小柄で泣き虫。置き去り事件以来前よりすぐ泣き出すようになってしまう。
早坂斗枝夫
演 - 伊藤大翔
繊細で潔癖症。目立たないが真面目。ルービックキューブが趣味。
深海知花
演 - 矢部裕貴子
楽観的で人を疑わないタイプ。置き去り事件以来人を信じることが出来なくなってしまった。見かけはゴージャスでおっとり系の美少女。
真鍋雛那
演 - 後藤このみ
家庭があまり裕福ではない。置き去り事件以来前より表情が暗くなってしまう。イラストを描くのが趣味。
三浦海
演 - 山崎将平
バスケ部の幽霊部員。木下薫といつも行動を共にしていることが多い。喧嘩に強い。
三宅静香
演 - 上野真未
明るい性格でおしゃべり好き。歌が好きでシンガーソングライターになるのが夢。
結城拓弥
演 - 山田優太
柔道部。有言実行型だが人から嫌われないタイプ。ふくよかで、笑顔を絶やさない明るい性格。

その他[編集]

日向悠一郎
演 - 椎名桔平
39歳。みなと市教育委員会委員で、置き去り事件の隠蔽と御園中の監視のために文部科学省から送り込まれたキャリア組。弟がいじめのため自殺したという過去があり、自らの手で教育制度を変えようと文科省での出世を目指してきた。その事故以降、無表情で笑顔を見せることが無くなり、御園中の教員からは「鉄仮面」と呼ばれている。制度改革を目指すも上司である三井省吾と現場の間に挟まれ、強引なやり方を用いたり、三井恭平の海外逃亡の手助けをしたりした。当初は彼のやり方に反発する尚子に対し、容赦ない圧力をかけていたが、独自の視点から尚子に助言する一面も見せ、「弟の担任も北城尚子先生だったら、よかったのに」と思うようになり、最終的には、今の教育現場には、制度を変えるよりも、尚子みたいな教師が必要だと説き、尚子の教職を存続させた。いつもペットボトルに入った水を持ち歩いている。
三井恭平
演 - 田中哲司(第2話、第3話)
尚子が赴任する前年の2年3組の担任で、3TD結成の切っ掛けを作った張本人。自分勝手な人物で、山のハイキングで遭難した際に、生徒達から食料を奪い取って、自分一人で下山してしまった。その後も、何の罪の意識も無く、別の学校で平然と教師を続けており、尚子に咎められても「命を張ってまで生徒を守る義務なんてあるのか」と、緊急避難的な開き直り方をしている。その後、日向が謝るよう説得したようだが、聞く耳持たずで、海外留学の名目で海外へと逃げてしまった。父親・三井省吾(中原丈雄)文部科学省事務次官である。
木下剛造
演 - モロ師岡(第2話)
木下薫の父で暴力団組長。家庭訪問に来た尚子から「薫くんを自由にしてあげて」と言われ日本刀を突きつけるが、脅迫にも動じない尚子にほれ込み、対等に話すようになる。
白井良実
演 - 中島ひろ子(第2話、第4話)
白井直輝の母。部屋に引きこもり奇声を上げる息子に何も出来ずおろおろするばかり。息子を案じるというよりも、夫(単身赴任中)不在や近所への気遣いについてのストレスがたまり、夫のいる九州へ引っ越そうとする。
青木文代
演 - あめくみちこ(第6話、第7話)
青木公平の母。PTA会長。1年前の山の置き去り事件を受け、2年3組を修学旅行に参加させないことを学校と決める。修学旅行の参加を訴える尚子の話に全く聞く耳持たなかった。
堀江泰人
演 - 松尾敏伸(第8話、第9話)
珠里亜の従兄弟でストーカー。珠里亜のことを「おもちゃ」として扱い、長い間、性的嫌がらせをしていた。一度は遠くの大学に行くが、珠里亜に非通知で連絡してきて、嫌がらせを続けた。そして珠里亜の自殺騒動の機に戻ってきて、再び珠里亜を襲おうとした腹黒い性格の変態野郎で人間のクズ。
樹村亜矢
演 - 長野里美(第8話 - 最終話)
珠里亜の母。病弱の弟の看病の為、珠里亜の育児を放棄。その後、弟は亡くなり、精神障害となり入院し、珠里亜の記憶を忘れてしまう。しかし、見舞いに来る珠里亜を見て、彼女のことを思い出す。
堀江信子
演 - 東ちづる(第8話 - 最終話)
珠里亜の鬼伯母。息子同様、執念深くて腹黒い性格の悪魔で人間のクズ。家の手伝いをしてくれる珠里亜のことをよく思っていたが、息子の泰人の嘘を信じ、態度を豹変させる。その後、尚子達や感謝を述べる珠里亜の話を全く聞かず、珠里亜を「生まれてなんかこなきゃよかった子」と暴言を吐きののしった。そのとき、尚子にたたかれたことを自業自得なのに勝手に逆恨みし、彼女を教育委員会に訴えた。本当は珠里亜のことを信じたいが、泰人のことを守ろうとした。
園井優子(紅星学院教師)
演 - 黒木メイサ(第1話・友情出演)
紅星学院の生徒指導担当。渡辺順へのカツ上げの件で乗り込んで行った尚子たちの訴えに聞く耳を持たず、入学できなかった渡辺の逆恨みだろうと言い放った。なお、原作で尚子たちの相手をしたのは管理職で、しかも「これでいいですか」とお金を差し出し、かえって尚子の怒りを招くこととなった。
三井省吾(文部科学省・事務次官 三井恭平の父)
演 - 中原丈雄(第3話、第6話、最終話)
男性教師(教育ビデオの中で登場)
演 - 徳井優(第2話)
フリースクールの生徒
演 - 竹内友哉(第4話)
岩崎祝(回想)
演 - 中林大樹(第5話)
東国原秀喜(旅行代理店「みなとツーリスト」主任・修学旅行の担当者)
演 - 光石研(第6話)
日向悠一郎の弟
演 - 久保翔(第7話)
北城真理子(尚子の双子の姉)
演 - 内山理名(第9話)
南田(尚子の後任の教師)
演 - 鈴木亮平(第10話)

補足[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

  • 番組タイトルでは『第1話!』のように感嘆符(!)を添えて書かれるが、この表では!を省略する。
各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 2007年4月20日 ウザい教師を追放せよ! 唐木希浩 9.4%
第2話 2007年4月27日 期限は一週間!生徒達の罠 田村直己 7.7%
第3話 2007年5月04日 約束!きっと君たちを守る 5.9%
第4話 2007年5月11日 転校…涙のホームルーム! 唐木希浩 6.0%
第5話 2007年5月18日 大逆転〜14歳の独立戦争! 7.4%
第6話 2007年5月25日 最高の修学旅行 田村直己 6.8%
第7話 2007年6月01日 学校vs14才〜決死の持久戦 唐木希浩 8.1%
第8話 2007年6月08日 ウソの笑顔とホントの仲間 常廣丈太 7.3%
第9話 2007年6月15日 鬼伯母との壮絶バトル開始 田村直己 7.9%
最終話 2007年6月22日 教師ナッキー最後の戦い 9.4%
平均視聴率 7.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

遅れネット局[編集]

ABCテレビ朝日系列 金曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
生徒諸君!
(2007.4.20 - 2007.6.22)
女帝
(2007.7.13 - 2007.9.14)

外部リンク[編集]