ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京
著者 楡周平
発行日 2008年2月29日
発行元 講談社
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
コード 上:ISBN 978-4-10-353422-8
下:ISBN 978-4-06-214538-1
テンプレートを表示

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京』( - とうきょう)は楡周平による日本小説

小説現代』(講談社)にて2004年7月号から2007年4月号まで不定期に全16回連載された。2010年1月から3月にテレビ朝日系列でテレビドラマ化された。同年3月、ドラマの続編となる「血戦 ワンス・アポン・ア・タイム・イン東京2」が書き下ろし100冊の1作として刊行される。

あらすじ[編集]

1969年、東京大学安田講堂攻防戦に参加した女性活動家・有川三奈と、偶然彼女と知り合った苦学生・白井眞一郎は、互いに愛し合うも、やがて別々の道を歩んでいく。

それから30年の時が流れ、大病院の経営者となった三奈と大蔵官僚から与党の政調会長まで登り詰めた眞一郎は、三奈の息子・崇と眞一郎の娘・尚子の見合いの席で、運命の再会を果たす。

テレビドラマ[編集]

宿命 1969-2010
-ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京-
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜日 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2010年1月15日 - 2010年3月12日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 ABC
テレビ朝日
演出 内片輝(ABC)
遠藤光貴(THE WORKS
茂山佳則(泉放送制作)
原作 楡周平
脚本 坂上かつえ
プロデューサー 柴田聡(ABC)
島川博篤(テレビ朝日)
佐藤毅(東宝
出演者 北村一輝
小池栄子
上原美佐
細田よしひこ
藤井美菜
松坂慶子(特別出演)
田中健
奥田瑛二
真野響子
字幕 文字多重放送
エンディング ポルノグラフィティ
瞳の奥をのぞかせて
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京-』(しゅくめい いちきゅうろくきゅう・にいぜろいちぜろ-)は、2010年1月15日より3月12日まで毎週金曜日21:00 - 21:54に、ABCテレビ朝日の共同制作・テレビ朝日系列で放送された。主演は北村一輝

北村は本作が連続ドラマ初主演となる。

キャッチコピーは、「そして、欲望の華が咲く」。

キャスト[編集]

有川家
笹山家
白井家
ゲスト
第1話 「運命の日」
第2話 「慰謝料2000万円の罠…女の復讐」
第3話 「出生の秘密」
第4話 「女の全てを奪う罠」
第5話 「破滅のプロポーズ」
  • 滝沢総理大臣 - 若林豪(第6話-最終話)
第6話 「歓喜と絶望の妊娠」
第7話 「最終章〜血の結末」
最終話 「決戦! 血の密約」

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 2010年1月15日 運命の日 内片輝 8.4%
第2話 2010年1月22日 慰謝料2000万円の罠…女の復讐 7.2%
第3話 2010年1月29日 出生の秘密 遠藤光貴 7.4%
第4話 2010年2月05日 女の全てを奪う罠 5.3%
第5話 2010年2月19日 破滅のプロポーズ 茂山佳則 5.3%
第6話 2010年2月26日 歓喜と絶望の妊娠 内片輝 6.4%
第7話 2010年3月05日 最終章〜血の結末 7.1%
最終話 2010年3月12日 決戦! 血の密約 遠藤光貴 7.9%
平均視聴率 6.9%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

遅れネット局[編集]

ABCテレビ朝日系列 金曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
宿命 1969-2010
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京
(2010.1.15 - 2010.3.12)
警視庁失踪人捜査課
(2010.4.16 - 2010.6.11)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]