わるいやつら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わるいやつら
小説の病院は東京・中野の一等地にある設定となっている(写真は中野区内・桃園川緑道周辺)
小説の病院は東京・中野の一等地にある設定となっている(写真は中野区内・桃園川緑道周辺)
著者 松本清張
発行日 1961年11月
発行元 新潮社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 507
コード ISBN 4101109087
ISBN 978-4101109084(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

わるいやつら』は、松本清張長編小説。『週刊新潮』に連載(1960年1月11日号 - 1961年6月5日号、全73回、連載時の挿絵は御正伸)、加筆訂正の上、1961年11月、新潮社から単行本として刊行された。後に電子書籍版も発売されている。

医者の社会的権威を利用して犯罪に手を染めてゆく医師と、その人間関係を描く、長編ピカレスク・サスペンス。

1980年に松竹で映画化、また4度テレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

戸谷信一はある病院の院長、病院の経営は苦しく、赤字は毎月増えるばかりであったが、妻・慶子との別居中に作った愛人から、金を巻き上げては赤字の穴埋めに充てていた。最近新たにデザイナーの槙村隆子を知った戸谷は、彼女に強い興味を持ち、結婚に持ち込みたいと思うようになった。そのためさらに多額の金が必要になったが、その金も愛人から絞り取ることで乗り切れると戸谷は考えていた。しかし、愛人の一人である横武たつ子の病夫の急死に、思わぬ関わりを持った[1]ことから、戸谷とその周囲の人間の運命は狂い出し…。

出版[編集]

単行本刊行後、1962年に新潮社ポケット・ライブラリ版、1966年に上下巻に分冊した新潮文庫版が刊行された。1970年光文社カッパ・ノベルスから上下巻の分冊版が刊行され、1971年には文藝春秋の『松本清張全集』第14巻に収録された。

登場人物[編集]

以下は原作における設定を記述。

戸谷 信一
東京・中野のとある病院の院長。高名な医者であった亡父・信寛の病院を継ぐが、医療への情熱はとうに失っている。
槙村 隆子
若くして銀座で一流洋装店を経営するデザイナー。美貌と資産を兼ね備えている。
藤島 チセ
銀座の高級洋品店「パウゼ」の経営者。戸谷の3年越しの愛人。
横武 たつ子
大きな家具店の妻女。戸谷の愛人。
藤島 春彦
藤島チセの夫。
横武 常治郎
横武たつ子の夫。
横武 二郎
横武たつ子の義弟。
寺島 トヨ
看護婦長。表には出さないが、蒼い情念を持っている。
下見沢 作雄
弁護士。奇妙に世間のいろいろな事情に通じる男。

エピソード[編集]

  • 本作執筆のきっかけとして、著者の母が1955年に死んだ際、埋葬許可証を発行する区役所の手続きが非常に簡単で、係員が死亡診断書を発行した医者に問い合わせることをせず、診断書の記載がそのまま形式的に通過していくことに驚き、創作のヒントを得たと著者は述べている[2]
  • 本作は連載中から読者の反響が大きく、当時、著者がバーや料亭に行くと、ホステスや女中から、次の展開をよく訊かれたという[3]
  • 雑誌連載時は原稿用紙1460枚であったが、単行本化時には1200枚分に圧縮された。一例として、戸谷が藤島チセと皆生温泉へ行き、チセと関係を持つ場面が描写された連載第4回は、単行本化時にすべて削除されている。また、連載時の物語は冬に始まる設定となっているが、単行本では夏に変更されている[4]

映画版[編集]

わるいやつら
Bad Sorts
監督 野村芳太郎
脚本 井手雅人
製作 野村芳太郎
野村芳樹
出演者 松坂慶子
音楽 芥川也寸志
山室紘一
撮影 川又昴
編集 太田和夫
配給 松竹
公開 日本の旗 1980年6月28日
上映時間 129分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1980年6月28日松竹系にて公開された。松竹・霧プロダクション第1回提携作品[5]。英語題名『Bad Sorts』。上映時間は129分。槙村隆子のその後に関して、原作にないエピソードがラストに追加されている。現在はDVD化されている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

  • ファッションデザイナーの森英恵が衣裳を提供したが、原作者自身が出演交渉をして、ファッションショーのシーンでは客席に座ることになった[6]
  • 製作発表は1980年5月8日、六本木のディスコ「GIZA(ギゼ)」(現存しない。日本初の「お立ち台」と「すしバー」が設置されたとする説がある)で行われたが、写真家の大竹省二紀伊國屋書店社長の田辺茂一、デザイナーの石津謙介をメンバーに、「わるいやつらの会」を発足させるという変わった趣向のものであった。この時、槙村隆子を演じる松坂慶子と原作者は、マスコミの注文に応じ、ダンスを披露した[7]

テレビドラマ[編集]

1985年版[編集]

松本清張スペシャル
わるいやつら
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜日21:02 - 23:24(142分)
放送期間 1985年4月2日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 小坂敬(日本テレビ)
山本時雄(日本テレビ)
監督 山根成之
原作 松本清張『わるいやつら』
脚本 大野靖子
プロデューサー 嶋村正敏(日本テレビ)
板橋貞夫(松竹)
林悦子(霧企画)
出演者 古谷一行
名取裕子
エンディング 岩崎宏美
外部リンク 火曜サスペンス劇場
テンプレートを表示

松本清張スペシャル・わるいやつら』は、日本テレビ系列2時間ドラマ火曜サスペンス劇場」(火曜日21:02 - 23:24)で1985年4月2日に放送された。主演は古谷一行

視聴率は22.7%(関東地区ビデオリサーチ社調べ)。

当初、戸谷信一役は田村正和が演じる予定であったが、クランクイン初日に田村が緊急入院、ドクターストップがかけられた。これを受け、休暇中の古谷一行が急遽戸谷役を演じることになったが、このことが2002年放送の『松本清張スペシャル・事故』まで、同枠の松本清張原作ドラマ計13作に出演する契機となった[8]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

日本テレビ系列 火曜サスペンス劇場
前番組 番組名 次番組
心身症の犬
(原作:佐野洋
(1985.3.26)
松本清張スペシャル
わるいやつら
(1985.4.2)
逆光の中の女
(原作:落合恵子
(1985.4.9)

2001年版[編集]

松本清張特別企画
わるいやつら
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜日21:00 - 23:24(BSミステリー)
(水曜日20:54 - 23:18)(女と愛とミステリー)
(114分)
放送期間 2001年4月8日(BSミステリー)
2001年4月18日(女と愛とミステリー)(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
BSジャパン
監督 松原信吾
原作 松本清張『わるいやつら』
脚本 田中晶子
出演者 豊川悦司
萬田久子
藤真利子
エンディング 女と愛とミステリー』と同じ
外部リンク 女と愛とミステリー
テンプレートを表示

松本清張特別企画・わるいやつら』は、テレビ東京系列BSジャパン共同制作の2時間ドラマ 「BSミステリー」(日曜日21:00 - 23:24)で2001年4月8日に放送された。地上波では、「女と愛とミステリー」(水曜日20:54 - 23:18)で2001年4月18日に放送された。主演は豊川悦司

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビ東京系列 女と愛とミステリー
前番組 番組名 次番組
夏樹静子サスペンス
最後に愛を見たのは
(2001.4.11)
松本清張特別企画
わるいやつら
(2001.4.18)
闇の脅迫者
江戸川乱歩の『陰獣』より)
(2001.4.25)

2007年版[編集]

松本清張・最終章
わるいやつら
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2007年1月19日 - 3月9日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
ABC
演出 松田秀知
藤田明二
原作 松本清張「わるいやつら」
脚本 神山由美子
プロデューサー 内山聖子(テレビ朝日)
中川慎子(テレビ朝日)
奈良井正巳(朝日放送)
出演者 米倉涼子
上川隆也
エンディング 安良城紅Luna
外部リンク 公式サイト

特記事項:
第1話は15分拡大(21:00 - 22:09)。
テンプレートを表示

松本清張・最終章 わるいやつら』は、2007年1月19日より3月9日まで毎週金曜日21:00 - 21:54[9]に、ABCテレビ朝日の共同制作・テレビ朝日系列で放送された。主演は米倉涼子

2004年の『松本清張 黒革の手帖』、2006年の『松本清張 けものみち』に続く3部作の最終章と位置付けられており、本ドラマの主演も米倉が務める。原作では病院長・戸谷信一が主役だが、本作では米倉演ずる看護師・寺島豊美(寺島トヨ)が主役に変更されている。DVD-BOX化されている。

キャスト[編集]

戸谷病院
  • 寺島豊美〈31〉(戸谷病院の中堅看護師) - 米倉涼子
  • 戸谷信一〈40〉(戸谷病院院長・口が巧く複数の女性と関係を持っている) - 上川隆也
  • 葉山耕太〈28〉(経験の浅い新人医師) - 平山広行
  • 沼田看護師長(粕谷と共に先代から仕えてきた看護師長) - 朝加真由美
  • 粕谷事務長(先代から仕えている戸谷病院事務長) - 伊武雅刀
槇村家
横武家
藤島家
その他

※以下、カッコ内は出演話数

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 2007年1月19日 医師と看護師の危険な情事 松田秀知 13.6%
第2話 2007年1月26日 悪党VS白衣を脱いだ悪女 10.1%
第3話 2007年2月02日 悪女が牙をむく! 藤田明二 09.1%
第4話 2007年2月09日 誘惑と愛憎の果て 07.2%
第5話 2007年2月16日 決別…悪女の最期 松田秀知 06.2%
第6話 2007年2月23日 大逆転悪女のワナ 藤田明二 08.7%
第7話 2007年3月02日 三億円を奪う!! 09.8%
最終話 2007年3月09日 最後に笑う女 松田秀知 10.1%
平均視聴率 9.35%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

遅れネット局[編集]

ABCテレビ朝日 金曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
家族
〜妻の不在・夫の存在〜

(2006.10.20 - 2006.12.8)
松本清張・最終章
わるいやつら
(2007.1.19 - 2007.3.9)
生徒諸君!
(2007.4.20 - 2007.6.22)

2014年版[編集]

松本清張 わるいやつら
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜日20:00 - 21:54
放送期間 2014年3月16日(1回)
放送国 日本の旗 日本
演出 雨宮望
原作 松本清張『わるいやつら』
脚本 深沢正樹
出演者 船越英一郎
室井滋
エンディング 東方神起「I love you」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

松本清張 わるいやつら』。2014年3月16日(日曜日20:00 - 21:54)、BS日テレオリジナルドラマとして放映された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 新潮文庫版下巻(1966年)の裏表紙(および新潮社ホームページ)では、「(戸谷は)横武たつ子の病夫を殺したあげく」と記述されている(2014年現在)が、小説の内容としては不正確な記述となっている。第一章第4節参照。
  2. ^ 著者のエッセイ「創作「ヒント帖」から」(『別冊小説新潮』1961年10月号掲載、『小説新潮』2007年8月号に再掲)参照。実際に虚偽の死亡診断書が書かれた例として、法医学者の上野正彦は、1983年の中川一郎自殺事件を挙げている。『週刊 松本清張』第5号(2009年、デアゴスティーニ・ジャパン)15頁参照。
  3. ^ 福岡隆『人間松本清張 - 専属速記者九年間の記録』(1968年、大光社)56頁参照。
  4. ^ 『週刊 松本清張』第5号 10-11頁参照。
  5. ^ 霧プロダクションは、本作原作者の松本清張と監督の野村芳太郎が中心となり、1979年に設立された映像プロダクション。この後1984年公開の『彩り河』に至るまで、松竹と霧プロダクションの提携は5作続いた。
  6. ^ 林悦子『松本清張映像の世界 霧にかけた夢』(2001年、ワイズ出版) 20頁参照。
  7. ^ 『週刊 松本清張』第5号 20-21頁、または林『松本清張映像の世界 霧にかけた夢』20頁参照。
  8. ^ 林『松本清張映像の世界 霧にかけた夢』 57-60頁参照。
  9. ^ 第1話は15分拡大(21:00 - 22:09)。
  10. ^ 「ほら、君も知ってるだろう。健康保険というものが出来て、いちいち点数制度になったんだ」。第一章第2節参照。

外部リンク[編集]