南沢奈央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みなみさわ なお
南沢 奈央
生年月日 1990年6月15日(24歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県
身長 164cm[1]
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマなど
活動期間 2006年 -
公式サイト 南沢奈央|OFFCIAL WABSITE -Nao's way
主な作品
テレビドラマ
恋する日曜日 ニュータイプ
生徒諸君!教師編
赤い糸
映画
象の背中
赤い糸
備考
スリーサイズはB83cm W60cm H86cm[2]

南沢 奈央(みなみさわ なお、1990年6月15日 - )は、日本女優

埼玉県出身。スウィートパワー所属。

略歴[編集]

2006年スカウトをきっかけに、芸能界入り。10月、テレビドラマ恋する日曜日 ニュータイプ』で、主演デビュー。2007年3月、NTT東日本「DENPO115」で、CM初出演。4月、『生徒諸君!』で、地上波ドラマ初レギュラー。8月、第28回「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーンイメージキャラクターに選ばれる。10月、『象の背中』で、映画初出演。11月、1st 写真集『南沢の風〜Nao's Journey Ⅰ〜』を発表。

2008年1月、『栞と紙魚子の怪奇事件簿』で、地上波ドラマ初主演。12月、『赤い糸』で、映画初主演。2009年4月、『赤い城 黒い砂』で、初舞台。2011年2月、第2回『赤坂BLITZ 寄席LIVE』で、古典落語に初挑戦。12月、1st DVD『いま。』を発表。

2009年に立教大学現代心理学部に自由選抜入試で合格し、入学した。同大学は両親の出身校でもある[3]。2013年春、同校を卒業。卒論のテーマは「落語における名人論」[4]

人物[編集]

嗜好[編集]

出演作品[編集]

役名太字は主演作品。

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

レギュラー出演[編集]

特別番組[編集]

  • ニッポン放送開局55周年記念特別番組 ラジオドラマ「くじら」(2009年12月31日、ニッポン放送) - ますみ 役・おきち 役(一人二役)
  • 劇ラヂ!ライブ「想い彩り」(2012年5月4日・同年7月7日、NHK第1) - 北沢彩 役

映画[編集]

舞台[編集]

携帯ドラマ[編集]

CM[編集]

イメージキャラクター[編集]

DVD[編集]

写真集[編集]

オムニバス作品[編集]

雑誌連載[編集]

新聞[編集]

  • コラム「本っておもしろい」(2010年10月9日ほか、朝日小学生新聞
  • 日本新聞協会に加盟している新聞社の新聞(2011年4月6日)[29]
  • 大学進学特集「やりたいこと学べる幸せ」(2011年6月17日、朝日新聞
  • 旬「広がる役の幅 ちょっと寂しさも」(2013年2月2日夕刊、朝日新聞)
  • 日曜くらぶ「わたしの幸せ」 (2014年2月23日日曜版、毎日新聞)

PV[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ デビュー作となっている『恋する日曜日 ニュータイプ』より先に収録されており、こちらが実質的な初主演作品となる[25]

出典[編集]

  1. ^ proile”. 南沢奈央|OFFCIAL WABSITE -Nao's way (2014年6月). 2014年6月15日閲覧。
  2. ^ 南沢奈央” (2014年9月). 2014年9月16日閲覧。
  3. ^ “南沢奈央が立大合格! 『女優業のプラスに』”. スポーツニッポン. (2009年2月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/02/25/kiji/K20090225Z00001540.html 2012年11月16日閲覧。 
  4. ^ THE REASON WHY : J-WAVE 81.3 FM RADIO (2013年12月6日放送回のアーカイブス)”. 2014年1月14日閲覧。
  5. ^ a b c d 好きだなって思える気持ちを大切にして. (インタビュー). (2010年10月10日). 進路新聞.. http://shinronavi.com/column/shinro_story/101010/ 2012年11月16日閲覧。 
  6. ^ /桐谷美玲ブログの記事 「だし と申します」 より
  7. ^ 「キットカット2011 受験生応援キャプテン」 キットカット ブレイクタウン[リンク切れ]
  8. ^ a b 南沢奈央、警官衣装に大喜び「夢は婦警さんだった」”. オリコンスタイル. オリコン (2012年9月9日). 2012年11月16日閲覧。
  9. ^ 「BSデジタル放送8局共同キャンペーン『夏のホットBS! 2007』“美絵素(ビーエス)四姉妹”記者会見」”. ニュース. デジタル放送推進協会 (2007年7月2日). 2012年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月16日閲覧。
  10. ^ a b 興味があったら迷わず挑戦して!. (インタビュー). (2011年2月1日). 青春のころ vol.33, 帝京メイト.. http://teikyo.cc-town.net/modules/smartsection/item.php?itemid=81 2012年11月16日閲覧。 
  11. ^ 南沢奈央、ピアノ演奏を披露で『もう1回やりたい』”. マイナビニュース. マイナビ (2010年10月4日). 2012年11月16日閲覧。
  12. ^ 免許を取ったらお父さんを乗せて、鎌倉とか江ノ島とかに行きたいな. インタビュアー:吉州正行. (2011年9月25日). 今週の彼女, web R25.. http://r25.yahoo.co.jp/girl/detail/?id=20110929-00021561-r25&order=4 2012年11月16日閲覧。 
  13. ^ 成人迎える南沢奈央、今後の目標は『すっぴんを卒業して大人の女性に』”. マイナビニュース (2010年2月17日). 2012年11月16日閲覧。
  14. ^ プロフィール”. 前田敦子. AKB48トピックチャンネル. 2012年11月16日閲覧。
  15. ^ “南沢奈央主演『八月の二重奏』 献血への理解、演技に込める”. 日テレNEWS24. (2010年10月3日). http://www.news24.jp/entertainment/news/1614204.html 2012年11月16日閲覧。 
  16. ^ 演技派美少女が目白押し! 2009年 期待の若手女優ランキング”. eltha. オリコン (2009年1月31日). 2012年11月16日閲覧。
  17. ^ a b File.03 南沢奈央. (インタビュー). (2008年2月6日). 金のタマゴ発掘隊, オリコンスタイル.. http://www.oricon.co.jp/music/special/080206_02.html 2012年11月16日閲覧。 
  18. ^ profile”. 南沢奈央|OFFCIAL WABSITE -Nao's way. 2014年6月15日閲覧。
  19. ^ “南沢奈央 最初の本は東野圭吾さんの『秘密』 『ホンヨモ! セッション』で読書の魅力語る”. 毎日新聞. (2010年3月21日). http://mainichi.jp/enta/news/20100321mog00m200022000c.html 2012年11月16日閲覧。 
  20. ^ 卒業までにしたい3つのこと. インタビュアー:床板京平. (2010年3月2日). Forest Plus, 紀伊國屋書店.. http://forest.kinokuniya.co.jp/interview/153/ 2012年11月16日閲覧。 
  21. ^ 南沢奈央×溝端淳平『スペシャル対談☆意外な共通点は?!』. インタビュアー:床板京平. (2009年6月3日). DVD「赤い糸」特集, オリコンスタイル.. http://forest.kinokuniya.co.jp/interview/153/ 2012年11月16日閲覧。 
  22. ^ 南沢奈央、寄席で古典落語に初挑戦”. オリコンスタイル (2011年1月13日). 2012年11月16日閲覧。
  23. ^ 2011年の日記 - -お知らせ-”. Nao's Way 南沢奈央 公式ホームページ. 2014年9月16日閲覧。
  24. ^ “南沢奈央が落語に挑戦…初高座は『雛鍔』 冷や冷やの20分”. 日テレNEWS24. (2011年2月20日). http://www.news24.jp/entertainment/news/1616230.html 2012年11月16日閲覧。 
  25. ^ 女優登竜門デビュー. TBS. 2011年9月23日放送.
  26. ^ 2010年12月22日から全国のビデオレンタル店で無料レンタル開始、2011年3月27日にテレビ東京系列で放送。
  27. ^ The River”. 日本劇団協議会. 2014年9月19日閲覧。
  28. ^ “フォレストサポーターズ | 美しい森林づくり推進国民運動”. (2013年11月28日). https://www.mori-zukuri.jp/news/?cmd=view&newsid=202 2014年4月19日閲覧。 
  29. ^ きっかけは受験勉強. (インタビュー). (2011年4月6日). よんどく!, 日本新聞協会.. http://www.readme-press.com/now/2011/04/post-3.html 2012年11月16日閲覧。 

外部リンク[編集]