8人の女たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

8人の女たち(はちにんのおんなたち、: Huit Femmes )は、フランスの作家ロベール・トマ作の戯曲である。この戯曲は1961年8月28日パリのエドワード7世劇場で初演された。

あらすじ[編集]

1950年代、郊外の屋敷が舞台。クリスマスのために集まる家族と、忙しく働く使用人の目の前で、屋敷の主人が死体で発見される。彼の背中には短剣が刺さっており、自殺ではない。雪に降り込められた屋敷の中にいる8人の女性のうち、誰が犯人か互いに探り出すうち、隠されていた事実が次々と明らかになってゆく。

登場人物[編集]

  • ギャビー
マミーの長女で、殺害されたマルセルの妻。シュゾンとカトリーヌの母。
  • シュゾン
ギャビーの長女。大学生。
  • カトリーヌ
シュゾンの妹。推理小説が好きな17歳。
  • マミー
ギャビーとオーギュスティーヌの実母。リューマチで足が悪く車椅子に乗っている。
  • オーギュスティーヌ
マミーの次女で、ギャビーの妹。心臓が悪い。ひねくれ者で、色気がない。
  • シャネル
メイド。太った黒人女性。
  • ルイーズ
ポーカーフェイスなメイド。
  • ピエレット
マルセルの妹。ストリップダンサー。

初演時の配役[編集]

  • ギャビー:Mony Dalmès
  • シュゾン:Corinne The Colt
  • カトリーヌ:Bernadette Robert
  • マミー:Madeleine Clervanne
  • オーギュスティーヌ:Jacqueline Jefford
  • シャネル:Madeleine Barbulée
  • ルイーズ:Nadia Barentin
  • ピエレット:Claude Génia

映画[編集]

8人の女たち
Huit Femmes
監督 フランソワ・オゾン
脚本 フランソワ・オゾン
マリナ・ドゥ・ヴァン
原作 ロベール・トーマ
製作 オリヴィエ・デルボスク
マルク・ミソニエ
出演者 ダニエル・ダリュー
カトリーヌ・ドヌーヴ
ヴィルジニー・ルドワイヤン
ファニー・アルダン
音楽 クリシュナ・レヴィ
撮影 ジャンヌ・ラポワリー
編集 ローランス・バヴェダー
配給 日本の旗 ギャガ
公開 フランスの旗 2002年2月6日
日本の旗 2002年11月23日
上映時間 111分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 €8,000,000
興行収入 $42,426,583[1]
テンプレートを表示

2002年、フランスで映画版が制作された。監督はフランソワ・オゾン。密室ミステリーだが、フランスを代表する8人の女優が歌って踊るミュージカル仕立てになっており、話題になった。

2002年のベルリン国際映画祭では、8人の女優達に対して銀熊賞が与えられた。

キャスト(映画)[編集]

使用された曲[編集]

  1. (歌)リュディヴィーヌ・サニエ / Papa t'es plus dans l'coup
  2. (歌)イザベル・ユペール / Message personnel
  3. (歌)ファニー・アルダン / A quoi sert de vivre libre
  4. (歌)ヴィルジニー・ルドワイヤン / Mon amour, mon ami
  5. (歌)フィルミーヌ・リシャール / Pour ne pas vivre seul
  6. (歌)エマニュエル・ベアール / Pile ou face
  7. (歌)カトリーヌ・ドヌーヴ / Toi jamais
  8. (歌)ダニエル・ダリュー / Il n'y a pas d'amour heureux

日本での舞台上演[編集]

2004年版[編集]

キャスト(2004年版)[編集]

スタッフ(2004年版)[編集]

2011年版[編集]

キャスト(2011年版)[編集]

スタッフ(2011年版)[編集]

日程[編集]

初日 最終日 劇場
2011年12月9日 2011年12月25日 東京都・ル テアトル銀座 by PARCO
2012年1月6日 2012年1月9日 大阪府・森ノ宮ピロティホール
2012年1月13日 2012年1月14日 愛知県・ウインクあいち

参考文献[編集]

  1. ^ 8 Women”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]