東ちづる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あずま ちづる
東 ちづる
本名 堀川 智鶴
生年月日 1960年6月5日(53歳)
出生地 広島県
血液型 AB型
職業 女優
公式サイト ホリプロ タレント情報
主な作品
温泉若おかみの殺人推理

東 ちづる(あずま ちづる、本名:堀川 智鶴1960年6月5日 - )は、日本女優タレント広島県因島市(現・尾道市)出身。ホリプロ系列の「パオ」に所属。かつては松竹芸能に所属していた。広島県立因島高等学校卒業(ポルノグラフィティは後輩)。関西外国語大学短期大学部卒業。血液型はAB型、身長160cm。スリーサイズはB83 W60 H86。愛称はちづるちゃんちぃちゃんちづちゃん

来歴・人物・エピソード[編集]

  • 高校では漫画研究会に所属。短大を卒業後、一時期はソニーグループのソニー企業株式会社(ソニービル運営、イベントプロモーション、ショールーム運営等)の社員として勤務。「大阪の支社に凄い美人がいる」と系列会社や取引先の間で評判となり、主に新商品の発表会といった得意先や一般消費者を相手にする時の説明をするコンパニオン的な業務を担当。パンフレットに水着写真を掲載されたこともあるという。その美貌の反面、社内の備品を壊すなど話題の絶えない社員だったらしい。
  • 25歳の頃、芸能界で本格的に活動をするため退職。その後、バラエティ番組のアシスタントなどを経て、1987年テレビ朝日金子信雄の楽しい夕食』で初代アシスタントを務めた。酒が入った金子のセクハラまがいの言動にも、笑顔を絶やさず上手くあしらう機転の良さや明るいキャラクターが話題となり、知名度をあげていった。
  • 「痴漢に遭ってもやり返すだろうNo.1の女性」とも言われ、気の強さと上昇志向の激しさでも有名だった。
  • かつては「お嫁さんにしたい女性有名人No.1」にも選ばれた。2003年に堀川恭資と結婚した。
  • アダルトチルドレンでありうつ状態であったことを告白。それら自らの体験を綴った本を出版した。さらに戦争で傷ついた子ども達のリハビリを行なう「ドイツ国際平和村」(Friedensdorf International)を支援し、数々のボランティア活動(あしなが育英会など)にも参加している。
  • 腕相撲で一般女性に負けたことが無いといい、男性ともそれなりに競えると自負している。
  • 「女優No.1の酒豪」とも噂され、まず潰れることはない。高嶋政宏がナンパしようと彼女に何杯も勧め、飲ませたが、同じペースで飲んでいるうちに自身が逆に潰れてしまったらしい[1]
  • 因島の高校生が白血病となり、その妹から骨髄バンクを支援してほしいと頼まれた。骨髄バンク啓発のポスターのモデルになる。他にもボランティアでシンポジウムで講演を行っている(本人もドナー登録もしている)
  • その縁で、全国骨髄バンク推進連絡協議会会長の大谷貴子とも親交がある。骨髄バンク白血病に関するドラマ・映画の多くに出演している。
  • 名字は東と書いて「あずま」と読むが、ちづるの家族以外の親族は東と書いて「ひがし」と読み、「あずま」と名乗っているのはちづるの家族だけである。理由は、ちづるの母が頭文字が「」で何事にも1番最初だからという考えから。実際、東の故郷の広島県は「ひがし」姓が多い。戸籍には読み仮名が記載されないため違う読み方を名乗っても別段問題はない。
  • 貧乳を嘆いていた時期があり、「よせてあげるブラ」を着用していたことがある。ある日、電車のつり革を持っていて振り返った時にブラがずれてホックが外れてしまったことがあったという。
  • 2012年8月29日放送のテレビ朝日『情報満載ライブショー モーニングバード!』で、新大久保韓国大統領李明博竹島上陸・天皇謝罪要求発言の影響で閑古鳥が鳴く様に、「ことをこれ以上荒立てて欲しくないですよね」と日本人特に韓流K-popファンに自制を求める発言をしている。
  • 広島県出身ということもあり、広島東洋カープのファンである。
  • LGBT自閉症などの社会的マイノリティーを支援する運動に参画し、それらの啓発を目的としたイベントを企画・運営する一般社団法人「Get in touch」の理事長に就任している。[2]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK

日本テレビ

TBS

フジテレビ

  • マルサ!!東京国税局査察部(2003年) - 和勢紗智子
  • 金曜エンタテイメント
    • 「ざけんなヨ!!8・専業主婦でナゼ悪い!」(1995年) - 北沢陽子 役
    • 「児童虐待調査官 百瀬なつきの事件ファイル」(2000年) - 入江美和子 役
    • 「えなりかずきの少年探偵・事件でござる3・伊豆極上グルメ殺人紀行」(2003年) - 砂原美潮
    • ココリコミラクルタイプドラマスペシャル」(2005年)
    • 山村美紗サスペンス 京都女優シリーズ
      1. 京都夜の祇園姉妹殺人事件(1999年1月22日) - 立花秋子 役
      2. 京都・呪いの十二単衣殺人事件(2000年2月4日) - 麻生夕子 役
      3. 京都怪奇伝説殺人事件(2001年6月15日) - 麻生夕子 役
      4. 妖しの清少納言殺人事件(2002年6月7日) - 麻生夕子 役
      5. 流れ橋殺人事件(2003年3月28日) - 麻生夕子 役
      6. 大奥殺人事件(2003年8月15日) - 麻生夕子 役
      7. 新選組殺人事件(2004年7月16日) - 麻生夕子 役

テレビ朝日

テレビ東京

WOWOW

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティ・教養番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ BX VOL2」2006年11月8日より。
  2. ^ http://getintouch.or.jp/archives/category/about
  3. ^ お茶づけ海苔60周年スペシャルCM。「お茶づけ海苔60周年」記念CM放映のお知らせ (PDF)”. 永谷園 (2012年3月28日). 2013年4月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]