生徒会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

生徒会(せいとかい)は、中等教育である中学校高等学校中等教育学校におかれる生徒による自発的、自治的な組織である。特別支援学校の中学部・高等部にも、中学校や高等学校に準じておかれる。

概要[編集]

生徒会は、学校の全生徒をもって組織され、教員の適切な指導の下に、生徒の自発的な活動により、学校生活の充実や改善向上を図る活動、生徒の諸活動についての連絡調整に関する活動(部活動などの課外活動への支援、学級ホームルーム間の連絡など)、学校行事への協力に関する活動、ボランティア活動などを行う。

生徒会については、中学校学習指導要領、高等学校学習指導要領それぞれの「第5章 特別活動」に説明がされている。生徒会に相当する組織としては、小学校では児童会が、大学では学生自治会がある。

歴史[編集]

第二次世界大戦後の連合国軍最高司令官総司令部 による民主主義定着政策の1つとして、学校における生徒の自主活動が推進され、小学校、中学校、高等学校などに各種の自治会が設けられた。なお、その後、小学校、中学校、高等学校などの自治会の活動は学習指導要領に規定され、小学校などでは「児童会」、中学校、高等学校などでは「生徒会」という名称に統一された。

生徒会活動の目的[編集]

生徒会活動は人的な活動であり、生徒会活動と生徒との関わりは、生徒の自主性などを推し量る指標ともなるといわれる。

組織[編集]

多くの生徒会では、社団法人権利能力なき社団等の、多数決の原則による民主的な運営を行う社団における基本規則である定款を模した生徒会規約を定めており、生徒会規約の定めにより生徒会を組織し意思決定や業務執行などを行う機関(統治機構)を置く。 議決機関としては、最高意志決定機関である社員総会にあたる「生徒総会」、業務執行に関する意志決定機関である理事会にあたる「生徒評議会(中央委員会など)」、執行機関としては、代表理事や業務執行理事にあたる「生徒会役員(生徒会長、副会長、書記、会計など)」並びに代表理事や業務執行理事で構成される任意の会議体(三役会、常務理事会など)にあたる「生徒会役員会(生徒会執行部など)」、定款の定め若しくは社員総会や理事会の決議により設置される任意の機関にあたる「各種委員会」などで成り立っているのが一般的である。役員会から独立した地位を持つ組織として、「選挙管理委員会」や監事会計監査人にあたる「監査委員会(会計監査委員会など)」などが設置される。会計監査については、生徒会の組織としては設置せず、生徒会担当の教員により行う場合もありえる。

統括型の生徒会[編集]

次の図は、さまざまな事項を統括的に処理する生徒会の組織例である。

生徒総会
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
執行部会
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全校協議会
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
学年総会
 
 
 
 
 
 
 
専門委員会
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
学年協議会
 
生活委員会
 
美化委員会
 
図書委員会
 
体育委員会
 
保健委員会
 
選挙管理委員会
 
部活動代表者会議

   

[生徒会運営に参与する組織(校務分掌組織)]

  校長
   |
 +-+-+
 |   |
教頭 職員会議
     |
   特別活動指導部
     |
  生徒会役員会の顧問教諭など
     :

次の図では、教職員組織と生徒会が一体化して取り扱われている。このような組織形態は、比較的中学校の生徒会に多い。ただし、一部の高等学校にも例がある。組織図の特徴としては、校務分掌上の視点からの記載であり、「選挙管理委員会」「監査委員会」などの特別な委員会の働きが概観しづらくなっている。(規約などに記述自体がされていない事もある)

                 +--校長--+
    +-保健委員会      |      |
    |            |      |
    +-体育祭実行委員会   |      |
    |            |      |
生徒部-+-生徒会------生徒総会-…-職員会議
    |            |
    +-文化祭実行委員会   |
    |            |
    +-視聴覚        |
               生徒会役員会-------+
  +-選挙管理委員会      |           |        
  |              |         予算委員会
  +-監査委員会        |           | 
  |            中央委員会         |
  |              |           |
  |        +-----+-------+   |
  |        |     |       |   |
  |        |  [専門委員会] [クラブ代表者会議]
  |        |     |        |
  |        | +-+-+-+-+ +-+++-+
  |          H  | | | | | | | | |
  |             放 文 生 保 体 文 運 同 愛
  |          R  送 化 活 健  育 化 動 好 好
  |        代 | 祭 | | 祭 部 部 会 会
  |        表 | | | | | | | | |
  |        | +-+-+-+-+ +-+++-+
  |        |     |        |
  |        |     |      (任意参加)
  |        |     |        |
  +--------+----全生徒-------+

連合型の生徒会[編集]

次の図は、業務を種類ごとに分類し、多くを下位組織の自治によって行う生徒会組織の例である。

(生徒総会)⇔ +-------+-------+
        |        |       |
      生徒評議会   生徒会役員会    監査会
        |    |      |  (監査委員会)
   +[所轄]+    |     [所轄]
   |      (臨時委員会)   |
+--+---+       |      +----------+
 |   |   |   学       |         |
学ホ  部ク  専    校↓   (専門委員会)    (特別委員会)
 |  活ラ   門    行例      |         |
級ム  動ブ   委    事・  +-+-+-+-+-+-+ | 
 ル   会会  員    委文  | | | | | | | 選
委|  議議  会    員化 | | | | | | | 挙
 ム  |   会    会祭  風 保 奉 環 新 放 図 管
員委 各各各   議    な実  紀 健 仕 境 聞 送 書  理
 員 部同愛  :    ど行  委 委 活 美 委 委 委 委
会会  好好   各     委  員 員 動 化 員 員 員 員
||  会会   専       員  会 会 委 委 会 会 会 会
各各      門別     会        員 員
学ホ       委掲            会 会
級|      員/  
 ム      会  
 ル 
  | 
  ム

[生徒会運営に参与する組織(校務分掌組織)]

   校長
   |
 +-+-+
 |   |
教頭  職員会議
     |
    特別活動指導部
     |
   生徒会役員会の顧問教諭など
     :

各組織の役割[編集]

中心的な組織[編集]

議決機関[編集]

  • 生徒総会
生徒会の最高議決機関であり、基本的な事項の承認、予算決算の決議、生徒会規約の改廃などを行う。
定期的に総会を開く多数の学校と、臨時にのみにしか開かない少数の学校に大きくは分けられる。少数ではあるが生徒総会がない生徒会もある。
総会の進行方法としては、以下の事例が見られる。一般に多くの社員・構成員を有する社団では合理的無関心などにより総会が形骸化することがあるが、生徒会においても生徒総会が提案内容を(提案が存在せず、予算の可否のみという場合もある)全学生に周知させるだけの「説明会」と化している学校も多いという。
  • 通常の会議のように行われる場合
  • 発言者をあらかじめ決められた者に限る場合(「全校会議」)
  • 全校生徒が議案に投票するだけの場合
  • 重要度が低いと学校側が判断した議案では投票を実施せずに採決と称して会場内からの拍手を求め、それをもって決議とみなす場合(投票制度自体が存在せず、生徒からの一回の質問のみの許可とされている場合も存在する)
  • 生徒評議会(中央委員会など)
生徒総会に次ぐ日常の議決機関として、生徒総会に提出する議案の決議、諸問題の解決、ホームルームや同好会愛好会などに対する連絡調整、その他種種の計画や実施の協議にあたる。生徒総会がない生徒会では、基本的な事項の承認、予算決算の決議なども生徒評議会で行われる。
生徒評議会の構成者は、各校によって異なり、学級(ホームルーム)から選出された評議員または学級委員(ホームルーム委員)、各種委員会の代表者、部・同好会・愛好会の代表者などである。

執行機関[編集]

生徒会全体に必要な事務を執行する。学校によって異なるが、生徒会役員会におかれる役員には、生徒会長、副会長、書記、会計などがある。[1]常任委員、議長などがおかれる場合もある。これらの役員を中心とした組織については、特に執行部(しっこうぶ)と呼ばれることもある。
役員は、生徒により直接選挙で選ばれるのが原則であるが、会長などの権限を強めるために、重要な役職のみを選挙で選出し、残りは選挙された役員が指名する形態を取る場合もある。一部では、会長が役員を指名する前に顧問等が適切と考えた生徒を実質的に指名してしまい、生徒の意見が反映されにくくなる場合もある。
生徒会役員会の下に役員以外の人員を有する事務局をおく場合があり、この事務局を生徒会本部(せいとかいほんぶ)や、執行部(しっこうぶ)などと呼ぶことがある。事務局があると何年にもわたって継続的に事務を行う人員が確保できるため、強力な生徒会運営が実施できる。この場合、事務局に所属したことがある者からしか役員へ立候補しなくなる場合もあり、運営の中立性の確保を考えると難しい面もある。
生徒会の各種業務を実施する実務組織である。最大の予算を占めるのが文化祭体育祭などの学校行事を計画し実施する委員会である。そのほかに、生活規律に関する委員会、健康や安全に関する委員会、ボランティアに関する委員会、環境美化に関する委員会などがある。
委員会は生徒会役員会の下におかれる部局ではなく、一定の自治的な権限を持つものとされている。(一切の権限がなく、単なる実働部隊となっている場合もある)。その権限は、通例では各委員会に関する規約で定めることになっている場合が多いが、現実として規約は周知されていない場合がかなりあり、問題が起こると生徒会役員会や生徒評議会と摩擦を起こすことが少なくない。学校によっては、各種委員会の代わりに、生徒会役員会が直接統括を行う(ぶ)や(きょく)をおいていることもある。
よくおかれる委員会の例: 文化祭実行委員会、体育祭実行委員会、環境(美化)委員会、給食委員会、飼育委員会、集会委員会、新聞委員会、体育委員会、図書委員会、風紀(生活)委員会、文化委員会、奉仕活動委員会、放送委員会、保健委員会など

監査等の機関[編集]

  • 選挙管理委員会
選挙管理委員会は、生徒会長などの選挙管理を行う。
  • 監査委員会
生徒会について各種の監査を行う。生徒会の中枢について情報公開し、生徒会の運営の中立性を確保するために必要な組織ではあるが、ないことが多い。大きくは、会計監査業務と業務監査業務に区分され、会計監査業務はわずかながら実施率が高い。

補助的な組織[編集]

自治機関[編集]

  • 部活動会議、クラブ会議
部・同好会・愛好会などの部活動団体の連絡調整をする組織である。主な権限は、団体の昇格・降格の決定、部活動に割り当てられた予算の再分配などである。生徒評議会に部活動団体の議席があり、なおかつ団体数が定員を上回る場合は評議員の選挙を互選で行うことがある。
  • 学級委員会、ホームルーム委員会
各学級(ホームルーム)の意志を代表する組織であり、学級委員(ホームルーム委員)などによって構成される。学年制である学校においては、学年ごとの結びつきが非常に強い。協議内容は、遠足修学旅行などについてが多い。学校によっては、学級委員会(ホームルーム委員会)の内部組織として学年委員会、学年生徒会などと呼ばれる各学年固有の事項について協議する組織を持っていることがある。
  • 委員会会議
各種委員会によって構成される。元々おのおのの各種委員会は、生徒評議会や生徒会役員会の監督を強く受ける組織であるため、自発的な協議は行われないことが多い。生徒評議会や生徒会役員会が委託したことを主に協議し、予算案の細部の作成などが行われることがある。

顧問等[編集]

生徒会に対して、指導(専門的助言)と助言(一般的助言)を行う。役員会、各種委員会、ホームルーム、部、同好会、愛好会などの各組織におかれる。中でも役員会におかれる顧問教員は、生徒会の権能の上で重要な役職である。顧問教員には、生徒会そのものや各組織に対する命令権、監督権はないと解するのが適切であるが、職員として学校の管理運営上の責任を有するため、この職務が生徒の自発性と緊張関係になることがある。
生徒会と学校との申し合わせ事項などで、特定の行為をするためには、職員会議の議決や校長の承認を必要とすると定められていることがある。この場合、生徒会の要請に基づいて、当該事項を可否を審議する。また、生徒会に監査機関がない場合は職員会議が代行、ある場合も並行して監査をおこなうことがあるが、生徒の自発性の面からいうと望ましくはない。

生徒会の連合組織等[編集]

地域などを単位にして、各学校の生徒会や生徒会役員が相互に協力することを目的とする連合組織が設立されることがある。設立は、生徒が主体となって行われる場合と教員等が主体となって行われる場合がある。

他にも、各学校の生徒会役員が集まって生徒会に関する討議等を行う企画が実施されることもある。例えば、2013年春には約70校の生徒会役員が集まって全国高校生徒会大会が開催されている。[2]

生徒会活動の問題点[編集]

生徒会活動については、通知表調査書内申書)などに「特別活動の記録」などとして記載されるが、高等学校や大学などは、元・生徒会役員など、積極的に生徒会活動を行った人を入学者選抜で高く評価することがある。

このため、自分本意で生徒会活動を希望しているわけではない生徒が、受験対策として生徒会役員に立候補することもあり、当選を果たしても面倒な仕事をさせられる上に自分の時間(特に部活動)を削られ、「生徒会」という称号のために我慢して在籍していた、といった不純な動機が見受けられる。これは、生徒会活動の目的や生徒自身の発達の点から問題とされている。また、最近では能力本位ではなく、容姿、性格等事務能力に関係ない点で選挙に当選してしまうことも問題化している。

この他、生徒会は企業の労働組合・ユニオンなどとは違い、学校や教師、および生徒の処遇に対する不服申し立てなどは(学校側の不当なものであるとされるものを含み)基本的には行うことができない。

フィクションにおける生徒会[編集]

学園もののアニメ漫画ライトノベルなどでは、生徒会が話の舞台となったり、そうでなくとも生徒会役員が出てくることがある。これらが話の展開上重要な役割を担っていることもある。このような作品では、現実の生徒会にはない特徴(強大な権限等)を持っていることがある[3]

脚注[編集]

  1. ^ 生徒会制度の歴史的経緯との関係は不明であるが、米国法人 (corporation)株式会社を含む)における典型的な役員 (officer) は、生徒会の役員と同様で会長 (president)副会長 (vice president)書記 (secretary)会計 (treasurer) である。
  2. ^ 生徒会、知恵集め活発に 高校生が「全国大会」(日経新聞2014年2月21日)
  3. ^ ライトノベル作法研究所 『ライトノベル設定資料生徒会のしくみ』 秀和システム、2011年10月5日、131-133頁。 

参考資料[編集]

関連項目[編集]