足立梨花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あだち りか
足立 梨花
生年月日 1992年10月16日(21歳)
出生地 日本の旗 日本長崎県生まれ[1]三重県三重郡菰野町育ち[2]
身長 162cm
血液型 A型
職業 女優タレント
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2007年 -
事務所 ホリプロ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
ふたつのスピカ
あまちゃん
バラエティ番組
ヒルナンデス!

足立 梨花(あだち りか、1992年10月16日 - )は、日本女優タレント。愛称は、りかっちあだっちぃー

来歴[編集]

2007年、第32回『ホリプロタレントスカウトキャラバン』に父の推薦で応募して、5万1923人の中からグランプリに選ばれる[3][4]。審査員の秋元康曰く、審査員の満場一致で決定した[5]

2009年7月、NHKドラマ『ふたつのスピカ』(2009年6月 - 7月)の宇宙飛行士を目指す高校生・宇喜多万里香役の出演をきっかけに、『日本宇宙少年団宣伝キャプテン』に就任した。

2010年4月20日、『2010 Jリーグ 特命PR部 女子マネージャー』に就任[4]。同年12月5日、シーズン中に全37クラブのホームスタジアムを訪問するという偉業を成し遂げる。2011年、2012年も引き続き特命女子マネジャーを務めた。

2012年2月26日、『ヒルナンデス!』の企画で東京マラソン2012に出場するが、制限時間切れでリタイアした[6]

2013年、スカパー!Jリーグマッチデーハイライトで初めてスポーツキャスターに挑戦する。同年1月31日、『Jリーグ 特命PR部 女子マネージャー』を卒業し、3年間の功績を称えた「『Jリーグ名誉女子マネージャー』の称号を付与する」旨記載された大東和美Jリーグチェアマン名義の卒業証書を授与された[7]

2013年4月、スポーツ応援アイドルユニット「モブキャストガール」のメンバーに選出される[8]。他のメンバーは入来茉里真凛山根千佳折原あやの

人物[編集]

  • 色々な仕事をこなせるタレントを目指しているが、元はモデル志望で『CanCam』(小学館)などの雑誌に出演してみたいという。好きなモデルは、SHEILA。スカウトキャラバンでSHEILAが司会を務めており、そこで初対面した。
  • 憧れの人として、石原さとみを挙げている。2008年1月13日放送の『はじめての芸能界ごあいさつスペシャル』で初対面した。
  • スカウトキャラバンで特別賞を受賞した入来茉里とは、同コンテストのグアム合宿で仲良くなった。決選大会で結果が決まった際には、ステージ裏で「一緒に頑張ろうね」と涙を流して、抱き合いながら喜び合っていた[9]
  • 趣味は、音楽ゲームとご当地キティ集め。
  • 好きなアーティストは、AKB48B'z
  • 特技は、スカウトキャラバン決勝大会でフォームを披露した、ソフトテニス
  • 板野友美桜庭ななみ篠原愛実田中あさみ西内まりやなどと仲が良く、剛力彩芽とは親友である。
  • 最高で10回くらい連続でくしゃみが出たことがある[10]
  • 『龍神(りゅうじ)』という歳の離れた弟が1人いる。[11]
  • チャームポイントのヒップに関して、「よくオシリーナ(秋山莉奈)さんと並ぶお尻だって言われますもん。オシリーカですよ(笑)」[12]「桃みたいにプリっとなっていて、肉厚なところがいいと言われる」[13]とインタビューで語っている。
  • 『Jリーグ 特命PR部 女子マネージャー』として活動したことで、ドラマだけでなく、サッカー関連番組やバラエティ番組へ出演する機会が増えた。また仕事以外でも何度かJリーグ観戦に足を運んでおり[注 1]、高校サッカー決勝を観戦したことも。本人曰く、女子マネージャー就任時には、「オフサイドってなに?試合って何分?カズさん…?などなど、知識不足にも程があるだろ!」というレベルだったが、初年度で当時Jリーグに所属していた全37クラブのホームスタジアムを訪問するなど、3年間の活動を通じて「日本一Jリーグに詳しい女優」と自称する程知識を深めた。
  • 2013年NHK連続テレビ小説あまちゃん』で、能年玲奈演じる主人公と敵対する役柄で出演した際には、足立のブログインターネット上で、能年ファンから足立への批判が続出し[19]、足立自身も性格が悪いと誤解されることもあった[20]。これに対して足立は、本来の性格とは逆の意地悪な役柄の演技に成功し、ドラマでの演技が視聴者に伝わっていると、前向きに解釈している[19][20]。これらの演技が評価され、同年のフジテレビ土ドラ山田くんと7人の魔女』でも、主人公をいじめる役に抜擢されており、足立自身も敵役、いじめっ子、嫌われ役を今後も演じることを望んでいる[20]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

携帯ドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

PV[編集]

ラジオ出演[編集]

イベント[編集]

  • ♥サマーパーティー♥ホリプロ50周年記念!!及びBS-TBS開局10周年記念アイドル50人大集合!!(2010年8月24日、赤坂BLITZ

雑誌[編集]

イメージDVD[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ オフィシャルブログ[14][15][16][17][18]など多数

出典[編集]

  1. ^ 足立梨花さん&ヴィヴィくんスタジアムお散歩”. V・ファーレン長崎 (2014年5月14日). 2014年5月15日閲覧。
  2. ^ 足立梨花 出身地“三重のあまちゃん”PR - スポニチAnnex 2013年10月15日 06:00
  3. ^ “ホリプロGPは15歳・足立梨花さん”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2007年11月26日). オリジナル2008年1月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080117055027/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/11/26/02.html 2008年2月20日閲覧。 
  4. ^ a b 足立梨花. 美少女Interview vol.4 「足立 梨花」. インタビュアー:高倉文紀. Next CM Girls.. http://www.cm-girls.jp/ng_interview_display.php?id=4 2013年7月30日閲覧。 
  5. ^ ホリプロスカウトキャラバン、中学3年生の足立梨花さんがグランプリ”. マイナビニュース. マイナビ (2007年11月26日). 2013年7月30日閲覧。
  6. ^ 「東京マラソン走るンデス!」最終結果”. 『ヒルナンデス!』放送内容. 日本テレビ (2012年3月2日). 2013年7月30日閲覧。
  7. ^ 女子マネ卒業”. 足立梨花 オフィシャルブログ (2013年1月31日). 2013年7月30日閲覧。
  8. ^ オリコンスタイル (2013年4月4日). “スポーツ応援アイドルユニット「モブキャストガール」が初お披露目”. 2013年4月4日閲覧。
  9. ^ はじめての芸能界ごあいさつスペシャル. テレビ朝日. 2008年1月13日放送.
  10. ^ オフィシャルブログ(2008年4月2日)
  11. ^ オフィシャルブログ(2010年1月31日)
  12. ^ 雑誌『Myojo』(200年3月号)より。
  13. ^ 「あまちゃん」の“マメりん”足立梨花は胸がないのが悩み!アイドルの苦労も吐露”. シネマトゥデイ (2013年9月21日). 2013年8月30日閲覧。
  14. ^ オフィシャルブログ(2013年5月4日)
  15. ^ オフィシャルブログ(2012年7月30日)
  16. ^ オフィシャルブログ(2012年6月9日)
  17. ^ オフィシャルブログ(2012年6月4日)
  18. ^ オフィシャルブログ(2013年6月日)
  19. ^ a b “足立梨花に「能年いじめるな」の批判続々”. 日刊スポーツ新聞 (日刊スポーツ新聞社). (2013年6月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130630-1149977.html 2013年9月21日閲覧。 
  20. ^ a b c “あまちゃん“敵役”足立梨花、イジメっ子極める”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2013年8月10日). オリジナル2013年9月21日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0921-1102-21/sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130810/ent13081007300002-n1.htm 2014年5月10日閲覧。 
  21. ^ アメーバニュース (2014年5月10日). “足立梨花「照れてしまうくらい、ものすごくかっこよかった!」 PARM(パルム)新CMで寺尾聰と共演”. 2014年5月16日閲覧。
  22. ^ 航空会社『シーエアー航空』とタイアップ撮影” (2010年2月1日). 2010年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]