建山義紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
建山 義紀
阪神タイガース #53
2014T53.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大東市
生年月日 1975年12月26日(38歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト2位(逆指名)
初出場 NPB / 1999年5月3日
MLB / 2011年5月24日
年俸 1500万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

建山 義紀(たてやま よしのり、1975年12月26日 - )は、大阪府大東市出身の阪神タイガースに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中学時代はボーイズリーグの「大東畷」に所属[1]。この時オーバースローから現在のサイドスローとなり、6番手ピッチャーから一気にエースとなる。

東海大仰星高校時代は、上原浩治を差し置きエースを務める[1]。また、ラグビーの大畑大介とも同じ高校の同級生で友人。

1998年ドラフト2位で日本ハムファイターズに入団。

日本ハム時代[編集]

日本ハム時代

1999年、新人ながら6月から完全に先発ローテーションに定着し、防御率2.89で6勝を挙げる好投を見せた。名護市ネオパークオキナワ内にあるヤンバルクイナ保護施設を訪れた際には「勝利の数だけ寄付する」と約束。

2000年も開幕3戦目に先発登板するなど前半はローテーション入りして6勝を挙げたが、防御率は5点台に悪化し、後半は中継ぎ登板も多かった。この年より前年に寄付を約束したヤンバルクイナ保護施設に1勝ごとに1万円を寄付する活動を続けている。この年のオフには施設に連絡なしで募金箱へ6万円を投入し、突然大金が入った募金箱に一時は「警察に届けよう」と騒動にもなった。後に建山の善意による寄付と判明し、ネオパークではヤンバルクイナ会という私設応援団も結成されるようになった。

2001年は14イニングで5本塁打を浴びる不安定な投球で、わずか10試合の登板にとどまり、二軍でも成績を残せなかった。

2002年は中継ぎに起用され、45試合に登板して防御率2.29の成績を残す。短いイニングに専念することでストレートの球威が増し、持ち球の鋭いシンカースライダーも生きるようになった。シーズン後半にはプロ初セーブを記録。

2003年は前年2桁セーブを挙げていた芝草宇宙井場友和が共に安定感を欠いたため、シーズン前から抑えとしての登用が予定されていた。序盤故障で出遅れ、阪神から移籍してきた伊達昌司(後に巨人に移籍)が暫定的に抑えとなったが、6月に復帰後は安定した投球で抑えに定着。自己最高の防御率2.17で、15セーブを挙げた。9イニングあたり1個未満と四球を急激に減らし、パ・リーグでは豊田清に次ぐ安定感を見せた。

2004年も抑えの起用が予定されていたが開幕2戦目のシーズン初登板でサヨナラ負けを喫し登録抹消。代役で好投していた伊藤剛が故障した際、横浜から移籍した横山道哉(後に横浜に復帰)が起用され、抑えに定着したため、6月に復帰後は横山に繋ぐ中継ぎとして起用された。41試合に登板して防御率2.33と、3年連続防御率2点台前半の安定した内容で、セットアッパーとして活躍した。リーグ最多の13ホールドを挙げ、自身初のタイトルである最優秀中継ぎ投手を獲得。最優秀救援投手に輝いた横山と共に「タテヨココンビ」の愛称で呼ばれた。

2005年も45試合に登板したが、防御率3.68とやや安定感を欠いた。前年抑えとして活躍した横山がシーズンの終盤には代役で抑えも務め、2年ぶりのセーブを挙げた。

2006年には自己最多の46試合に登板し、武田久岡島秀樹マイケル中村とともに強力リリーフ陣を形成、チームのリーグ優勝、日本一に貢献した。

2007年は先発復帰を志願。4月1日に6年ぶりに先発登板し、7年ぶりに先発勝利を挙げた。しかし5月中旬に試合中に右足を痛めて降板するとそのまま二軍落ちし、自己最少のシーズン7試合の登板に終わった。チームは2年連続でリーグ優勝し、クライマックスシリーズも勝ち抜いて日本シリーズ出場を果たし、日本シリーズでは1軍に合流し第三戦に登板。

2008年は再び中継ぎに戻り、自己最速148km/hを記録したストレートと100km/h台のスローカーブのコンビネーションで自己最多58試合に登板し、23ホールドポイントを記録。8月頃からは調子を落とし救援失敗が目立ち始めていた武田久に代わりMICHEALに繋ぐセットアッパーを務めた。しかし、レギュラーシーズン終了後に痛めた右内転筋痛でCSの前日に登録抹消になった。しかし、最終的には自己初のシーズン50試合登板を達成した。

2009年の前半はセットアッパーを務め防御率1点台も、後半に腰痛を発症した影響で制球が甘くなり、7敗(うち2009年シーズンのチームのサヨナラ負け3度はいずれも自身が打たれての負け投手になっている。)を喫している。

2010年宮西尚生とともにセットアッパーをこなし、不調の武田久に代わり抑えを務めることもあった。9月12日に自己2回目のシーズン50試合登板を記録した。最終的に武田久と並ぶチーム2位(リーグ8位)の58試合に登板、チーム1位(リーグ6位)の26ホールドポイント、自己最高の防御率1.80を記録。オフにはジョー・ビックと代理人契約を結び、海外FA権を行使してのメジャー挑戦を表明。11月30日にテキサス・レンジャーズと1年80万ドルで契約を結んだ(2年目は年俸100万ドル、3年目は年俸120万ドルの球団オプション)。

レンジャーズ時代[編集]

レンジャーズ時代

2011年スプリングトレーニングでは4試合の登板で防御率7.71、WHIP2.57と結果を残せず、3月15日に傘下のAAA級ラウンドロックが行うキャンプ行きを通告された。ラウンドロックでは14試合の登板で1勝0敗1セーブ、防御率2.14、WHIP1.00、奪三振率11.14、与四球率1.71という好成績を残し、5月23日にメジャーに昇格[2]。24日のシカゴ・ホワイトソックス戦の7回にメジャー初登板を果たし[3]、28日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦では3回2安打1失点でメジャー初セーブを挙げた[4]。6月21日のヒューストン・アストロズ戦でメジャー初勝利。8月23日まで32試合の登板で防御率2.60、WHIP0.78、被本塁打4と安定した投球を続けていたが、24日のボストン・レッドソックス戦で本塁打を浴びて以降5試合で4本塁打を浴び、特に9月3日のレッドソックス戦と10日のオークランド・アスレチックス戦では、メジャー史上2人目となる2試合を挟んでの2者連続満塁本塁打を浴びた[5]。その後2試合の登板は無失点に抑えレギュラーシーズンを終了。

ポストシーズンではタンパベイ・レイズとのディビジョンシリーズのロースターからは外れたが、デトロイト・タイガースとのリーグチャンピオンシップシリーズでロースター入りし、第3戦で初登板を果たした。しかしセントルイス・カージナルスとのワールドシリーズのロースターからは外れ、チームは第7戦で敗退。10月31日には球団が年俸100万ドルのオプションを行使して契約を延長した[6]

2012年はスプリングトレーニング終盤にぎっくり腰を発症し、4月4日にDL入りして14日にAAA級ラウンドロックに降格。5月21日にメジャー昇格したが、6月16日にラウンドロックに再降格。29日に同じ中継ぎ右腕のマーク・ロウのDL入りに伴いメジャーに再昇格したが、7月14日に再降格。ラウンドロックでは試合の32登板で4勝0敗6セーブ、防御率1.13、WHIP0.91の成績を残し、9月1日に再昇格。9日のレイズ戦ではわずか2球で3アウトを取り、「僕の野球人生ではないことなので、いい記念になりますね」とコメント[7]。再昇格後は3試合の登板で1安打1失点を記録。ポストシーズンではボルチモア・オリオールズとのワイルドカードゲームでロースター入りするも登板機会はなく、チームは敗退しディビジョンシリーズ進出を逃した。10月30日に球団が翌年の契約オプションを行使しないことを発表しFAとなり[8]、12月20日にレンジャーズとマイナー契約で再契約した[9]

2013年はスプリングトレーニングに招待選手として参加したが、腰の張りを訴え4試合の登板で防御率4.50、WHIP1.25を喫する[10]。3月21日に自由契約となり[11][12]、23日にマイナー契約で再契約する。ラウンドロックでは23試合の登板で0勝1敗1セーブ、防御率4.24、WHIP1.38の成績を喫し、メジャー昇格はならなかった。

ヤンキース傘下時代[編集]

2013年6月21日に後日発表選手とのトレードでニューヨーク・ヤンキースに移籍[13]。傘下のAAA級スクラントンでは、先発登板し3回を投げた8月31日のリーハイバレー戦を含む21登板で2勝2敗1セーブ、防御率1.70、WHIP0.96の成績を残したが、メジャー昇格はならなかった。11月5日にFAとなった。

2014年1月8日にマイナー契約でヤンキースと再契約した[14]。スプリングトレーニングではリリーフとして7試合に登板し1セーブ、防御率1.13、WHIP0.88だった[15]。4月3日にAAA級スクラントンへ異動した。公式戦では9試合に登板。0勝1敗、防御率6.08、WHIP1.42を記録したが、5月9日に契約を解除された。

阪神時代[編集]

2014年6月25日に、阪神タイガースが建山の入団を発表した[16]。背番号は、赤星憲広が2009年の現役引退まで付けて以来、空き番号になっていた53[17]

プレースタイル[編集]

跳ね上がるようなフォームのサイドスローから最速90mph(約145km/h、日本での最速は148km/h)の速球ツーシーム、フォーシーム)を繰り出し[18][19]スライダー(球速からカーブとも認識される[20])とシンカー(アメリカではチェンジアップまたはスクリューボールと呼ばれる[20])を決め球とし[21]、メジャーでの通算奪三振率9.00と奪三振が多い。特にスライダーは110km/h台前半から130km/h近くまで緩急をつけることもでき[22]、2010年の投球割合は全投球の51パーセントに及び、さらに奪三振時の決め球としての投球割合は63パーセントを占め、被打率は.121をマーク[23]。『すぽると!』(フジテレビ)のインタビューではダルビッシュ有から「球界で1番いいスライダー」と絶賛された。メジャー通算与四球率2.51とまとまった制球力も備える。

人物[編集]

家族は2002年に結婚した4歳年上の妻と1女。上原・大畑とは、高校時代の同級生という縁から、プロ入り後もオフシーズンに『亀山つとむのかめ友 Sports Man Day』(MBSラジオ[24]などの番組で共演している。

ワイン通であり、家にワインセラーがあるとよくインタビューで語っている。先輩の片岡篤史が、引退する際に「家にある1番いいワインを飲ませてくれ」と頼んできたが、その時点で既に沢山酒を飲んでいた片岡は、建山がワインのふたを開けてすぐに突然「帰るわ~」と言い出しワインを飲まずに帰ってしまい、泣きながら仕方なく開けてしまったワインを朝食の準備の下ごしらえに使ったと『FFFFF』で語った。

顔付きが武井壮と似ていることを自他共に認めており[25]、阪神タイガースのtwitter公式アカウントでもネタにされたことがある[26]

レンジャーズではキャッチボール相手のネフタリ・フェリス[27]や英語を教えてもらっているデレク・ホランド[28]、ワインのやり取りをするというダレン・オリバー[29][30]らと仲が良かった。

2014年にスクラントンとの契約を解除された直後には、38歳という年齢などを踏まえて、現役からの引退を考えていたという。しかし、地元球団で救援陣の強化を求める阪神からのオファーを受けたことを機に、現役続行と4年振りのNPB復帰を決意した[31]。阪神では入団と同時に、チーム最年長の選手になった[32]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 日本ハム 22 16 1 1 0 6 5 0 -- .545 442 106.0 101 11 29 0 1 62 0 0 43 34 2.89 1.23
2000 28 13 2 0 0 6 8 0 -- .429 396 89.1 106 15 29 0 2 55 1 0 57 55 5.54 1.51
2001 10 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 72 14.1 22 5 9 0 2 9 0 0 17 17 10.67 2.16
2002 45 0 0 0 0 3 2 4 -- .600 231 59.0 40 7 13 2 4 41 1 0 16 15 2.29 0.90
2003 32 0 0 0 0 2 1 15 -- .667 138 37.1 24 5 4 1 0 31 2 0 9 9 2.17 0.75
2004 41 0 0 0 0 1 3 0 -- .250 190 46.1 39 4 7 1 2 39 1 0 17 12 2.33 0.99
2005 45 0 0 0 0 4 6 2 10 .400 211 51.1 50 10 8 1 2 35 1 0 22 21 3.68 1.13
2006 46 0 0 0 0 3 3 0 8 .500 193 47.0 42 6 10 0 2 30 1 1 18 16 3.06 1.11
2007 7 7 1 0 0 2 4 0 0 .333 167 41.0 33 7 9 1 5 31 0 0 20 19 4.17 1.02
2008 58 0 0 0 0 1 2 2 22 .333 276 67.1 61 3 12 3 4 53 1 0 23 23 3.07 1.08
2009 46 0 0 0 0 5 7 0 19 .417 209 47.2 53 3 15 2 1 43 1 0 24 20 3.78 1.43
2010 58 0 0 0 0 1 2 4 25 .333 218 55.0 43 3 11 0 2 59 0 0 11 11 1.80 0.98
2011 TEX 39 0 0 0 0 2 0 1 4 1.000 181 44.0 37 8 11 4 2 43 1 0 23 22 4.50 1.09
2012 14 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 76 17.0 18 4 6 1 0 18 0 0 19 17 9.00 1.41
2014 阪神 8 0 0 0 0 0 0 0 0 --- 31 7.1 9 0 1 0 1 3 0 0 3 3 3.68 1.36
NPB:13年 446 37 4 1 0 35 43 27 84 .402 2774 669.0 623 79 157 11 28 491 9 1 280 255 3.43 1.17
MLB:2年 53 0 0 0 0 3 0 1 4 1.000 257 61.0 55 12 17 5 2 61 1 0 42 39 5.75 1.18
  • 2014年度シーズン終了時

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 22 (1999年 - 2012年)
  • 53 (2014年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b 上原浩治 『闘志力。―人間「上原浩治」から何を学ぶのか』 創英社/三省堂書店、2010年ISBN 978-4-8814-2193-2
  2. ^ レンジャーズ建山、メジャー初昇格 2011年5月24日付記事
  3. ^ 建山、メジャーデビュー!1Kも1失点 サンケイスポーツ 2011年5月26日付記事
  4. ^ 建山、初セーブに「気分はもちろんいい」 サンケイスポーツ 2011年5月29日付記事
  5. ^ 建山メジャー2人目“屈辱”連続満塁被弾日刊スポーツ、2011年9月13日。
  6. ^ Rangers pick up 2012 option on TateyamaMLB.com、2011年10月31日
  7. ^ 昇格建山「僕の野球人生ではないこと」日刊スポーツ、2012年9月11日。
  8. ^ 建山FA 球団が選択権行使せず日刊スポーツ、2012年10月31日
  9. ^ 建山はレンジャーズとマイナー契約日刊スポーツ、2012年12月21日。
  10. ^ 建山マイナー「違うもの見せられなかった」日刊スポーツ、2013年3月20日。
  11. ^ Rangers release Yoshinori Tateyama
  12. ^ Rangers release Yoshinori Tateyama
  13. ^ Lou DiPetro (2013年6月21日). “Yankees acquire Tateyama, sign Zagurski”. Yes Network. 2014年1月9日閲覧。
  14. ^ Gerry Fraley (2014年1月8日). “Former Texas Ranger stays with Yankees”. The Dallas Morning News. 2014年1月9日閲覧。
  15. ^ 2014 STATISTICS Pitching”. MLB.com. 2014年4月5日閲覧。
  16. ^ 建山義紀選手入団会見 阪神タイガース公式サイト(2014年6月25日)
  17. ^ 背番号は赤星氏の53 建山「お断りしたいと伝えたんですが…」 スポーツニッポン(2014年6月26日)
  18. ^ MLB投手白書 主要250投手ピッチ・アナリシス/救援投手編 主要107救援投手 持ち球一覧/球種別平均球速 『月刊スラッガー』2012年2月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-2、51頁。
  19. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2009』 アスペクトムック、2009年、104頁。ISBN 978-4-7572-1628-0
  20. ^ a b Yoshinori Tateyama PitchFxFanGraphs
  21. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2009』 白夜書房、2009年、38頁。ISBN 978-4-86191-508-6
  22. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2010』 白夜書房、2010年、85頁。ISBN 978-4-86191-595-6
  23. ^ 選手分析 ~日本ハム #22 建山 義紀~ プロ野球 データスタジアム、2010年11月02日。
  24. ^ 番組パートナー・亀井希生(毎日放送アナウンサー)の公式ブログ「サブカル天国」(2011年12月19日)
  25. ^ 武井壮が建山投手との激似ぶりが話題デイリースポーツ(2014年6月24日配信)
  26. ^ 該当のツイート
  27. ^ 建山の夢…守護神に託す「彼の直球は違う」SANSPO.COM、2011年10月23日。
  28. ^ 建山の先生・ホランド8回1/3、0封SANSPO.COM、2011年10月25日。
  29. ^ 本人のTwitter2011年6月4日
  30. ^ 本人のTwitter2011年7月27日
  31. ^ 阪神入団の建山「引退だと思っていたので…感謝しています」サンケイスポーツ(2014年6月25日)
  32. ^ 阪神建山入団会見「はつらつさ見せたい」 日刊スポーツ(2014年6月25日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]