藤田宗一 (投手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤田 宗一
SH-Soichi-Fujita20110913.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府綴喜郡八幡町(現:八幡市
生年月日 1972年10月17日(42歳)
身長
体重
173 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 ドラフト3位[1]
初出場 1998年4月4日
最終出場 2011年10月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 群馬ダイヤモンドペガサス (2012)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2006年[1]

藤田 宗一(ふじた そういち、1972年10月17日[1] - )は、京都府綴喜郡八幡町(現:八幡市)出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中学校までを京都府八幡市で過ごし、長崎県の私立島原中央高等学校に野球留学した。卒業後は社会人野球西濃運輸硬式野球部に入部。抑えとして素質が開花し、1996年社会人野球日本選手権大会ではチームが準優勝し、自身も敢闘賞を受賞した[1]。翌年も都市対抗野球大会でのベスト8入り[1]に貢献している。1997年のプロ野球ドラフト会議千葉ロッテマリーンズから3位で指名されて入団[1]

ロッテ時代[編集]

ルーキーイヤーの1998年4月4日の近鉄戦の8回に初登板。4月11日の西武戦で初セーブ、5月4日の西武戦で初勝利を記録。河本育之に次ぎチーム2位の7セーブを挙げる。1999年は65試合登板でリーグ最多試合登板。以後中継ぎを担うことになる。2000年に70試合登板で2年連続最多試合登板。最多ホールドのタイトルを獲得[1]

2001年オールスターゲームに初出場した。2005年はロッテの勝利パターン継投「YFK」の一角として31年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。2006年にはWBC日本代表に選ばれ[1]、優勝メンバーとなった。この時の登板記録は3試合 0勝0敗0セーブ 防御率9.00 1投球回 1奪三振 自責点1であった。

2007年5月3日に史上79人目の通算500試合登板を達成。全試合リリーフ登板であり、初登板から500試合連続リリーフ登板は史上初である。6月20日には連続リリーフ登板が512試合連続となり、パ・リーグ新記録となった。同年は31試合に登板したものの防御率12点台と極度の不振で、左打者のワンポイントで登板しては打ち込まれるという試合が続き、肩の故障も相まって二軍落ちも経験した。10月27日に球団から戦力外通告を受ける。

球団からはコーチ就任を要請されるが、あと3試合に迫った(橋本武広の526試合)の連続救援登板日本記録もあり現役続行を希望し退団。12球団合同トライアウトには参加せず他球団のオファーを待ち、交渉解禁日の11月7日に読売ジャイアンツが獲得。

巨人時代[編集]

2008年4月5日の対阪神戦で中継ぎ登板し当時日本記録となる527試合連続救援登板を達成した[2]。以後39試合に出場した。2009年はわずか19試合の登板。翌2010年はプロ入り初の一軍登板なしに終わり、10月29日、球団から2度目の戦力外通告を受ける。現役続行を希望し、古巣・ロッテの入団テストを受け、2回目の合同トライアウトに参加した。

2011年1月24日、福岡ソフトバンクホークス育成選手として契約[3]

ソフトバンク時代[編集]

同年3月7日付けで支配下登録された[4]。同年10月22日に古巣の千葉ロッテマリーンズ戦で通算600試合登板を達成。日本シリーズ終了後の11月21日に球団側より来季の契約を結ばないことを通告された[5]

独立リーグ時代[編集]

2012年2月7日、ベースボール・チャレンジ・リーグ群馬ダイヤモンドペガサスに選手兼任投手コーチ補佐として入団した[6]2012年9月13日に今シーズン限りでの引退を発表し、同日に行われた福井ミラクルエレファンツ戦を最後に退団した。試合後、「ロッテの優勝とWBCが一番の思い出。今年、コーチ経験もさせてもらったし、チャンスがあれば(NPBで)指導者をやりたい」と話した。

引退後[編集]

その後、東京・赤坂に焼きゅう豚「繁」を開店、同店のオーナーに就任。

人物[編集]

家族は妻と子供が2男1女。妻と娘は『ピラメキーノ』の1コーナー「おんなごころ!おかあさんといっしょ」(2010年4月28日放送分)に出演したことがある。

社会人時代に肩を壊し、リハビリ生活を余儀なくされた経験が故障しない頑丈な体を作っている。

プロに入って先発登板したことはないため「中継ぎのスペシャリスト」とよく言われる。当時、薮田安彦、藤田から小林雅英に繋ぐリレーはロッテの“勝利の方程式”であり、一部メディアからは阪神タイガースの勝利の方程式「JFK」を捩ってYFKと呼ばれた。

入団から5年連続で50試合以上に登板した。これは岩瀬仁紀の12年連続(継続中)、秋山登の9年連続、宮西尚生の6年連続(継続中)に次ぐ4位の記録である。

ロッテ時代は「中継ぎ」という仕事の評価が低い事に不満を持ち、例年契約更改がこじれていた。

2005年10月17日、ロッテが31年ぶりのリーグ優勝を成し遂げたときに誕生日を迎える。また、同日の試合で勝利投手になった。

2007年5月27日の阪神戦で金本知憲に3球続けて胸元に投げ、結果死球を与えて乱闘騒ぎになった(この試合はそれまでに福浦和也が二死球を受けるなど荒れていた)。ファンから激しい罵声を浴びて、プロ野球に入ってこれが一番恐怖を感じた経験だという。翌日には謝罪し、金本も「こういうのは仕方ない」と言い、2人の間にわだかまりはないと言う。

WBC出場選手としては初めて戦力外通告を受けた選手でもある。それもあり、2007年年末にプロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達で取り上げられた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1998 ロッテ 56 0 0 0 0 6 4 7 -- .600 270 66.1 62 3 19 2 1 54 4 1 18 16 2.17 1.22
1999 65 0 0 0 0 3 1 0 -- .750 249 61.1 57 5 13 1 1 57 0 1 23 22 3.23 1.14
2000 70 0 0 0 0 2 1 0 -- .667 261 59.0 64 9 20 2 1 46 2 0 31 28 4.27 1.42
2001 60 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 132 30.2 36 3 6 2 0 24 0 0 17 16 4.70 1.37
2002 50 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 98 23.1 27 3 3 0 0 16 0 0 11 10 3.86 1.29
2003 28 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 84 18.2 23 3 7 2 2 17 0 0 11 9 4.34 1.61
2004 62 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 200 44.0 52 4 20 3 2 35 1 0 25 22 4.50 1.64
2005 45 0 0 0 0 1 4 0 24 .200 154 38.2 27 2 13 2 1 31 1 0 12 11 2.56 1.03
2006 56 0 0 0 0 4 3 0 23 .571 169 40.2 42 1 7 1 2 35 0 0 19 16 3.54 1.20
2007 31 0 0 0 0 1 2 1 10 .333 76 15.2 28 2 2 0 1 12 1 0 23 22 12.64 1.91
2008 巨人 39 0 0 0 0 0 0 0 13 ---- 123 29.0 30 2 8 0 1 21 0 0 13 10 3.10 1.31
2009 19 0 0 0 0 1 0 0 2 1.000 72 17.1 20 1 1 0 0 10 0 0 5 4 2.08 1.21
2011 ソフトバンク 19 0 0 0 0 0 1 0 5 .000 45 9.1 10 1 5 0 3 8 0 0 10 10 9.64 1.61
通算:13年 600 0 0 0 0 19 21 8 77 .475 1933 454.0 478 39 124 15 15 366 9 2 218 196 3.89 1.33
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 500試合登板:2007年5月3日、対北海道日本ハムファイターズ7回戦(千葉マリンスタジアム)、9回表に4番手で救援登板、3連打3失点 ※史上79人目
  • 600試合登板:2011年10月22日、対千葉ロッテマリーンズ24回戦(QVCマリンフィールド)、5回裏に2番手で救援登板、1安打1四球2失点 ※史上36人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 12 (1998年 - 2007年、2012年)
  • 37 (2008年 - 2010年)
  • 136 (2011年 - 同年3月6日)
  • 63 (2011年3月7日 - 同年シーズン終了時)

独立リーグでの成績[編集]










































W
H
I
P
2012 群馬 28 0 3 2 0 .600 128 28.1 33 0 10 2 22 1 0 12 8 2.54 1.52
通算:1年 28 0 3 2 0 .600 128 28.1 33 0 10 2 22 1 0 12 8 2.54 1.52

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『プロ野球カラー名鑑 2008』 ベースボール・マガジン社2008年、14頁。ISBN 978-4-583-61526-4
  2. ^ 2011年に岩瀬仁紀に更新されるまで日本記録
  3. ^ 育成選手入団のお知らせ - 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト 2011年1月24日
  4. ^ 藤田投手とデレオン投手が支配下登録。藤田投手は「嬉しい。一歩進んだ」と活躍を誓う - 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト 2011年3月7日
  5. ^ 選手契約について - 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト 2011年11月21日
  6. ^ 群馬 コーチ入団のお知らせ”. BCリーグ (2012年2月7日). 2012年2月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]