渡辺俊介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
渡辺 俊介
ランカスター・バーンストーマーズ #9
Syunsuke Watanabe31.jpg
ロッテ時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県下都賀郡都賀町(現:栃木市
生年月日 1976年8月27日(38歳)
身長
体重
177 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2000年 ドラフト4位
初出場 2001年4月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 2000年
WBC 2006年2009年

渡辺 俊介(わたなべ しゅんすけ、本名:渡邊 俊介(読み同じ)、1976年8月27日 - )は、栃木県下都賀郡都賀町(現:栃木市)出身のプロ野球選手投手)。現在は米独立リーグ・アトランティックリーグランカスター・バーンストーマーズ所属。

世界一低いと言われるアンダースローが特徴で、通称は「ミスターサブマリン」。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

栃木県下都賀郡都賀町出身。6歳から野球を始めたが常に控えで、見かねた父の勧めで3番手投手だった中学時代にアンダースローへ転向。國學院栃木高校では当時別格だったというエースで4番の小関竜也がいた事もあり2番手投手で、高校卒業後は東都大学野球連盟所属の國學院大學へ進学。大学時代に、別の選手を探しに来ていた当時の新日鐵君津應武篤良監督が初めて生で見たアンダースローの投手の好投を偶然見かけて目に留まる。社会人野球の新日鐵君津へ1999年に入社。應武監督に言わせると「たまたま好調だった登板を見かけた」だけであり、当初の投球は左打者の背中を抜けていくことが幾度も見られるほど、とても制球力が悪かった。“指に引っ掛かり過ぎるリリース”に難点がある、と見抜いた應武監督からカーブを投げることでリリースを改善していく指導を受け、目に見えて制球力が高まった。

2000年読売ジャイアンツの春季キャンプに参加した際、対面した清原和博に「プロになって対戦するだろう」と予言されている。当時はチーム内で恩田寿之に次ぐ2番手投手だったが、同年夏の第71回都市対抗野球大会の南関東2次予選で恩田がフル回転して本大会の出場権を手にしたものの肩や肘に違和感を覚え、本大会では渡辺が先発投手の柱として全4試合に登板して、三菱重工広島トヨタ自動車西濃運輸を破り4強入りし、優秀選手賞を獲得。プロアマ混成チームのシドニーオリンピック野球日本代表にも選出され、対イタリア戦では中継ぎで登板し勝利投手になった。対キューバ戦でも中継ぎで登板したが3ラン本塁打を打たれ敗戦投手となった。秋には社会人野球日本選手権大会8強入り、同僚の野田浩輔と共にプロ入りを表明。同年秋のドラフト会議千葉ロッテマリーンズから4位指名を受け入団。「会社の上司に掛布雅之の大ファンがいたから」と言う理由から背番号31を着けた。

ロッテ時代[編集]

2001年、即戦力と期待され、4月25日の対オリックス・ブルーウェーブ戦でプロ初登板、初先発をする。9月3日の対福岡ダイエーホークス戦でプロ初勝利・初完封を記録、13試合に登板して防御率2.66、うち6試合に先発して2勝を挙げた。

2002年、8試合で0勝3敗、防御率6点台の成績に終わった。11月に社会人時代の同僚で、2000年の都市対抗でチームのマスコットガールを務めた女性と入籍。

2003年、シーズン初先発となった5月21日の対オリックス戦で4回1/3を投げ8失点(自責点7)と打ち込まれた。試合前に首脳陣から「雨で試合が流れたら次はない」と言われ、本人も「試合に行くのが怖かった」と著書アンダースロー論で語っている。ラストチャンスとして臨んだ同月27日の対オリックス戦で5回2/3を投げ2失点で勝利投手となり、この頃から投球スタイルを変更したこともあって先発ローテーションに定着。対西武戦で12回完投を記録するなど初めて規定投球回数に到達し、9勝を挙げた。

2004年、初の2桁勝利となる12勝を挙げる。日米野球ではデビッド・オルティーズに推定飛距離160mの本塁打を東京ドームの右翼席に打たれた。

2005年、3月27日の対楽天戦では1安打1四球で9回を27人2併殺で抑える好投をみせる。指名打者制のパ・リーグでは打席に立つ機会がなかったが、同年からセ・パ交流戦が始まり、5月8日の対横浜戦では完封勝利を挙げた一方で、1試合で5打席連続三振の日本タイ記録を作った。交流戦では最終的に12球団1位の防御率1.73という好成績を残した。最終的には15勝4敗と大きく勝ち越して防御率2.17と、チームの31年ぶりの優勝に大きく貢献。 阪神タイガースとの日本シリーズでは第2戦に先発し、4安打無四球完封勝利を挙げた。

2006年WBC日本代表に選出され韓国戦2試合とキューバ戦に登板した。 4月29日の対楽天戦では6回まで失点・被安打ともに0という快投を続けていたものの、7回先頭の鉄平に2打席連続の死球となる頭部死球を与えてしまい、危険球による退場処分を受けた。頭部死球自体は遅いカーブだったためか、鉄平は至って元気で大事には至らなかった。試合はリリーフ陣が楽天打線を無失点に抑えて完勝し、渡辺は球団初の「被安打0の降板投手」「退場処分の勝利投手」という珍記録を樹立し、退場処分を受けながらヒーローインタビューに呼ばれるという珍しい事態に直面した(本人は呼ばれた際、退場処分を受けたのにグラウンドに出てヒーローインタビューを受けて良いのか、とチーム側に確認を取ったとのこと)。インタビューでの第一声は「鉄平君、すいませんでした」で笑顔は見られなかった。5月28日の巨人戦ではプロ初安打を放った。防御率が常に4点台と不安定で3年連続の二桁勝利を逃し、リーグ最多の14与死球と低調な成績に終わった。

2007年、2桁勝利こそ逃したが1試合に中継ぎ登板した以外は全て先発で安定した投球を見せ、特に後半戦は危なげなく好投して防御率2.44を記録した。ソフトバンクとのクライマックスシリーズ第1ステージでは第1戦に先発し、失策絡みで4失点(自責点1)したものの完投勝利した。

2008年、2完封を記録するも、苦しい投球ながら打線の援護で勝つ試合が多かった。最終的には清水直行と並びチーム最多の13勝を挙げ、先発としての役割は果たした。8月18日の対楽天戦では8回まで0点に抑えながら9回に追い上げられ5-2で辛勝。ヒーローインタビューでそのことについて問われ「勝てばいいんです!」と返した。

2009年、2大会連続でWBC日本代表に選ばれ、中継ぎとして2試合に登板し、打者8人に対し被安打0、自責点0という投球を披露し、日本の大会連覇に貢献した。 シーズンでは最後の登板で規定投球回数に到達するものの、2年連続の防御率4点台、3勝13敗と大きく負け越してしまう。クオリティ・スタートは「13」を記録しており、そのうちの11回で勝ち星がつかなかった。規定投球回到達者で勝率2割未満の投手は1988年阪神の野田浩司(野田は3勝13敗、勝率.188は渡辺と同じで防御率3.98)以来21年ぶり。

2010年、3年連続で4点台の防御率を記録するなど先発として苦しいシーズンであったが、クライマックスシリーズ第1ステージではリリーフで3回2/3無失点、第2ステージでは先発で9回途中まで2失点の好投を見せ、日本シリーズ進出の立役者の一人となった。 日本シリーズでは第3戦と第7戦に登板。11月2日の第3戦では中日打線を1失点に抑える完投勝利。打線の援護にも恵まれ、わずか97球でピンチを作らない粘りの投球を見せた[1]11月7日の第7戦に中4日で先発。本拠地との相性が良い中日から集中猛打に遭い2回4失点と炎上し降板[2]

2011年、開幕から先発ローテーションで投げ続けるも、打ち込まれる試合が度々あり早期降板が近年より目立った。最終的に規定投球回を達成することができず、2003年から続いていた規定投球回達成は8年連続でストップした。統一球でリーグ平均が1点近く下がった為、防御率こそ例年より良い3.68と持ち直したが、勝ち星は7勝に留まった。また、本拠地QVCマリンフィールドでは防御率2.29(5勝)と安定した投球を見せたものの、ビジター球場では防御率5.50(2勝)と苦戦した。

2013年オフにメジャー挑戦を表明し、11月4日に自由契約となる[3]団野村を代理人とし、12月17日にボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ[4]

ロッテ退団後[編集]

2014年スプリングトレーニングではメジャー招待選手ではなかったが、4試合に登板できる条項が契約にあり3試合に登板。しかし計3イニングで2失点を喫し、3月29日に解雇された[5]。4月13日に独立リーグ・アトランティックリーグランカスター・バーンストーマーズと契約し[6]、39試合の登板で8勝2敗、防御率3.36の成績を残す[7]。11月15日にベネズエラのウィンターリーグリーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナルのレオネス・デル・カラカスとの契約を公表した[7]

選手としての特徴[編集]

ボールをリリースする様子(2010年5月12日、横浜スタジアム)
2011年8月6日、QVCマリンフィールドで

プロ野球において希少なアンダースローだが、一般的なアンダースローや打者のミートポイントより更に低く世界一とも言われる地上約3cmの位置でボールリリースする。打者から見ると他の投手とは投法も球筋も大きく異なり、打撃のタイミングが取りにくく、その特殊さから渡辺を想定した打撃練習を行うことも難しい。

下半身に大きな負担がかかる投法である事から土台となる下半身を重点的に鍛えており、本人曰く「上半身の筋肉はあまり重要ではなく、下から徐々に力を加え腕を鞭のようにしならせる投げるイメージ」との事[要出典]。体力を消耗しやすい投法だが豊富なスタミナと奪三振率の高くない打たせて取る投球スタイルのため少ない球数で抑えることが多く完投も多い。本人曰く奪三振が多い時はむしろ調子が良くないとのこと[要出典]。投球テンポも良く、試合中はポーカーフェイス

平均球速約120km/h[8]、最速132km/hの速球高速シンカー、フォーシーム)と平均球速約95km/h[8]カーブスライダー、稀にチェンジアップを投げ分け緩急で勝負をする。シンカーについて捕手橋本将は「このシンカーは魔球です」とインタビューで答えたことがあり[要出典]、高めからストライクゾーンへ落とすこともある。

投球動作開始からリリースまでの時間を相手打者からほとんど気付かれずに変化させタイミングを外す技術を持ち、高低、左右を使った投球と比較して『前後』を使った投球としている[9]プロ入りから2003年シーズン序盤までは球速と奪三振にこだわり、本人も「本気で140km/hを目指していた」が伸び悩み、プロアマ合同のコンベンションに参加した際に黒木知宏工藤公康が体の開きなどについて話していたのを耳にし、主に体の開き方や重心移動などを変えて球速よりも打ちにくさを追求するスタイルに変えた[要出典]

セ・パ交流戦で対戦した谷繁元信は「変な言い方ですが、渡辺君は一般的に言う『アンダースロー』じゃありませんよ」とコメントしており、高木豊は「こんな体力の使うフォームで涼しい顔して投げられるということは、相当下半身が鍛えられていないとできない投げ方。オーバー(スロー)で生きていけないと思い転向したんだろうけど、わざわざこんな辛い投げ方を選ぶとはね。本当はオーバーで活躍できれば良かったんだろうけど」とすぽると!でコメントしている。

調子が悪い時などは手をマウンドに擦ることがあり、投球があらぬ方向に飛んだこともある。他の投手よりも体を低くして投球するため投げる際に右足が地面に擦れて出血してしまうことがあり、ユニフォームの膝の部分にはパットが入っている。

2007年から小宮山悟に教えを乞い、左打者対策として2001年から研究していたチェンジアップを使い始めている[要出典]。これらの変化球は風の無いドーム球場では曲がりが悪く効果が薄いことを3回6失点を喫した2007年6月11日の対中日ドラゴンズ戦の試合後に中日監督の落合博満から指摘されており、本人もドーム球場は苦手と公言している[要出典]

2008年は10年以上研究しているというライズボールを使用することを明言した。「不自然に浮き上がる、打者の感覚を惑わせるのに必要な球」だという。いつかはドカベンの里中智が使用しているスカイフォークを習得したいと語った[要出典]

松中信彦には2005年に4本塁打を打たれており、本人もインタビューで「松中さんには『ソロホームランならしょうがない。3ランや満塁は論外。他の打者を抑えればいい』という気持ちで対戦しています」と話している[要出典]日本ハム時代の實松一成も2004年に實松の同年唯一の本塁打を打たれたり、別の試合で適時打を打たれるなど苦手としていた。西武とは相性が良く2008年途中まで7連勝していたが、9月16日に敗北して以降は連敗している。

バッティングを苦手としており、2005年5月交流戦でプロ初打席を迎えたが、その試合5打席5三振のワーストタイ記録を樹立してしまった。2006年と2009年にはいずれも巨人との交流戦でライト前ヒットを放っている。

打線の援護に恵まれない年が多い。2006年パ・リーグでワースト3位の3.52。2007年パ・リーグでワースト6位の3.79。2009年パ・リーグでワースト1位の2.59。

人物[編集]

日本人の500人に1人しかいない血液型A型のRh-であることが日本赤十字社主催「はたちの献血キャンペーン」にゲストとして招かれた際に判明した。

アマチュア時代の恩人は大学の先輩で同じアンダースローの宮田仁と社会人時代の先輩である恩田寿之だと事あるごとに公言している。

「ロッテに所属」「アンダースロー」という共通点からドカベン里中智に例えられることが多く、作者の水島新司も長い間プロ野球を見てきた中で、一番キャラが似合っていると認めている。

日本テレビ系列の番組「徳光&所のスポーツえらい人グランプリ」の企画で投石での水切りの世界記録に挑んだところ日本記録を更新し、当時の日本記録保持者になった。ロッテ監督に復帰したばかりのボビー・バレンタインが応援VTR出演した。

2006年に雑誌週刊ベースボールにて、コラム「KEEP ON MY PACE」嶋重宣の「赤GODZILLAの挑戦」と1週ごとの交代で執筆。

球団公式サイトの選手紹介ページでも柔軟体操が特技とあるように、体が柔らかく細身だが故障に強い。本人曰く唯一の取り柄で、アンダースローに転向した理由の1つでもある。テレビ朝日系列のスポーツバラエティ番組「ナンだ!?」で立位体前屈を測定した結果25cmを記録し、股割り状態で上半身をすべて前に倒して接地させた。

同じく「ナンだ!?」で山田久志と共に変則と呼ばれることが嫌であるとコメントしており、アンダースローについて変則と呼ばれることを好まない。

イニング間のベンチ前での投球練習や、マウンドでの投球練習の1球目はサイドスローで投げることもある。

本人が認める程の雨男で、報道ステーションでもそう紹介されたことがある。

2008年にドラマ「打撃天使ルリ」に本人役で出演し、20連勝の投手とエース対決となったが勝ち投手となって連勝記録を止めた。

野球で夢が叶うとしたら、1イニング1人の打者を全て初球を打たさせて凡退に打ち取る“27球完全試合”を達成したいと話している。

2009年シーズンオフより、1イニング完投につき1万円(2009年の時点で通算127イニング)を国際連合世界食糧計画WFP協会に寄付する旨発表(ソフトバンクの和田毅が行っているワクチン寄贈に刺激されたという)。

幕張地区を走る幕張本郷駅 - マリンスタジアム直通の京成バス車内の自動放送において、渡辺はゴミ類持ち帰りのアナウンスをしている。

「ナンだ!?」出演時にメモを持参したり、2011年のオープン戦で同じアンダースローのルーキー・牧田和久(西武)と投げ合った時に、牧田に「チェンジアップを教えて欲しい」と頼んだり[10]と自身の技術向上に熱心かつ謙虚である。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2001 ロッテ 13 6 1 1 0 2 2 0 -- .500 211 50.2 41 5 23 1 3 31 0 0 18 15 2.66 1.26
2002 8 8 0 0 0 0 3 0 -- .000 155 34.0 41 6 12 0 6 26 1 0 26 24 6.35 1.56
2003 20 18 6 0 0 9 4 0 -- .692 566 140.0 114 19 31 1 9 74 0 0 60 57 3.66 1.04
2004 23 23 4 0 1 12 6 0 -- .667 637 150.1 145 12 42 1 12 101 0 0 66 60 3.59 1.24
2005 23 23 8 3 3 15 4 0 0 .789 722 187.0 152 14 27 1 4 101 0 0 48 45 2.17 0.96
2006 23 23 4 0 1 5 11 0 0 .313 638 147.0 155 12 35 2 14 105 0 0 79 71 4.35 1.29
2007 25 24 8 2 1 9 6 0 0 .600 707 177.0 154 14 34 3 3 93 1 0 57 48 2.44 1.06
2008 26 26 3 2 1 13 8 0 0 .619 733 172.2 195 17 29 4 13 104 1 0 81 80 4.17 1.30
2009 25 21 3 0 0 3 13 0 1 .188 621 144.1 144 9 46 3 13 74 0 1 69 65 4.05 1.32
2010 26 25 3 0 0 8 8 0 0 .500 651 148.1 171 10 45 0 7 63 1 0 77 74 4.49 1.46
2011 24 24 1 0 1 7 9 0 0 .438 566 132.0 139 11 39 0 6 43 1 0 58 54 3.68 1.35
2012 13 13 1 0 1 4 4 0 0 .500 302 69.2 80 7 13 0 2 43 0 0 36 34 4.39 1.33
2013 6 6 0 0 0 0 4 0 0 .000 125 25.1 34 2 9 1 4 9 0 0 19 13 4.62 1.70
通算:13年 255 239 42 8 9 87 82 0 1 .515 6634 1578.1 1565 138 385 17 96 846 5 1 694 640 3.65 1.24
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

投手記録
打撃記録
その他記録
  • 1000投球回数:2008年7月27日、対福岡ソフトバンクホークス15回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、8回裏1死目に大村直之を遊直で達成 ※史上313人目
  • 1500投球回数:2012年5月3日、対オリックス・バファローズ5回戦(京セラドーム大阪)、6回裏2死目に李大浩を中飛で達成 ※史上166人目
  • オールスターゲーム出場:2回(2004年、2005年)(共に監督推薦)
  • 日本シリーズ初登板初完封:2005年10月23日 ※史上11人目、無四球での達成は史上3人目

背番号[編集]

  • 31 (2001年 - 2013年)

登場曲[編集]

  • 「轍-わだち-」コブクロ
  • 「Heroes Live Forever」Vanessa Amorosi
  • 「川の流れのように」椿
  • 「タマシイレボリューション」Superfly
  • 「A Little Less Conversation」Elvis Presley
  • 「輝く月のように」Superfly

関連情報[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “俊介、弱風計算し97球無四球完投/日本S”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2010年11月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20101103-697624.html 2013年5月18日閲覧。 
  2. ^ “【ロッテ】俊介「全て甘かった」/日本S”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2010年11月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20101107-699548.html 2013年5月18日閲覧。 
  3. ^ 渡辺投手についてロッテ球団公式サイト 2013年11月4日配信
  4. ^ Red Sox sign Shunsuke Watanabe to Minor League contract”. MLB.com Red Sox Press Release (2013年12月17日). 2014年3月30日閲覧。
  5. ^ Rソックスが渡辺俊介を解雇日刊スポーツ、2014年3月30日。
  6. ^ BARNSTORMERS SIGN JAPANESE ACE”. Lancaster Barnstormers (2014年4月13日). 2014年4月14日閲覧。
  7. ^ a b サブマリン・渡辺俊介がベネズエラのチームと契約 「不安と好奇心を抱いて行ってきます」”. BASEBALL KING (2014年11月15日). 2014年11月15日閲覧。
  8. ^ a b 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2012年、81頁。ISBN 978-4-905411-04-8
  9. ^ TBS系列ZONE』の特集より。
  10. ^ 『週刊ベースボール』2011年6月20日号31頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]