岩嵜翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岩嵜 翔
福岡ソフトバンクホークス #21
HAWKS21-IWASAKI.jpg
2013年4月14日、福岡ヤフオク!ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県船橋市
生年月日 1989年10月21日(25歳)
身長
体重
188 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2008年7月23日
年俸 4,000万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岩嵜 翔(いわさき しょう、1989年10月21日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高根小2年のときホワイトビーストロングで投手兼遊撃手として野球を始め、高根中1年からは投手に専念。

市立船橋高校では1年秋からベンチ入りし、山崎正貴との二枚看板で活躍。高校3年夏の千葉県予選準々決勝鎌ヶ谷戦では7回コールドの参考記録ながら無安打無失点。甲子園に出場するが、初戦敗退に終わった。

2007年の高校生ドラフト福岡ソフトバンクホークス中日ドラゴンズが外れ1位で競合し、ソフトバンクが交渉権獲得。契約金7000万円、年俸700万円(いずれも推定)で仮契約した。

プロ入り後[編集]

2008年は主に二軍で登板し、防御率1.93と安定した投球でウエスタンリーグ優勝に貢献。7月23日には一軍初登板・初先発を果たした[1]。10月4日のファーム日本選手権でも9回を5安打1失点に抑える完投勝利をあげ、MVPを獲得した[2]

ビジターユニフォーム姿の岩嵜

2010年は二軍ではウエスタン・リーグ3位の防御率3.27と同2位のWHIP1.03の活躍を見せた一方で一軍では5試合の先発で0勝3敗と振るわなかった。オフには大場翔太とともにプエルトリコウインターリーグへ派遣され、10試合の登板で53.1回を投げ、リーグ最多勝となる8勝1敗、防御率3.19、WHIP1.24を残す。リーグ第4週にはESPN Deportesの選出する週間MVPを受賞し[3]、レギュラーシーズン終了後には2001年伊良部秀輝以来日本人史上2人目となる最優秀投手賞と右投手ベストナインを受賞した[4]

2011年は開幕ローテに加わるも味方の援護が少なく、自身の降板後に中継ぎ陣が失点するなどで白星に恵まれなかったが、5月13日埼玉西武ライオンズ戦を6回2失点に抑え、苦節4年目でプロ初勝利[5]。23日には5回降雨コールドながらプロ初完投を挙げた(勝敗は付かず)[6]

7月28日の楽天戦で先発し、9回を被安打8与四球2奪三振0で初完封勝利を挙げた。なお、この試合での奪三振ゼロでの完封勝利は、1995年7月4日のキップ・グロス(当時日本ハム)以来、16年ぶりであり、日本人では1956年5月3日の大脇照夫(当時国鉄・無安打完封も達成)以来、55年ぶりである。 チームが連覇を決めた10月1日の西武戦では7回無失点で抑え勝ち投手になっている[7]

2013年和田毅が着用していた背番号「21」を受け継いだ。中継ぎ適性を見込まれ、開幕から7回を任されるセットアッパーとして一軍ブルペン入りした。先発が早いイニングに降板してしまう試合が多かったチーム事情から、4月途中から8回を任されたが右肘痛を発症し、5月4日に一軍登録抹消。復帰後は先発投手陣の不調により7月10日から8月11日まで5試合連続で先発したが、0勝4敗で防御率6.85と振るわず[8]、中継ぎに戻ることを余儀なくされた。

プレースタイル[編集]

スリークォーターからリリーフ時には平均球速146km/h[9]、最速154km/hを記録した速球[10]スライダーフォークを軸とし、スローカーブチェンジアップも混ぜる。もともとはオーバースローであったが、高校入学後サイドスローに転向。高校3年春にスリークォーターに再転向すると球速が伸び、甲子園では最速150km/hを記録した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 ソフトバンク 1 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 15 3.0 7 0 0 0 0 1 0 0 3 3 9.00 2.33
2009 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 19 4.1 7 0 1 0 0 1 0 0 5 3 6.23 1.85
2010 6 5 0 0 0 0 3 0 0 .000 105 22.1 30 2 9 0 1 9 0 0 21 20 8.06 1.75
2011 13 13 2 1 0 6 2 0 0 .750 326 79.1 70 4 22 0 5 33 4 0 27 24 2.72 1.16
2012 29 16 2 0 0 5 10 0 3 .333 498 120.1 113 5 27 0 3 77 1 0 46 42 3.14 1.16
2013 47 5 0 0 0 1 4 2 14 .200 297 68.2 79 9 14 0 3 54 2 0 39 33 4.33 1.35
通算:6年 97 41 4 1 0 12 20 2 17 .375 1260 298.0 306 20 73 0 12 175 7 0 141 125 3.78 1.27
  • 2013年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

その他記録

背番号[編集]

  • 41 (2008年 - 2012年)
  • 21 (2013年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “高卒新人・岩崎がほろ苦先発デビュー”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2008年7月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/07/24/kiji/K20080724Z00001490.html 2013年4月18日閲覧。 
  2. ^ “岩崎MVP!ソフトバンクがファーム初V”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2008年10月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/10/05/kiji/K20081005Z00001550.html 2013年4月18日閲覧。 
  3. ^ Iwasaki y Oba dejan huella con CriollosESPN Deportes、2010年12月24日。
  4. ^ Anuncian Valores del Año del béisbol profesional en la Islaprimera hora.com、2011年1月7日。
  5. ^ “ソフト岩崎、4年目で涙のプロ1勝「幸せです」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年5月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/05/14/kiji/K20110514000816800.html 2013年4月18日閲覧。 
  6. ^ 【ソフトB】岩崎プロ初完投!5回だけどnikkansports.com 2011年5月23日付記事
  7. ^ “強心臓”21歳 岩崎7回零封「楽しく投げられた」
  8. ^ 週刊ベースボール』2014年1月20日号 「記録の手帳」 50項
  9. ^ 『2014 プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2014年、214頁。ISBN 978-4-905411-17-8
  10. ^ 岩崎 自己最速154キロ 1回を完全救援”. 西スポ・西日本新聞スポーツ (2013年4月8日). 2013年4月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]