増井浩俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
増井 浩俊
北海道日本ハムファイターズ #19
NF-Hirotoshi-Masui20100513.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県焼津市
生年月日 1984年6月26日(30歳)
身長
体重
181 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト5位
初出場 2010年4月9日
年俸 9,000万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

増井 浩俊(ますい ひろとし、1984年6月26日 - )は、静岡県焼津市出身の北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校四年生から地元焼津市の野球少年団で野球を始め、焼津市立和田中学校野球部ではノーヒットノーランを記録しこの経験がプロ野球選手を目指すきっかけとなる[1]。増井と同じく焼津市出身で埼玉西武ライオンズ牧田和久オリックス・バファローズ川端崇義とは同学年であり小学校時代から対戦経験がある[2]静岡県立静岡高等学校野球部在籍時の甲子園出場経験は無く卒業後駒澤大学へ進学。野球部では東都大学リーグ通算34試合登板し8勝12敗。その後東芝へ入社。野球部では絶対的エース磯村秀人の陰に隠れていたが、入社3年目の2009年に実力が開花、第38回IBAFワールドカップ日本代表にも選出、2009年のプロ野球ドラフト会議にて北海道日本ハムファイターズから5位で指名され入団。

プロ入り後[編集]

2010年4月9日のソフトバンク戦でプロ初登板。4失点で敗戦投手となったが、それ以後も先発ローテーションの一員として起用され、4月27日のオリックス戦で7回1安打無失点と好投し、プロ初勝利を挙げた。また、5月13日の阪神戦ではプロ初安打と初打点を記録した。その後、右肩肩甲上神経炎により6月16日に出場選手登録を抹消され、8月後半に再登録されるも不振が続き9月前半に再度抹消された。11月8日には一般人女性と結婚[3]

2011年は開幕からセットアッパーとして起用され、前半戦は防御率一点台前半の好成績を記録。けがのため欠場した馬原孝浩(ソフトバンク)の補充選手としてオールスターゲーム初出場を果たし[4]、第2戦で4番手として登板した[5]。 その後もセットアッパーとしてシーズンを乗り切り、リーグ3位の34HP、防御率も1点台と飛躍の年となった。また、背番号も43から同年限りで退団した林昌範(現・DeNA)が着用していた19に変更された。

2012年もセットアッパーとして起用されたが、5月2日に抑えの武田久が右膝の故障により戦線を離脱したため、その間は抑えを担うこととなり、抑えとして初登板した5月6日に初セーブをあげた[6][7]。武田の復帰後は再びセットアッパーに戻り、6月・9月に疲労の蓄積で不調に陥りながらも、最終盤には持ち直し、共にパ・リーグ新記録となる45ホールド・50ホールドポイントを挙げ最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。

2013年は武田久の離脱により抑えを任されたが、4月後半からセットアッパーに復帰した。しかし6月5日の巨人戦で小笠原道大に2年振りの本塁打となるサヨナラ3ランを打たれ、7月には2試合連続で救援失敗するなど不安定な投球が続き、宮西尚生やルーキーの河野秀数にセットアッパーの座を譲ることもあった。最終的に3年連続の50試合登板、そして史上最速(192試合)での100ホールドを達成した[8]ものの、シーズン終盤に持ち直したとはいえ防御率、ホールド数共に前年に比べて数字を大幅に落とした。

プレースタイル・人物[編集]

オーバースローから平均球速約149km/h[9]、最速155km/hのストレートと、落差の大きいフォークボールを軸にスライダーを操り、稀にカーブも投げる。

2010年には60回0/3で35与四死球を記録した制球難が課題であったが、セットアッパー転向後は改善傾向にある。

マグロで有名な焼津出身なので、練習用のグラブにはマグロのマークが刺繍されている[6]

高校の同級生に女優の原田夏希がいる。

増井自身の甲子園出場は無いが、弟二人が静岡高(2003年)と静岡商(2006年)で出場経験がある。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 日本ハム 13 13 0 0 0 3 4 0 0 .429 274 60.0 62 9 31 0 4 34 5 0 31 29 4.35 1.55
2011 56 0 0 0 0 0 4 0 34 .000 216 53.2 38 2 19 1 0 58 3 1 11 11 1.84 1.06
2012 73 0 0 0 0 5 5 7 45 .500 298 71.2 65 2 25 2 0 65 4 0 26 22 2.76 1.26
2013 66 0 0 0 0 4 4 4 28 .500 273 63.0 71 3 16 1 3 63 2 0 28 26 3.71 1.43
通算:4年 208 13 0 0 0 12 17 11 107 .141 1061 248.1 236 16 91 4 7 224 14 1 96 88 3.19 1.34
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

  • パ・リーグ特別表彰:1回 (2012年[10]

記録[編集]

投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 43 (2010年 - 2011年)
  • 19 (2012年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 広報やいづ2011年4月1日号 焼津市役所
  2. ^ オリックス8位・川端崇義「26歳、遅咲きルーキー」 ~ルーキーたちの軌跡No.6~ 二宮清純責任編集SPORTS COMMUNICATIONS 2012年1月31日付
  3. ^ サンケイスポーツ 日本ハム・増井が結婚「野球に打ち込める環境整った」
  4. ^ 馬原が球宴辞退 ハム2年目右腕が代役で初出場 スポーツニッポン 2011年7月20日付記事
  5. ^ 馬原の“代役”増井 全球直球勝負!150キロ台連発 スポーツニッポン 2011年7月23日付記事
  6. ^ a b 日刊スポーツ大阪版・特報版 2012年5月7日付 6版5面「久離脱で守護神大役ドキドキ F増井プロ初S」より
  7. ^ 新守護神・増井プロ初セーブ「これからも激しい投球で」 - スポニチ,2012年5月7日
  8. ^ “ハム増井が史上最速100ホールド”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年8月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130821-1176530.html 2014年2月20日閲覧。 
  9. ^ 『2014 プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2014年、90頁。ISBN 978-4-905411-17-8
  10. ^ ホールドと、ホールドポイントの両方でパ・リーグのシーズン新記録を樹立したため[1]

関連項目[編集]