ボーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボーク(英:Balk)とは、野球において投手の投球や塁への送球における反則行為である。このルールの目的は、投手が打者や走者に対し不利な動作をして、盗塁ヒットエンドラン、単純なヒットなどを阻もうとするのを防ぐことにある。

MLBにおける歴史[編集]

1840年代半ばに最初の野球のルールを書いたアレクサンダー・カートライトがボークに該当する行為を取り上げ、この時から既に違法とされていた[1]1899年にボークの明確なルールが作られ、走者の進塁が明記された[1]1989年にはさらに厳しい規則が作られたが、それによってボークが急増したためにシーズン途中に元に戻される混乱があった[1]

ボークとなる場合[編集]

ボークとなる場合は公認野球規則8.05項で定められており、全部で13項目が挙げられている。以下に挙げる項目の冒頭にある文字(a)〜(m)は、公認野球規則の項目に対応するものである。

投球に関する動作[編集]

(a) 投手板に触れて、投球動作を途中で止めた(ストップモーション)。
二段モーションは、投球動作を途中で止めたとみなされる。
投球動作中に転倒したり、バランスを崩したりした場合も、投球動作の中止にあたるので、ボークである。
以下の動作を行った場合には投球動作に入ったとみなされるため、引き続いて牽制動作をすると投球動作の中止にあたるので、ボークである。
  • 自由な足を振って、投手板の後縁を越えてからの牽制(ただし二塁への牽制は許される)。
  • 両肩が動いた後での牽制(ワインドアップからの牽制はこれに該当する)。
  • 肩をセンター方向に向けながらの牽制。
  • 足のつま先を打者方向に向けながらの牽制。
(e) 反則投球を行った。
規定されているワインドアップポジションまたはセットポジションからの投球動作に反した投球を行った。
打者が打席バットを構えていない時に投球を行った(クイックピッチ)。
(f) 打者と正対する前に投球した。
(g) 投手が投手板に触れることなく投球、あるいはそれに関する動作を行った。
(m) セットポジションで完全に静止しなかった。
完全に静止したかどうかは審判員の判断によるが、その基準はリーグの内規や取り決め等による面もある。そのため、内規や取り決め等が改正された場合や、リーグ移籍後間もない場合、投手が何度もボークを取られることもある。特に、NPBでは1998年から静止を厳格に取るようになり、ボークが急増した[2]

二段モーション[編集]

二段モーション(にだんモーション)とは、投球時に足をいったん上げてから下げ、また上げて投球動作を行うことを指す。このとき投球動作中にわずかでも全身が静止すると公認野球規則8.01項において反則投球と判定される。

日本プロ野球における実例[編集]

二段モーションは小林繁が80年代に取り入れ、90年代に三浦大輔山崎慎太郎赤堀元之が使うことで広まり多くの選手に取り入れられてきた。

規則に投球動作の「反則」の規定はあったものの、日本では反則となる境界線が不明瞭な状態が長きにわたって続いており、二段モーションは暗黙のうちに認められてきたとされる。

2005年、野球の国際化を目指すという方針が打ち出され、規則の条文を日本独自に解釈するのでなく、条文の通りに厳格に適用することが国際化であるとし、これを理由に二段モーションの規制が強化された。

しかし、審判員によって二段モーションを宣告する基準がまだまだあいまいである点などいくつかの問題点を残している。また、規制強化に伴い投球フォームの変更を強いられた投手が多数発生した。

なお日本で二段モーションとして指摘された投手がMLBの審判に問題ないとされたり、日本で問題なかった投手がMLBで注意を受けるケースがある。これは、ルールに則るなら二段モーションではなくストップモーション(投球動作途中静止)として線引きの議論する所を、二段モーション規制にしてしまったせいで本質のルールが無視されてしまったことに原因がある。アテネ五輪では二段モーションは反則にはならなかった。

日本のアマチュア野球における実例[編集]

上記の通りプロでは長らく黙認されていた二段モーションであるが、アマチュアにおいては公認野球規則を順守する形で、プロで規制強化される以前から全面的に禁止となっている。

しかし、プロで二段モーションが普及するに伴い、アマチュア選手や特に子供達がこれを真似るようになった為、アマチュアでも問題視されるようになりプロアマ合同の規則委員会で二段モーション規制を厳格化するよう申し入れが行われた。

具体例[編集]
  • 「溜め」を作る為の足の動作:一度上げた足を下げてもう一度上げる、あるいは上げた足を下ろすのを我慢するための動作。コントロールを安定させる、あるいは投げ急ぎを抑えるなどの効果を期待して行われたもの。三浦大輔高橋建岩隈久志などに見られた。これが静止に当たるか又はどの投手までの動作なら許容範囲か議論されずに規制されている。
  • 打者のタイミングを意図的に外す動作:一度上げた足を止めた状態で足首だけを動かす、あるいは投球によって上げた足を下ろすタイミングが違う、足が上がった状態で体全体が一瞬止まるといったもので、二段モーション規制の本来の意味は本件の抑止にあるとみられる。2006年以降も試合中に投手が審判から二段モーションを指摘される例が時折見られるが、過去の投手では1995年の開幕戦で山崎慎太郎が相手の上田利治監督に猛抗議を受けたことがある程度で、さほどの問題にはなっていない。
  • ロッキング:走者がいない状態で振りかぶって投げるとき、振りかぶったグラブが止まっただけで反則ととる規定が2005年秋の規制強化直後に存在した。これによりワインドアップからノーワインドアップ(グラブを胸の前などに置いてから投球を開始する)に投球フォームを変更した投手もいたが、現場からのクレームが多かったため早期に撤廃され、現在では規制の対象になっていない。松坂大輔なども一度この規定に引っかかっている。

牽制球に関する動作[編集]

(b) 投手板に触れた状態で、塁へ送球する動作を起こして実際に送球しなかった(偽投)。[3]
二塁に限り、投手板に触れた状態で偽投しても差し支えない。ただし、二塁走者がいない場合はボークになる(後述)。また、自由な足を振って、投手板の後縁を越えたにもかかわらず、打者に対して投球せず、二塁以外に送球した場合も、(a)に該当し、ボークとなる。
投手板を外せば、一・三塁に対して偽投してもボークにならない。ただし、本塁(打者)に対しては偽投は認められない。
(c) 投手板に触れた状態で、自由な足を牽制方向に踏み出さずに牽制した。
投手板を外せば、どのような投げ方であってもボークにはならない。
三塁に踏み出して偽投し、振り向きざまに一塁に送球した場合は、三塁に送球しなかったことが(b)に該当し、ボークになる。
(d) 投手板に触れて、走者のいない塁に送球した、あるいはその動作を起こした。
盗塁しようとした走者をアウトにするために走者のいない次の塁へ送球するなど、守備行為のために必要な送球であれば差し支えない。
ホームスチール又はスクイズプレイが企図された場合も、正規に投手板を外してから本塁にボールを投げれば、それは送球とみなされる。この送球を捕手がフェアグラウンドに飛び出してきて捕球する行為は通常の守備行為であり、ホームスチールを補助する意図で打者が空振りを行ったり、打ったりした場合は守備妨害となる。しかし投手板を外さずに本塁にボールを投げた場合、それは打者への投球とみなされる。従って打者には打つ権利があり、捕手がフェアグラウンドに飛び出してきて捕球する行為や他の野手が本塁を通過する前に投球をカットするような行為は打撃妨害である。この場合は公認野球規則7.07により、打撃妨害のみならずボークも宣告され、盗塁行為の有無にかかわらず全走者に1個の進塁が許される。

ボールの扱いに関する動作[編集]

(h) 走者が塁を離れていないのに不必要にその塁に送球するなどして試合進行を遅らせた(遅延行為)。
公認野球規則では投手の遅延行為については8.02(c)項に規定があり、審判員は一度警告を発し、それでもなお遅延行為が繰り返される場合は、投手に退場を宣告するとしている。遅延行為によるボークは、投手を退場させる際に合わせて適用することが8.05(h)項の【原注】に定められている。しかし、日本のアマチュア野球では8.02(c)項に独自に【注】を設け、遅延行為が繰り返される場合は、投手に退場を宣告する代わりに「ボール」を宣告するとしている。このとき合わせて遅延行為によるボークを適用するのかどうかについては、この【注】には明記がなく、実際の規則運用が不明瞭である。
(i)ボールを持たずに、投手板に触れるか、跨ぐか、あるいは投手板に触れずとも投球する真似をした(隠し球の項目参照)。
(j)正規の投球姿勢をとった後、実際に投球または送球する場合を除いて、ボールから一方の手を離した。
(k)投手板に触れている状態で、故意か偶然かにかかわらず、ボールを落球した。
(l)故意四球において、キャッチャーズボックスに両足が入っていない捕手に投球した。
「故意四球が企図されたときに限って、ボールが投手の手を離れないうちに捕手が片足でもボックスの外に出しておれば」ボークとなることが、日本の公認野球規則では【注】を設けて明記している。しかし、日本プロ野球では本項に違反しているプレイが行われているにもかかわらずボークが宣告されないことが多く、事実上黙認されている。

宣告法[編集]

ボークがあった場合、審判員は、投手を指差し「ボーク」、または「ザッツアボーク」(That's a balk!)と宣告する。ただし、すでに投球動作が行われている場合は、球審は発声のみ行い、投手を指差すジェスチャーはしない。

プレイが一段落したら「タイム」を宣告してボールデッドにした後、塁上の走者に進塁の指示をする。プレイが一段落するまでは直ちにボールデッドとならない場合がある(詳しくは後述)ので、審判員は、ボーク宣告後もプレイに注意しておかなければならない。

処置[編集]

走者がいる場合[編集]

原則としてボールデッドとなり(その時点のボールの状況に関係なく次の処置が執られる)、塁上の走者はそれぞれ一つずつ安全進塁権が与えられる。三塁に走者がいれば得点となる。ストライクまたはボールは宣告されない。

投手がボークを犯しながら投球または送球をして、それが暴投捕逸あるいは悪送球になったり野手が後逸したりした場合、直ちにボールデッドとはならず、走者はボークで与えられた塁からさらに先の塁へ、アウトになる危険を冒して進塁することが許される。走者がボークで与えられた塁以上に進塁しようとした時点で、ボークと関係なくプレイは続けられる。

打者に対しては特別な処置は設けられておらず、原則としてボールカウントはそのままで打ち直しとなる。

しかし打者がボークの投球を打つなどして一塁に達し、他の全ての走者が少なくとも1つ進塁した場合には、ボークはなかったものと見做してプレイはそのまま続けられる。
  • 上記の場合、打者走者を含む走者が1人でも進塁できない状況があれば、たとえ走者がアウトになっていても取り消され、さかのぼってボークが宣告される。実例として1998年7月15日横浜スタジアムで行われた試合でのケースが挙げられる。読売ジャイアンツ槙原寛己の投球を打者の佐伯貴弘横浜ベイスターズ)が打ってライトフライとなったが、ボークが宣告されていたためアウトは取り消しとなった。そして投げ直しとなった投球は、佐伯が本塁打を打っている。
  • 他の全ての走者が少なくとも1つ進塁した場合には、ボークで与えられた塁より先の塁でアウトになった場合でも、アウトは取り消されない。またその際に塁を踏み損なった(空過した)としても進塁したものと看做される。

三塁走者によるホームスチールやスクイズプレイの際に、捕手やその他の野手が、本塁上やフェアグラウンドに飛び出してきて投球を捕球したり、打者や打者が所持するバットに触れたりする行為があった場合には、投手にボークが課される上に打撃妨害もあわせて宣告され、打者にも一塁が与えられる。この際はボールデッドになる[4]。 この場合、他の走者にもボークによって安全進塁権が1つ与えられるが、打者が出塁することによって押し出される走者が2つ先の塁まで進めるということにはならない。

走者がいない場合[編集]

走者がいない場合はボークにはならないが、ボークと同じような動作を行った場合には、それが反則投球とみなされる場合に限り「ボール」を宣告する[5]。ただし、打者が反則投球を打って安打にしたり、失策や四死球その他により一塁に到達した場合は、そのプレイが生かされる。

  • 実例として、2005年10月4日甲子園球場での阪神横浜ベイスターズ戦がある。3 - 6と横浜がリードして9回裏、横浜クルーンは1死無走者の場面で、打者スペンサーに対して0ボール2ストライクからの3球目を二段モーション[6]で投げたところ、一度上げた左足が地面についてしまい、三塁塁審は反則投球と判定した。スペンサーはこの反則投球を打ってショートゴロとし、一旦一塁でアウトを宣告されたがこれは取り消された。ここでの反則投球はボールと扱われるので、1ボール2ストライクからのやり直しが正しいが、その試合の責任審判でもあった三塁塁審が場内アナウンスの際に「1(ストライク) - 2(ボール)からやり直します」と宣告してしまったため、実際に2ボール1ストライクからのやり直しとなってしまった。4球目がボールで3ボール1ストライクとなった時点で横浜監督の牛島和彦から指摘を受けて、改めてカウントが2ボール2ストライクに訂正された(球審も気づいていなかった)。ちなみに、この後スペンサーは四球を選び、得点に繋がった。

投球動作中にボールが手から飛び出した場合は、ボールがファウルラインを超えた場合は「ボール」を宣告するが、ファウルラインを越えなかった場合は投球とみなされず、何も宣告されない[7]

フォースボーク[編集]

走者一・三塁の状況では意図的に投手のボークを誘うフォースボーク(force balk)というトリック・プレーが用いられる場合がある。これは二人の走者が連携して動くことでボークを誘発し、安全進塁権を与えられた三塁走者が生還するというものである[8]。具体的には、一塁走者は大きくリードをとることで投手に牽制球を投げさせ、三塁走者は投手が牽制動作に入ったところで本塁へスタートを切る。これにより、慌てた投手がプレートを外さずに一塁への牽制を止めて本塁へ送球してしまうことで、一塁への偽投によりボークとなることを狙う。三塁走者に背を向ける形になる左投手に対して用いられる場合が多いが、右投手の場合でも一塁走者がわざと一二塁間に飛び出して守備側の関心を惹き、その隙に三塁走者が本塁を陥れる形で実行される場合がある[9]

ボークにまつわるエピソード[編集]

タイムが適用されずボークに[編集]

1962年6月11日、MLBのクリーブランド・インディアンスボストン・レッドソックスの試合。満塁の場面でインディアンスの走者チノ・フランコーナがワインドアップの動作に入っていたレッドソックスの投手アール・ウィルソンに「待ってくれ」と声をかけた。その声を聞いたウィルソンはすぐに動作を止めたが、審判員はフランコーナの声は聞こえなかったとしてウィルソンにボークを宣告し、走者の進塁を認めた。ウィルソンは気落ちしてその後に3点本塁打を浴び、4-0で試合を失った[1]

サヨナラボーク[編集]

1998年8月16日第80回全国高等学校野球選手権大会2回戦の豊田大谷-宇部商で、延長15回裏無死満塁からの4球目、宇部商の藤田修平投手が投球動作を止めてしまい、ボークとなり三塁走者が生還、豊田大谷がサヨナラ勝ち。高校野球全国大会で史上唯一のサヨナラボーク。スコアは3-2。

盗塁王争いにおける故意のボーク疑惑[編集]

1998年パ・リーグペナントレースにおいて、西武ライオンズ松井稼頭央千葉ロッテマリーンズ小坂誠盗塁王争いをしていた。10月12日、ペナント最終戦に西武とロッテの直接対決があった。この試合までに西武とロッテの順位は確定しており、タイトル争いが注目されるだけの消化試合になっていた。最終戦前、小坂は松井よりも盗塁数で1個上回っていた。

この試合の7回表にロッテの小坂が左前安打で一塁に出塁。この後、西武投手の芝崎和広は一塁に牽制悪送球をした。だが、牽制悪送球では二塁に進塁しても盗塁にならないため、盗塁王を狙う小坂は二塁に進塁しなかった(一塁コーチの指示があったといわれる)。すると、次の投球で芝崎はボークを犯した。ボークなので小坂は自分の意志に関わらず、盗塁にならないまま二塁に進まなければならない。ロッテ監督の近藤昭仁は「故意のボークであり、野球協約が禁止する敗退行為にあたらないか?」と抗議するも認められず、小坂は二塁へ進塁。この後、ショートの松井(盗塁王争いの相手)が二塁ベース上に立つなどして西武守備陣のきついマークの中で、小坂は三塁盗塁を試みるも失敗した。そして、7回裏一・二塁において松井は盗塁に成功し小坂と並び、盗塁王を分け合った。

後日、この盗塁王争いは(牽制悪送球はともかく)故意のボークを指示した疑いがあり、前述のような守備体系を敷いた西武、また牽制悪送球の際に故意に進塁しなかった小坂も明らかにチームのためでなくタイトルを狙った選択だったとして、翌日のスポーツニッポン1面で取り上げられるなど問題視された。

ボーク数に関する個人記録[編集]

日本プロ野球(NPB)[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 ボーク数
1 江本孟紀 24
2 米田哲也 23
3 ライアン・グリン 20
4 石井貴 18
5 ドミンゴ・グスマン 16
  • 記録は2013年シーズン終了時[10]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 ボーク数 記録年 備考
1 エステバン・ジャン 阪神タイガース 12 2007年 セ・リーグ記録
2 クリス・ブロック 広島東洋カープ 11 2003年
3 江本孟紀 南海ホークス 10 1973年 パ・リーグ記録
4 五井孝蔵 近鉄パールス 8 1952年
5 足立光宏 阪急ブレーブス 7 1973年
石井貴 西武ライオンズ 1998年
ライアン・グリン 北海道日本ハムファイターズ 2007年
多田野数人 北海道日本ハムファイターズ 2008年
ジオ・アルバラード 広島東洋カープ 2011年
  • 記録は2013年シーズン終了時[11]

1試合記録[編集]

選手名 所属球団 ボーク数 記録日 対戦相手
ドミンゴ・グスマン 東北楽天ゴールデンイーグルス 4 2007年9月1日 西武ライオンズ

1イニング記録[編集]

選手名 所属球団 ボーク数 記録日 対戦相手 イニング
テリー・レイ 日本ハムファイターズ 3 1974年7月17日 近鉄バファローズ 1回裏
ドミンゴ・グスマン 東北楽天ゴールデンイーグルス 2007年9月1日 西武ライオンズ 4回表

メジャーリーグベースボール[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 ボーク数
1 スティーブ・カールトン 90
2 ボブ・ウェルチ 45
3 バディ・ブラック 43
4 チャーリー・ハフ 42
フィル・ニークロ
6 リック・サトクリフ 38
7 ジム・デシャイーズ 35
ケビン・グロス
9 ホアキン・アンドゥーハー 33
ドワイト・グッデン
ノーラン・ライアン
ボブ・ウォーク
  • 記録は2013年シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 佐山和夫. 野球の英語A to Z:佐山和夫が語るアメリカ野球用語. 三修社. p. 22-23. ISBN 978-4384051773. 
  2. ^ 読売新聞1998年7月17日朝刊
  3. ^ MLB.com (2013), 2013 Edition OFFICIAL BASEBALL RULES, http://mlb.mlb.com/mlb/downloads/y2013/official_baseball_rules.pdf , 公益財団法人 日本野球連盟 (2014年1月27日), 2014年野球規則改正, http://www.jaba.or.jp/topics/2014/pdf/kisokukaisei_2014.pdf  この規則は、アメリカでは2013年、日本では2014年に改正された。それまでは、投手板に触れた状態では、一塁への偽投は認められていなかったが、二・三塁への偽投は認められていた。
  4. ^ 公認野球規則7.07
  5. ^ 公認野球規則8.01(d)
  6. ^ 現在、二段モーションは反則投球と見做されるが、この当時は反則投球とは見做されなかった。
  7. ^ 公認野球規則8.01(d)【原注】
  8. ^ 日刊スポーツ2011年6月17日 広島ノムラの考え的中!フォースボーク 2011年6月17日(金)8時41分
  9. ^ 勝機逸したDeNA 奇策「フォースボーク」不発… nikkansports.com 2012年6月1日
  10. ^ 歴代最高記録 ボーク 【通算記録】 - NPB公式サイト
  11. ^ 歴代最高記録 ボーク 【シーズン記録】 - NPB公式サイト

関連項目[編集]