柳田悠岐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
柳田 悠岐
福岡ソフトバンクホークス #44
HAWKS44-YANAGITA.jpg
2012年7月16日
福岡Yahoo!JAPANドーム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市安佐南区[1]
生年月日 1988年10月9日(25歳)
身長
体重
187 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2010年 ドラフト2位
初出場 2011年5月8日
年俸 3,200万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

柳田 悠岐(やなぎた ゆうき、1988年10月9日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手外野手)。愛称は「ギータ」。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

広島県広島市安佐南区出身[1][2]広島市立大塚小学校~広島市立伴中学校広島商業高広島経済大学卒。広島商業時代は、2年時の秋に中国大会出場、3年時の夏は県大会ベスト4で敗退。甲子園の出場はないが、田中将大前田健太坂本勇人らと同じ世代である。

広島経済大学に進学すると、1年時の秋からレギュラーとなり、広島六大学野球リーグで4度の首位打者に輝く。 高校3年時の体重は68kgだったが、大学時代には金本知憲中田翔らが通うジムで体重を増やした結果、遠投距離が10m伸びた上に50m走のタイムも0.3秒速くなった[3][4]

2010年10月28日プロ野球ドラフト会議にて福岡ソフトバンクホークスから2位指名を受けた[5]

プロ入り後[編集]

2011年、春季キャンプ、オープン戦で大きくアピールをしたが開幕一軍はならなかった。5月8日北海道日本ハムファイターズ戦でアレックス・カブレラの代走として一塁走者でプロ入り初出場、初得点を記録している[6]。ウエスタンリーグでは77試合に出場し、13本塁打で本塁打王を獲得した。打率.291、43打点(リーグ4位)、13本塁打、20盗塁(リーグ4位)だったが、三振も85とリーグ2位を記録するなど粗さも目立った。オフにはオーストラリアン・ベースボールリーグに参加し、22試合の出場で打率.271、3本塁打、OPS.772、1盗塁の成績を残した。

2012年、8月5日の対埼玉西武ライオンズ15回戦で松永浩典からプロ初本塁打を記録[7]

2013年、オープン戦で12球団最多の6本塁打を放ち[8]、開幕一軍入りを果たした。4月までで打率.298 3本塁打と好調を続けていたが、右鼠径化膿性リンパ節炎の診断を受けて5月1日に一軍登録を外れ[9]、同月11日に一軍復帰した。8月29日からは松田宣浩の不調に伴って4番に抜擢され、打線を牽引。最終的に11本の本塁打を放ち、プロ3年目にして初めて二桁本塁打を記録した。

2014年オールスターゲームに初選出。第2戦(阪神甲子園球場)で6回表の第4打席で中日ドラゴンズ山井大介からバックスクリーン左への本塁打を放つなど、この試合4安打の活躍でMVPを獲得した[10]

プレースタイル・人物[編集]

50メートル走5.9秒、遠投125メートルという高い身体能力を持ち、広島六大学野球リーグでは通算4割2分8厘の高打率を誇るなど、走攻守三拍子揃った大型外野手[11]。肩の強さをセールスポイントとし、マウンドから投げた際には148km/hを記録した[12]。守備範囲も広い[13]

最大の売りは長打力であり、リストが柔らかく打球を逆方向へ持っていけるパワーを持つ[13]

バッティングフォームは高校時代には中村紀洋を真似た一本足打法だったが、大学進学後にすり足打法を意識し、ゆくゆくは金本知憲のようなシンプルなすり足打法にしたいという[4]

2011年12月14日にフジテレビで放映された「すぽると!」内の特集コーナー『プロ野球選手100人が選んだプロ野球選手ベスト5・パワーヒッター部門』にて、選外ながら当時中日井端弘和(現巨人)から「2軍で見たんですけど、バックスクリーンに軽々と放り込んでました。パワーありますよ」と評されて1票を獲得(2011年シーズン1軍にてホームランを1本も打っていない打者では唯一)し、選外では異例の長い時間にわたって扱われた。また2013年の同コーナーでは、ヤクルトのウラディミール・バレンティンに次ぐ9票を獲得、2位に選ばれた。

糸井嘉男は「たぶん日本人で一番飛ばす。バケモン」と述べている[14]

広島出身で幼少時より、何度も旧広島市民球場に通い、スクワット応援に参加した広島東洋カープファンで「カープ男子」を自称[15][16]。月刊ホークス2012年3月号においても山田大樹から「いつになったら、カープファンからホークスファンになるんですか?」と問われた際に「いや、普通にならんっす。ホークスはもちろん好きっすよ! でも、小さいころからカープの優勝が見たくてファンやってたっすから、それは変えられんっす!!」と返答している。

ももいろクローバーZのファン(モノノフ)である。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 ソフトバンク 6 5 5 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
2012 68 212 195 17 48 10 1 5 75 18 6 1 2 0 10 2 5 56 2 .246 .300 .385 .685
2013 104 337 298 48 88 19 2 11 144 41 10 1 0 0 32 0 7 96 3 .295 .377 .483 .860
通算:3年 178 554 498 66 136 29 3 16 219 59 16 2 2 0 42 2 12 155 5 .273 .344 .440 .784
  • 2013年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2011 2 0 0 0 0 .000
2012 62 113 0 1 0 .991
2013 57 107 3 0 1 1.000
通算 121 220 3 1 1 .996
  • 2013年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

その他の記録

登場曲[編集]

背番号[編集]

  • 44 (2011年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b ソフトバンクホークス2位指名柳田悠岐外野手 - Web西広島タイムス
  2. ^ 「本塁打打てる選手に」ソフトバンク2位・柳田悠岐選手-朝日新聞行け、ミヤワキ: ドラフト会議。 アーカイブ - 広島テレビ
  3. ^ 01月21日 - トレーニングクラブ アスリート|平岡代表の日記柳田 ヘビ年の誓い ヘビー級4番 飛距離増へ92キロ→100キロスポーツ
  4. ^ a b 『野球小僧』2010年10月号、白夜書房、雑誌18801-10、144-147頁。
  5. ^ 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト ドラフト会議で高校生No.1捕手の山下選手ら11人の選手を指名
  6. ^ 日刊スポーツ・大阪版 2011年5月9日付記事 6版6面 「柳田初出場初得点」より。
  7. ^ “今宮2戦連発、柳田プロ1号!ソフトバンク5割へあと1勝”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2010年8月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/08/05/kiji/K20120805003841500.html 2013年4月16日閲覧。 
  8. ^ “2013年 オープン戦 プロ野球 打撃成績”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年3月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/npb/2013/stats/dageki_o.html 2013年4月20日閲覧。 
  9. ^ “柳田 右鼠径化膿性リンパ節炎で登録抹消…38度の発熱訴え”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年5月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/01/kiji/K20130501005719420.html 2013年5月1日閲覧。 
  10. ^ 朝日新聞2014年7月20日付スポーツ面
  11. ^ 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト ドラフト2位指名は「松中選手2世」を目指す広島経大・柳田外野手
  12. ^ 王貞治も認めたソフトバンクの“ゆうちゃん”sportiva、2011年02月16日。
  13. ^ a b 小関順二 『プロ野球スカウティングレポート2014』 廣済堂出版2014年、160頁。ISBN 978-4-331-51810-6
  14. ^ ソフトB柳田は「バケモン」オリ糸井賛辞 日刊スポーツ
  15. ^ 元カープ男子ソフトB柳田は複雑な思い? - 日刊スポーツ
  16. ^ 【ソフトB】柳田、出身地・広島で今年こそ決めるぞ“凱旋ヒット”

関連項目[編集]