リッチ・ゲイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リッチ・ゲイル
Rich Gale
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューハンプシャー州グラフトン郡
生年月日 1954年1月19日(60歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1975年 MLBドラフト5巡目
初出場 MLB / 1978年4月30日
NPB / 1985年4月14日
最終出場 MLB / 1984年9月28日
NPB / 1986年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ボストン・レッドソックス (1992 - 1993)

リッチ・ゲイルRichard Blackwell "Rich" Gale , 1954年1月19日 - )は、アメリカ合衆国ニューハンプシャー州出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

1975年MLBドラフト5巡目でカンザスシティ・ロイヤルズに指名され契約。1978年メジャー初昇格して先発ローテーションに定着し、14勝を挙げる。1980年には13勝を挙げリーグ優勝に貢献し、ワールドシリーズでも第3戦と第6戦に先発した。1981年シーズン後にサンフランシスコ・ジャイアンツにトレードされ、その後はシンシナティ・レッズボストン・レッドソックスでプレー。

1985年に来日し、阪神タイガースに入団。これはこの年監督に復帰した吉田義男が1980年のワールドシリーズの投球を直接目にし、印象に残っていたことが遠因であった。吉田によると「体は大きいが神経質な投手」だったという[1]。シーズン中盤には投球モーションの大きい点を突いた足を使った攻撃に悩まされて白星から遠ざかり、ブルペン入りを申し出たが、吉田は「先発で契約したからはずさない」と使い続けた[1]。この年は打線が爆発したこともあって立ち直り、防御率4.30ながら13勝8敗の好成績を収める。日本シリーズでも2勝を挙げ、日本一を決めた第6戦は完投勝利。阪神では初の(そして2013年現在でも唯一の)日本シリーズ胴上げ投手となった。

1986年は、前年の打線の爆発がなくなり防御率は4.56、5勝10敗に落ち込み、オフに自由契約となり退団。同年に開幕投手を巡り吉田と対立。吉田は開幕カードの対大洋3連戦を池田親興工藤一彦・ゲイルと決めていたが、ゲイルは「なぜ前年の優勝に貢献した自分が第3戦なのだ」と反論した。これに対し吉田は調整の遅れや既に他球団に投球を読まれているためだと説明している。このように起用法や遠征先での待遇にことあるごとに注文を出し、吉田を「ゲイルは1年目で切っておくべきだった」と後悔させている[2]

1992年から1993年までボストン・レッドソックスの投手コーチを務めた。2006年にはフロリダ・マーリンズ傘下のAA級カロライナの投手コーチを務め、2007年から2008年までは同じくマーリンズ傘下(当時)のAAA級アルバカーキの投手コーチを務めた。2010年からはミルウォーキー・ブルワーズ傘下のAAA級ナッシュビルの投手コーチを務めている。

エピソード[編集]

日本でのオープン戦の初登板となった1985年3月の対阪急戦(西宮球場)でマウンド上で頻繁に手に息を吹きかける仕草を見た審判は「スピットボール」ではないかと注意している。本人は「寒いから手を暖めているだけ」と否定している。上記の出来事から、ゲイルの変化球は「スピットボール」ではないかとう疑いを一部で持たれた。公式戦開幕後、対巨人戦でゲイルからヒットを打った中畑清が、一塁手ランディ・バースに「あの球はなんだい?」と話した。それに、バースは「スピットボール」と答え、その仕草までしてみせた。ただし真相はバースが中畑をからかった悪戯だった。

打撃に関しては、1985年に75打席で50三振を喫するなど打てない投手の見本であり、翌1986年4月19日の対中日戦(ナゴヤ球場)では1試合5三振の日本タイ記録を樹立するなど打撃には全く期待できないゲイルであるが、来日初ホームランを当時話題の高卒ルーキー桑田真澄(巨人)から放ち周囲を驚かせた(1986年はシーズン2本塁打を放っている)。メジャーリーグでもジャイアンツ時代の1982年、レッズ時代の1983年にそれぞれ1本ずつ本塁打を記録している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1978 KC 31 30 9 3 1 14 8 0 -- .636 821 192.1 171 10 100 3 3 88 5 0 78 66 3.09 1.41
1979 34 31 2 1 0 9 10 0 -- .474 830 181.2 197 19 99 4 4 103 5 0 131 114 5.65 1.63
1980 32 28 6 1 0 13 9 1 -- .591 799 190.2 169 16 78 2 2 97 6 0 90 83 3.92 1.30
1981 19 15 2 0 0 6 6 0 -- .500 440 101.2 107 14 38 0 2 47 0 0 63 61 5.40 1.43
1982 SF 33 29 2 0 0 7 14 0 -- .333 765 170.1 193 9 81 11 5 102 5 0 91 80 4.23 1.61
1983 CIN 33 7 0 0 0 4 6 1 -- .400 408 89.2 103 8 43 8 1 53 3 1 64 58 5.82 1.63
1984 BOS 13 4 0 0 0 2 3 0 -- .400 200 43.2 57 6 18 0 1 28 0 0 27 27 5.56 1.72
1985 阪神 33 33 4 2 0 13 8 0 -- .619 829 190.2 187 23 84 0 0 126 4 0 99 91 4.30 1.42
1986 27 27 2 1 0 5 10 0 -- .333 706 161.2 182 16 50 4 3 102 3 0 91 82 4.56 1.44
MLB:7年 195 144 21 5 1 55 56 2 -- .495 4263 970.0 997 82 457 28 18 518 24 1 544 489 4.54 1.50
NPB:2年 60 60 6 3 0 18 18 0 -- .500 1535 352.1 369 39 134 4 3 228 7 0 190 173 4.42 1.43
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 38 (1978年 - 1981年)
  • 32 (1982年 - 1983年)
  • 30 (1984年)
  • 45 (1985年 - 1986年)
  • 35 (1992年 - 1993年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 吉田義男『牛若丸の履歴書』日経ビジネス人文庫、2009年、P184
  2. ^ 2年目の態度については、通訳が交代したことの影響も吉田は指摘している(『牛若丸の履歴書』P185 - 186)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]