津田恒実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
津田 恒実
px
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県都濃郡南陽町(現:周南市
生年月日 1960年8月1日
没年月日 1993年7月20日(満32歳没)
身長
体重
181 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1981年 ドラフト1位
初出場 1982年4月10日
最終出場 1991年4月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2012年
得票率 75.1%
選出方法 競技者表彰

津田 恒実(つだ つねみ、1960年8月1日 - 1993年7月20日)は、山口県出身の元プロ野球選手投手)。愛称は「ツネゴン」。旧名「恒美」(読み同じ)。

来歴・人物[編集]

山口県都濃郡南陽町(現:周南市)の山間部・和田地区出身。山口県立南陽工業高等学校では、1年時からエース投手として活躍していた。1978年第50回選抜高等学校野球大会に出場してベスト8の成績を残し、同年の第60回全国高等学校野球選手権大会では2回戦まで駒を進めた。卒業後は防府市に本拠を置いていた社会人野球協和発酵(現:協和発酵キリン)を経て、1981年のドラフト会議広島東洋カープに1位指名され入団。入団当初から古葉竹識監督も大きな期待を寄せていた1年目の1982年に先発投手として11勝6敗の成績を残し、球団初の新人王に輝いた。しかし2年目以降は、ルーズショルダー[1] や中指の血行障害などに悩まされ、登板機会が激減する。

その後、血行障害を治すため、世界初となる中指の靭帯を摘出する手術を受ける。1985年に「恒美」から「恒実」へと改名。1986年に抑え投手として復活し、前半戦を防御率0点台で折り返す。後半戦からは調子を落としたものの、チーム5度目のリーグ制覇に大きく貢献、シーズン終了後にカムバック賞を獲得した。1987年にも防御率1点台を残す活躍を見せたが、1988年は肩痛などが遠因してリリーフ失敗を繰り返すなど9敗を喫し、『サヨナラの津田』とも揶揄された。しかし、翌1989年に防御率1.63、12勝5敗28セーブを挙げる活躍で最優秀救援投手ファイアマン賞に輝き、再び復活を遂げる。闘志を剥き出し、ピーク時153km/h(6月28日にマーク)の剛速球と縦横の鋭いカーブを武器に相手打者に敢然と立ち向かう姿は、『炎のストッパー』と形容された。

1990年、故障の為に再び登板数が減り、同年のシーズン終了後から頭痛をはじめとする身体の変調を訴えるようになる。1991年、前年から続く体調不良を抱えたまま開幕を迎え、4月14日に無理を押して広島市民球場(当時)で行われた読売ジャイアンツ戦で、1点リードの8回表に先発した北別府学の後を受けて登板するが、無死二塁・三塁のピンチを招き、原辰徳に同点適時打を打たれるなど大乱調のためわずか9球で降板し、敗戦投手となる。これが自身の生涯最後の登板となった[2]

普通の頭痛だと思って放置したものの、長らく治まらなかったこともあり、この試合の翌日、広島大学病院に検査入院。精密検査の結果、手術で摘出できない位置に悪性の脳腫瘍があることが判明。球団は5月20日に準支配下登録選手としたが、その後本人の意思により退団届を提出。11月6日付で受理され現役を引退し、闘病生活に入る[3]。このとき、本人は告知を受けていたが、球団は周囲の動揺を避けるため本当の病名を伏せ「水頭症のため引退」と発表した。一時は奇跡的な回復を見せ、現役復帰に向けたトレーニングも行うようになったが、1992年6月頃を境に再び病状が悪化。1993年7月20日14時45分に入院中だった済生会福岡総合病院福岡市中央区)において32歳の短い人生を閉じた[3]

功績を讃える顕彰板
(通称「津田プレート」)

初代の広島市民球場にはその功績と人柄を讃え、「直球勝負 笑顔と闘志を忘れないために」の文章が浮き彫りにされたメモリアルプレート(津田プレート)が設置されていた。同球場に設置された個人の記念碑は、連続試合出場記録を樹立した衣笠祥雄に次いで2人目。後日、大野豊ら広島の選手は、試合に出場する時必ずこのプレートに触れていくというエピソードが「勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレー」内で紹介された。現在、このプレートは2009年に開場した広島の新本拠地であるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島に移設されている。

野球体育博物館(現・野球殿堂博物館)は2012年1月12日、津田が広島時代の同僚である北別府学と共に野球殿堂入り(競技者表彰・プレーヤー表彰)したことを発表した。競技者表彰・プレーヤー表彰の被投票資格(引退後20年以内)最終年、当選必要数をわずか1票上回る237票を集めての選出だった[4]。殿堂入り表彰は津田の命日である7月20日のオールスターゲーム第1戦(京セラドーム大阪)の試合前に行われた[5]

2012年秋に周南市が津田の功績を称え、同市野球場の愛称を公募。12月14日に球場の愛称が「津田恒実メモリアルスタジアム」と決定した[6]

記念行事[編集]

津田メモリアルデー[編集]

  • 1994年から7回忌の1999年まで、背番号14にちなみ7月14日に津田基金の運営により開催された。
  • 1994年7月14日には、津田プレートが設置され、始球式(対ヤクルト戦)には子息が登場した。

津田投手杯交流野球大会[編集]

  • 出身中学の周南市立和田中学校では、命日の7月20日に近隣の小中学校チームにより交流野球大会が行われる。

特筆[編集]

人物[編集]

アマチュア時代から剛球投手として名を馳せていたが、それと相反するように、自他ともに認めるメンタル面の弱さも持ち合わせていた。高校時代には、監督から精神安定剤と偽ったメリケン粉を渡されたこともあったという。『弱気は最大の敵』『一球入魂』といった座右の銘や、打者に真っ向から立ち向かう投球スタイルは、元々はそのような自らの精神的な弱さを克服するために心がけていたものであった。二つの座右の銘を書いたボールを肌身離さず持ち歩き、登板する前には必ずそのボールに向かって気合を入れていた。

明るくひょうきんな性格でチームメイトやファンから愛されていた。それを象徴する語録として以下のようなものがある。

  • 「希望の球団は特にないですけど…広島ですねぇ~」(1981年のドラフト直前のTVインタビューで)
  • 新人王ですか? ウ~ン…狙いますねぇ~」
  • ―フォークボールに特徴があると聞いたが
「すっぽ抜けて伸びるフォーク」
  • 「巨人(に指名されること)が不安だった。しつこく来られたからね」(ドラフトで広島に指名されたあとの記者会見で)
  • 「ウチのチームといっしょですね! ねぇ、浩二さん!」(『の良さが決め手』がキャッチフレーズの味噌メーカーのCMで)

リリーフピッチャーとしての責任感が非常に強い選手だった。清川栄治のプロ初勝利が掛かった試合に登板し、メッタ打ちにされて清川の勝利を消してしまった時は、試合後に合宿所の清川の部屋へ30分おきに出向いては謝罪し続け、見かねたチームメイトが津田をなだめて止めたという逸話が残されている。また、負け投手になった翌日は誰よりも早く球場入りし、外野スタンドの階段を黙々と走り込んでいたという[7]達川光男が連載コラムの中でこのことについて触れており、「外野スタンドを走っていたのは、試合を見に来てくれたファンへの謝罪の念の現れだったのではないか」と述べている。

野球[編集]

血行障害から復帰後は、直球主体のピッチングであった。特に1986年は投げた球種の90%以上がストレートであり、変化球はほとんど投げていない。津田が現役時代に同僚・監督であった山本浩二は津田のストレートを「ホップする直球」と称していた[4]

ピンチになればなるほど球速が上がっていく傾向があった。1986年の対阪神タイガース戦、9回裏1死満塁同点(4対4)の場面では、2番打者の弘田澄男に143km/h・148 km/h・151 km/hのストレートを投じて3球三振に仕留める。その後の3番打者、当時絶頂期にあったランディ・バースに対しても全て150km/h超のストレートで挑み、3球三振に斬り捨ててピンチを脱した。この試合を実況していた毎日放送アナウンサー城野昭は「津田、スピード違反!」と叫び、バースは試合後に「ツダはクレイジーだ」というコメントを残している。

1986年9月24日の巨人25回戦で津田と対戦した原辰徳は、ストレートをファウルした際に左手の有鉤骨を骨折し、残りシーズンを全て欠場、翌シーズン以降も左手首痛の後遺症に苦しんだ。しかし後年、原は「あの時の津田との勝負に悔いはない」と当時から現在に至るまで繰り返し語っている。また、1991年4月14日に津田からタイムリーヒットを打って生涯最後の対戦打者となったのは、奇しくも原である。原に投じた最後のボールは144km/hのストレートであった。

1986年の日本シリーズで広島は、西武ライオンズに初戦引き分けの後3連勝して日本一に王手をかけながら、5戦目の延長12回に工藤公康にサヨナラ安打を浴び、その後勢いに乗った西武に4連敗、日本一を逃すという屈辱を喫している。この延長12回のサヨナラ安打を浴びたのが、リリーフ登板した津田だった。

病・死後[編集]

津田の病を知った当時の山崎隆造選手会長は、すぐに全選手を集めその事実を知らせるとともに、「津田のために優勝しよう。津田を優勝旅行に連れて行ってやろう」と涙ながらに訴えた。広島ナインはこれに奮起し、この年チームは夏場まで独走していた中日ドラゴンズを逆転でかわし、5年ぶりのセ・リーグ優勝を果たした。この時、津田とダブルストッパーを組むことになっていた大野豊を始めとする投手陣は、リーグの投手部門の主要タイトルを独占するという大活躍を見せている(最優秀救援投手: 大野、最多勝利最優秀防御率沢村賞: 佐々岡真司最高勝率: 北別府学最多奪三振: 川口和久)。

チームメイトであった森脇浩司とは無二の親友で、1987年のシーズン中に森脇が南海ホークスへトレードされた時は、夫人に対して「お前か浩司のどっちかをとれって言われたら、オレは浩司をとる」と言い、夫人を呆れさせたほどだったが、晩年、福岡市内の病院に入院して闘病生活を送っていた津田及び周辺の諸々の世話を積極的に行っていたのも森脇だった。津田が一時回復を見せた時、森脇は「オレの年俸を半額にしてでも、お前を現役復帰させられるように球団(福岡ダイエーホークス)に掛け合ってやる」と言ったとされる。[8]1993年に森脇が結婚し披露宴を挙げた際には、亡き津田のために席を用意し、津田のグラスにビールを注いでキャンドルサービスを行い、同席した金石昭人清川栄治ら友人の涙を誘った。津田がマウンドに再び立つ事はなかったが、津田の一人息子の大毅は、森脇らの計らいにより福岡ドームのマウンドに始球式で立つことになった。

逝去した当日、東京ドームオールスターゲーム第1戦が行われることになっていた。逝去の知らせは開幕のセレモニー直前、両軍関係者に届いたといい[3]、津田の訃報は試合中継の途中にアナウンスされると共に、地元広島のテレビ各局で津田と親交のあったアナウンサーは、涙ながらに訃報を伝えていた。山本浩二監督を始めとする広島の選手は、全員喪服ではなくユニフォーム姿で津田の葬儀に参列した。通夜の営まれた翌日の第2戦(グリーンスタジアム神戸)では9回裏に大野豊が登板。バックを守る野村謙二郎をして「津田さんの気持ちが乗り移ったような投球だった。あんな大野さんは見たことがなかった」ほどの鬼気迫る投球で、二者連続三振を含むパーフェクトリリーフでオールスター初セーブを挙げている[2]

こうした野球人生は多くのファンに強い印象を残した。2000年には、晃代夫人の著書「最後のストライク」が岸谷五朗主演でドラマ化された。また、鹿児島市の居酒屋「のん呑ん亭」の店の壁にある、津田をテーマとした詩が、FMラジオ番組で紹介されて話題になったこともある。ある詩人が即興で書いたものだが、ラジオでの紹介をきっかけに存在が広まり、後には津田の家族や関係者が来店するようになったという。

家族は夫人と上述の長男・大毅。大毅は九州学院高校から九州国際大学へ進学後、2008年から古葉竹識が野球部監督に就任した東京国際大学へ編入。親子2代に渡って古葉に師事することとなった。しかし度重なる故障に泣き、大学4年間での公式戦成績はわずか四球1個だけにとどまる[7]。大学卒業後は野球をやめ、会社員の道を歩んでいる。なお、大毅については2010年4月NHKニュース おはよう日本でも取り上げられている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1982 広島 31 27 8 2 0 11 6 0 -- .647 703 166.2 166 28 45 3 7 114 2 0 76 72 3.88 1.27
1983 19 17 9 0 1 9 3 0 -- .750 555 132.0 120 15 51 2 4 82 1 0 50 45 3.07 1.30
1984 14 10 2 0 0 3 4 1 -- .429 243 54.1 59 8 27 1 1 30 1 0 33 28 4.64 1.58
1985 22 4 0 0 0 2 3 1 -- .400 192 42.0 47 8 23 0 0 36 2 0 32 31 6.64 1.67
1986 49 0 0 0 0 4 6 22 -- .400 277 69.1 44 7 29 11 2 81 1 0 21 16 2.08 1.05
1987 47 0 0 0 0 3 4 18 -- .429 272 65.2 62 5 22 11 3 60 2 0 13 12 1.64 1.28
1988 47 0 0 0 0 5 9 20 -- .357 300 72.1 64 6 24 6 1 56 1 0 32 31 3.86 1.22
1989 51 0 0 0 0 12 5 28 -- .706 311 83.0 50 4 15 7 1 75 2 0 15 15 1.63 0.78
1990 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 31 6.2 12 0 0 0 0 7 0 0 2 2 2.70 1.80
1991 2 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 8 1.0 4 1 0 0 1 1 1 0 3 3 27.00 4.00
通算:10年 286 58 19 2 1 49 41 90 -- .544 2892 693.0 628 82 236 41 20 542 13 0 277 255 3.31 1.25
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 15 (1982年 - 1984年)
  • 14 (1985年 - 1991年)

登録名[編集]

  • 津田 恒美 (つだ つねみ、1982年 - 1984年)
  • 津田 恒実 (つだ つねみ、1985年 - 1991年)

関連書籍[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]