遠山奬志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
遠山 獎志 (遠山 昭治)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県葦北郡田浦町(現:芦北町
生年月日 1967年7月21日(47歳)
身長
体重
178 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手外野手
プロ入り 1985年 ドラフト1位
初出場 1986年4月27日
最終出場 2002年10月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (2005 - 2011)

遠山 奬志(とおやま しょうじ、1967年7月21日 - )は、熊本県出身の元プロ野球選手投手外野手)。左投左打。

本名は「遠山 昭治」(読み同じ)。愛称は「遠山の金さん」、「遠山桜」。

来歴・人物[編集]

八代第一高等学校から1985年プロ野球ドラフト会議阪神タイガースから1位指名を受け入団。1年目の1986年から一軍ローテーション入りして8勝を挙げる。翌1987年に故障して以降、低迷する。

1990年オフ、高橋慶彦との交換トレードが成立し、ロッテ・オリオンズに移籍。投手として結果を残せず、1995年より打者(外野手)に転向。1995年1A・バイセイリア・オークスへ野球留学した。1996年イースタン・リーグ二軍)で最多安打を記録するなど非凡さを見せるが、1997年は一軍出場が無くシーズン終了後に自由契約となる。同年シーズンオフに野手として古巣・阪神の入団テストを受けたが、翌日のテストで首脳陣のピッチングを見たいという意向で投球を披露し、投手として合格し入団。

阪神復帰1年目の1998年は、投手への再起のためシーズンの大半を二軍での練習などに費やした。1999年登録名遠山 奬志に変更。新監督野村克也のもとでサイドスローへの転向、シュートを習得して復活し、主に左打者へのワンポイントリリーフとして活躍。野村阪神の左の中継ぎエースとなった。同年5月22日の対巨人戦(阪神甲子園球場)で、10年のブランクを経て勝利投手となり、当時史上最長ブランクでの勝利を記録した(2010年に大家友和が日本球界で16年振りの勝利を記録、大幅に更新された)。同年は当時巨人の松井秀喜を13打数無安打に抑え込み、6月13日の対巨人13回戦(甲子園)ではピンチで前のバッター(右打者の石井浩郎敬遠で松井勝負で三振に打ち取るなど「松井・高橋キラー」と呼ばれた(ちなみに松井はこの時期「(遠山の)顔も見たくない」と憂鬱そうに語ったり、ヤンキース移籍後も「打ち取られる夢を見た」と話している)。

絶対的な抑えのいないチーム事情と野手経験もある事から、継投の際に一塁を守る事もあった。2000年には右横手投げの中継ぎ投手・葛西稔(高校時代に一塁手経験あり)とともに、相手の打者の左右によって交互に「遠山・葛西・遠山・葛西」と一塁と投手とを交代しあって登板するワンポイント継投がしばしば行われた。これは後に「遠山・葛西スペシャル」と呼ばれ野村監督の必殺技とも言われた[1]。ただし遠山本人は「あれは実際辛かった。投手にしてみれば、情けないと言いますか、やっぱり嫌ですよね。“右打者相手でも抑えられる”という信頼が無かったって事ですから。(中略)同じグラウンドにいるから気持ちは切れないんですけど、一塁守った後に前の打席と同じ球を投げられるかどうかは疑問」と後年語っており[2]、あまり乗り気ではなかったようである。

2001年あたりから腰の具合が芳しくなく、星野仙一監督時代の2002年には投球すら満足にできないような状態だったという。そしてシーズン終了を待たずに世代交代を理由に戦力外通告が行われ、そのまま引退を表明した。シーズン最終戦、9回裏2死無走者の場面で登板。最後の打者を空振り三振に仕留め、星野に肩を抱かれ、涙の中マウンドを降りた。

引退後は、毎日放送(MBS)・GAORAサンケイスポーツ(大阪)で野球解説者を阪神戦中心に務めた。また、その傍らプロ野球マスターズリーグの大阪ロマンズで投手として登板する。2005年から二軍投手コーチとして阪神に復帰し、その後育成コーチとなった。

2011年11月1日付でコーチを退任[3]2012年からは再び、MBSの野球解説者として活動している。

2014年11月16日、「東日本大震災復興支援 巨人―阪神OB戦」に出場[4][5]。2回、二死一、三塁の場面で、かつて「松井キラー」として一時代を築いた遠山が松井秀喜と対戦すると球場のボルテージは最高潮に達した[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1986 阪神 27 24 3 2 0 8 5 0 -- .615 549 128.0 135 14 34 3 3 73 0 1 64 60 4.22 1.32
1987 9 4 0 0 0 0 3 0 -- .000 100 22.2 30 6 5 0 0 9 0 0 17 15 5.96 1.54
1988 42 8 0 0 0 2 9 0 -- .182 339 79.2 81 6 34 3 0 48 2 0 36 34 3.84 1.44
1989 10 3 0 0 0 2 1 0 -- .667 125 28.1 37 2 7 1 0 16 1 0 15 14 4.45 1.55
1990 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 46 9.0 12 1 8 0 0 8 0 0 10 9 9.00 2.22
1991 ロッテ 10 2 0 0 0 0 0 0 -- ---- 91 16.2 27 8 14 0 1 11 1 0 18 17 9.18 2.46
1992 29 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 77 17.1 17 1 7 0 1 14 1 0 9 6 3.12 1.38
1993 25 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 66 15.2 22 4 2 0 1 7 0 0 10 9 5.17 1.53
1994 31 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 108 25.1 26 5 6 1 3 13 0 0 14 11 3.91 1.26
1998 阪神 11 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 51 10.2 19 1 4 0 0 4 0 0 9 9 7.59 2.16
1999 63 0 0 0 0 2 1 1 -- .667 204 51.2 39 4 14 3 2 35 0 0 15 12 2.09 1.03
2000 54 0 0 0 0 2 0 3 -- 1.000 145 35.1 29 2 11 2 1 20 0 0 10 10 2.55 1.13
2001 52 0 0 0 0 0 1 1 -- .000 133 27.2 33 3 17 2 2 17 1 0 17 15 4.88 1.81
2002 23 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 63 12.1 21 2 4 0 1 8 1 1 13 13 9.49 2.03
通算:14年 393 41 3 2 0 16 22 5 -- .421 2097 480.1 528 59 167 15 15 283 7 2 257 234 4.38 1.45

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1986 阪神 27 45 40 4 7 0 0 0 7 1 0 0 4 0 1 0 0 12 0 .175 .195 .175 .370
1987 9 6 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1988 43 17 15 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 0 0 0 0 3 0 .067 .067 .067 .133
1989 10 9 8 0 2 1 0 0 3 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 .250 .250 .375 .625
1990 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1991 ロッテ 12 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1992 29 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1993 25 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1994 31 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1995 9 14 12 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 0 0 1 0 .167 .286 .167 .452
1996 3 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .250 .250 .250 .500
1998 阪神 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1999 63 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .667
2000 54 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2001 52 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2002 23 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:16年 408 101 90 4 14 1 0 0 15 1 0 0 8 0 3 0 0 25 0 .156 .183 .167 .349

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 21 (1986年 - 1990年)
  • 16 (1991年 - 1994年)
  • 49 (1995年 - 1997年)
  • 52 (1998年 - 2002年)
  • 75 (2005年 - 2009年)
  • 95 (2010年 - 2011年)

登録名[編集]

  • 遠山 昭治 (とおやま しょうじ、1986年 - 1998年)
  • 遠山 奬志 (とおやま しょうじ、1999年 - )

関連情報[編集]

出演番組[編集]

※特記ない限り、解説者として出演するプロ野球中継

放送上のキャッチフレーズは、「トラの桜吹雪」。中継タイトルが『MBSタイガースナイター』だった2003年・2004年にも、「トラ番ゲスト」(本数契約のゲスト解説者)として出演していた。
MBS解説者に復帰した2012年度に、水曜日にレギュラーコメンテーターとして出演。同年から番組内で結成された「ちちんぷいぷい運動部」のメンバー(野球担当)でもある。2013年度は不定期で出演していたが、2014年度から月曜日・木曜日でレギュラー出演を再開。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪ニッカンスポーツ[1]2000年5月
  2. ^ 「日本プロ野球トレード大鑑2004」(ベースボールマガジン社)p72~73 本人へのインタビューより引用。
  3. ^ 来季のコーチ契約について”. 阪神タイガース (2011年11月1日). 2011年11月1日閲覧。
  4. ^ a b “ゴジラ健在!松井氏が巨人―阪神OB戦で4安打1打点”. 東京スポーツ. (2014年11月16日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/334235/ 2014年12月7日閲覧。 
  5. ^ “松井氏 12年ぶり巨人「55」で4の4!“大嫌い”遠山打ちで打点も”. スポーツニッポン. (2014年11月16日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/11/17/kiji/K20141117009297900.html 2014年12月7日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]