大友工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大友 工
Otomo Takumi.jpg
1956年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県出石郡出石町(現・豊岡市
生年月日 1925年2月19日
没年月日 2013年4月12日(満88歳没)
身長
体重
175 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1949年
初出場 1950年
最終出場 1960年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

大友 工(おおとも たくみ、1925年2月19日 - 2013年4月12日)は、兵庫県出身のプロ野球選手投手)。読売ジャイアンツ(巨人)、近鉄バファローでプレーした。1960年の登録名大友 工司(おおとも こうじ)。

来歴・人物[編集]

旧制逓信講習所(大阪)を卒業、就職した神戸中央電信局、但馬貨物等で軟式野球を経験し、その球威を買われて1949年東京巨人軍に入団する。入団後に投法をサイドスローに変更。これは意図的な転向ではなく、変化球の威力を増すためでもなかったという点が変わっている。実際には、直球の球威を増そうとして投球時のステップを出来るだけ広げようとした結果、自然に身体が右へ傾くようになり、サイドスローになったのだという。本人によれば、「身体を傾けて上から投げている感じだった」という。

入団2年目の1950年にプロ入り初勝利を挙げ、主戦投手となる。1952年には松竹ロビンスを相手にノーヒットノーラン達成するなど17勝を挙げ、以後、別所毅彦とともに巨人のエースとして活躍した。

小柄な体格で、しかもサイドスローでありながら、当時の球界を代表する速球投手でもあり、その剛速球と、右打者の外角へ鋭く曲がり、かつ伸びるスライダーを武器に活躍。日本プロ野球史上、直球のみで打者を牛耳ることの出来たサイドスロー・アンダースローの投手はほんの一握りしかいないが、大友はその一人であった。

1953年には最優秀防御率最多勝の二冠(最高勝率投手でもあり、実際には投手部門の三冠すべてが1位)の上、MVPまで獲得した。オフシーズンには日米野球で来日したニューヨーク・ジャイアンツとの試合において1失点で投げ抜き、日本人投手として初めて米国メジャーリーグ球団相手に完投勝利を挙げた。

敗戦数が少なく、別所毅彦中尾碩志安原達佳などがいた当時の巨人投手陣の中では最も安定度の高い投手である。1955年に30勝を挙げ、2度目の最多勝利投手となったが、この年の敗戦数はわずか6である。30勝以上の成績を挙げ、敗戦数が一桁であった投手は2リーグ分裂後は大友を含めて3人のみであり(1957年稲尾和久1959年杉浦忠)、セ・リーグでは大友のみである。

チーム創成期の広島カープに滅法相性がよく、18連勝の後1敗を挟んでさらに12連勝、7年間で41勝3敗、防御率0.93の記録が残っている。

1956年阪神タイガース戦で小山正明から利き腕である右手の親指に死球を受けた。この死球禍以降、以前のコントロールと球威が失われて、成績は低迷した。1959年オフに10年選手制度により近鉄バファローに移籍し、1960年に現役引退となった。


引退後[編集]

引退翌年の1961年千葉茂監督の下で近鉄の投手コーチを務めた。その後、1965年から1966年中日ドラゴンズ二軍投手コーチを務め、1967年から1968年には、西沢道夫監督、杉下茂監督の下で一軍投手コーチを務めた。

2013年4月12日急性白血病のため死去[1]。88歳没。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1950 巨人 15 11 5 0 0 4 4 -- -- .500 356 85.0 71 3 39 -- 0 44 1 0 41 35 3.71 1.29
1951 29 14 3 0 0 11 4 -- -- .733 556 137.2 114 11 43 -- 3 51 1 3 44 37 2.42 1.14
1952 40 24 9 4 2 17 8 -- -- .680 827 207.1 158 10 51 -- 4 120 2 1 78 52 2.26 1.01
1953 43 29 22 3 4 27 6 -- -- .818 1076 281.1 199 13 63 -- 1 173 1 1 65 58 1.86 0.93
1954 48 30 17 5 4 21 15 -- -- .583 1081 278.2 202 13 62 -- 9 199 0 0 63 52 1.68 0.95
1955 42 34 25 7 3 30 6 -- -- .833 1164 303.2 213 15 54 1 9 206 0 0 73 59 1.75 0.88
1956 29 16 6 2 1 12 7 -- -- .632 585 155.0 100 8 32 1 1 84 1 0 33 28 1.63 0.85
1957 21 10 3 2 2 5 4 -- -- .556 327 81.0 78 10 13 1 3 46 0 0 39 35 3.89 1.12
1958 12 2 0 0 0 2 1 -- -- .667 160 41.2 28 0 7 1 0 11 1 0 10 9 1.94 0.84
1960 近鉄 15 0 0 0 0 1 2 -- -- .333 86 20.1 20 3 4 0 1 14 0 0 9 9 3.98 1.18
通算:10年 294 170 90 23 16 130 57 -- -- .695 6218 1591.2 1183 86 368 4 31 948 7 5 455 374 2.11 0.97
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 39 (1949年 - 1950年)
  • 20 (1951年 - 1959年、1961年)
  • 14 (1960年)
  • 64 (1965年 - 1968年)

登録名[編集]

  • 大友 工 (おおとも たくみ、1949年 - 1959年、1961年 - 1968年)
  • 大友 工司 (おおとも こうじ、1960年)

参考文献[編集]

  • 『プロ野球 燃焼の瞬間 宮田征典、大友工、藤尾茂』、 澤宮優、 現代書館、 2006年発行

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]