大友工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大友 工
Otomo Takumi.jpg
1956年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県出石郡出石町(現・豊岡市
生年月日 1925年2月19日
没年月日 2013年4月12日(満88歳没)
身長
体重
175 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1949年
初出場 1950年
最終出場 1960年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

大友 工(おおとも たくみ、1925年2月19日 - 2013年4月12日)は、兵庫県出身のプロ野球選手投手)。読売ジャイアンツ(巨人)、近鉄バファローでプレーした。1960年の登録名大友 工司(おおとも こうじ)。

来歴・人物[編集]

旧制大阪逓信講習所を卒業後、神戸中央電信局に電信技師として就職。第二次大戦中は応召されて電信兵となり伍長まで昇進するが、内地勤務であったことから無事に終戦を迎えた[1]。戦後は故郷に戻り、一時は炭焼きをして生計を立てた時期もあった。その後、但馬貨物軟式野球をプレー[2]1948年秋の全国車輛軟式野球大会の近畿大会でベスト4まで進出する。その速球が関西のアマチュア野球界の重鎮であった本田竹蔵の目に止まり、本田が当時二軍を作ろうとして選手を集めていた読売ジャイアンツの球団代表であった宇野庄治に紹介して、1949年5月に巨人に入団する[3]

巨人入団後、これまで軟式球しか握ったことがなかったため硬式球に慣れるのに苦労する中で[4]、投法をサイドスローに変更。これは意図的な転向ではなく、変化球の威力を増すためでもなかったという点が変わっている。実際には、直球の球威を増そうとして投球時のステップを出来るだけ広げようとした結果、自然に身体が右へ傾くようになり、サイドスローになった。本人によれば「身体を傾けて上から投げている感じだった」という。

1年目は制球力に課題がありその年からできた二軍暮らしとなるが、既にブルペンでは当時のエース格であった別所毅彦藤本英雄に勝るほどの速球を投げていたという[5]。翌1950年春先に一軍に昇格するが、成績を残せず6月に二軍に落とされる。イースタンリーグでは好調でたちまち10勝を重ねると、9月に再び一軍に呼ばれ終盤に4勝を挙げる[6]1951年スライダーを会得したこともあって、11勝4敗、防御率2.41(リーグ3位)と3年目で巨人の主戦投手となる[7]1952年には松竹ロビンスを相手にノーヒットノーラン達成するなど17勝を挙げ、防御率も2.25とリーグ4位に入った。

1953年には春季キャンプで右を痛めたことからランニング中心のトレーニングを行ったところ、シュートの制球力が改善し、スライダー・シュートのコンビネーションで投球を組み立てることができるようになり、投球の幅が広がった[8]。シーズンでは27勝6敗、防御率1.85で最優秀防御率最多勝利最優秀勝率の投手三冠で沢村賞ベストナインを獲得し、さらには最高殊勲選手にも選ばれるなど個人タイトルを総なめにした。また、日本シリーズでは完封を含む2勝を挙げ最優秀投手賞を獲得する。オフシーズンには日米野球で来日したニューヨーク・ジャイアンツとの試合を1失点で投げ抜き、日本人投手として初めてメジャーリーグ球団相手に完投勝利を挙げた。メジャーリーガー達から「地面から浮き出す球は打てない」と驚かれ[4]、監督のレオ・ドローチャーからもメジャーで十分通用するので連れて帰りたいと言われたという[9]1954年も21勝、防御率1.68(リーグ2位)を記録する。

敗戦数が少なく、別所毅彦中尾碩志安原達佳などがいた当時の巨人投手陣の中では最も安定度の高い投手である。1955年に30勝6敗、勝率.833を挙げ、2度目の最多勝利と最優秀勝率を獲得したが、30勝以上かつ敗戦数が一桁であった投手は2リーグ分裂後は大友を含めて3人のみであり(1957年稲尾和久1959年杉浦忠)、セ・リーグでは大友のみである。また、この年の6月12日の大洋ホエールズ戦(後楽園)では当時のプロ野球タイ記録の15奪三振を記録している[10]

1956年4月22日の阪神タイガース戦(後楽園)で大崎三男から利き腕である右手親指死球を受け骨折[11]。全治2ヶ月の重傷で、6月下旬には復帰するが、この死球禍によって以前の制球力と球威が失われ、この年は12勝に終わる[12]1957年は開幕戦で完封勝利するが、右に水が溜まり、右足首捻挫するなどの故障もあって投球フォームを崩して全く勝てなくなり、自ら志願して二軍に降格する。8月中旬に一軍に復帰してペナントレース終了までに3勝するが、シーズンを通して5勝、防御率3.89の成績にとどまった。1958年はわずか2勝に終わるが、西鉄ライオンズとの日本シリーズでは初戦で勝利投手になるなど4試合に登板、巨人が王手をかけていた第5戦では稲尾和久にサヨナラ本塁打を浴びている。

1959年は登板機会がなく、日本シリーズの前に南海ホークスのエースであった杉浦忠対策として打撃投手を務めた[13]。同年オフに10年選手制度により、かつてのチームメイトであった千葉茂監督を務めていた近鉄バファローに移籍する。1960年は登録名を大友 工司(おおとも こうじ)に改めるが、1勝に終わり同年で現役引退した。

チーム創成期の広島カープに滅法相性がよく、18連勝の後1敗を挟んでさらに12連勝、7年間で41勝3敗、防御率0.93の記録が残っている[14]

引退後[編集]

引退翌年の1961年千葉茂監督の下で近鉄の投手コーチを務めた。その後、1965年から1966年中日ドラゴンズの二軍投手コーチを、1967年から1968年にかけては、西沢道夫監督と杉下茂監督の下で一軍投手コーチを務めた。

のち、花島電線(現在の日立マグネットワイヤ)に勤務。1987年には吉友商事を設立し、東京ドームキャラクターグッズの販売業を営んだ[15]

2013年4月12日急性白血病のため死去[16]。88歳没。

プレースタイル[編集]

小柄な体格で、しかもサイドスローでありながら、当時の球界を代表する速球投手であった。日本プロ野球史上、直球のみで打者を牛耳ることの出来たサイドスロー・アンダースローの投手はほんの一握りしかいないが、大友はその一人であった。当時球速では金田正一と大友が双璧をなしていたが、金田も「大友さんの球が一番速い」と一目置いていたという[17]。その投球の威力は、当時の正捕手であった広田順が取り損なった際に、キャッチャーミットを填めた左手骨折させてしまうほどであった[18]。その剛速球のほかに、長い中指を利用した右打者の外角へ鋭く曲がりかつ伸びるスライダー、内角を捻れるように抉るシュート[2]を武器とした。

全盛期には、投球の際の身体を倒す角度で、スリークォーター・サイドスロー・アンダースローと投げ分けたという[4]

人物[編集]

筋肉隆々の力持ちで、金太郎あるいはキングコングのイメージから、二軍時代につけられたニックネームキンさんと巨人OBの間では呼ばれていた[19]

野球評論家三宅大輔は、真面目で、勤勉で、熱心で、不言実行派で、そして慢心しないという、野球選手として最も望ましい性格と評した[20]

いつもニコニコしており優しい性格で、エースでありながら驕ったところがなく、ほかの選手との距離がなかった[5]。晩年は不調になると自ら志願して二軍に行ったが、元エースであったことに拘らず、多摩川グランドで若手選手相手に打撃投手ノッカーを務めていたという[13]

1977年王貞治ハンク・アーロン本塁打世界記録(755本)に迫っていた頃、王の自宅の前にはマスコミファンが押しかけ、空き缶空き瓶を飲み散らかしていた。当時、近くに住んでサラリーマンをしていた大友は、仕事の帰り道に必ず王の家の前に寄り、ゴミを片付けて帰っていたという。[21]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1950 巨人 15 11 5 0 0 4 4 -- -- .500 356 85.0 71 3 39 -- 0 44 1 0 41 35 3.71 1.29
1951 29 14 3 0 0 11 4 -- -- .733 556 137.2 114 11 43 -- 3 51 1 3 44 37 2.42 1.14
1952 40 24 9 4 2 17 8 -- -- .680 827 207.1 158 10 51 -- 4 120 2 1 78 52 2.25 1.01
1953 43 29 22 3 4 27 6 -- -- .818 1076 281.1 199 13 63 -- 1 173 1 1 65 58 1.86 0.93
1954 48 30 17 5 4 21 15 -- -- .583 1081 278.2 202 13 62 -- 9 199 0 0 63 52 1.68 0.95
1955 42 34 25 7 3 30 6 -- -- .833 1164 303.2 213 15 54 1 9 206 0 0 73 59 1.75 0.88
1956 29 16 6 2 1 12 7 -- -- .632 585 155.0 100 8 32 1 1 84 1 0 33 28 1.63 0.85
1957 21 10 3 2 2 5 4 -- -- .556 327 81.0 78 10 13 1 3 46 0 0 39 35 3.89 1.12
1958 12 2 0 0 0 2 1 -- -- .667 160 41.2 28 0 7 1 0 11 1 0 10 9 1.94 0.84
1960 近鉄 15 0 0 0 0 1 2 -- -- .333 86 20.1 20 3 4 0 1 14 0 0 9 9 3.98 1.18
通算:10年 294 170 90 23 16 130 57 -- -- .695 6218 1591.2 1183 86 368 4 31 948 7 5 455 374 2.11 0.97
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 39 (1949年 - 1950年)
  • 20 (1951年 - 1959年、1961年)
  • 14 (1960年)
  • 64 (1965年 - 1968年)

登録名[編集]

  • 大友 工 (おおとも たくみ、1949年 - 1959年、1961年 - 1968年)
  • 大友 工司 (おおとも こうじ、1960年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『プロ野球 燃焼の瞬間』82頁
  2. ^ a b 『魔球伝説』222頁
  3. ^ 『プロ野球 燃焼の瞬間』82頁
  4. ^ a b c 『ジャイアンツ栄光の70年』46頁
  5. ^ a b 『巨人軍の男たち』136頁
  6. ^ 『プロ野球 燃焼の瞬間』94頁
  7. ^ 『プロ野球 燃焼の瞬間』96頁
  8. ^ 『プロ野球 燃焼の瞬間』106頁
  9. ^ 『巨人軍の男たち』138頁
  10. ^ 『プロ野球 燃焼の瞬間』129頁
  11. ^ 『魔球伝説』225頁
  12. ^ 『プロ野球 燃焼の瞬間』134頁
  13. ^ a b 『プロ野球 燃焼の瞬間』138頁
  14. ^ 『プロ野球 燃焼の瞬間』109頁
  15. ^ 『プロ野球人名事典』91頁
  16. ^ “元巨人投手の大友工さん死去=88歳、55年に30勝”. スポーツナビ (Yahoo!). (2013年4月13日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/baseball/headlines/article/20130413-00000000-jij 2013年4月13日閲覧。 
  17. ^ 『プロ野球 燃焼の瞬間』125頁
  18. ^ 『魔球伝説』220頁
  19. ^ 『魔球伝説』223頁
  20. ^ 三宅大輔「快刀乱麻 大友のピッチング」『ベースボールマガジン』昭和30年8月号
  21. ^ 『魔球伝説』225頁
  22. ^ 『プロ野球 燃焼の瞬間』94頁
  23. ^ 『魔球伝説』224頁
  24. ^ スポーツニッポン関西版2014年8月2日付3面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]