沢村栄治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沢村 栄治 (澤村 榮治)
Sawamura eji00.jpg
沢村栄治(1940年から1943年の間に撮影)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県宇治山田市(現・伊勢市
生年月日 1917年2月1日
没年月日 1944年12月2日(満27歳没)
身長
体重
174 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 1934年
初出場 1936年7月1日
最終出場 1943年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1959年
選出方法 特別表彰

沢村 栄治(さわむら えいじ、旧字体:澤村 榮治1917年2月1日 - 1944年12月2日)は、三重県出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1917年2月1日、三重県宇治山田市(現・伊勢市)の澤村賢二・みちえ夫婦の長男として生まれる。京都商業学校(現在の京都学園高等学校)の投手として1933年春、1934年春・夏の高校野球全国大会(当時は中等野球)に出場。1試合23奪三振を記録するなど、才能の片鱗を見せた。

全日本選抜[編集]

1934年の夏の大会終了後に京都商業を中退して、読売新聞社主催による日米野球の全日本チームに参戦。5試合に登板(4先発)したが、中でも11月20日、静岡県草薙球場で開催された試合では、7回裏にルー・ゲーリックにソロ本塁打を浴びたのみで、メジャーリーグ選抜チームを1失点9奪三振と抑えた(試合はゲーリッグの一発が決勝打となり0対1で惜敗)。これ以外の4試合では滅多打ちにあったが、この年の日本選抜対メジャーリーグ選抜の試合が日本の0勝16敗に終わるなど、当時の日米の差は非常に大きかったためと、投げ込めば投げ込むほど球威が増すという間違った考えで試合前に大量に投げ込んでいたためで、この快投は現在でも日本で語り草となっている。もっとも、ベーブ・ルースは、沢村を賞賛する一方で、「丁度バッターボツクスに入つて投手に面すると太陽の光源が眞正面に見えるのでまぶしくて仕方がなかつた」(昭和9年11月21日読売新聞)とコメントしている。ただし、この試合に先発した相手投手にもこの条件は言えるはずであるが、米国側のホワイト・ヒルは奪った三振が8個だった。

その年の暮れ、全日本チームを基礎としたプロ野球チーム「大日本東京野球倶楽部」(後・東京巨人軍、現・読売ジャイアンツ)の結成(正式な設立は12月26日)に参加した。学校を中退してプロ入りしたのは、野球部内の他の生徒による下級生への暴行事件が明るみに出て、連帯責任で甲子園出場が絶望的になったためであった。等持院住職の栂道節が、同年大日本東京野球倶楽部専務取締役に就任する市岡忠男に澤村を紹介した。

プロ入り後[編集]

沢村の豪快な足上げフォーム
沢村(左)と吉原正喜

プロ野球リーグが始まる前の1935年、第一次アメリカ遠征に参加。21勝8敗1分けの戦績を残す。同じ年の国内での巡業では22勝1敗。翌1936年の第2次アメリカ遠征でも11勝11敗をあげている[1]。そしてプロ野球リーグが開始された1936年秋に史上初のノーヒットノーランを達成する。大阪タイガースとの優勝決定戦では3連投し、巨人に初優勝をもたらした。1937年春には24勝・防御率0.81の成績を残して、プロ野球史上初となるMVPに選出された。さらにこの年は2度目のノーヒットノーランも記録するなど、黎明期の巨人・日本プロ野球界を代表する快速球投手として名を馳せた。特にタイガースの豪打者である景浦將とは良きライバルで、名勝負を繰り広げてファンを沸かせた。

しかし、徴兵によって1938年から1940年途中までを棒に振っただけでなく、手榴弾を投げさせられたことから生命線である右肩を痛めた。また、戦闘中は左手を銃弾貫通で負傷、さらにマラリアに感染した。復帰後はマラリアによって何度か球場で倒れたり、右肩を痛めたことでオーバースローからの速球が投げられなくなったが、すぐに転向したサイドスローによって抜群の制球力と変化球主体の技巧派投球を披露し、3度目のノーヒットノーランを達成した。

その後、2度目の徴兵で1941年終盤から1942年を全て棒に振り、さらにはサイドスローで投げることも出来ず、肩への負担が少ないアンダースローに転向した。しかし、度重なる徴兵によって身体はボロボロになり、制球力も大幅に乱していたことで好成績を残すことが出来ず、1943年の出場はわずかだった。投手としては、1943年7月6日の対阪神戦の出場が最後で、3回5失点で降板となった。公式戦最後の出場は同年10月24日、代打での三邪飛であった(阪神戦の2-2で迎えた11回表、6番・青田昇代打)。

1944年シーズン開始前に巨人からついに解雇された。移籍の希望を持っていたが、鈴木惣太郎から「巨人の澤村で終わるべきだ」と諭されて[2] 現役引退となった。その後、南海軍から入団の誘いがあったが、固辞した[2]

戦死[編集]

現役引退後、1944年10月2日に3度目の徴兵となる。同年12月2日、陸軍伍長として乗船していた輸送船がフィリピンに向かう途中、屋久島沖西方の東シナ海アメリカ合衆国潜水艦シーデビルにより撃沈され、屋久島沖西方[3] にて戦死[4]。2階級特進で兵長となる[5]。27歳没。

職業野球通算63勝22敗、防御率1.74。戦死後の1947年7月9日、巨人は沢村の功績をたたえて背番号14を日本プロ野球史上初の永久欠番に指定した(戦死から永久欠番指定までの間、今泉勝義坂本茂が巨人の背番号14を使用していた)。また、同年に沢村の功績と栄誉を称えて「沢村栄治賞」(沢村賞)が設立され、プロ野球のその年度の最優秀投手に贈られることとなった。

1959年野球殿堂入り。1966年6月25日、第27回戦没者叙勲により勲七等青色桐葉章追贈[6]

東京ドームそばの「鎮魂の碑」に、石丸進一ら太平洋戦争で戦死したプロ野球選手とともに銘記されている。また、故郷に程近い伊勢市岩渕町一挙坊墓地に沢村の墓が建立されており、その墓石はボールを模した形で、前面に巨人の「G」、後面に沢村の背番号「14」が刻まれている。

特筆[編集]

伝説の速球投手[編集]

巨人軍第一次米国遠征のおり、三宅大輔監督の指導により、物理学てこの作用を応用する合理的な投球方法で、投球の際にボールを握った右腕を後方にぐんと引くバックスイングと同時に、左足を思い切り高く空中に揚げて、その大きな反動を最大限に利用し、鋭くボールを振り抜く方法を会得し、それまでの剛速球にさらにスピードが乗り多大な効果を発揮した。三宅監督は沢村の旧来の投球フォームがこれを利用するに適していたため取り入れたという。

京都学園高等学校敷地内に建立されている沢村の像の碑文

1999年放送のテレビ「勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレー」の企画では「映像から球速を測定する」として、湯浅景元の協力の下、沢村の球速が159.4キロと再現された。もっとも、沢村の投球映像で鮮明なものは、1935年のアメリカ遠征時のキャッチボール映像しか残っておらず、プロ野球選手がキャッチボールでは全力の何パーセントの力で投げるかの平均値と、足を高く上げている沢村の投球フォーム(写真。試合中のものではない)から導いた結果である。

また別のテレビの企画では、実際に沢村の投球を見たことのある生前の千葉茂と青田昇が、ピッチングマシーンを相手にバッターボックスに立って沢村の球はどれくらいのものであったかを思い出してもらうというものがあったが、最終的に青田が「これぐらいだった」と感覚で思い出した時のマシーンの速度は160キロであった。もっとも、沢村の出征時期から、千葉と青田がそれぞれ沢村と公式戦をプレーしたのは沢村が全盛期を過ぎた1940年と1943年が最初である。

また、湯浅景元は自著「ホームランはなぜ打てるのか」の中で映像から分析し、沢村の投げる球の球速は160.4キロと言っている。

静岡草薙球場前に建立されている沢村の像

これに対して、永田陽一は、著述の資料として当時の野球雑誌を調べていて発見したとして、「沢村の快速球のスピードはどのくらいのものだったのか。プロ野球リーグが始まって2年目、1937年の雑誌は秒速37メートル(時速133キロ)と発表している。科学的計測値とするが、どれくらいの精度かは不明である。」と著述している[7]

幻の大リーグ入り[編集]

1935年、巨人軍はまだ国内で唯一の職業野球クラブだったので、他に対戦する相手がなく、野球の本場・アメリカ合衆国の各地を飛び回っての遠征試合をこなしていた。その終盤の6月、ミルウォーキー・レッドソックスとの対戦前に、ある中年男性が外野席から飛び降りてサインをしてもらいたいと訴え、沢村は何気なしにサインに応えていた。

ところが、試合後その男性がベンチにやってきて「スクールボーイ(沢村のあだ名)をいつ渡してくれるのか?」と問い合わせに来た。鈴木惣太郎マネジャーがその書類を見ると、セントルイス・カージナルスピッツバーグ・パイレーツと言う説もあり)のスカウトが使う選手雇用のための契約書だった。その後、半ば強引に契約を迫ったものの、鈴木は「ジャイアンツはアメリカの野球団体に加盟していないので、君がコミッショナーに訴えても無駄」ときっぱり断った。この翌日の現地新聞は「カージナルスのスカウトが東京ジャイアンツのエースをさらい損う」という見出しをつけて、大々的にこの一件を報道した。

人物[編集]

京都学園高等学校敷地内に建立されている沢村の像
故郷・伊勢の倉田山公園球場前に建立されている沢村の像

京都商業学校卒業後には慶應義塾大学への推薦入学がほぼ決まっていたが、正力松太郎が強引に口説いて同校を中退させて巨人入りさせた。正力は「一生面倒をみる」とまで言ったという。しかし、巨人は戦地から負傷して帰った沢村を解雇し、約束は守られなかった。また、3度も召集を受けたのは学歴が中等学校中退であったからという説をとれば、中等学校を中退しての巨人入りは沢村のその後の運命を左右してしまったと言える。沢村は巨人から解雇を告げられた際、さすがに気落ちし、父親に「大投手などと煽てられていい気になっていた、わしがあほやったんや」と語ったが、自分を責めるだけで正力や巨人に対する恨みごとは言わず、入営時には笑顔を見せていたという[8]。また、沢村の父親、賢治は、戦後のインタビューで、「栄治は中等学校中退だから。もし、卒業していたら、慶大に行っていたら、こんなに何度も(召集が)こなかった。すべては私のせいです。」と涙ながらに繰り返したという。[9]

靴底のスパイクがはっきり見えるほどに脚を高く蹴り上げる独特の投球フォームは、別所昭を始めその後の投手達が真似したりするなど、後世に影響を与えた。しかし、沢村の同僚であった前川八郎によれば、その特徴的なフォームはたまにしかやらなかったという。また、このフォームはカール・ハッベルを参考にして生み出されたと言う説がある。

米国遠征の折、人気者であった沢村は、サインを次々と書かなければならなくなり、次第に自身の名前を書くのに飽きてしまった。そのため、漢字の通じない米国人が相手ということもあり、当時の人気女優であった「田中絹代」の名前をたびたび書いていたという。また、酔っ払いからサインを強要されたときには、「馬鹿野郎」と書いたこともあったという。

「わしは、まっつぐ(まっすぐ)が好きや」を口癖にしており、妻にその言葉をよく言っていた。

1940年の暮れ、軍隊への入隊が近づいていた弟に、手紙で「人に負けるな。どんな仕事をしても勝て。しかし、堂々とだ。苦しい、そして誰にも言えない事はこの俺に言ってくれ。」と述べたという。

普段は無口な人柄であったが、1944年に娘が誕生した際には、大喜びしてはしゃぎまわった。その数ヶ月後、妻へ宛てられた最期の手紙には、「生きて帰れたらいい父親になる。」と書かれていたという。長女は愛媛県八幡浜市に在住。

戦後の巨人軍V9初期に主戦投手として活躍した中村稔三重県立宇治山田商業高等学校出身)は、「自分は『沢村とは親戚関係である』」ことを明かしている[10]

切手[編集]

現在までに沢村の切手が2度発行されている。まず1984年に日本プロ野球50周年[11]記念切手3種のうち、「投手」と題する切手が沢村である。公式には沢村と発表されていないが、“GIANTS”のユニフォームを着た独特のフォームの投手であるため、モデルが沢村と確認できる。次に2000年に発行された特殊切手「20世紀デザイン切手」の第8集で、沢村投手の切手とともにシートの余白には沢村の雄姿が大きく描かれている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1936 巨人 4 2 1 0 0 1 1 -- -- .500 73 17.0 16 1 5 -- 0 11 0 0 12 4 2.12 1.24
1936 15 10 10 3 0 13 2 -- -- .867 483 120.1 63 0 58 -- 2 112 0 1 24 14 1.05 1.01
1937 30 24 24 7 2 24 4 -- -- .857 938 244.0 138 2 68 -- 2 196 0 0 47 22 0.81 0.84
1937 20 17 12 3 1 9 6 -- -- .600 575 140.0 99 1 53 -- 1 129 3 0 50 37 2.38 1.09
1940 12 12 7 1 0 7 1 -- -- .875 325 79.1 44 1 47 -- 1 31 0 0 26 23 2.59 1.15
1941 20 18 11 6 2 9 5 -- -- .643 606 153.2 108 3 58 -- 2 73 2 0 37 35 2.05 1.08
1943 4 3 0 0 0 0 3 -- -- .000 63 11.0 17 0 12 -- 0 2 0 0 17 13 10.64 2.64
通算:5年 105 86 65 20 5 63 22 -- -- .741 3063 765.1 485 8 301 -- 8 554 5 1 213 148 1.74 1.03
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 14 (1934年 - 1937年、1940年 - 1941年、1943年)

関連情報[編集]

作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本プロ野球偉人伝 vol.1(1934→1940)ベースボールマガジン社P12
  2. ^ a b 別冊週刊ベースボール冬季号『さらば!南海ホークス』(ベースボールマガジン社、1988年)p.68。
  3. ^ 太平洋戦争時の喪失船舶明細表(汽船主体) (PDF) (35頁参照)によれば、1944年12月2日に航行していた輸送船沈没箇所は屋久島沖西方となっている。
  4. ^ 『日本商船隊戦時遭難史』(海上労働協会)によれば、当日に米軍潜水艦シーデビルに攻撃され撃沈した輸送船は「安芸川丸」(川崎汽船、6,895トン)および「はわい丸」(南洋海運、9,467トン)の2船と記録されており、このどちらかに乗船していたものと考えられる。
  5. ^ 記録のまま。曹長の誤りか
  6. ^ 同日付け官報号外第77号48ページ1段目の左から13人目。本籍地三重県・元陸軍関係の欄に、新字体の「沢村栄治」で掲載。戦前に受けていた勲八等(白色桐葉章瑞宝章かは不明)からの昇叙。
  7. ^ 永田陽一『東京ジャイアンツ北米大陸遠征記』(東方出版、2007年3月)。
  8. ^ 佐野眞一 『巨怪伝 正力松太郎と影武者たちの一世紀 上巻』文春文庫(2000年)
  9. ^ 日本プロ野球偉人伝 vol.1(1934→1940)ベースボールマガジン社 P13
  10. ^ 『川上哲治元監督を悼む』日刊ゲンダイ 2013年10月31日発行 35面での中村稔本人による寄稿より。
  11. ^ 大日本東京野球倶楽部の創設(これが日本初のプロ野球リーグ創設につながった)から数えての年数である。日本初のプロ野球チームは1920年創立の日本運動協会

関連項目[編集]