阿波野秀幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阿波野 秀幸
読売ジャイアンツ コーチ #72
Giants awano 72.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市旭区
生年月日 1964年7月28日(50歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1986年 ドラフト1位
初出場 1987年4月12日
最終出場 2000年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

阿波野 秀幸(あわの ひでゆき、1964年7月28日 - )は、神奈川県横浜市旭区出身の元プロ野球選手投手)。

2012年からは読売ジャイアンツの二軍投手コーチを務める。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

横浜市立鶴ヶ峯中学校時代、有名私立高校からの誘いを受けていたにもかかわらず、敢えて公立の桜丘高校を志望し、通いして文武両道を目指した。桜丘高校では3年夏の神奈川大会は4回戦で敗退。

高校卒業後は亜細亜大学に進学(同期にパンチ佐藤、1年後輩に与田剛がいる)。東都大学リーグで通算62試合登板32勝17敗、防御率1.83、282奪三振。最高殊勲選手に1度、最優秀投手に3度、ベストナインに3度選ばれた。4年生秋の9勝はリーグタイ記録。

1986年のドラフト会議で、読売ジャイアンツ横浜大洋ホエールズ近鉄バファローズの3球団が1位指名で競合。阿波野の意中球団は巨人か大洋と言われていたが、抽選の結果、交渉権確定のくじを引き当てたのは近鉄だった。この時、亜大ではドラフトの結果を待つ阿波野をテレビ中継しており、近鉄の当選が決まった瞬間、阿波野の落胆の表情と、周囲の在学生からの怒号の声が上がり騒然となった様子が画面に映し出された。結局、阿波野は「指名されたところに行く」と、近鉄への入団を受け入れた。阿波野を外した巨人は木田優夫、横浜は友利結を再指名で獲得。

近鉄時代[編集]

ルーキーイヤーの1987年に、15勝、両リーグ最多の201奪三振・249.2イニングを記録。同い年で、同じ1986年ドラフト1位でプロ入りの西崎幸広日本ハム)と熾烈な新人王争いを繰り広げた。阿波野は32試合登板で15勝12敗・防御率2.88、西崎は30試合登板で15勝7敗・防御率2.89と甲乙つけがたい成績を残したが、結果は大差がついて阿波野が新人王に選出された。両者は共に「トレンディエース」と呼ばれ、特に女性に高い人気を誇った。

1988年は、前年同様、エースとして14勝を挙げる。ナゴヤ球場でのオールスターゲーム第2戦先発し3回を被安打0自責点0奪三振3を記録。レギュラーシーズン優勝のかかったロッテとの川崎球場でのダブルヘッダー、いわゆる「10.19」に、両試合とも当時の抑え吉井理人の後を受け連投。この試合の2日前、阿波野は対阪急戦で完投しており疲労が残っていた。第1試合では9回、1点リードで二死満塁のピンチを迎えたが、森田芳彦を三振にしとめ、逃げ切った。このとき阿波野は帽子を鷲掴みにしてガッツポーズした。しかし、第2試合に1点リードの8回、高沢秀昭に痛恨の同点本塁打を打たれた。この後、ショックで記憶が飛び、なぜ捕手山下和彦のサインで指示された自分のストレートを信頼できなかったかと悔いが残ったという[1]

その後9回、無死一・二塁で古川慎一牽制球で刺した記憶もはっきりしていなかったというが、ここでロッテ監督の有藤道世が判定を巡り9分間にわたって抗議を続け試合は中断したことも影響して、第2試合は引き分けに終わり、近鉄は優勝を逃した。

10.19では苦い思いを味わったが、本来はロッテを得意としていた。この1988年4勝1敗、翌1989年4勝0敗の成績を残しており、通算でも近鉄時代の通算67勝のうち21勝をロッテから挙げている。

1989年は、前年の雪辱を特に意識して迎えたという。終盤、10月12日ダブルヘッダーの第2戦や優勝決定の場面などに登板した。10月12日について、阿波野は10.19でも負けていないことからダブルヘッダーと決まった時点で「よーし」となったと振り返っている。優勝決定の場面では、前年「10.19」での思いからストレートを続けたという[2]最多勝(19勝)、最多奪三振(183個)のタイトルを獲得し、近鉄の優勝に貢献。同年の日本シリーズでは第1戦・第5戦に先発し同い年の斎藤雅樹と2度も投げ合い、第1戦の完投勝利を含む15イニングを投げ、1勝1敗5失点。優秀選手に選ばれた。

1990年からボークのルールが変更され、その影響で当時近鉄と毎年激しい優勝争いを繰り広げていた西武監督の森祇晶、そして当時の三塁ベースコーチの伊原春樹は阿波野の牽制がボークではないかと執拗に抗議し、その結果として阿波野は本来のフォームを崩し、この年以降成績が下降線を辿るようになったとされる。[3]

西崎幸広と比べると、1987年から1990年までの合計勝利数はぴったり同じ58勝で、まさにライバルと呼ぶにふさわしい数字が残っている。この年の5月20日の対ロッテ戦で阿波野は勝利投手となり通算50勝に到達しているが、同日、西崎も対ダイエー戦において勝利投手となり同じく通算50勝となった[4]

監督の仰木彬は阿波野を信頼し続け、1991年には野茂英雄を抑えて阿波野を3年連続の開幕投手に抜擢している。また、仰木が近鉄の指揮を取った最後の試合の先発投手は阿波野であった。仰木によれば「一番投げさせてやりたい投手を使った」という。しかし、成績が上向くことはなかった。

1994年オフ、仰木の後任監督の鈴木啓示との確執もあり[要出典]、シーズンオフに香田勲男との交換トレード読売ジャイアンツに移籍(鈴木との確執は野茂英雄吉井理人などにも同様のエピソードがある)。

巨人時代[編集]

1995年からは中継ぎ投手として再起を目指した。1996年はシーズン終盤に1軍で好投。河野博文川口和久宮本和知達とレフティーズを結成し恩師仰木が監督を務めるオリックスとの日本シリーズでも登板する。

1997年シーズンオフに永池恭男との交換トレードで横浜ベイスターズに移籍。巨人での3年間は未勝利に終わった。

横浜時代[編集]

近鉄時代に投手コーチを努め阿波野の絶頂期を知る横浜監督権藤博が阿波野を積極的に起用。阿波野もその期待に答え移籍1年目の1998年は主に中継ぎとして50試合に登板するなど復活を果たし、「権藤再生工場」第1号と呼ばれた。日本一を決めた試合では勝利投手になっている。1999年8月3日広島東洋カープ戦で6年ぶりの先発勝利を記録している[5]

2000年10月に戦力外通告受け、現役を引退。ドラフトで競合1位指名を受けた3球団全てに在籍した。また、その3球団全てで優勝し、日本シリーズに出場を果たした。3球団からの日本シリーズ出場は最多タイ記録[6]であるが、ドラフト指名された全球団で出場したのは阿波野だけである。

現役引退後[編集]

2001年から2003年まで巨人の二軍投手コーチ、2004年から2005年まで巨人の一軍投手コーチ(2004年はブルペン、2005年はベンチ)、2006年は横浜の一軍投手コーチを歴任。

巨人の一軍投手コーチ時代にチーム防御率4.50、4.80と2年連続して球団のチーム防御率のワースト記録であったり、2005年はチーム防御率リーグ最下位でもあった。その投手陣の低迷が要因で2005年は8年ぶりのBクラスに低迷したり、横浜コーチ時代は前年横浜はチーム防御率2位だったが阿波野がコーチを務めた2006年はセ・リーグ唯一のチーム防御率4点台の4.25(チーム防御率リーグ最下位)と低迷しチームの最下位の要因の一つになった。また、巨人投手コーチを務めていた2005年に巨人OBで投手コーチも務めた中村稔に「私が見ている限り、投手コーチが選手に遠慮しています。あれではダメ。阿波野コーチが投手陣に信頼されていないのです。“あの人についていこう”とは思われていないのです。残念ながら阿波野コーチは、監督に言われて慌ててブルペンに電話したりと、やることが後手後手になることが多い。自分でゲームの流れを読んでいて監督にアドバイスするくらいじゃないと、監督の信頼は得られません」と批判されている。[要出典]2007年テレビ東京野球解説者に就任(札幌テレビスカイ・A sports+JSPORTSフジテレビONEプロ野球ニュース」にも本数契約で出演)。同年2月1日より住友金属鹿島硬式野球部の投手コーチに就任した。同部で、後に楽天に入団する井坂亮平、横浜に入団する加賀繁らを指導した。 山田久志とは、阿波野の両親がともに山田と同郷の能代市出身者だったこともあり、新人時代から親交が深かった。

2011年11月4日、二軍コーチとして巨人に復帰することが発表され[7]、11月19日に就任会見[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1987 近鉄 32 30 22 3 4 15 12 0 -- .556 1002 249.2 211 27 58 2 4 201 3 0 86 80 2.88 1.08
1988 29 27 15 3 0 14 12 1 -- .538 898 220.1 199 21 51 6 5 181 1 0 66 64 2.61 1.13
1989 29 28 21 5 0 19 8 1 -- .704 955 235.2 187 25 80 4 4 183 4 0 75 71 2.71 1.13
1990 25 24 10 0 1 10 11 1 -- .476 815 190.2 192 33 62 5 3 141 5 2 111 98 4.63 1.33
1991 13 6 0 0 0 2 2 1 -- .500 163 38.1 41 7 12 0 2 20 4 0 22 21 4.93 1.38
1992 19 16 2 0 0 6 6 0 -- .500 408 93.2 95 5 38 1 4 77 2 0 38 35 3.36 1.42
1993 22 4 0 0 0 1 3 0 -- .250 244 50.2 69 11 30 3 0 38 0 0 43 39 6.93 1.95
1994 6 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 58 10.1 22 2 6 1 0 9 1 0 14 14 12.19 2.71
1995 巨人 24 1 0 0 0 0 3 0 -- .000 139 29.1 33 2 19 2 2 26 2 0 19 14 4.30 1.77
1996 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 35 9.0 5 0 2 1 0 13 0 0 3 3 3.00 0.78
1997 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 1 0.0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- ----
1998 横浜 50 1 0 0 0 4 1 0 -- .800 237 54.0 50 6 22 1 4 44 3 2 29 28 4.67 1.33
1999 40 8 0 0 0 2 8 1 -- .200 295 62.2 79 10 24 0 6 41 1 0 49 44 6.32 1.64
2000 11 1 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 66 15.2 15 1 5 0 2 11 0 0 8 8 4.60 1.28
通算:14年 305 148 70 11 5 75 68 5 -- .524 5316 1260.0 1198 150 410 26 36 985 26 4 563 519 3.71 1.28
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

  • 最多勝:1回 (1989年)
  • 最多奪三振:2回 (1987年、1989年) ※パシフィック・リーグでは、1989年より表彰 タイトル表彰は1989年のみ

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録
  • 1000投球回:1992年8月19日、対千葉ロッテマリーンズ20回戦(千葉マリンスタジアム)、4回裏2死に達成 ※史上247人目
  • オールスターゲーム出場:4回 (1987年 - 1990年)
  • 日本シリーズ・3球団からの出場(1989年近鉄、1996年巨人、1998年横浜、シリーズタイ記録)
  • 日本シリーズ・両リーグ勝利投手(近鉄で1989年第1戦、横浜で1998年第6戦、史上2人目)

背番号[編集]

  • 14 (1987年 - 1994年)
  • 28 (1995年 - 1997年)
  • 49 (1998年 - 2000年)
  • 75 (2001年 - 2006年)
  • 72 (2012年 - )

関連情報[編集]

CM出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1988年10月19日 近鉄vs.ロッテ] 阿波野秀幸「ホームランの後の記憶がないんです」(『Number』626号より)
  2. ^ ベースボールマガジン2009年3月号52頁 -
  3. ^ 【4月22日】1990年(平2) 「ボークだ!」西武 仇敵近鉄・阿波野秀幸潰した
  4. ^ 【5月20日】1990年(平2)宿命の同期・阿波野秀幸と西崎幸広 50勝に同日到達スポーツニッポン
  5. ^ 2000 ベースボール・レコード・ブック 101頁 1999年度主要記録集「6年ぶりの先発勝利」より。1993年4月14日の千葉ロッテマリーンズ戦以来である。
  6. ^ 他には若生智男大毎阪神広島)、永尾泰憲ヤクルト・近鉄・阪神)、大宮龍男日本ハム中日・西武)、中尾孝義(中日・巨人・西武)、工藤公康(西武・ダイエー・巨人)、中嶋聡オリックス・西武・日本ハム)の6人
  7. ^ “巨人コーチに阿波野氏ら=プロ野球”. 朝日新聞. (2011年11月4日). http://www.asahi.com/sports/jiji/JJT201111040075.html 2011年11月19日閲覧。 
  8. ^ “【巨人】阿波野が7年ぶりコーチ復帰会見”. 日刊スポーツ. (2011年11月19日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20111119-865751.html 2011年11月19日閲覧。 
  9. ^ 『週刊ベースボール』1989年12月18日号

関連項目[編集]