上村愛子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上村 愛子
Aiko Uemura 2009.jpg
名前
愛称 アイコ
カタカナ ウエムラ アイコ
ラテン文字 Aiko UEMURA
基本情報
国籍 日本の旗 日本
種目 フリースタイルスキー・モーグル
所属 北野建設
生年月日 1979年12月9日(34歳)
生誕地 兵庫県伊丹市
居住地 長野県北安曇郡白馬村/東京都
身長 156㎝
体重 51㎏
ワールドカップ戦歴
デビュー年 1996-1997季
総合優勝 2007-2008季

上村 愛子(うえむら あいこ 1979年12月9日 - )は、日本の元モーグル選手。兵庫県伊丹市出身、長野県北安曇郡白馬村育ち。血液型AB型。2008年紫綬褒章受章者。JOCスポーツ賞特別貢献賞受賞者[1]。オリンピックでは5大会連続入賞を果たし日本人初のワールドカップ年間総合優勝を達成。2014年4月に引退[2]

来歴

幼少時代

1979年12月9日兵庫県伊丹市鴻池にて誕生。生後間もなく、先天性心室中隔欠損症であることが判明する。1981年、2歳のとき、両親のペンション経営開業にともない、長野県小県郡長和町エコーバレースキー場付近に転居し、同地で1982年、3歳からスキーを始める。1986年、両親が別物件のペンション経営を行うため、長野県北安曇郡白馬村に転居し、白馬村立白馬北小学校に進学、同地でアルペンスキーを始める。1992年白馬村立白馬中学校に進学し、スキー部に所属するも、入部早々にいじめを受け退部。個人的なアルペンスキーの練習を行うに留まる。

モーグル転向

1994年、白馬中学校2年生時にカナダウィスラーへ旅行した際、モーグルスキーブラッコム大会を観戦してロシアセルゲイ・シュプレツォフの滑走に感銘を受ける。また、同大会で、頭角を顕しつつあった「テディベア」の愛称を持つ里谷多英の滑走を観戦する。また、お気に入りのスキー板が盗まれ、代わりの板にと上村の実家のペンションで働いていたことがあった写真家の千安秀彦にモーグル用の板を勧められたこともあって[3]、この経験で帰国後アルペンスキーからモーグルへ転向する。長野オリンピックに向けての強化プロジェクトに係わっていた千安はモーグルの女子選手を探しており、スカウトされるような形にもなった[3]

1995年長野県立白馬高校に進学、スキー部に所属。自身2度目となる全日本選手権に参戦し3位入賞、全日本スキー連盟(SAJ)ナショナルチームメンバーに選抜される。

世界を転戦

1996年、ワールドカップ最終戦マイリンゲン大会に初出場、高校1年生で3位入賞という快挙を達成。同大会の男子優勝者は同じ日本代表の坂本豪大であり、モーグル競技における初の日本選手W杯優勝であると同時に、初の日本選手男女アベック表彰台となった。

1998年、18歳で初の五輪出場となる長野オリンピックでいきなり7位入賞を果たす(同女子モーグルの里谷多英が日本女子史上初の冬季五輪金メダルを獲得)。同年3月、白馬高校を卒業し北野建設に入社。社会人としての競技生活を開始する。18歳での五輪出場や整ったルックスなどの話題性もありメディアに多く取り上げられ、日本の代表的な冬季スポーツ選手の1人となる。

2002年、自身二度目となるソルトレイクシティオリンピックに出場。メダル獲得が期待されたが、わずかにエアの着地が乱れ、滑走のスピードも伸びずに6位入賞に留まった(里谷は冬季五輪2大会連続メダルとなる銅メダル獲得)。

2002年-2003年シーズンのレークプラシッド大会において、FISワールドカップ初優勝。2004年-2005年シーズンのヴォス大会において、ワールドカップ2勝目を挙げる。

2006年トリノオリンピックに三度目の出場。女子選手では稀な大技エア「コークスクリュー(空中で縦方向と横方向の両方に身体を回転させる、3Dエア)」を成功させるも、得点は伸びず5位入賞に終わった。難易度が高いエア技を成功させたにもかかわらず、メダルを獲得できなかった同大会終了後のインタビューにおいて、薄っすらと悔し涙を浮かべ、「一体どうすればオリンピックの表彰台に乗れるのかが…ナゾです…」とコメントした。

ヤンネ・ラハテラへ師事

2005年-2006年シーズンが明け、2006年からはヤンネ・ラハテラに師事。ラハテラは、採点配分の低いエアー技にこだわる上村を説き伏せ、ターン技術とスピードアップを求め、負傷に苦しんだ上村を励まして徹底した走法改善を施した。これにより、従来苦手としていた上村のターン技術が飛躍的に向上した。

2007年-2008年シーズン、リステルスキーファンタジア(猪苗代大会)におけるシングルモーグル競技にてFISワールドカップ通算3勝目を挙げ、続くマリアーンスケー・ラーズニェ大会に於いてもデュアルモーグル決勝で連勝して通算4勝目を挙げ、自身初のイエロービブ(種目別年間暫定総合1位の選手にのみ着用を許される黄色いゼッケンビブ)を与えられた。
そして迎えたオーレ大会ではシングル、デュアルの2連戦を連続制覇し、FISワールドカップ通算勝利数を6勝とすると同時に、最終戦を待たず日本人モーグル選手として初めてのFISワールドカップ年間総合女王の座を掴んだ
総合優勝を決めた後の最終戦のバルマレンコ大会のシングルモーグルでも優勝し、終盤だけで5連勝という快進撃でシーズンを締め括った。

2008年 - 2009年シーズンは、ワールドカップ総合優勝こそ成らなかったが、2009年フリースタイルスキー世界選手権リステルスキーファンタジア 猪苗代町日本の旗 日本)ではシングルモーグル並びにデュアルモーグルで優勝し、日本人選手初となる2冠王に輝いた。この活躍が認められ、第21回冬季オリンピックバンクーバー大会の代表選手に内定した。

結婚

2009年6月11日アルペンスキー選手の皆川賢太郎と結婚。結婚後も、競技試合登録上は従来どおり「上村」姓を名乗って出場することを公式に表明した。

バンクーバーオリンピック

2009 - 2010シーズンは、ワールドカップ初戦で2位と好スタートを切ったが、その後に好不調の波が押し寄せ、ワールドカップ前半戦未勝利のまま、4度目の五輪出場となるバンクーバーオリンピックに臨んだ。
2010年2月13日、女子モーグル競技に出場。予選で5位通過し、期待された決勝では4位入賞。冬季五輪で4大会連続入賞を成し遂げたが、又しても悲願の冬季五輪メダル獲得はならなかった。競技終了後のインタビューにおいては、全力を出し切ったことに対する満足感を述べつつも、メダル及び表彰台を逃した事については「何で、こんなに一段一段(7→6→5→4位)なんだろうと思いましたけど……」と無念な心情も吐露した[4][5]

ソチオリンピック

長期休養を経て2013年、ルカでのワールドカップ開幕戦で3位となり、世界選手権でも5位の好結果を残し、ソチオリンピック出場。2月6日の予選では21.01点で7位となり、一回で8日の決勝に進出した[6]。2月8日に行われた女子モーグル決勝(12名勝ち抜け)の1回目では20.43点を出して9位で通過、決勝2回目(6名勝ち抜け)は21.15点で6位となり際どく決勝3回目に進んだ。そして6人によるメダルを賭けての決勝3回目では1番スタートで20.66点を出して残り3人までトップをキープしたが、最後の3人に抜かれて4位に終わり、5度目の五輪でも悲願のメダルには届かなかった[7]。競技終了後のインタビューで「メダルは獲れなかったけど、すがすがしい気分。全力で滑れたことで点数見ずに泣いてました」と、目を潤ませながらも、笑顔を浮かべた[8] [9]。また、五輪出場はこれが最後となることも示唆した[10]

2014年4月1日に現役を引退[2]2014年7月15日に北野建設を退社した[11]

環境問題への貢献

2005年 - 2006年ごろから、地球温暖化による降雪不足を心配し始め、「上村愛子オフィシャルブログ」や「CO2減らそうリレーブログ」においても述べている通り、2007年3月、後に夫となる皆川賢太郎、スキー界の先輩で参議院議員の荻原健司と共に当時の若林正俊環境相を表敬訪問するなど、環境問題改善を目する社会活動を行っている。メディアでも取り上げられ、「スポーツビズ」、「全日本スキー連盟」のホームページにおいて紹介されている。

マテリアル

2008 - 09年使用。

主な成績

オリンピック

世界選手権・ワールドカップ

1995年 - 1996年シーズン 総合30位

ワールドカップ
  • マイリンゲン 3位 ※W杯デビュー戦

1996年 - 1997年シーズン 総合19位・デュアル28位

ワールドカップ
  • ラプラーニュ 11位
  • ラプラーニュ 17位 (デュアル)
  • トレンブラン 24位
  • レイクプラシッド 17位
  • ブラッコム 9位 (デュアル)
  • ブリッケンリッジ 10位
世界選手権大会

1997年 - 1998年シーズン 総合28位・デュアル29位

ワールドカップ
  • ティーニュ 17位 (デュアル)
  • トレンブラン 23位
  • ブラッコム 16位
  • フンドフィイェッレット 11位
  • フンドフィイェッレット 17位 (デュアル)

1998年 - 1999年シーズン 総合6位・デュアル22位

ワールドカップ
  • マウントトレンブラン 4位
  • スティームボート 9位 (デュアル)
  • ヘブンリーバレー 3位
  • ブラッコム 11位
  • ブラッコム 17位 (デュアル)
  • 猪苗代 7位
  • 斑尾高原 14位
世界選手権大会
  • マイリンゲン 23位
  • マイリンゲン 4位 (デュアル)

1999年 - 2000年シーズン 総合4位・デュアル5位

ワールドカップ
  • タンダダーレン 5位
  • タンダダーレン 2位 (デュアル)
  • ブラッコム 4位(デュアル)
  • マウントトレンブラン 2位
  • ヘブンリーバレー 4位
  • 斑尾高原 3位
  • 斑尾高原 5位(デュアル)
  • リビーニョ 4位
  • リビーニョ 7位(デュアル)

2000年 - 2001年シーズン 総合2位・デュアル4位

ワールドカップ
  • ティーニュ 2位
  • ディアバレー 18位
  • トレンブラン 10位
  • サンデーリバー 10位
  • 猪苗代 2位
  • 飯綱高原 3位
  • 飯綱高原 4位 (デュアル)
  • ヒモス 2位
世界選手権大会
  • ブラッコム 3位
  • ブラッコム 4位 (デュアル)

2001年 - 2002年シーズン 総合5位

ワールドカップ
  • ティーニュ 3位
  • スティームボート 22位
  • オーベルストドルフ 5位
  • セントラリー 8位
  • セントラリー 6位
  • レイクプラシッド 10位
  • 猪苗代 3位
  • 斑尾高原 15位
  • ルカ 5位

2002年 - 2003年シーズン 総合7位・デュアル5位

ワールドカップ
世界選手権大会
  • ディアバレーRNS 17位 (デュアル)
アジア大会

2003年 - 2004年シーズン 総合9位

※ 同年度よりランキングがシングル・デュアル合計ポイント制に移行
ワールドカップ
  • ルカ 9位
  • マドンナ・ディ・カンピリオ 7位
  • マドンナ・ディ・カンピリオ 8位
  • トレンブラン 20位
  • レイクプラシッド9位
  • ファーニー 15位 (デュアル)
  • ディアバレー 8位
  • ディァバレー 19位 (デュアル)
  • 猪苗代 4位
  • 猪苗代 5位 (デュアル)
  • 苗場 18位
  • シュピンドレルーフ・ムリーン 4位
  • アイロロ 14位
  • サウゼ・ドゥルクス 7位

2004年 - 2005年シーズン 総合7位

ワールドカップ
  • ティーニュ 8位
  • トレンブラン 16位
  • レイクプラシッド 14位
  • ファーニー 7位 (デュアル)
  • ディアバレー 11位
  • ディァバレー 5位 (デュアル)
  • 猪苗代 25位
  • 猪苗代 10位 (デュアル)
  • 苗場 4位
  • サウゼ・ドゥルクス 17位
  • ヴォス 優勝(2) ※エア技コークスクリューを決めての優勝
世界選手権大会
  • ルカ 4位
  • ルカ 3位 (デュアル)

2005年 - 2006年シーズン 総合19位

ワールドカップ
  • モンガブリエル 15位
  • ディアバレー 10位
  • ジサン 16位
  • 猪苗代 3位
  • アペックス 20位

2006年 - 2007年シーズン 総合24位

※ 負傷あり
ワールドカップ
  • 猪苗代 9位
  • アペックス 6位
世界選手権大会
  • マドンナ・ディ・カンピリオ 14位
  • マドンナ・ディ・カンピリオ 19位 (デュアル)

2007年 - 2008年シーズン 総合優勝

ワールドカップ

2008年 - 2009年シーズン 総合5位

ワールドカップ
  • 2008年12月18日 メルベル(フランス) 6位 (デュアル)
  • 2009年1月24日 モンガブリエル(カナダ) 優勝(8)
  • 2009年2月7日 サイプレスマウンテン(カナダ) 5位
  • 2009年2月13日 オーレ(スウェーデン) 3位
  • 2009年2月14日 オーレ(スウェーデン) 2位 (デュアル)
  • 2009年2月21日 ボス(ノルウェー) 優勝(9)
  • 2009年3月18日 La Plagne(フランス) 欠場 (デュアル)
世界選手権大会
  • 2009年3月7日 猪苗代 優勝(1)
  • 2009年3月8日 猪苗代 優勝(2) (デュアル)

2009年-2010年シーズン

ワールドカップ
  • 2009年12月11日 スオム(フィンランド) 2位 - 24.56P
  • 2009年12月12日 スオム(フィンランド) 24位 - 予選落ち
※降雪不良のため翌々週予定の第2戦メリベル(フランス)を中止・日程変更し、初戦スオム開催日を1日繰上げ、翌日スオム連戦にて第2戦を開催。
  • 2010年1月8日 カルガリー(カナダ) 14位 - 15.93P
  • 2010年1月9日 カルガリー(カナダ)2位 - 21.07P
  • 2010年1月14日 ディアバレー(アメリカ) 5位 - 23.93P
  • 2010年1月16日 ディアバレー(アメリカ) 24位 - 予選落ち
  • 2010年1月21日 レークプラシッド(アメリカ) 6位 - 23.92P
  • 2010年3月7日 猪苗代(日本) 優勝(10) - 23:00P
※濃霧による視界不良のため、3月6日の試合を中止し、3月7日に第8戦を一本のみ開催。

主なエア

  • コザック(〜99)
  • スプレッドイーグル(〜97)
  • ツイスター・スプレッド(〜02)
  • ダブルツイスター(〜97?)
  • ダフィー・ツイスター(〜97)
  • ダブルツイスター・スプレッド(00〜02)
  • バックスクラッチャー・コザック(98〜99)
  • アイアンクロス・コザック(00〜03)
  • バックスクラッチャー・ツイスター・スプレッド(02)
  • 360(ヘリコプター)(03〜)
  • 360 with アイアンクロス(04〜05)
  • 360テールグラブ(04)
  • コークスクリュー(オフアクシス720)(05〜)
  • アイアンクロス・バックフリップ (07〜)

ナレーション

CM出演

出版

  • スキーがうまくなるカラダのつくり方
  • 2U(トゥー・ユー)~SKIの神様と過ごした日々の記録2編 (DVD)
  • 夢が、かなう日―モーグルスキーヤー上村愛子物語
  • Smile! 笑顔が教えてくれたこと
  • 上村愛子と里谷多英―トリノ五輪モーグル応援BOOK
  • モーグルテクニック (DVD)
  • 上村愛子 (DVD)
  • 笑顔のゆくえ
  • I LOVE MOGUL (DVD)
  • だから、いつも笑顔で
  • モーグルピクシー (VHS)
  • 上村愛子のモーグル、まぢ、サイコー (VHS)
  • モーグルスーパーアイドル (VHS)

脚註

[ヘルプ]

外部リンク