ケント・ハドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケント・ハドリ
Kent Hadley
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アイダホ州ポカテッロ
生年月日 1934年12月17日
没年月日 2005年3月10日(満70歳没)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1956年 アマチュアFA
初出場 MLB / 1958年9月14日
NPB / 1962年5月1日
最終出場 MLB / 1960年8月21日
NPB / 1967年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ケント・ウィリアム・ハドリKent William Hadley, 1934年12月17日 - 2005年3月10日)は、アメリカ合衆国アイダホ州ポカテッロ出身のプロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

1956年デトロイト・タイガースと契約するが、メジャー昇格のないまま1957年11月20日にカンザスシティ・アスレチックスにトレード移籍。アスレチックスで1958年9月14日にメジャーデビュー。1959年は113試合に出場するものの、同年12月11日にニューヨーク・ヤンキースにトレード移籍。1960年は55試合と出場機会が減少し、1961年シカゴ・ホワイトソックスに移籍するものの、ホワイトソックスではメジャーでの出場機会がなかった。

1962年日本プロ野球(NPB)の南海ホークスに入団。メジャー経験もある打者として期待された[1]。同年5月1日の対西鉄戦でいきなりNPBでの初打席本塁打を放った[2]。その後も自慢の長打力を発揮し、1963年には打率.295、30本塁打、84打点の成績を残し、この年のオールスターゲームにも選ばれている[1]。翌年からも2年連続で本塁打を29本放ち(後に外国人選手として初めて通算100本塁打をマーク)[1]、「ケンちゃん」の愛称で南海の主力として活躍した[1]1967年に退団。

特に1966年の日本シリーズでは南海の1勝3敗で迎えた第5戦(大阪球場)で、延長14回表に巨人に勝ち越しを許すものの、その裏にハドリが逆転サヨナラ2ランホームランを放ち、南海が一矢を報いて意地を見せた。本人も日本を去る際、問われて日本で一番記憶に残るプレーにこのホームランを挙げた。なお1964年の日本シリーズ第4戦(対阪神タイガース)でもサヨナラホームランを放っており、日本シリーズで2本のサヨナラホームランは2013年現在でもシリーズ記録である。帰国後はアイダホ州ポテカロで保険会社の重役となり、日本から記者が取材に行くと、地元の新聞社が駆けつけるほどであった[3]

2005年3月10日に、生まれ故郷であるアイダホ州にて70歳で死去。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1958 KCA 3 11 11 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .182 .182 .182 .364
1959 113 318 288 40 73 11 1 10 116 39 1 2 2 3 24 0 1 74 6 .253 .310 .403 .713
1960 NYY 55 70 64 8 13 2 0 4 27 11 0 0 0 0 6 0 0 19 1 .203 .271 .422 .693
1962 南海 110 435 413 39 110 20 4 11 171 56 4 3 2 2 15 2 3 68 8 .266 .296 .414 .710
1963 137 560 518 67 153 25 0 30 268 84 1 3 3 2 36 4 1 97 11 .295 .341 .517 .858
1964 149 582 525 63 138 18 2 29 247 70 3 3 2 3 50 1 2 99 6 .263 .328 .470 .798
1965 131 500 470 67 112 17 3 29 222 86 0 0 0 5 23 2 2 77 10 .238 .274 .472 .746
1966 127 487 438 44 122 16 1 18 194 53 3 1 4 3 36 1 6 89 9 .279 .340 .443 .782
1967 127 464 431 39 92 13 0 14 147 47 4 2 1 1 31 1 0 98 10 .213 .266 .341 .607
MLB:3年 171 399 363 49 88 13 1 14 145 50 1 2 2 3 30 0 1 97 7 .242 .300 .399 .699
NPB:6年 781 3028 2795 319 727 109 10 131 1249 396 15 12 12 16 191 11 14 528 54 .260 .309 .447 .756

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

MLB
NPB
  • 1試合2イニング連続:1964年4月12日、対近鉄バファローズ戦(大阪球場)。4回無死と5回2死から。2イニング連続は日本プロ野球史上初
  • シーズンアベック本塁打5回:1964年8月26日、対近鉄バファローズ戦(大阪球場)、2回無死から。当時の日本プロ野球記録

背番号[編集]

  • 18 (1958年 - 1959年)
  • 25 (1960年)
  • 4 (1962年 - 1967年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 南海ホークス栄光の歴史 1938-1988、ベースボール・マガジン社、2012年、P67
  2. ^ HAWKS the 70th―ホークス栄光の軌跡、ベースボール・マガジン社、2008年、P82
  3. ^ 野球小僧remix プロ野球[外国人選手]大事典、白夜書房、2011年、P127
  4. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」P422

関連項目[編集]

外部リンク[編集]