キップ・グロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キップ・グロス
Kip Lee Gross
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ネブラスカ州
生年月日 1964年8月24日(50歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1986年 MLBドラフト4巡目
初出場 MLB / 1990年4月21日
NPB / 1994年5月26日
最終出場 MLB / 2000年5月29日
NPB / 1998年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

キップ・グロスKip Lee Gross, 1964年8月24日 - )は、アメリカ合衆国ネブラスカ州出身の元プロ野球選手投手)。

日本では日本ハムファイターズに5シーズン在籍。

来歴・人物[編集]

1994年、開幕早々に解雇となったフランク・カンポスの代わりに日本ハムへシーズン途中入団。同年5月26日千葉ロッテマリーンズ戦で初登板、6月14日福岡ダイエーホークス戦で初勝利。この年は6勝12敗、防御率4.29と振るわなかったが、残留となった。

1995年に16勝(13敗)、1996年に17勝を挙げ、2年連続でパ・リーグ最多勝利のタイトルを獲得(後述)。防御率も3点台で安定しており、当時のパ・リーグを代表する投手であった。1996年のオールスターゲームに出場し第1戦で勝利投手。1997年にも13勝を挙げ3年連続2桁勝利を達成した。95年に近鉄から移籍してきた山下和彦との相性がよく96年はグロスが先発時はほぼ山下がマスクを被っていた。

1998年、シーズン前に故障のため一時帰国し、手術。その後チームに戻って終盤に3勝を挙げるが、シーズン終了後に解雇された。翌1999年、ボストン・レッドソックスでメジャー復帰を果たしている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1990 CIN 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 25 6.1 6 0 2 0 0 3 0 0 3 3 4.26 1.26
1991 29 9 1 0 0 6 4 0 -- .600 381 85.2 93 8 40 2 0 40 5 1 43 33 3.47 1.55
1992 LAD 16 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 109 23.2 32 1 10 1 0 14 1 1 14 11 4.18 1.77
1993 10 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 59 15.0 13 0 4 0 0 12 0 0 1 1 0.60 1.13
1994 日本ハム 25 21 7 0 1 6 12 0 -- .333 641 149.0 169 14 56 4 2 62 11 1 74 71 4.29 1.51
1995 31 31 15 5 4 16 13 0 -- .552 952 231.0 219 12 59 2 12 114 3 0 92 78 3.04 1.20
1996 28 28 8 1 0 17 9 0 -- .654 827 193.2 201 18 53 3 9 79 9 1 92 78 3.62 1.31
1997 33 33 8 3 0 13 11 0 -- .542 975 233.1 235 18 69 10 9 98 9 0 103 94 3.63 1.30
1998 7 7 1 0 0 3 4 0 -- .429 154 36.1 30 1 15 0 4 11 0 3 18 16 3.96 1.24
1999 BOS 11 1 0 0 0 0 2 0 0 .000 64 12.2 15 3 8 2 3 9 1 0 11 11 7.82 1.82
2000 HOU 2 1 0 0 0 0 1 0 1 .000 23 4.1 9 2 2 0 0 3 0 0 8 5 10.38 2.54
MLB:6年 73 12 1 0 0 7 8 0 1 .467 661 147.2 168 14 66 5 3 81 7 2 80 64 3.90 1.58
NPB:5年 124 120 39 9 5 55 49 0 -- .529 3549 843.1 854 63 252 19 36 364 32 5 379 337 3.60 1.31
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

NPB
  • 最多勝:2回 (1995年、1996年)
    • パシフィック・リーグ初の外国人投手最多勝利(1995年):外国人投手の最多勝利は、1964年のジーン・バッキー以来31年ぶり
    • 外国人投手初の2年連続最多勝利(1995年・1996年):2リーグ制導入以降、外国人投手の2年連続最多勝利はパ・リーグではグロスのみ(セ・リーグでは2007年・2008年にセス・グライシンガーが2年連続最多勝)

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 59 (1990年 - 1991年)
  • 36 (1991年)
  • 57 (1992年 - 1993年)
  • 60 (1994年 - 1998年)
  • 27 (1999年)
  • 56 (2000年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]