石井貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石井 貴
Ishii takashi.JPG
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県綾瀬市
生年月日 1971年8月25日(42歳)
身長
体重
180 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1993年 ドラフト1位
初出場 1994年6月7日
最終出場 2007年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

石井 貴(いしい たかし、1971年8月25日 - )は、日本の元プロ野球選手投手)、野球指導者。

現役時代は気合を前面に押し出したピッチングで知られ、西武ライオンズの投手陣のリーダー格的存在だった。文化放送文化放送ライオンズナイター』では、石井を「投げる金剛力士像」と称していた[1][2]。現役引退後は2013年まで西武の投手コーチを務めた。

兄・章夫慶大時代の1986年横浜大洋ホエールズからドラフト指名(2位)を受けたが、入団を拒否している(その後東京ガスで捕手・監督を務めた)。また、父親の姉の夫は心理学者小野直広東北福祉大学教授)。

経歴[編集]

神奈川県綾瀬市出身。幼少時は巨人ファンだった[2]。少年時代からカーブが苦手でスライダーを投げていた[3]藤嶺学園藤沢高等学校から社会人野球三菱重工横浜を経て、1993年のドラフト会議西武ライオンズから1位指名を受け、入団。背番号14

入団当時から速球が注目され、即戦力との期待が高かった。しかし制球力が低く、2年目までは活躍しなかった。

3年目の1996年、制球力が向上し、140km/hを超えるシュートが活きるようになり、この年から一軍に定着することになる。

1997年、中継ぎ・抑えとして活躍し、59試合に登板、10勝8敗9セーブ。先発としても2試合起用され、プロ初完封を達成した。なお、この頃から右肩に違和感を覚えるようになっていた[4]

1998年、本格的に先発転向し先発ローテーションに定着した。ボークが7個と多発したが、先発転向一年目で9勝を挙げた。この時期ボークが多いが、これはセットポジションの際、投球動作を完全に静止させないことが多かったからである。後に修正した(下表を参照)。

その後も先発ローテーションを守り、1999年2000年と2年連続で2桁勝利(13勝・10勝)を記録。完投は少なかったが、2年間で完封を3度記録した。2000年まで、福岡ダイエーホークスは西武の投手陣(石井、西口文也豊田清ら)を大の苦手としており、石井もダイエー相手に3年越しの連勝記録を更新していてダイエーをカモとしていた。この年の5月に行われた福岡ドームでの試合で、秋山幸二が打ったピッチャー返しの打球が顔面へ直撃し、石井は倒れこみ、のた打ち回った。このときこめかみあたりから出血していた。

背番号21の石井
2007年9月28日、西武ドーム

2001年は不調に陥り5勝どまりに終わったが、背番号を21に変更して臨んだ翌2002年に持ち直して8勝を挙げた。

2003年2004年の2シーズンは右肩痛に苦しみ、それぞれシーズン1勝ずつしか挙げられなかった。

2004年、プレーオフでは、第2ステージ第5戦で1点リードの10回裏に登板し、無失点に抑えてリーグ優勝をもたらし、胴上げ投手となった。同年の日本シリーズでは第1戦と第7戦に先発、中日打線を2戦合計13イニングを無失点に抑え、ともに勝利投手となり日本シリーズMVPに輝いた。日本シリーズでの勝利数がレギュラーシーズンの勝利数を上回った投手は史上初めてである。右肩を痛めて以降ストレートの球速は140km/h前後だったが、この時は150km/h出たという[3]。また、日本シリーズMVPの副賞であるトヨタ・クラウンは母親にプレゼントしている[3]

2005年、前年終盤の活躍により復活が期待されたが、7試合で防御率8点台に終わる。この年FA権を取得したが、行使せずに西武残留の意思を示している。このことについて石井は、逆指名で西武に入ったのだから生涯西武を貫くという趣旨の発言を2006年にしている。

2006年、春季キャンプで佐々木主浩からフォークボールを伝授されると、「今まで教わってきたことと全てが違っていた」と口にするほどの手応えでこの球種を習得。森慎二豊田清が抜けリリーフ陣が苦しくなった事情もあり、9年ぶりにリリーフに転向。それまでのように速球で押すピッチングではなく、新球種フォークを武器にした新しい投球スタイルで開幕から11試合連続無失点を記録した。開幕から中継ぎ(主に8回)を任されるようになり、最終的にチームトップでリーグ3位の23ホールドを挙げた。同年8月1日ロッテ戦にて1球勝利を達成。

引退試合のスコアボード
2007年9月28日、西武ドームにて
ファンからの声援に応える石井
(2007年9月28日、西武ドーム

2007年、開幕二軍でスタート。二軍で防御率0点台と安定感を誇ったが、直球の球威が思うように戻らず一軍では防御率7点台に終わった。同年9月26日、2007年シーズン限りで現役を引退することを表明。「理想の投球ができなくなった。悔しいけど、体力の限界に至った」と理由を語った。同年9月28日、本拠地最終戦となる日本ハム戦で9回に登板し、先頭打者の田中賢介を全て直球で3球三振に退け、14年に渡るプロ生活に有終の美を飾った。試合後の引退セレモニーでは「もう私の肩は上がりません」「一生懸命、投げてきました」と涙ながらにコメントし、チームメイトから胴上げされた。なお10月30日付で任意引退が公示された。

2008年から西武の二軍投手コーチに就任。2012年からは一軍投手コーチを担当している。コーチとして投手を指導する際、自分が得意だった球種を教えるより、自分が投げられない球種に関して、他人から聞いたコツを教えるほうが得意であると発言している[3]2013年はチーム救援防御率リーグ最下位、勝負どころの8月に投手陣が防御率5.23と崩れた[5]。同年10月22日に球団に退団を申し入れ、了承された事が発表された[6]

プレースタイル[編集]

1998年以降先発投手を務めることが増えたが、本人はリリーフのほうが向いていると感じていた[4]

金村義明は「球は速かったが、リリースポイントが見やすかった」、大塚光二は「スライダーを投げる時は顔の表情でわかった」と現役時代の石井について発言している[7]。本人も左肩の開きが早くリリースポイントが見やすいフォームだったと認めている。ただし、右肩の痛みのためフォームを変更(本人曰く柔道一本背負いのようなフォーム)している[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1994 西武 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 35 6.2 14 1 5 0 0 2 0 0 13 12 16.20 2.85
1995 17 7 0 0 0 2 2 0 -- .500 284 67.0 76 5 22 1 1 34 1 0 30 30 4.03 1.46
1996 35 7 0 0 0 3 6 4 -- .333 414 95.1 100 4 39 0 3 74 4 0 41 31 2.93 1.46
1997 59 2 1 1 0 10 8 9 -- .556 443 102.1 113 7 35 4 1 68 1 2 46 41 3.61 1.45
1998 30 19 1 0 0 9 3 0 -- .750 616 145.0 143 10 44 2 7 98 1 7 59 53 3.29 1.29
1999 26 26 4 1 2 13 8 0 -- .619 743 178.2 177 16 43 3 1 108 4 4 62 61 3.07 1.23
2000 25 23 2 2 0 10 7 0 -- .588 588 135.2 148 9 39 0 4 80 1 2 68 65 4.31 1.38
2001 23 15 2 0 0 5 9 0 -- .357 402 91.0 96 7 39 0 3 42 2 0 44 38 3.76 1.48
2002 22 19 2 0 1 8 3 0 -- .727 553 130.1 134 7 36 0 6 73 3 0 45 45 3.11 1.30
2003 6 6 1 0 0 1 2 0 -- .333 175 40.1 45 4 8 0 3 22 0 0 20 19 4.24 1.31
2004 14 14 0 0 0 1 5 0 -- .167 321 69.2 82 6 28 0 5 35 1 2 49 36 4.65 1.58
2005 7 6 0 0 0 2 4 0 0 .333 134 28.0 42 4 11 0 1 8 0 1 27 25 8.04 1.89
2006 46 0 0 0 0 4 1 0 23 .800 164 38.2 39 4 8 1 0 22 2 0 17 15 3.49 1.22
2007 8 0 0 0 0 0 0 0 3 ---- 37 7.1 10 0 4 0 1 5 0 0 6 6 7.36 1.91
通算:14年 321 144 13 4 3 68 58 13 26 .540 4909 1136.0 1219 84 361 11 36 671 20 18 527 477 3.78 1.39
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 14 (1994年 - 2001年)
  • 21 (2002年 - 2007年)
  • 97 (2008年 - 2013年)

脚注[編集]

  1. ^ 名づけたのは斉藤一美アナウンサー。コーチの杉本正が「いいときの石井は両手を腰に当ててサインを見ている」とコメントしたことから、サインを見ている石井の姿を注視していたことから思いついたのだという。文化放送『ライオンズ 魂の軌跡』2012年6月19日放送分で本人を前にして発言。
  2. ^ a b 文化放送『ライオンズ 魂の軌跡』2012年6月19日放送分インタビュー音源 その1(Podcast QR)
  3. ^ a b c d 文化放送『ライオンズ 魂の軌跡』2012年6月19日放送分インタビュー音源 その3(Podcast QR)
  4. ^ a b c 文化放送『ライオンズ 魂の軌跡』2012年6月19日放送分インタビュー音源 その2(Podcast QR)
  5. ^ 西武 石井貴投手コーチが急転辞任 8月投手陣不振の責任取り Sponichi Annex 2013年10月19日
  6. ^ 埼玉西武ライオンズコーチ来季契約について西武球団公式サイト2013年10月22日配信
  7. ^ ガンバレ日本プロ野球!?」07-08シーズンより。その場面の動画

関連項目[編集]