村田兆治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
村田 兆治 (村田 長次)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県豊田郡本郷町(現:三原市
生年月日 1949年11月27日(64歳)
身長
体重
181 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1967年 ドラフト1位
初出場 1968年10月8日
最終出場 1990年10月13日(引退試合)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2005年
選出方法 競技者表彰


村田 兆治(むらた ちょうじ、本名:村田 長次(読み同じ)、1949年11月27日 - )は広島県出身の元プロ野球選手投手)・野球指導者・野球解説者

現役時代はロッテオリオンズで活躍。そのダイナミックな投球フォームは「マサカリ投法」と呼ばれた。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

プロ野球選手を志したのは小学5年のとき、父に連れられて広島市民球場ナイターを観戦しに行ったことがきっかけだった。初めて生で見るプロの試合に鳥肌が立つほど興奮し、それ以来、プロ野球選手以外の将来は考えられなくなったという。

速くて球質が重い、いわゆる剛のつく速球は天賦の才と言ってよく、進学した福山電波工業高校(現:近畿大学附属広島高等学校福山校)時代から、スピードガンがあればその球速は既に152、153 km/hをマークしていただろうと言われ[1]、県内でも屈指のピッチャーとして有名だった(ただし2年生時までは浅野啓司の控えであった)。しかし、当時の広島県には三村敏之山本和行らを擁する広島商や、1967年夏の甲子園準優勝を果たした広陵など強豪がひしめいており、甲子園出場の悲願は叶わなかった。

現役時代[編集]

1967年のドラフト1位で東京オリオンズに入団。背番号はエースナンバーの「18」を希望するも、叶わず「29」となった。この「29」番が後に彼の代名詞となる。

1年目の1968年は振るわなかった。当時はドラフト1位の契約金を持て余し、パチンコ麻雀など遊びに明け暮れていた。そんなある日、徹夜の麻雀を終えて独身寮に朝帰りして来た時、日課のロードワークに出発しようとしていた小山正明と鉢合わせになる。その時既にベテランだった小山が、若手の自分よりも遥かに厳しい練習を自分に課していることに衝撃を受け、そのまま逃げるように自分の部屋に帰ってしまった。その後、練習中に小山に謝りに行ったところ、「お前ほどの才能がありながら、それを無駄にするのはさびしくないか」と諭された。球界を代表する大投手からの叱咤激励に感激した村田は、以降別人のように練習に打ち込むようになったという。村田の若手時代のロッテには小山以外にも成田文男木樽正明坂井勝二金田留広と名投手がおり、村田は彼らから投球術を学んでいった。また、打撃の練習に対して非常に厳しい姿勢を見せていた榎本喜八にも、プロ野球選手として影響を受けた。

球団名がロッテとなった2年目の1969年に頭角を現し、6勝(そのうち5勝は完封)を挙げる。1970年にはリーグ優勝を経験。1971年金田正一監督のアドバイスを元に投球フォームを大幅に改造し、後に彼の代名詞となる「マサカリ投法」の原型を編み出す。同年は12勝を挙げて先発ローテーションの一角に食い込み、1974年のロッテ日本一の際にも大車輪の活躍を見せた。日本シリーズでは胴上げ投手になった。

1976年にはフォークボールを習得する。人並み外れた長い指が生み出す切れ味鋭い変化は、ことごとく打者のバットに空を切らせた。同年シーズンは257回を投げて21勝を挙げると同時に、防御率1.82で最優秀防御率と202奪三振で最多奪三振のタイトルを獲得。捕手に頼らず「ノーサイン」で自分で投球を組み立てていたため、同年から1979年まで4年連続で2桁暴投を記録した。1979年は32試合に先発して自己最多の21完投・230奪三振を残す。1981年には開幕11連勝を飾り、19勝で最多勝のタイトルも獲得し、鈴木啓示山田久志東尾修らと共に1970年代から1980年代のパ・リーグを代表する投手となった。

しかし、1982年に肘を故障。様々な治療法に取り組む傍ら、宮本武蔵の「五輪書」を愛読し、和歌山県白浜町のお水場・十九渕で座禅を組み、深夜白衣を纏い滝に打たれるといった荒行も行っていた。また同年オフには一向に人気が向上しないロッテに対する不満からセ・リーグの人気球団である阪神への移籍を志願したものの交換要員が決まらずロッテに残留した[2]

1983年も一向に肘の症状が改善されないため、渡米しスポーツ医学の権威であるフランク・ジョーブの執刀の下、左腕の腱を右肘に移植する手術トミー・ジョン手術)を受けた。以降2年間をリハビリに費やし、1984年シーズン終盤に復帰する。

1985年、開幕から11連勝を挙げるという鮮烈な復活劇を見せ、最終的に17勝5敗の成績でカムバック賞を受賞。前年に続くロッテのリーグ2位に貢献した。この年の開幕からの11連戦11連勝記録はプロ野球記録である[3]。同年から、中6日で日曜日のみに登板する先発ローテーションを取るようになったため、「サンデー兆治」とも呼ばれるようになった。また、日本球界では長年、投手の肘にメスを入れることはタブーとされていたが、村田の復活によって有効な治療法として認識されることになった[4][5]

1989年5月13日、対日本ハム戦(山形県野球場)で通算200勝を達成。200勝に王手をかけていた4月16日の対近鉄戦(川崎球場)では延長11回を投げ切りながら敗戦投手になったが、その試合を日本テレビが試合終了まで中継し、本来「笑点」が放送される17:20 - 17:39の時間帯の視聴率はその日の夜の巨人-大洋戦を上回る22.4%(関東地区)を記録した(全体では10.9%)[6]。同年、39歳にして3回目の最優秀防御率のタイトルを獲得する。 翌1990年、10勝をマークし、10度目の二桁勝利を挙げる。若林忠志以来、史上2人目となる40歳代での二桁勝利を記録し、同年に現役引退

「人生先発完投」を座右の銘とし、先発完投にこだわった武骨な野球人生は「昭和生まれの明治男」と呼ばれた。

終生のライバルは門田博光。若い頃から自信を持って投げることができた球は打たれることが無かった。しかし、完璧と思ったスライダーを門田にサヨナラ本塁打されてショックを受けた。それから門田を相手にスライダーを1球も使わずストレートを磨くようになった。一方の門田はストレートに負けないよう鉄球を打つトレーニングに励み、それを聞いた村田はさらにストレートに磨きをかけるよう鍛錬を続けたという[7]

引退後[編集]

引退後はNHK日刊スポーツ野球解説者となり、その後は1995年から1997年まで福岡ダイエーホークスの投手コーチを務めた。ただし、このコーチ在籍中に心筋梗塞を患ったため、以後コーチ業には就いていない。現在は評論家としての活動の他に、全国各地(特に島嶼部)を回って少年野球の指導にあたる一方、プロ野球マスターズリーグの東京ドリームスにも参加している。

1992年、小学5年生向けの道徳の教材に「逆境を克服した生き方」の教材として、村田が右肘手術からの復活した時の様子が取り上げられた。

マスターズリーグなどにおいても、いまだに球速140km/hに届くストレートと落差20cmのフォークボールを披露し、ファンの度肝を抜いている。これについて村田は、子供たちに本物のプロのボールを見せて「プロって凄いんだ」と思ってほしいためだと語っている。テレビ番組「ナンだ!?」では、小学生と真剣勝負をしたり、古田敦也(当時ヤクルト選手兼任監督)を打席に立たせて勝負したり(その古田をして「うちのチームに欲しい」と言わしめた)と、その豪腕は衰えることを知らない。ただし記者から「今でも1イニングだけならプロでも通用するんじゃないですか?」と言われた時には「俺は先発しかやらねぇんだ!」と返答している。本人は「マスターズリーグで140km/hが出せなくなったら、もうボールを握るのは止める」と公言している。「村田の登板」はマスターズリーグ名物となっており、村田が降板すると観客も帰り支度を始める光景が見られた。

2007年5月26日のセ・パ交流戦、ロッテ対横浜戦で始球式投手を務める。この時の球速は135km/hを記録したが、これはこの試合の先発を務めた渡辺俊介の全投球よりも速いものだった。2010年1月2日に東京ドームで行われた「プロ野球OBオールスター・アスリートカップ セ・パ対抗戦」に登板。この日の約1か月前に60歳を迎えたばかりだったが、球速132km/hを記録した。

現役を引退しておよそ20年、60歳を越えてなお、毎日スポーツジムに通っては「超人トレーニング」[8] と呼ばれる激しいトレーニングを行っている。内容は、腕立て伏せを500回、腹筋・背筋運動を1000回ずつ、マシンによるトレーニングの他、更にダンベルを右手人差し指と中指に挟むフォークボールの形に握って上下させるというもので、それをゆっくり時間をかけながらではなく、猛烈なスピードで一気に行う。マスターズリーグで一緒になった後輩の宮本和知らは、初めて村田のトレーニングを見て驚愕したと語っている。また非常に柔軟な体を保ち続けており、2009年のモルツ・ドリームマッチでピッチングを終えた後の宮本によるインタビューで「ピッチャーに大切なのは股関節(の柔らかさ)」と言い、開脚して前屈で胸を床につける姿を披露しており、筋肉トレーニングだけでなく柔軟体操も毎日行っている。

2005年野球殿堂入り。

2005年3月、日本プロ野球OB13人と共に長崎県対馬市に「対馬まさかりドリームス」を設立し、投手兼監督に就任した。チーム名の「まさかり」はもちろん、現役時代に付いた異名に由来している。このチームを率いて全国(特に離島)の少年野球チームを回り、少年野球の指導をしている。指導では必ずチームに所属する小学生バッターと村田の一騎打ち対決を行っている(村田も本気でフォークボールなどを放っている)。引退後のライフワークとして、全国の離島を回って少年野球教室を開催している理由は、「日本にある有人離島の数が、自分の通算勝利数(215勝)と同じ数くらい存在するから」だと著作やインタビューなどで語っている。また2007年から開催されている全国離島交流中学生野球大会(通称「離島甲子園」)を提唱している。この大会も村田の活動がきっかけで生まれたものでもあった。

2013年8月30日のロッテ対日本ハム戦で始球式に登板し、球速は63歳にして135km/hを記録した。

プレースタイル[編集]

村田の代名詞であるフォークボールについて、元阪急ブレーブス山田久志は「昔、うちの打者に『次、フォーク』と予告して、実際にフォークを投げ空振りさせた」と語り、また元南海ホークス野村克也は「村田のフォークボールの癖はすぐ分かったけど(野村によれば、村田がフォークボールを投げるときはモーションに入る前にグラブの中をちらと覗いていたという)、分かっていても打てなかった」と語るなど、その威力に関するエピソードは数知れない。杉下茂も「私は、日本人の投げるフォークボールは厳密にはSFFが大半だと思うが、村田君は間違いなく『本物のフォークボール』を投げていた」と述べている。

入団当時のオリオンズ監督だった濃人渉は、同じ広島県出身の村田を大変可愛がったが、速球の威力が落ちることを恐れ、フォークボールの練習だけは禁止していた。しかし村田は、濃人の目を盗んではフォークボールの練習を続けていた。たまたまその様子を濃人に見つかったこともあったが、「今投げたのは何だ?」と聞かれると「カーブです」ととぼけていたという。その頃の村田のフォークボールはコントロールが悪く、使いものにならなかった[9]。そこで、当時のフォークの名手・村山実に教えを請うたところ、「24時間ボールを握る」というアドバイスをされ、実践した[10]。指にボールを挟んだまま縄でくくりつけて眠ることで、フォークの握りを体に覚えさせようとしたのである。しかし、あまりの激痛に就寝どころではなくなり、結局一度試しただけで二度とやらなかったという。
また、フォークボールの握りを深くしようとするあまり、人差し指と中指の間にナイフで切り込みを入れたこともある。習得後も、右手の中指と人差し指の間に牛乳瓶や特注の鉄の球を挟んだり、ドアを開けるときもノブを中指と人差し指で挟んで開けるなど、日々のトレーニングを欠かさなかった。夫人によれば、村田が中指と人差し指でビール瓶をはさむと、夫人が引っ張っても抜けないという。

通算暴投数148は日本記録で、2位(石井一久、115)を30個以上も引き離している。これほどの暴投数を記録した要因は、村田のフォークボールが非常に鋭いものであったのもさることながら、捕手とサインを交わさず自分で投球を組み立てていたため、いつフォークボールが投げられるか捕手に予測しきれなかったことが一番大きいという。村田自身は、これほどの暴投数にもかかわらず暴投による失点が非常に少ないため、この記録に大変誇りを持っているという。

独特の投球フォームは溜めが長いためか握りが確認されやすかったようで、相手チームの三塁コーチが村田の握りを見て、指でボールを挟んでいた時は口笛を吹いてバッターに知らせることで、打者に狙い打たれたことがあったという(南海のドン・ブレイザーなど)。しかし、それに気づいた村田は投球モーション中に直球からフォーク、フォークから直球へと握りを自在に変える投法を編み出し、口笛作戦を封じている。

先発ローテーション投手としての起用が多かったが、速球とフォークボールを生かすため、監督の金田正一の意向で2度ほどリリーフ陣に回ったこともある。選手生活末期にも1度リリーフに回り、その後再度先発に戻ったが、本人はこれについて「あれは僕の主義主張よりも、太ももなど下半身が登板間隔の短いリリーフにはついてこなかったから戻してもらった」と述べている。本人も先発完投に強くこだわり、引退の理由にこのこだわりをプレーで果たせなくなったことを挙げた。引退後も座右の銘は「人生先発完投」であり、サインにも書き添える[11]

長年相手役を務めた袴田英利が新人の頃、村田は「1アウト、ランナー満塁。このとき確実に抑えるにはどうしたらいい?」と尋ねた。袴田は迷わず「ゲッツーです」と答えたが、「じゃあ、その次は?」と聞かれ、答えに困っていた。村田は笑って「一番いいのは三振だ。ゲッツーはエラーがある」と語った。村田が奪三振にこだわっていたことを表す逸話である。

特筆[編集]

家族[編集]

夫人は英語や料理に堪能で、村田が手術後もアメリカに長期滞在してリハビリに専念できたのも、夫人のそうした生活面での才能によるところが大きいという。肘の故障を乗り越え、「サンデー兆治」として復活した様子を描いた夫人の手記「サンデー兆治の妻」は、1986年にテレビ朝日系列土曜ワイド劇場でドラマ化され、放映された。村田役に名高達郎、夫人役に星野知子という配役で、稲尾和久落合博満も本人役で出演している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1968 東京
ロッテ
3 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 29 7.0 8 0 1 0 0 5 0 0 3 3 3.86 1.29
1969 37 20 5 5 0 6 8 -- -- .429 615 146.1 110 11 80 2 2 90 5 0 64 58 3.57 1.30
1970 21 12 2 0 0 5 6 -- -- .455 351 79.0 76 7 43 2 3 48 3 0 51 42 4.78 1.51
1971 43 27 8 1 0 12 8 -- -- .600 813 194.1 183 25 61 1 7 122 9 0 82 72 3.33 1.26
1972 16 5 0 0 0 3 3 -- -- .500 213 46.0 56 10 22 0 3 30 3 0 34 33 6.46 1.70
1973 40 24 6 1 1 8 11 -- -- .421 672 157.0 134 6 79 3 4 104 6 2 69 56 3.21 1.36
1974 32 28 8 1 0 12 10 1 -- .545 765 180.2 151 10 87 1 11 108 11 1 75 54 2.69 1.32
1975 39 17 11 2 0 9 12 13 -- .429 759 191.2 128 15 65 2 6 120 3 0 56 47 2.21 1.01
1976 46 24 18 5 0 21 11 4 -- .656 1037 257.1 209 13 73 3 8 202 13 0 67 52 1.82 1.09
1977 47 28 15 2 1 17 14 6 -- .548 975 235.0 216 15 62 2 8 180 10 0 85 70 2.68 1.18
1978 37 27 17 3 2 14 13 3 -- .519 907 223.1 188 18 58 2 15 174 10 0 84 72 2.90 1.10
1979 37 32 21 3 4 17 12 2 -- .586 1035 255.0 224 26 55 2 5 230 10 0 99 84 2.96 1.09
1980 27 22 11 1 2 9 9 2 -- .500 772 178.0 169 14 83 3 8 135 2 0 90 77 3.89 1.42
1981 32 31 16 2 2 19 8 0 -- .704 970 230.2 237 18 55 0 6 154 6 0 99 76 2.97 1.27
1982 6 6 3 2 0 4 1 0 -- .800 166 40.1 35 4 11 0 2 27 0 0 14 13 2.90 1.14
1984 5 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 39 9.0 13 1 0 0 0 3 0 0 6 6 6.00 1.44
1985 24 24 10 0 0 17 5 0 -- .773 752 173.2 181 20 65 0 7 93 11 1 89 83 4.30 1.42
1986 23 23 5 0 0 8 11 0 -- .421 658 155.1 164 23 32 2 8 106 4 1 82 68 3.94 1.26
1987 21 21 3 2 1 7 9 0 -- .438 573 130.2 151 15 42 1 4 74 12 1 68 63 4.34 1.48
1988 20 20 5 1 0 10 7 0 -- .588 599 145.2 123 22 45 1 6 120 7 0 65 63 3.89 1.15
1989 22 22 16 3 1 7 9 0 -- .438 739 179.2 143 17 69 0 5 135 6 1 58 50 2.50 1.18
1990 26 19 4 2 0 10 8 2 -- .556 524 115.2 120 14 56 0 6 103 17 1 62 58 4.51 1.52
通算:22年 604 433 184 36 14 215 177 33 -- .548 13963 3331.1 3019 304 1144 27 124 2363 148 8 1402 1200 3.24 1.25
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPB歴代最高
  • 東京(東京オリオンズ)は、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
  • 初登板:1968年10月8日、対南海ホークス27回戦(大阪球場)、5回裏に3番手で救援登板、3回無失点
  • 初奪三振:同上、5回裏に三浦清弘から
  • 初先発・初勝利・初完投勝利・初完封勝利:1969年5月23日、対南海ホークス9回戦(大阪球場)
  • 初セーブ:1974年9月19日、対南海ホークス後期12回戦(大阪球場)、8回裏に3番手で救援登板・完了、2回無失点
節目の記録
  • 1000奪三振:1977年9月27日、対阪急ブレーブス後期12回戦(西京極球場)、6回裏に島谷金二から ※史上54人目
  • 100勝:1978年5月12日、対南海ホークス前期8回戦(川崎球場)、9回3失点(自責点2)完投勝利 ※史上73人目
  • 1500奪三振:1980年6月22日、対南海ホークス前期11回戦(川崎球場)、5回表に久保寺雄二から ※史上28人目
  • 150勝:1981年8月6日、対日本ハムファイターズ後期6回戦(宮城球場)、9回完封勝利 ※史上35人目
  • 500試合登板:1986年6月1日、対阪急ブレーブス9回戦(川崎球場)、先発登板で7回1/3を2失点(自責点1) ※史上57人目
  • 2000奪三振:1987年9月20日、対西武ライオンズ22回戦(川崎球場)、3回表に石毛宏典から ※史上13人目
  • 200勝:1989年5月13日、対日本ハムファイターズ7回戦(山形県野球場)、9回5失点完投勝利 20人目
  • 600試合登板:1990年8月24日、対西武ライオンズ16回戦(西武ライオンズ球場)、9回完封勝利 ※史上27人目
その他の記録
  • 通算148暴投(プロ野球記録)
  • 1試合16奪三振:1979年6月8日、対近鉄バファローズ前期9回戦(日生球場
  • 1試合3暴投:3回 (1987年5月28日、1987年6月14日、1990年5月15日)
  • 1イニング3暴投:1987年6月14日、対近鉄バファローズ11回戦(ナゴヤ球場
  • 開幕投手:13回 (1975年 - 1982年、1986年 - 1990年)
  • オールスターゲーム出場:13回 (1971年、1974年 - 1981年、1985年、1986年、1988年、1989年)

背番号[編集]

  • 29 (1968年 - 1990年)
  • 81 (1995年 - 1997年)

関連情報[編集]

著書[編集]

  • 『右腕の傷あと』(1989年、マガジンハウス)
  • 『先発完投わが人生』(1990年、徳間書店)
  • 『哀愁のストレート - もっと速い球を!』(2001年、青春出版社)
  • 『速球の流儀 - 中年よ、不安に打ち勝つ体を鍛えろ!』(2002年、ワニマガジン社)
  • 『まだ、現役には負けられない! - 自分の人生、自分がエース! 先発完投で生き抜いて』(2004年、プレジデント社)
  • 『還暦力 60歳でストレート140キロを投げる秘密』(2009年、朝日新聞出版)

出演番組[編集]

出演CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 村田の若い頃はまだスピードガンがなかった。
  2. ^ 山田隆道『粘着!プロ野球むしかえしニュース』宝島社、2013年、P8-10。当時の報道によると阪神側の交換要員として伊藤宏光益山性旭植松精一加藤博一が挙げられていたという。
  3. ^ オリ・西、開幕7戦7勝!昨年のマー君より凄いゆうちゃん
  4. ^ 日本で初めてトミー・ジョン手術を受けたのは村田の後輩である三井雅晴だが、三井は以前の球威を取り戻せず引退を余儀なくされていた。
  5. ^ 後には桑田真澄などが肘の手術を受けて復帰している。
  6. ^ [1]
  7. ^ 2004年1月4日伊集院光 日曜日の秘密基地VIPルーム[出典無効]
  8. ^ 最初に取材したのがテレビ朝日の「プロ野球ってナンだ!?」であり、当時テレビ朝日がプロ野球中継のキャッチコピーとしていた『プロ野球超人バトル』から名づけられたものである。
  9. ^ もっとも、カーブのコントロールも悪かったそうであり、「ナンだ!?」では共に出演した東尾修に「この人ほどカーブのコントロール悪い人いなかった」、「村田さんほどひどいカーブを投げる人、今はプロに入ってこない」と酷評されている。また、高校時代はカーブはあくまで見せ球でしか使わなかったという。
  10. ^ 「変化球握り大図鑑 フォークボール 村田兆治」 『週刊ベースボール』2009年6月22日号、ベースボール・マガジン社、2009年、雑誌20444-6/22、12頁。
  11. ^ ツーシームみたいに 人生先発完投『週刊ベースボール』2011年10月24日号、ベースボール・マガジン社、2011年、雑誌20442-10/24, 81頁。
  12. ^ 大沢啓二の逝去に伴う措置として、毎週1名が「助っ人」として出演。
  13. ^ http://www.nakatafoods.co.jp/about/history.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]