的山哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
的山 哲也
福岡ソフトバンクホークス コーチ #85
SH-Tetsuya-Matoyama.jpg
現役時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県姫路市
生年月日 1970年10月1日(43歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1993年 ドラフト4位
初出場 1994年7月13日
最終出場 2008年7月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 福岡ソフトバンクホークス (2009 - )

的山 哲也(まとやま てつや、1970年(昭和45年)10月1日 - )は、兵庫県姫路市出身の元プロ野球選手捕手)。2009年から福岡ソフトバンクホークスのバッテリーコーチを務めている。

経歴[編集]

近鉄時代[編集]

兵庫県立福崎高等学校を卒業後、社会人野球新日鐵広畑を経て、1993年のドラフト4位で近鉄バファローズに入団。

入団後しばらくは古久保健二光山英和の2人の正捕手がいたため出番が無かったが、4年目の1997年、両者の衰えとともに一気に出場機会を増やしレギュラー格となった。打撃が明らかに上だった礒部公一よりもリードと肩の強さが評価され、これ以降レギュラーを保持し続ける。しかし2割前後の低打率は上昇の気配を見せなかった。

1999年は自己最多の117試合に出場し、打率.235、8本塁打、39打点とキャリアハイの成績を残した。

しかし、あまりに的山が打てないため、一度は外野にコンバートされた礒部が梨田昌孝の指導で2000年に再び捕手に専念。的山の出場機会は激減するかに思われたが、礒部がシーズン中に顔面死球で骨折したことにより離脱したため、出場機会は減少したものの正捕手の座を譲るには至らなかった。7月9日にスタメンでファーストを守っていたフィル・クラーク戎信行に死球を受け骨折、急遽的山がファーストに入った。これは的山が捕手以外を守った唯一の年であり、唯一の試合である。

2001年は再び礒部との正捕手争いが続くと思われたが、礒部がオープン戦で8盗塁全てを刺せなかったことから外野に再転向し、シーズン中盤まで正捕手の座を譲らなかった。しかし、西武・ダイエーとの三つ巴の優勝争いが続く中で投手陣が防御率5点前後を推移し、的山の打率も2割を切る状態だったため、シーズン終盤は的山よりリードが評価されていたベテランの古久保が捕手を務めた。チームは12年ぶりの優勝を果たし捕手陣の中では最も出場機会が多かったものの、正捕手に定着するには打撃、リードとも実力不足である事が浮き彫りになった。

2002年城島健司の代替選手としてオールスターゲーム出場を果たす。第2戦で勝利打点を挙げた的山は、他に際立った働きをした選手がいなかったためにパ・リーグ捕手としては同年、全パの監督だった梨田昌孝(1983年第2戦)以来となるMVPを獲得。ヒーローインタビュー「大勢の有名選手と一緒にプレーできたのは本当に良かったです」とコメントし、両軍ベンチを爆笑させた。梨田も「多分雨が降ると思いますので、皆様気をつけてお帰り下さい。非常に珍しい事ですので」と笑いながら語った。

2004年藤井彰人と正捕手争いを繰り広げる。開幕戦スタメンを奪われ、同年最多勝利を挙げた岩隈久志が先発するときは藤井がマスクをかぶった。6月までは両者が並行して使われたが、7月になると的山が正捕手を奪い返し藤井の出場は1試合もなかったが、8月以降は再び藤井が起用され、スタメン出場は8試合にとどまった。シーズンオフには高須洋介と共に目のレーシック手術を受けて視力回復に成功、トレードマークだった眼鏡が無くなった。同年オフ、選手分配ドラフトオリックス・バファローズへ移籍。

オリックス時代[編集]

2005年は正捕手である日高剛を脅かすことができず、出場機会が半減した。

2006年にプロ13年目で初めて打率.250を超えたが、出場機会はさほど変わらなかったため、同年オフには出場機会を求めて2004年に取得したFA権を行使し、他球団への移籍も視野に入れるという態度を表明するも、結局オリックスに残留する。

2007年は日高に加えて前田大輔の出場機会が増えた煽りを受けて更に出場機会が減少、オフの10月24日に捕手難にあえぐソフトバンクと若手捕手の出場機会増加を望むオリックスとの思惑が合致し、金銭トレードでソフトバンクに移籍。ソフトバンクでは新戦力ながらチーム最年長選手となった。

ソフトバンク時代[編集]

2008年4月15日、京セラドーム大阪で古巣であるオリックスからシーズン初安打を放つ。この日の先発はかつての同僚で、奇しくも同年から再び同僚となったジェレミー・パウエルで、攻守にわたってパウエルを支えて勝利に貢献した。5月1日の対西武戦(西武ドーム)で1000試合出場を達成。しかし、本人曰く初めてという膝の故障にも悩まされ、7月2日の対オリックス戦を最後に一軍出場はなく、出場機会を増やすことは出来なかった。

10月10日、記者会見で引退と来季からの一軍バッテリーコーチ就任を発表。的山は、現役時代で一番印象に残っている投手に赤堀元之を挙げている。「真っすぐも、スライダーも、口では説明するのは難しいんですけど、本当に素晴らしかった。だからあれだけ何度もセーブ王を取れるんだと思いましたね」と語っている[1]

引退後[編集]

2009年にはバッテリーコーチとして田上秀則を正捕手として定着させ、城島退団後の3年間正捕手不在の状況を解決した。2013年からは2軍バッテリーコーチを務める。

プレースタイル[編集]

打撃成績は芳しくないが、豊富な経験に裏打ちされたリードと盗塁阻止率は常にトップクラスという球界屈指の強肩が特徴の典型的な守備型捕手であった。

打撃については、近鉄時代の監督だった梨田昌孝が「アイツ(的山)のバットには芯がない」と発言したことがあり、ファンやマスコミからも「(打率が)自らの身長、または体重との勝負」「どこかの市外局番でしょうか?(1割を切った時の打率の表示が市外局番の番号のように見える、との趣旨)」「ヒットが出るんなら左(打ち)でやってもいい(的山は右打ち)」という冗談で揶揄され、的山本人も「1試合2安打はレア」と発言するほど、実際に優れていると言える程の打撃成績を残したことがない。その反面、選球眼は健在で、印象に残る本塁打を放つこともあり、その意外性が特徴とも言える打撃は「ビックリ箱[2]」と称される。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1994 近鉄 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1995 15 16 15 0 2 1 0 0 3 0 0 0 1 0 0 0 0 7 0 .133 .133 .200 .333
1996 51 87 64 4 8 2 0 1 13 6 1 0 9 1 8 0 5 25 1 .125 .269 .203 .472
1997 100 255 223 25 44 6 0 4 62 22 4 1 12 4 13 0 3 62 0 .197 .247 .278 .525
1998 105 271 222 23 51 4 2 4 71 18 4 1 20 0 24 0 5 48 3 .230 .319 .320 .639
1999 117 363 307 37 72 16 1 8 114 39 7 1 21 2 31 0 2 75 5 .235 .307 .371 .678
2000 87 185 151 18 26 3 0 3 38 16 3 1 14 2 18 1 0 32 1 .172 .257 .252 .509
2001 101 269 232 24 41 9 0 5 65 25 1 1 16 2 18 0 1 51 4 .177 .234 .280 .514
2002 91 227 192 17 40 8 0 3 57 14 3 2 16 1 14 0 4 39 3 .208 .275 .297 .572
2003 94 253 200 23 40 8 0 5 63 26 0 1 23 5 24 0 1 43 4 .200 .283 .315 .598
2004 81 170 140 12 31 6 0 2 43 11 1 1 15 1 12 0 2 39 1 .221 .290 .307 .597
2005 オリックス 52 93 78 6 13 2 1 1 20 5 0 1 6 1 8 0 0 21 2 .167 .241 .256 .498
2006 49 107 93 8 24 8 0 2 38 6 3 0 3 0 10 0 1 23 2 .258 .337 .409 .745
2007 42 62 55 5 11 4 0 1 18 4 0 0 1 0 5 0 1 17 2 .200 .279 .327 .606
2008 ソフトバンク 40 97 85 6 20 3 0 1 26 9 0 1 6 0 4 1 2 38 3 .235 .286 .306 .592
通算:15年 1026 2456 2058 208 423 80 4 40 631 201 27 11 163 19 189 2 27 521 31 .206 .279 .307 .585

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1994 1 2 0 0 0 0 1.000 0 0 0 ----
1995 14 42 6 0 0 0 1.000 7 2 5 .714
1996 50 205 33 2 4 2 .992 44 29 15 .341
1997 98 502 60 5 14 7 .991 77 49 28 .364
1998 104 437 52 4 6 12 .992 68 40 28 .412
1999 116 614 68 5 10 5 .993 74 46 28 .378
2000 84 328 24 3 4 5 .992 44 37 7 .159
2001 101 469 53 5 11 4 .991 79 54 25 .316
2002 91 504 57 1 6 2 .998 50 28 22 .440
2003 94 506 47 7 6 7 .988 69 40 29 .420
2004 81 366 40 4 5 2 .990 44 26 18 .409
2005 51 201 27 1 1 4 .996 17 7 10 .588
2006 48 180 29 1 2 2 .995 24 13 11 .458
2007 41 156 19 3 2 3 .983 14 11 3 .214
2008 40 221 16 1 4 2 .996 27 22 5 .185
通算 1014 4733 531 42 75 57 .992 638 404 234 .367

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 57 (1994年 - 2000年)
  • 2 (2001年 - 2007年)
  • 25 (2008年)
  • 85 (2009年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボール「惜別球人」より
  2. ^ 古久保健二が自らの本塁打をそう称したのが初出で、その後は打撃の良くない捕手が本塁打を打つことをそう称するようになった。

関連項目[編集]