善村一仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
善村 一仁
中日ドラゴンズ コーチ #74
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市城東区
生年月日 1972年1月1日(42歳)
身長
体重
182 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1993年 ドラフト5位
初出場 1996年9月26日
最終出場 2004年7月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (2012 - )

善村 一仁(よしむら かずひと、1972年1月1日 - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手内野手)。

現在は中日ドラゴンズ野手コーチを務めている。

来歴・人物[編集]

天理高等学校時代は後にチームメイトとなる藤立次郎と同級生。バッティングが買われ、愛知工業大学では1年生春から4番を打つ。ドラフト会議当日は、ドラフト指名は無いものと思っており工場でアルバイトをしていたが、近鉄バファローズから5位指名を受け入団する。身長182cm。

内野はどこでも守りファームでは毎年活躍していたが、近鉄ではなかなか一軍出場に恵まれなかった。

佐々木恭介監督就任時の秋季キャンプでは「守備は幼稚園レベルだが、バッティングは中村紀洋のライバルになりうる」と評価された事が中日スポーツに掲載された。また、週刊ベースボール選手名鑑号で「素人同然の守備は格段に向上」と記載された事もあり、守備力に難があった事が伺える。

1999年オフ、古池拓一東瀬耕太郎門倉健との交換トレードで小池秀郎佐野重樹とともに中日ドラゴンズに移籍。大学時代の1年先輩の神野純一と再びチームメイトとなる。移籍1年目の2000年ファームで3割を打つが、一軍での出場機会はなかった。翌2001年、プロ入り8年目でようやく一軍初安打、初打点を記録する。2004年オフに戦力外通告を受け、現役引退。同時に同チームのスコアラーに転向した。

2008年から2011年まで広島東洋カープ担当のスコアラーを務めた。主にキャンプ中に、メディアに対して選手の多くを絶賛した上で警戒するコメントを残していた。

2009年PHP研究所から出たドアラ著『ドアラのひみつ』、つば九郎著『つば九郎のおなか』の帯を担当し、ドアラには『太鼓判』、つば九郎には『警戒』のコメントを寄せた。[1]

2012年からスコアラーを退任しチームスタッフに転向。選手の練習のサポートを担当している。3月8日にコーチ補佐契約を結んだ[2]。背番号は98

2013年10月22日、翌2014年シーズンから中日の二軍野手コーチを務める事が球団から発表された[3]11月1日には背番号が74に変更されることが発表された[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1996 近鉄 5 4 3 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .250 .000 .250
2001 中日 16 14 12 3 3 1 1 0 6 2 0 0 1 0 1 0 0 5 1 .250 .308 .500 .808
2003 4 6 5 0 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .400 .500 .600 1.100
2004 15 21 20 0 5 2 0 0 7 0 0 0 1 0 0 0 0 5 0 .250 .250 .350 .600
通算:4年 40 45 40 3 10 4 1 0 16 3 0 0 2 0 3 0 0 14 1 .250 .302 .400 .702

記録[編集]

背番号[編集]

  • 49 (1994年 - 1999年)
  • 50 (2000年 - 2004年)
  • 98 (2012年 - 2013年)
  • 74 (2014年 - )

脚注・出典[編集]

  1. ^ ドアラの本情報。 Dragons 中日ドラゴンズ-公式ブログ/ウェブリブログ
  2. ^ 善村氏が中日とコーチ補佐契約 - 2012年3月8日
  3. ^ ★来季のスタッフについて中日ドラゴンズ 公式サイト - ドラゴンズニュース 2013年10月22日配信
  4. ^ ★来季スタッフの背番号について中日ドラゴンズ 公式サイト - ドラゴンズニュース 2013年11月1日配信

関連項目[編集]