ロベルト・ペタジーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロベルト・ペタジーニ
Roberto Petagine
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 ヌエバ・エスパルタ州
生年月日 1971年6月2日(42歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1990年
初出場 MLB / 1994年4月4日
NPB / 1999年4月2日
KBO / 2008年5月17日
最終出場 MLB / 2006年7月8日
NPB / 2010年10月18日
KBO / 2009年9月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロベルト・アントニオ・ペタジーニRoberto Antonio Petagine1971年6月2日 - )は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手内野手外野手)。

経歴[編集]

プロ入り後[編集]

1990年2月13日にヒューストン・アストロズと契約。

1994年4月4日のモントリオール・エクスポズ戦でメジャーデビュー。12月28日にトレードでサンディエゴ・パドレスへ移籍。

1996年3月17日にトレードでニューヨーク・メッツへ移籍。

1998年2月5日にトレードでシンシナティ・レッズへ移籍。

ヤクルト時代[編集]

1998年12月2日にヤクルトスワローズと契約。実はその前年に中日ドラゴンズも獲得を検討していたのだが、投手力を中心とした「守り勝つ野球」を重視する当時の星野仙一監督の意向により、結局中日はペタジーニの獲得を断念し、李鍾範を獲得する方針に切り替えたというエピソードがある[1]。 来日1年目から松井秀喜との激しい本塁打争いを演じ、最終的に44本塁打を放ち本塁打王出塁率.469で最高出塁率のタイトルも獲得。長打力も発揮し長打率.677はリーグ最高記録だった。来日1年目で史上初となる「打率3割・40本塁打」以上を記録した。2001年、2度目の本塁打王を獲得し、チームのリーグ優勝・日本一に大きく貢献した。

2002年は慢性化しつつあった膝痛、高年俸などの理由により契約延長を見送られ、ヤクルトを退団。巨人・中日・横浜・阪神が争奪戦を繰り広げ、約7億円の2年契約を提示した読売ジャイアンツに入団。

巨人時代[編集]

2003年一塁手には清原和博がいたため、主に外野手として出場。同年5月、左故障で登録抹消。その影響で100試合の出場にとどまったが、打撃面では9月13日に史上11人目となる5年連続30本塁打を記録するなど、打率.322、34本塁打、81打点の成績を残した。また、翌9月14日にはプロ野球通算8万号ホームランを記録している。

2004年、監督を務める堀内恒夫の構想により一塁手を清原と併用される。持病の膝痛も悪化した影響もあり、117試合で打率.290、29本塁打、84打点(3割と30本の連続記録も途絶える)と(決して悪くないが)日本では自己最低の成績に終わる。同年限りで巨人を退団。

レッドソックス時代[編集]

2005年メジャーリーグボストン・レッドソックス傘下の3Aポータケットと契約。同年8月にメジャーに昇格し、8月5日の対カンザスシティ・ロイヤルズ戦では『4番・一塁手』で先発出場した。

2006年2月6日に放出された。

マリナーズ時代[編集]

2006年2月22日に招待選手を経てシアトル・マリナーズとマイナー契約。8月17日に放出され、現役引退した。

メキシカンリーグ時代[編集]

2008年メキシカンリーグのメキシコシティー・レッドデビルスに現役復帰。

韓国時代[編集]

2008年5月に韓国・LGツインズと契約し、4番打者として活躍。

2009年もLGツインズで主軸として活躍し、3打席連続ホームラン(3本目はサヨナラ満塁)を打つ等、LG史上初となるシーズン100打点を記録した選手となった。だがひざに故障を抱えていて年齢的な問題もあり、本人が高額年俸を要求してきたことや、投手不足のチーム事情もあり、2009年限りで退団となった。

ソフトバンク時代[編集]

2010年4月15日福岡ソフトバンクホークスへの入団が発表された[2]。背番号は16。日本プロ野球に6年ぶりに復帰することとなり、パ・リーグのチームのユニフォームに初めて袖を通すこととなった。2010年6月9日の対横浜ベイスターズ戦で日本球界復帰後初本塁打をサヨナラ2ラン本塁打で飾った。同時に交流戦で打った初めての本塁打となった。サヨナラ本塁打はヤクルト時代の2001年8月以来、5本目。7月21日の対埼玉西武戦でも自身6度目のサヨナラ2ラン本塁打を打った。このサヨナラ本塁打は球団通算100本目(2リーグ制以降)のサヨナラ本塁打であった。指名打者不在の状況で加入により6番指名打者に定着。ホセ・オーティズ多村仁志に次ぐOPS.772を記録しリーグ優勝に貢献した。

本人は来シーズンの残留を希望していたが、81試合出場で打率2割6分1厘、10本塁打と全盛期のころと比べ力の衰えを露呈してしまうことになり、その結果11月14日にソフトバンクは来季の契約を結ばないことを発表[3]。退団が決定した。

ソフトバンク退団後[編集]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1994 HOU 8 8 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .000 .125 .000 .125
1995 SD 89 152 124 15 29 8 0 3 46 17 0 0 2 0 26 2 0 41 2 .234 .367 .371 .738
1996 NYM 50 113 99 10 23 3 0 4 38 17 0 2 1 1 9 1 3 27 4 .232 .313 .384 .696
1997 12 18 15 2 1 0 0 0 1 2 0 0 0 0 3 0 0 6 0 .067 .222 .067 .289
1998 CIN 34 79 62 14 16 2 1 3 29 7 1 0 0 1 16 0 0 11 2 .258 .405 .468 .873
1999 ヤクルト 134 576 452 97 147 23 2 44 306 112 10 1 0 1 116 6 7 91 13 .325 .469 .677 1.146
2000 136 588 484 91 153 30 0 36 291 96 7 2 0 3 97 7 4 116 7 .316 .432 .601 1.033
2001 138 592 463 93 149 27 0 39 293 127 4 1 0 2 120 13 7 89 11 .322 .466 .633 1.099
2002 131 552 453 90 146 23 1 41 294 94 0 1 0 3 85 9 11 106 6 .322 .438 .649 1.087
2003 巨人 100 414 331 70 107 17 0 34 226 81 1 0 0 1 77 9 5 72 8 .323 .457 .683 1.139
2004 117 467 383 70 111 17 0 29 215 84 2 1 0 4 75 5 5 76 14 .290 .409 .561 .970
2005 BOS 18 36 32 4 9 2 0 1 14 9 0 0 0 0 4 0 0 5 3 .281 .361 .438 .799
2006 SEA 31 32 27 3 5 2 0 1 10 2 0 0 0 0 4 0 1 10 0 .185 .313 .370 .683
2008 LG 68 259 216 29 75 17 1 7 115 35 1 0 0 1 40 1 2 26 5 .347 .452 .532 .984
2009 115 498 388 62 129 16 0 26 223 100 2 0 0 6 97 9 7 70 7 .332 .468 .575 1.043
2010 ソフトバンク 81 307 264 34 69 12 0 10 111 41 0 0 0 4 39 2 0 72 12 .261 .352 .420 .772
MLB:7年 242 438 366 48 83 17 1 12 138 54 1 2 3 2 63 3 4 103 11 .227 .345 .377 .722
NPB:7年 837 3496 2830 545 882 149 3 233 1736 635 24 6 0 18 609 51 39 622 71 .312 .438 .613 1.051
KBO:2年 183 757 604 91 204 33 1 33 338 135 3 0 0 7 137 10 9 96 12 .338 .462 .560 1.022
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

MiLB
NPB

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 29 (1994年、2008年 - 2009年)
  • 24 (1995年)
  • 20 (1996年)
  • 10 (1997年)
  • 57 (1998年)
  • 9 (1999年 - 2002年)
  • 13 (2003年 - 2005年)
  • 23 (2006年)
  • 16 (2010年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 戸部 良也著「熱将 星野仙一」より
  2. ^ ロベルト ペタジーニ選手 入団のお知らせ
  3. ^ R・ペタジーニ選手の退団について”. 福岡ソフトバンクホークス (2010年11月4日). 2014年1月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]