神戸総合運動公園野球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神戸総合運動公園野球場
(ほっともっとフィールド神戸)
Kobe Sports Park Baseball Stadium
(Hotto Motto Field Kobe)
神戸総合運動公園野球場(撮影当時Yahoo!BBスタジアム)
施設データ
所在地 兵庫県神戸市須磨区緑台3251番地10(神戸総合運動公園内)
座標 北緯34度40分50.37秒 東経135度4分24.3秒 / 北緯34.6806583度 東経135.073417度 / 34.6806583; 135.073417座標: 北緯34度40分50.37秒 東経135度4分24.3秒 / 北緯34.6806583度 東経135.073417度 / 34.6806583; 135.073417
開場 1988年3月6日
所有者 神戸市
管理・運用者 オリックス野球クラブ(都市公園法に基づく管理許可制度による
グラウンド 内野:クレー舗装及び天然芝
(1999年まではクレー舗装のみ)
外野:天然芝
照明
  • 照明塔 - 4基
    (内野球場外に2基、外野スタンド上部に2基)
  • 内野屋根庇先 - 2基
  • 照度
    • 投捕間:2500Lx
    • 内野:2400Lx
    • 外野:1700Lx
建設費 60億円
設計者 日建設計
旧称
  • グリーンスタジアム神戸(開場 - 2003年3月31日)
  • Yahoo! BBスタジアム(2003年4月1日 - 2004年12月20日)
  • 神戸球場(2004年12月21日 - 2005年2月13日)
  • スカイマークスタジアム(2005年2月14日 - 2011年2月13日)
使用チーム • 開催試合
収容能力
35,000人 (内野:1F 14,000席 2F 13,000席、外野:8,000席)
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積: - m²
両翼:99.1 m(約325.1 ft)
中堅:122 m(約400.3 ft)
左右中間:117 m (約383.9 ft)
フェンス 2.45 m (約8.0 ft)
(ラバーフェンス:1.05 m + ステンレスネットフェンス:1.40 m)

神戸総合運動公園野球場(こうべそうごううんどうこうえんやきゅうじょう)は、兵庫県神戸市須磨区緑台の神戸総合運動公園内にある野球場

施設は神戸市が所有し、この野球場を準本拠地とするオリックス・バファローズの運営法人・オリックス野球クラブが、都市公園法に基づく管理許可制度により運営管理を行っている。

施設命名権(ネーミングライツ)により、2011年2月14日から呼称をほっともっとフィールド神戸(ほっともっとフィールドこうべ、Hotto Mooto Field Kobe)としている(詳細は後述)。

概要[編集]

1985年(昭和60年)のユニバーシアード神戸大会の開催会場として、須磨区北部の丘陵地を切り開いて開発された神戸総合運動公園の敷地内(グリーンエキスポ'85の跡地)に1988年(昭和63年)完成した。神戸市西郊の山林を切り開いた場所にあり、周囲を緑に囲まれた環境に立地している。完成当初の愛称はグリーンスタジアム神戸。開場当時は内野が土、外野が天然芝のフィールド(ファウルグラウンドの大部分は人工芝)を有し、のちに内野も天然芝となった。当時公認野球規則の規定の大きさを満たした球場は当球場と、同年開場の東京ドームの2つしかなく、グラウンド面積では東京ドームを大幅に上回っていたため「日本最大級の野球場」と謳われた。プロ野球の球場開きは、1988年3月12日オープン戦阪神タイガース1-2阪急ブレーブスで3万人が入場した。

1989年からは日本プロ野球パシフィック・リーグオリックス・ブレーブスの準本拠地、1991年(平成3年)からはオリックス・ブルーウェーブの本拠地となる。2005年(平成17年)から現在はオリックス・バファローズの準本拠地となっている(2006年(平成18年)のみ本拠地)。また日本国内の他の野球場に先駆け、2003年(平成15年)から施設命名権を導入している。

開放的な設計でグラウンド全体が見渡しやすい客席、美しい総天然芝のグラウンドを備え、好きな球場ランキングで何回も1位になっている。高速道路のインターチェンジに近いうえ、運動公園も駐車場の収容台数を多数確保するなど道路交通の面では比較的便利な反面、中心市街地からは若干遠いうえ、鉄道路線バスなど公共交通によるアクセスがあまり良くないため、球場の人気と反して観客動員の面では伸び悩んでいるという側面がある。

沿革[編集]

  • 1988年(昭和63年)
  • 1989年 - 阪急ブレーブス改めオリックス・ブレーブスが準本拠地として使用。
  • 1991年(平成3年) - オリックス・ブレーブスからオリックス・ブルーウェーブへの改称と同時に、本拠地(専用球場)を阪急西宮球場から当球場に変更。
  • 1993年(平成5年) - オールスターゲーム開催。
  • 1995年(平成7年) - 阪神・淡路大震災発生。一時はオリックスの試合開催が危ぶまれたが、「がんばろうKOBE」の合言葉のもと、当球場でペナントレースが実施された。オリックスが当球場移転後初のリーグ優勝。球場初の日本シリーズ開催。
  • 1996年(平成8年) - 前年に続き日本シリーズを開催。オリックスにとって、リーグ・シーズンともに胴上げの舞台となる。
  • 2000年(平成12年) - ボールパーク構想に基づく第一弾の改装実施。内野に天然芝を張り付け、分煙化も図られた。オールスターゲーム開催。
  • 2001年(平成13年) - スコアボード左側(選手表示部)のフリーボードへの変更、内野金網フェンスの引き下げ、内野1階席の更新を実施。
  • 2002年(平成14年) - 球場の管理運営権が神戸市からオリックス球団に委譲される。
  • 2003年(平成15年) - 日本の野球場として初めて施設命名権(ネーミングライツ)を導入。ソフトバンクが命名権を取得し、呼称を「Yahoo! BBスタジアム(ヤフービービースタジアム、Yahoo! BB STADIUM)」に改称。ボールパーク構想で最大規模となる改装が行われ、赤土の導入、ファウルエリアの人工芝撤去、天然芝の植栽パターン変更、内野2階席の更新、外野フェンスの引き下げ、フィールドシートの導入などを実施。
  • 2004年(平成16年) - ソフトバンクの福岡ダイエーホークス球団買収決定に伴い、命名権契約終了。それに伴い、呼称を一時的に「神戸球場」(こうべきゅうじょう)とした。
  • 2005年(平成17年) - ソフトバンクに替わる命名権契約先がスカイマークエアラインズ(現スカイマーク)に決定し、「スカイマークスタジアム」(SKY MARK STADIUM)に改称。大阪近鉄バファローズとの球団統合によって発足したオリックス・バファローズの準本拠地となる。
  • 2006年(平成18年) - 大阪ドームを運営していた当時の第三セクター大阪シティドーム」が会社更生法の適用を受けたことに伴い、同年シーズンのみオリックスが当球場を専用球場とする。
  • 2008年(平成20年) - スカイマークの命名権契約を更新。
  • 2011年(平成23年) - スカイマークの命名権契約期間満了。契約非更新に伴い、外食産業大手のプレナスと新たに命名権契約を締結。同社で展開する持ち帰り弁当チェーン店「ほっともっと」を冠し、「ほっともっとフィールド神戸」と改称した。

使用実績[編集]

プロ野球[編集]

阪急・オリックス[編集]

当時阪急ブレーブスだった1988年(昭和63年)は南海ホークスとの公式戦が1試合のみ開催された。オリックスに買収された1989年から2年間は準本拠地[1]として使用。同年シーズンは福岡ダイエーホークス戦の全13試合(ただし2試合が雨天中止となり、阪急西宮球場で振替開催)と他3試合の日程を当球場で編成した。1990年(平成2年)はダイエー戦を主に、13試合を開催した。主な対戦相手がダイエーになったのは、1988年秋に南海ホークスがダイエーに買収された際、ダイエー側が一部の主催試合を開催する構想を持っていたためである。ダイエー本社が神戸にあるためだったが、元々兵庫県を保護地域とする阪神とオリックスの2球団から承諾を得ることができず、断念した経緯にオリックス側が配慮したためである。

1991年(平成3年)から、オリックスは既に老朽化が進んでいた阪急西宮球場から完全移転し、球団愛称も「ブレーブス」から「ブルーウェーブ」に改称した。1994年(平成6年)にイチローが日本プロ野球史上初のシーズン200安打を達成。続く1995年(平成7年)からは、阪神・淡路大震災からの復興を願い「がんばろうKOBE」をスローガンに掲げたオリックスがパ・リーグ2連覇を成し遂げ、1996年(平成8年)には日本一に輝いた。これらのことから、本拠地である当球場も知名度を上げ、観客動員数も球団新記録を記録した。

しかし、その後は観客動員数がチームの順位と共に低迷し、経営立て直しのため2005年(平成17年)にオリックスは大阪近鉄バファローズと球団合併することになった。合併に際し、2005年から3年間は暫定措置として阪神と共に兵庫県大阪府の2府県を保護地域とする「ダブルフランチャイズ制」が執られた。ただし、主催試合の半分以上と日本シリーズを行う専用球場は一ヶ所にすることになり、大阪ドーム(現京セラドーム大阪)をオリックスは選択した。2005年にオリックスは当球場を準本拠地として、主催全68試合のうち32試合(大阪ドーム34試合、東京ドーム2試合)を開催した。オリックスの当初の方針ではダブルフランチャイズ制の3年間のうちに徐々に当球場の試合開催を減らし、2008年(平成20年)には10試合以下の開催にする予定であった。だが、2005年10月に大阪ドームを運営する第三セクター「大阪シティドーム」が会社更生法を申請し、事実上経営破綻したため、2006年(平成18年)は当球場を専用球場に変更。野球協約ぎりぎりの数である主催試合の半分、34試合(大阪ドームでも34試合)を当球場で開催した。これはシリーズ期間中に大阪ドームを確保できない可能性があることを考慮しての措置である。その後大阪シティドームの会社更生手続きが進捗し、大阪ドームの施設はオリックスグループ傘下の「オリックスリアルエステート(現オリックス不動産)」が買収することになり、2007年(平成19年)は専用球場を大阪ドームに戻し当球場での開催が22試合にまで削減された(同年途中から京セラドーム大阪に改称)。

暫定措置が終了した2008年(平成20年)からは、オリックスが大阪府、阪神が兵庫県を保護地域としたため、当球場は専用球場として指定されることはなくなったが、オリックスは京セラドームでの観客動員数の伸び悩みなどから、同年以降も神戸での試合開催数を20試合程度確保する方針を打ち出している。また、阪神も京セラドームで主催公式戦を開催していることからこれに協力する姿勢をとっており、両球団は2008年以降、試合日程や開催数などについて折衝を行った上で、書面による同意を交わしている。オリックスは2008年から2010年(平成22年)は22試合を当球場での開催としたが、2009年(平成21年)と2010年は1試合が雨天中止となり京セラドームでのゲームに振り替えられている。2011年(平成23年)からは京セラドームの試合数を強化する方針から、これまで必ず行われていた阪神戦と巨人戦が削減されて15試合にまで削減された。2011年はセ・パ交流戦のうち横浜戦1試合のみが予定されていたが、東日本大震災による日程変更によって京セラドームに振り替えられ(代わりにロッテ戦1試合が当球場に変更)、1試合が雨天中止となり京セラドームでのゲームに振り替えられている。2012年(平成24年)・2013年(平成25年)も引き続き15試合の実施で、2012年は1試合が雨天中止となり京セラドームでのゲームに振り替えられている。なおオリックス球団は当球場の準本拠地降格以降も引き続き、都市公園法の管理許可制度の下で運営管理業務を行っており、一軍の試合がない日の練習は主に当球場で行っている。またブルーウェーブ時代に置いていた球団事務所は機能の大半を大阪(当初は堂島、2013年現在は京セラドーム内)に移したものの、選手寮の近さなどもあり契約更改などで利用している。

なお各出版社から発行されている名鑑では、ダブルフランチャイズ制終了後も両球場を本拠地球場〔ホームグラウンド〕として明記している[2]

オリックスが本拠としていた時代には、週末に1軍のデーゲームの試合を終えた後、2軍の試合を薄暮開催する「親子ダブルヘッダー」をしたことが多数あった。

阪神[編集]

開場から数年間は本拠地の阪神甲子園球場で8月に全国高等学校野球選手権大会が行われる関係から、毎年同月に1 - 3試合を開催していた。1994年(平成6年)まで行われたが、その後は阪急西宮スタジアムで、さらに大阪ドームで開催されるようになり、2007年まで主催試合は開催されなかった。

しかし、オリックスの大阪ドームへの本拠地一本化の方針を受け、兵庫県と神戸市は「バファローズ一辺倒というわけにはいかない」として他球団の主催試合誘致を検討し、その一環として阪神に対し「スカイマークスタジアムで年間数試合の公式戦を開催してほしい」とする要望書を2006年(平成18年)に提出した。阪神・牧田球団社長もこれに協力する意向を明らかにした。折りしも甲子園球場は2007年(平成19年)オフから3期に渡って改修工事が予定されており、各年(2007年(平成19年) - 2009年(平成21年))の10月1日から翌年3月中旬まで甲子園が使用出来なくなることから、阪神は同月以降の主催試合を当球場で代替開催すべく市と交渉を行い、その結果第1期工事が開始される2007年(平成19年)10月以降に行われる公式戦の雨天順延分とクライマックスシリーズ(CS)、さらに翌2008年シーズン前の春季非公式試合(オープン戦)の一部が当球場で行われることが決まった。

これに先立ち、2007年(平成19年)にもオープン戦の対日本ハム戦が行われた(阪神が神戸で主催オープン戦を開催するのは1990年(平成2年)以来17年ぶり)。ただ、同年シーズン終盤にオリックスの3位以下が早々に確定したため、雨天順延を避けるためにセ・リーグと阪神はCS第1ステージの主催球場を京セラドーム大阪に変更した(第2ステージは変更なし)。結局阪神はリーグ3位となり、主催公式戦も9月29日に全日程を終了したため、公式戦で使用されることはなかった。オープン戦は、2008年(平成20年)にも予定通り開催された。

第2期工事期間中に関しては雨天順延分とオープン戦(2009年春季)での使用は決まったものの、2008年のCSは京セラドーム大阪を優先することになった。オリックスが優勝した場合のみ、パのCS第2ステージの日程に、セのCS第1ステージの全部およびCS第2ステージの一部の日程が重なるため、京セラドームの優先権がオリックスにある事から、重なる日程のみセのCSを当球場で開催される可能性もあったが、オリックスは2位だったため日程に影響はなく当球場では行われなかった。2008年(平成20年)9月30日に、甲子園で行われる予定だった阪神主催最終戦の対中日戦が雨天中止となり、同年10月12日に代替試合が当球場で行われた。

第3期工事期間中に関しては、工事予定の変更で甲子園での開催が可能になったため、2009年の公式戦の開催はなかった。

2010年(平成22年)9月7日・8日の2日間、2年ぶり(雨天中止の代替試合ではなく当初からの開催予定として組まれたものとしては16年ぶり)に公式戦が開催された。2011年(平成23年)は5月10日に広島戦が予定されたが雨天中止(代替試合は甲子園で開催予定だった5月11日中止分と併せて10月15日・16日に甲子園で開催)となった。2012年4月17日にヤクルト戦が組まれ、2年ぶりの開催となった。2013年以降の開催実績は無い。

巨人[編集]

2007年(平成19年)に読売ジャイアンツ主催公式戦(対広島戦)が行われた。かつては、兵庫県明石市で春季キャンプを行っていた巨人が兵庫県内で主催公式戦を行うのは、1952年(昭和27年)にプロ野球にフランチャイズ制度が制定されてからは初めてのことであった。2013年も1試合(対DeNA戦)を開催した。

楽天[編集]

2011年(平成23年)は東北楽天ゴールデンイーグルス東日本大震災の影響で本拠地球場である日本製紙クリネックススタジアム宮城での開催が4月28日まで出来なくなったため、4月22 - 24日の主催公式戦(対日本ハム戦)が当球場で開催された。ただ、当初宮城ではデーゲームとして予定されていたが、大学野球の日程と重なったため3日間とも18時30分開始のナイターとなった。2012年は練習試合、2013年はオープン戦(ともに対西武戦)で使用。

ヤクルト[編集]

2014年(平成26年)3月13日に東京ヤクルトスワローズ主催のオープン戦を1試合(対横浜DeNA戦)開催予定だったが、降雨中止となった[3]

独立リーグ[編集]

2009年(平成21年)に発足した関西独立リーグ神戸9クルーズが、初年度より本拠地球場として使用していた。なお、後述のサブグラウンドでも公式戦を実施していた。

また、2010年に発足した日本女子プロ野球機構兵庫スイングスマイリーズも、本球場を本拠地の一つとしている。

アマチュア[編集]

高校野球の予選(夏の甲子園の兵庫県代表決定戦)や関西六大学野球連盟関西学生野球連盟などの一部の試合が行われる。1989年に神戸市制100年を記念して全日本大学野球選手権大会が開催された。1990年から1996年までは社会人野球日本選手権大会も開催されていた。2006年には世界身体障害者野球大会が開催された。

野球以外のイベント[編集]

近隣により適した会場が多いため、野球以外の大規模イベントの開催は少ない。

コンサート[編集]

コンサートは2012年、2013年にNEWSが、2014年にポルノグラフィティが開催している。

その他イベント[編集]

2012年6月30日にはAKB48の握手会が行われた[4]が、ミニステージや客席などに行った芝生の養生を握手会の列には行わなかったため外野の天然芝が列の通りにはげてしまい[5]、芝生の張替えを行わなければならなくなった[6]。7月14日・15日のオリックス・バファローズ対埼玉西武ライオンズ戦でははげたままの状態で行われた。

施設命名権[編集]

施設命名権による呼称の変遷
  • Yahoo! BBスタジアム(2003年4月1日 - 2004年12月21日)
  • スカイマークスタジアム(2005年2月14日 - 2011年2月13日)
  • ほっともっとフィールド神戸(2011年2月14日 - )
※命名権導入後も、神戸市の条例上の施設名称は「神戸総合運動公園野球場」を維持している。

命名権導入以前[編集]

当球場が1988年に竣工した当初、愛称としてグリーンスタジアム神戸、通称名として神戸球場がそれぞれ命名され、メインスタンドにそれぞれ銘板が取付られた。また新聞・テレビなどのマスメディアでは「グリーンスタジアム」をイニシャル化した「GS神戸」という略称表記が用いられていた。当時、野球場に愛称を命名する例は北海道旭川市スタルヒン球場など、まだ数少なかった(当時はスタルヒン球場が正式名称)。

Yahoo! BBスタジアム[編集]

しかし当球場を所有する神戸市は2002年(平成14年)9月、財政難による収支不足と球場施設の運営・維持管理費用を賄うことを目的に、日本の野球場として初めて施設命名権(ネーミングライツ)を導入する方針を固め、2003年(平成15年)3月7日から3月14日までの間、売却先の公募を実施。その結果ソフトバンク1社のみが応募し、市の審査を経てスポンサー企業に決定した。ソフトバンクは売却元としてインターネットプロバイダ「Yahoo! BB」を運営するソフトバンクBB、インターネットポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーのグループ傘下2社を指定し、契約期間は同年4月1日から2005年(平成17年)3月31日までの2年間、契約金額は総額2億円で、呼称は前者のブランド名に因む「Yahoo! BBスタジアム」に決定し、契約発効前日の3月31日に開催されたパ・リーグ公式戦・オリックス対西武ライオンズ1回戦から採用された。但し「Yahoo! BB」は商標や商品・サービスの名称に該当するため、NHKニュース野球中継等では社名のみを冠した「ヤフースタジアム」という表現が用いられた。

だがソフトバンクが2004年(平成16年)秋、ダイエーから福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)の球団株式と興行権を買収することが決定。神戸市はソフトバンク側に当球場の命名権契約を更新する意思がないことを同年末までに確認した(なお、ヤフーは翌年以後、福岡ソフトバンクホークスの本拠地である福岡ドームの命名権を取得することになる(「福岡Yahoo! JAPANドーム」(2005年-2012年)→「福岡 ヤフオク!ドーム」(2013年-))。

これを受けて神戸市は、次期売却先の公募に向けた準備作業を開始。混乱を避けるため契約期間を残しながらも2004年(平成16年)12月21日からは「神戸球場」を暫定名として使用する措置を取った[7]

スカイマークスタジアム[編集]

神戸市は2005年(平成17年)2月2日から2月8日までの間、売却先の公募を実施した結果、新興航空会社のスカイマークエアラインズ(現スカイマーク)、人材派遣や介護事業などを手掛けていたグッドウィル・グループ(現テクノプロ・ホールディングス[8]平成電電の3社が応募した。神戸市・オリックス野球クラブによる審査の結果、売却先はスカイマークに決定し、2月10日付で発表された。契約期間は2月14日から3年間、契約金額は総額2億円で、呼称は「スカイマークスタジアム」に決定した。当時スカイマークは2006年(平成18年)に開港予定だった神戸空港を関西エリアの拠点としたい意向を持っており、知名度向上や利用客の拡大などを狙っていた。また当時オリックスは近鉄と球団を統合し、2007年(平成19年)シーズンまでの3年間は暫定的に当球場と大阪ドームとの複保護地域制(ダブルフランチャイズ)を採り、年間の主催公式戦を各々半数ずつ開催する方針が決まっていた。この暫定措置が終了した2008年(平成20年)2月、スカイマークは前契約と同条件の3年間・総額2億円で2期目の契約を更新したが、暫定措置終了に伴ってプロ野球の開催試合数が減少することなどから、プロ野球の試合数に連動して契約額が変額する付帯事項が取り決められた。

こうしてスカイマークは計6シーズンにわたって当球場の命名権スポンサーとなっていたが、2期目の契約更新期限の2010年(平成22年)11月1日までに、次期契約を更新しない意向を神戸市・オリックス球団側に伝えた。スカイマークの広報担当者は「神戸での認知度アップという目的は果たした」と説明した。

ほっともっとフィールド神戸[編集]

スカイマークの契約更新見送りに伴い、神戸市は次期契約先の公募に向けた準備作業に着手。なおこの際は暫定名を設けず正式名称の「神戸総合運動公園野球場」を使用している[9]2011年(平成23年)1月11日に売却先公募の募集要項を発表した[10]1月14日から1月24日までを募集期間とし、契約期間4年以上、契約金額年間3000万円以上で、球場名に「神戸」または「KOBE」を入れることを応募の条件とした。その結果、持ち帰り弁当店チェーン「ほっともっと」や定食店チェーン「やよい軒」などを運営する外食産業大手のプレナス、カー用品店チェーン「オートバックス」のFC店などを運営するG-7ホールディングスの2社が応募した[11]

市とオリックス球団による審査と、市民代表などによる最終審査を経た結果、売却先はプレナスに決定し、2月7日付で発表された。契約期間は同年2月14日から4年間(更新の可能性あり)、契約金額は年額3500万円で、呼称は「ほっともっと」の店舗ブランド名を冠した「ほっともっとフィールド神戸」に決定。施設命名権導入以降では初めて呼称に「神戸」が復活した[12][13]。G-7の提示額が下限の年額3000万円だったのに対し、プレナスの提示額はこれを上回った。同社コミュニケーション室の広報担当者は「総天然芝の美しい景観を持つ球場を『フィールド』と表現し、神戸市民にとって、ほっとする場所、熱く盛り上がれる場所となれるよう願って命名した」と呼称のコンセプトを説明し、オリックス球団との共同企画についても「具体的なことはまだ考えていないが、いろんな可能性を検討していきたい」と意向を示した。

なお公式な略称表記は神戸市・プレナスとも公表していないが、新聞のスコアテーブル等では「ほっともっと神戸」「ほっと神戸」などの略称が用いられている。

ボールパーク構想[編集]

スカイマークスタジアム(2009年(平成21年)5月31日撮影)

1999年(平成11年)から球場長をはじめオリックス球団職員が何度も米国の球場を視察。メジャーリーグの球場を手本にした「ボールパーク構想」を打ち出す。この取り組みは、後に高く評価され、日本の球場設計や野球ファンの意識にも大きな影響を与えることになる。まず、2000年(平成12年)に第一弾の改装が行なわれ、米国の球場のように内野にも天然芝が張られた。また、スタンドの分煙化と「ホームランイリュージョン」と称した演出を開始。これは、ブルーウェーブの選手がホームランを放つとバックスクリーンからが立ち上る演出である。さらに2001年(平成13年)、スコアボード左側をフリーボードに変更し、内野1階席の椅子を外野席と同じ深緑色に統一。内野の金網フェンスの高さを1m80cmから80cmに変更し、ファンにグラブ持参を呼びかけるキャンペーンを実施した。

2002年(平成14年)には、球場の管理運営権が神戸市からオリックス球団に委譲された。球場内の売店をリニューアルし、アメリカ直輸入のホットドッグ、イタリアや中国料理の専門店などがオープン。 2003年には、最大規模となる総工費約3億3000万円をかけた改装が行われ、内野の黒土部分とファウルゾーンの人工芝部分が全てアンツーカーをベースにした赤土で統一された。内野2階席の椅子を外野席・内野1階席と同じ深緑色に統一。外野スタンドの金網フェンスも2m15cmから1m40cmに引き下げた。また、日本の野球場としては初めての試みとして、約600席のフィールドシートを元々ブルペンがあったダッグアウトの隣に設置した。危険防止のため、可動式の透明アクリルカバーが全席に設けられている。このカバーは、当初取り付け予定にはなかったが、球場内で起きた事故は球団の責任となるため急遽設置された。フィールドシート設置にあたって、球団職員の田中浩一が設計・施工に参加した。「フィールドシート」の命名も田中により考えられ、現在は他球場でも使用されている。この改修により、ファウルグラウンドは縮小され、ブルペンはファウルポール際に移設された。

球場データ[編集]

総合運動公園駅ごしに神戸総合運動公園野球場をのぞむ
  • 収容人数:35,000人
  • 内野:クレー舗装及び天然芝、外野:天然芝
    • 毎年年末年始にかけて外野部分に新年の干支にちなんだ芝生のペインティングを実施している。
    • 芝生の管理・育成やグラウンドの整備は、グリーンシステム株式会社が担当。
  • 両翼:99.1m、中堅:122m
  • グラウンド面積:14,300m²(開場当初の数値)
    • 開場当初は日本最大であった。フィールドシートの増設の際にファウルグラウンドが狭められたが、公式のグラウンド面積は発表されていない。
  • フェンスの高さ:2.45 m(2002年まで3.2 m)
神戸総合運動公園野球場のスコアボード
  • スコアボード
    • スコア表示部:白色(3色混合による擬似白色)LED方式、大型映像装置:フルカラーLED式 右:三菱電機オーロラビジョン 左:東芝ライテックスーパーカラービジョン
    • スコアボード部のチーム名は、日本語表記される。スコアは10回まで表記。審判名表示部は下段左に設けられ、6人制対応。試合進行中は現在登板している投手の投球数を上からストライク(STRIKE)・ボール(BALL)・総投球数(TOTAL)の順に表示する。ボールカウント表示は下段中央に、信号灯を模して表示される。旧来日本国内で使用されてきた「SBO」(上からストライク・ボール・アウト)順に加え、2010年から国際ルールに則して使用している「BSO」順にも対応可能。下段右には試合経過時間/スピードガン表示と、現打者の打率・本塁打数が表示される。
    • 大型映像装置は、1991年にブルーウェーブが本拠地としてから設置。スコア表示部の右側に設置された。2001年改修時に、左側の選手名表示部を改修し、大型映像装置化した。左側の部分は、試合中に選手名表示部として機能する。右側の装置は、2007年シーズン頃より老朽化が進んだため、従来の放電管式からLED式のものに置き換えられた[14]

イニング間の経過時間は右スクリーンの下部右隅に表示される。

一塁側のファウルポール際にはグラウンド搬入口が設けられており、グラウンド整備用の車両などが出入りする。そのため、搬入口上部にある1階席上段部の座席はやや床面が高くなっているが、この部分はバファローズ主催ゲームで使用する場合「ペプシファミリーゾーン」として、家族で食事を楽しみながら試合を楽しめるようになっている(要予約)。

球場内ボランティアに、年配者を多く配している。

放送席の配置は、一塁側から順に新設部分として関西テレビJ SPORTS毎日放送朝日放送NHKとなっている。それ以外の局が中継する場合(対西武戦における文化放送など)は内野2階席に仮設の放送席を設けて対応する。

外野スタンドの外側には、総合運動公園の小さな丘の森があり、デーゲームで反対のバックネット側から見ると鮮やかな緑が美しく、天然芝の球場の美しさをより際立たせている。1995年のブルーウェーブの優勝が掛かった対千葉ロッテマリーンズ戦、翌年1996年のリーグ優勝決定の試合では、球場に入りきれない観客十数名が、優勝の瞬間を見届けようと木によじ登ってまで観戦していた。

バックネット裏のコンコースには元オリックス監督の仰木彬を記念したレリーフがあり、2005年に亡くなる直前にバファローズナインに宛てたメッセージとともに展示されている。

内野天然芝[編集]

2000年(平成12年)には、内野にも天然芝が張られた。かつては、阪急西宮球場後楽園球場東京スタジアムなどにも内外野天然芝が張られていたが、現在、NPB球団の本拠地では当球場とMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島だけであり、日本のプロ野球開催の野球場としてはサンマリンスタジアム宮崎鶴岡ドリームスタジアムがあるのみである。一時期ドーム化が計画されていたこともあったが、当時ブルーウェーブに在籍していたイチローが「グリーンスタジアムは日本一の球場」と猛反対したこともあり、断念した。イチローはMLB移籍後も、オフシーズンの自主トレに本球場を使用している。

なお、オリックス、阪神主催試合において、1塁側のウェーティングサークルには、それぞれの主催球団の球団ロゴマークがペインティングされている他、オリックス主催試合では1塁側ベンチ上段にやはりオリックスの「Bs」ロゴが書かれた小さい幕が張られている(これは現在もオリックス・バファローズ球団が管理許可制度の下球場を運営しているためである。オリックス以外の球団が主管して試合をする場合はこのロゴ幕はシートで隠される)。なお2011年(平成23年)4月の楽天主催試合ではペインティング等はしなかった(但し、バックネット裏に「がんばろう(楽天球団ロゴ)東北」の幕が掲げられた)。

イチローシート[編集]

イチローは1996年度以降、2004年度まで毎年神戸市の少年野球チームを一塁側カジュアルシート(20席分・140万円相当)に招待するイチローシートを実施していた。

1996年の設置当初は「阪神・淡路大震災の被災者に自分のプレーを間近で感じ取ってもらうことによって、勇気と希望を提供したい」という気持ちから設置してきたが、その後は地元神戸の少年野球選手たちに応援してもらった感謝の気持ち、そして野球を心の底から存分に楽しんでもらいたいということで神戸市の少年野球チームを招待してきた[15]

しかし、2004年シーズン中に発覚した大阪近鉄バファローズとの合併計画で「自らの原点であるブルーウェーブが合併すること、そしてその名称が消滅することに自らが帰る球団がなくなった」とショックを覚えたこと、また試合数が大幅に減ってしまうことなどを考慮してイチローシートは解消されている。

サブ球場[編集]

神戸総合運動公園サブ球場
Kobe Sports Park Sub Baseball Ground
Kobe-Sub-Stadium-1.jpg
施設データ
所在地 兵庫県神戸市須磨区弥栄台五丁目14(神戸総合運動公園敷地外)
座標 北緯34度41分1.53秒
東経135度4分12.06秒
開場 1991年
所有者 神戸市
管理・運用者 オリックス野球クラブ
グラウンド 内野:クレー舗装
外野・ファウルエリア:人工芝
照明 なし
旧称
  • グリーンスタジアム神戸サブ球場(開場 - 2003年3月31日)
使用チーム • 開催試合
収容能力
1,000 人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積: 14,300 m²
両翼:99.1 m(約325.1 ft)
中堅:122 m(約400.3 ft)
左右中間:117 m (約383.9 ft
フェンス - m

1991年(平成3年)にオリックスが神戸に本拠地を移転した際、当球場北側に所在する神戸流通業務団地の西側敷地にサブグラウンドとして建設されたのが、神戸総合運動公園サブ球場(こうべそうごううんどうこうえんサブきゅうじょう)である。

開場当初は当球場に倣い、愛称をグリーンスタジアム神戸サブ球場(略称:神戸サブ球場)としていたが、2003年(平成15年)に当球場に施設命名権が導入された際、サブ球場は売却の対象とならなかったことから、それ以降は現在に至るまで、神戸市の条例上の施設名称をそのまま使用している。神戸総合運動公園の敷地からは離れているものの、メイン球場と同様、施設は神戸市が所有し、オリックス野球クラブが管理許可制度に基づいた運営管理を行っている。

1999年(平成11年)までオリックスのファームが本拠地として使用し、主催のウエスタン・リーグ公式戦などが開催されていたが、2000年(平成12年)にファームが北区北神戸田園スポーツ公園野球場(あじさいスタジアム北神戸)へ本拠地を移転した。そのため公式戦の開催は同年シーズン以降設定されず、専ら練習場として使用されるようになり、対外試合は教育リーグなどを数試合開催する程度にとどまっていた。ただ2010年シーズンからは、再び公式戦が開催されるようになっている(主に春季の4-6月にかけて行われるオリックス主管の試合)。この他、一軍も試合前の練習などで使用するケースがある。またプロ野球の他、アマチュア野球や一般利用などにも供用されている。2014年6月14日には、四国アイランドリーグplus徳島インディゴソックス愛媛マンダリンパイレーツの試合(主催は徳島)が開催された[16]

フィールドは1991年当時の当球場の規格を踏襲しており、ダッグアウトやブルペンなどの配置は当時のそれに類似している。開場当初は内野がクレー舗装、外野が天然芝、ファウルエリアが人工芝だったが、その後の改修で外野も人工芝に張り替えられた。なお人工芝は経年劣化のため、2009年(平成21年)に住友ゴム工業製のロングパイル型「ハイブリッドターフ」に張り替えられている。

2010年(平成22年)オフに改修工事が行われ、スタンドを全面改修してベンチ席を増席した他、磁気反転式とパネル式を併用していたスコアボードはLED方式に改修された。

施設概要[編集]

  • 両翼:99.1m、中堅:122m
  • 内野:クレー舗装、外野・ファウルエリア:ロングパイル人工芝(住友ゴム工業製 ハイブリッドターフXP-50、パイル長50mm)
  • 照明設備:なし
  • スコアボード:LED方式
    • 2010年(平成22年)まで:スコア表示部・守備位置表示:磁気反転式、選手名・審判名表示部:パネル式
  • 収容人数:1,000人(うちベンチ席890席、身障者席4席)

交通機関[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 野球協約では準本拠地に関しての規定はない。
  2. ^ かつての大阪近鉄バファローズも、1999年までは、名鑑などにおいて、本拠地と準本拠地の両方が明記されていた。
    • 1983年(昭和58年)までは「日本生命球場・藤井寺球場(準本拠地)」。
    • 1996年(平成8年)までは「藤井寺球場・日本生命球場(準本拠地)」。
    • 1997年(平成9年)以降は「大阪ドーム・藤井寺球場(準本拠地)」。
  3. ^ 13日の東京ヤクルト-横浜DeNA(ほっと神戸)は降雨のため中止 東京ヤクルトスワローズ公式HP2014年3月13日配信・同日閲覧
  4. ^
  5. ^ http://distilleryimage3.instagram.com/576d03a0cd9b11e199e022000a1e888d_7.jpg
  6. ^ AKB握手会で球場の芝枯れる 神戸・張り替え急ぐ - 朝日新聞7月19日夕刊
  7. ^ 「神戸」と暫定表記 ヤフー球場でオリックス - 2004年12月22日 神戸新聞
  8. ^ その後、西武ドームの命名権を取得するが、自身の不祥事によりわずか一年で撤退。
  9. ^ オリックス球団によるチケットの案内など
  10. ^ 神戸総合運動公園野球場におけるネーミングライツ スポンサーの募集 - 2011年1月11日 神戸市
  11. ^ 神戸総合運動公園野球場命名権に応募は2件 - 2011年1月24日 スポニチアネックス
  12. ^ 神戸総合運動公園野球場におけるネーミングライツ スポンサーの選定結果 - 2011年2月7日 神戸市
  13. ^ 神戸総合運動公園野球場のネーミングライツ取得のお知らせ - 2011年2月7日 株式会社プレナス
  14. ^ http://www.city.kobe.lg.jp/business/contract/bid/2008/kouji20081205/20A4-046-k.html
  15. ^ 「イチロー・シート」継続のお知らせ - オリックス・ブルーウェーブ公式サイトヘッドラインニュース 2003年3月31日付
  16. ^ 試合予定/結果 - 四国アイランドリーグ公式ウェブサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前本拠地:
阪急西宮球場
1937 - 1990
オリックス・ブルーウェーブの本拠地
1991 - 2004
次本拠地:
大阪ドーム
2005 - (1シーズンのみ、メイン本拠地)
前本拠地:
大阪ドーム
2005 - (1シーズンのみ、メイン本拠地)
オリックス・バファローズの本拠地
2006 - (1シーズンのみ、メイン本拠地)
次本拠地:
大阪ドーム
2007 - 現在