BIGBANG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BIGBANG
2012 BIGBANG "EXTRAORDINARY 20's" 写真集 (左から - G-DRAGON, T.O.P, SEUNGRI, TAEYANG & DAESUNG)}
2012 BIGBANG "EXTRAORDINARY 20's" 写真集 (左から - G-DRAGON, T.O.P, SEUNGRI, TAEYANG & DAESUNG)
基本情報
出身地 韓国の旗 韓国
ジャンル K-POP
エレクトロ・ポップ
ダンス・ポップ
活動期間 2006年10月1日 -
レーベル YGEX
事務所 YGエンターテインメント
公式サイト 日本公式HP
メンバー
G-DRAGON
SOL (韓: TAEYANG)
T.O.P
D-LITE (韓: DAESUNG)
V.I (韓: SEUNGRI)
BIGBANG
各種表記
ハングル 빅뱅
発音: ビッグバン
ローマ字 Big Bang
テンプレートを表示

BIGBANGとは、韓国の男性アイドルグループである。

グループ[編集]

  • 2006年結成。デビュー前は6人で練習していたがオーディションを通じて5人が選ばれ"BIGBANG"となった。
  • 2007年グループの人気は記録破りの7週連続で韓国のチャートで1位にとどまった彼らのヒット曲のLIEとなった。彼らのアルバム、HOT ISSUEとStandUpをフォローアップ、などLast FarewellとHaru Haruなどの産卵ヒット、彼らの成功を進めた[1][リンク切れ]
  • 2008年には、日本でもアルバム『Number 1』で正式にデビューを行っている。
  • 2011年近年は、アメリカ合衆国や欧米諸国での人気も上昇しており、2011年発表のミニアルバム『Mini 4』が、アメリカビルボード誌の主催する全米Top Heatseekers(これまでに一度も大きなヒットを飛ばした事のないアーティストを中心に集計される音楽チャート)にて、初登場7位を記録した[2]
  • 2011年11月6日、ヨーロッパで開かれた「2011 MTV EMA(EUROPE MUSIC AWARDS)」で World Wide Act部門を受賞。
  • 2012年2月29日、5thミニアルバム『Alive』をリリース。収録曲はイントロも含め、韓国チャートで1位から7位を占めた[3][リンク切れ]
  • 2012年6月3日、スペシャルエディション『Still Alive』のタイトル曲"MONSTER"のM/Vを公開。公開から12時間で再生回数が100万回以上を記録しており、これは最速の記録である。
  • 2012年11月30日、香港にてMnetが主催する韓国最高の音楽授賞式 Mnet Asian Music Awards 2012にて、「今年の歌手賞」「ワールドワイドパフォーマー賞」「ベストグループ賞」など3部門で受賞した。G-DRAGONはソロアーティスト賞も受賞。“Monster in me”というテーマで、G-DRAGONのソロアルバムのタイトル曲「CRAYON」とBIGBANGの「FANTASTIC BABY」を披露した[4]
  • 2014年3月27日、ミュージックビデオ「FANTASTIC BABY」達した100ミリオン再生回数、マイルストーンに到達した最初の男性のグループとなった。
  • 2014年10月4日、2014年第17回仁川アジア競技大会閉会式に出席したが、V.Iが原因高熱にイベントに参加することはなかった。彼ら行っ[HANDS UP]、[BAD BOY]と[FANTASTIC BABY], すべてのアジア人選手とオーバー60,000出席を動員する。

メンバー[編集]

G-DRAGON(ジードラゴン)[編集]

  • 本名:권지용 / クォン・ジヨン(權志龍)
  • 1988年8月18日生まれ
  • 星座:獅子座
  • 血液型:A型
  • リーダー兼作詞作曲担当兼プロデューサー
  • 韓国活動名:G-DRAGON(ジードラゴン)
  • 愛称:ジヨン、GD、KING
  • 歌手デビュー:アルバム「2001大韓民国 Hiphop Flex - G-Dragon」
  • 特技:ラップ、ダンス、ヒューマンビートボックス、作詞、作曲、歌、英語、中国語
  • 特徴:右腕ひじ内側に「VITA DOLCE」、左腕ひじ内側に「MODERATO」、右肩甲骨から上腕にかけて「too fast to live, too young to die」のタトゥー、左肩下部分に「ドラゴンボール」の形をしたタトゥー、右の脇下から腰まで「Forever Young」のタトゥー、左肋骨下に「MIND CONTROL」のタトゥー、「VITA DOLCE」のタトゥーの下にキースへリングのハートマークのタトゥー、左手の人差し指に$マーク、中指にF、薬指に♡のタトゥーがある。
  • 愛犬の名前はガホ(チャイニーズ・シャーペイ)。2012年9月からガホのパートナーとして同じ犬種のメスを飼っている。名前はジョリー
  • 幼いころからのくせで爪噛みぐせが治らない
  • 愛用のiPodの中にはPerfumeなど日本の歌手も入っている
  • キャラクターものが好き。蟹料理と肉料理と日本料理が大好き
  • 2009年8月にリリースしたソロアルバム「HEARTBREAKER」は、4日で10万枚を売り上げたが、同年09月、G-DRAGONのソロアルバムの収録曲について、盗作の可能性が高く、ソニーATVミュージックパブリッシング韓国支社が法務法人を通じて17日、G-DRAGONの所属事務所YGエンターテインメントと作曲家を対象に、G-DRAGONの「Heartbreaker」と「Butterfly」、BIGBANGの「With U」、2NE1の「I don't care」の4曲に対し、著作物無断使用に関する警告書を発送した
  • 発売に先がけてアルバム収録曲をインターネットで公開すると全ての曲がダウンロードサイトのトップ10にランクインした
  • 作曲、アレンジ、ライブの演出まで自身で手掛けるBIGBANGの司令塔・プロデューサーだが、新曲を発表する度に盗作の論争に巻き込まれることが多く、作曲の能力を疑われ、韓国内では「盗作作曲家」との汚名に曝されている。なお本人はこの事について、「好きだからスタイルなどに影響を受けることもあります。でもラップや曲に影響を受けたなんて、冗談じゃありません。一部の海外アーティストが格好いいとか、クールだと感じたら、真似をするかどうかという問題ではなく、解釈の仕方を参考にするんです。それを模倣だ盗作だと受け取るなら、そのアーティストを本当には理解していないということです。いいものを見たらいい影響を、悪いものを見たら悪い影響を受けて、インスピレーションを得るだけなのに……よく理解せずにおっしゃる言葉に関心はありません」と言っている
  • 5歳の時に音楽ユニット、ルーラのキッズチーム、ちびっこルーラに選ばれたことがある
  • 様々なジャンルやトレンドを取り入れるセンスはK-POP界でもトップクラス[独自研究?]
  • 2010年11月からT.O.PとのラップユニットGD&TOPとしても活動中
  • GD&TOPは、2012年には、日本デビューも果たした
  • 2011年、日本で大麻を吸引し韓国の検察に摘発されたが起訴猶予処分となった[5]
  • 2011年12月4日ソウルのオリンピック体操競技場で行われた「2011YGファミリーコンサート」に出演し活動再開
  • 2012年9月18日にソロミニアルバム"One Of A Kind"をリリースした
  • 2012年11月、両親にペンションをプレゼント。自身のタトゥーから「VITA DOLCE」と名付けられたペンションは、一般の成人カップルのみが宿泊できる施設であり、過度なイベントなどでは使用できない事を父親がインタビューで語った[6]

SOL(ソル)[編集]

  • 本名:동영배 / トン・ヨンベ(董永培)
  • 1988年5月18日生まれ
  • 星座:牡牛座
  • 血液型:B型
  • メインボーカル(初期やソロ活動の時はラップも担当)
  • 韓国活動名:テヤン(太陽:태양
  • 愛称:テヤン、ヨンベ、ベベ
  • 歌手デビュー:2002年 YGファミリー 2ndアルバム
  • 特技:歌、ダンス、ピアノ、ヒューマンビートボックス、作詞、英語、日本語
  • 特徴:サングラスとキャップを愛用
  • 帽子が大好きで300個ぐらい所有している
  • CHROME HEARTSのタンクトップを愛用している
  • G-DRAGONとは小学生の頃から事務所の練習生生活を共にしてきた親友
  • 愛犬の名前はボス(ボストン・テリア
  • 宗教はキリスト教
  • 自他公認の彼女いない歴=年齢。ファーストキスは、M/Vの演技の時
  • 彼のダンスの多くは振付師のSHAUN EVARISTO(ショーン・エバリスト)が担当している
  • マイケル・ジャクソンの大ファンで、いつか彼のように世界中に感動を与える歌手になるのが夢
  • 2009年10月に新曲「Where U At」をリリース
  • 2010年7月にファーストアルバム「SOLAR」をリリース。カナダのチャートでは1位を獲得していおり、これを受けて、英語の曲を数曲追加したインターナショナル盤をリリースした
  • 2008年「HOT」(韓国:SOUL AX)、2010年9月「SOLAR」(韓国:慶煕大学)とソロでのコンサートも行っている

T.O.P(トップ)[編集]

  • 本名:최승현 / チェ・スンヒョン(崔勝鉉)
  • 1987年11月4日生まれ
  • 星座:蠍座
  • 血液型:B型
  • ラッパー兼俳優
  • 韓国活動名:T.O.P(タップ)
  • 愛称:タプ、TOPさん、膝神
  • 特技:ラップ、ヒューマンビートボックス、作詞、作曲、英語
  • 特徴:インパクトがある数々の指輪を愛用
  • 経歴:KBSラジオ「チャドのラジオが好き」ラップバトル優勝
  • 人物
    • BIGBANGの最年長
    • T.O.Pの名付け親は事務所の先輩のSE7EN
    • 中学生の頃から地元のクラブでラッパー(当時の活動名はTEMPO)として活動していた
    • 端整なルックスとスタイルの良さで“BIGBANGのビジュアル担当”と言われている
    • 愛犬の名前はチャーリー(ミニチュア・ダックスフント)
    • イ・ヒョリの大ファン
    • スイーツが大好きで辛いものより甘いものを好む
    • 特にドーナツが大好物
    • フィギュア(主にBE@RBRICK)収集が趣味
    • ライブ中に3mの高さから転落したことがある
    • 2010年6月ソロデビューシングル「TRUN IT UP」をリリース
    • 映画「戦火の中へ」主人公オ・ジャンボム役で数々の映画祭新人賞にノミネート。韓国の映画祭でアイドル歌手出身の俳優が賞ノミネートされるのは初
    • 戦火の中へ」撮影中に目の中に破片が入り失明しそうになった
    • 2010年11月からG-DRAGONとのラップユニットGD&TOPとしても活動中
    • 2012年9月頃に主演映画「同窓生」(2013年日本公開予定)で右手の甲を負傷した
  • MV出演
    • 2007年 Red Roc - Hello
    • 2008年 GUMMY - I'm Sorry
    • 2011年 GUMMY - ゴメンネ feat.T.O.P(BIGBANG)
  • ドラマ出演
  • 映画出演
  • 受賞歴

D-LITE(ディ・ライト)[編集]

  • 本名:강대성 / カン・デソン(姜大聲)
  • 韓国活動名:テソン
  • 愛称:テソン 、テソナ、天使
  • 1989年4月26日生まれ
  • 星座:牡牛座
  • 血液型:O型
  • 特技:歌、英語、日本語

人物

  • ボーカル担当。力強くて温かい心に響くファルセットが特徴。(公式プロフィールより)
  • BIGBANGのお笑い(バラエティ)担当(「お笑いの師匠はメンバーのT.O.P」と本人が『2NE1TV』で言っている)
  • D-LITEという名は楽しませるなどの意味の英語delightから。いつも明るいという意味も込められている。(公式プロフィールより)
  • 以前、実家で猫を飼っていた
  • T.O.Pと同じく、ステージから転落したことがある。
  • 日本デビュー曲のMY HEAVENについて、「歌う前に歌詞の意味を理解するために、ハングルに訳して、いつも意味を把握してからレコーディングをしたので、いつもよりずっと時間がかかりました」と語っている。

出来事

  • 2009年、番組の収録後の帰り道に交通事故に遭い、全治6週間の怪我を負った。そのため、予定されていた日本ツアーは延期されたが、年末には完治、日本ツアーを行う事ができた。[7]
  • 2011年5月31日深夜、ソウル、楊花(ヤンファ)大橋南端で、自身の乗用車を運転中、道路に倒れていたバイク運転手を引きずったまま20mほど走行し、停車していたタクシーに相次いでぶつかった。バイク運転手は多発性損傷で死亡、タクシー運転手も全治約3週間の負傷をしたが、本人は無事だった。この事故による証拠が不十分であった為、2011年8月、無嫌疑処分を下された。[8]12月に、ドラマ『What's up』制作報告会で活動再開、[9]翌年2月20日、SBS「ヒーリングキャンプ」にて、事故以来初めて自身の胸中を告白した。[10]
    • 2012年2月25日に放送されたKBS「演芸街中継」にD-LITEの交通事故の死亡遺族が出演、「彼が遺族に充分に謝らなかった」と主張した[11]。しかしその後、他局の番組で死亡したバイク運転手の実兄が、番組に強引な取材をさせられたと語った[12]。6月8日、放送通信審議委員会は番組に対し他メディアを通じて番組の内容に事実と異なる点があるという主張が提起されたにもかかわらず、訂正するなどの措置をとらなかったことに対し注意した。[13]

ソロ作品

  • シングル(韓国)
    • 2006年「笑ってみる」(「웃어본다」、『BIGBANG Vol.1』に収録、日本語版は『Rainy Rainy』、『D'slove』に収録予定)
    • 2008年「俺を見て、クィスン」(「날 봐, 귀순」、デジタルシングル、日本語版は『Rainy Rainy』、『D'slove』に収録予定)
    • 2009年「大成功だ!」(「대박이야!」、デジタルシングル)
    • 2010年「ソムサタン」(「솜사탕」、同上)
    • 2011年「Baby Don't Cry」(ミニアルバム『Special Edition』に収録。日本語版は『D'scover』に収録)
    • 2012年「WINGS」(アルバム『ALIVE』、『ALIVE -MONSTER EDITION-』に収録。日本語版は『SPECIAL FINAL IN DOME MEMORIAL COLLECTION』、『D'scover』に収録)
  • シングル(日本)
    • 2013年 7月31日 シングル『I LOVE YOU』発売。初のジャパンソロシングル。[14]
    • 2014年 6月11日 配信シングル『 Rainy Rainy 』発売。iTunes総合チャート1位獲得[15]
  • アルバム(日本)
    • 2013年2月27日 J-Popカヴァーアルバム『D'scover』発売。ジャパンソロデビュー作品。[16]
    • 2014年7月16日、アルバム『D'slove』発売[17]
  • その他
    • 2010年「How Did We Get」(イ・ヒョリのアルバム『H-Logic』に収録、デュエット曲)
    • 2012年「Rock Star」(『What's Up 日本版オリジナル・サウンドトラック』)
    • 2013年 「親愛なる君へ feat. D-LITE (from BIGBANG)」(Gummyのアルバム『FATE(S)』に収録)

テレビ出演

  • 2008-2010年、SBSバラエティ番組『ファミリーがやってきた』にレギュラー出演
  • 2008-2009年、MBC音楽番組、『ショー!音楽中心』にV.IとMCとしてレギュラー出演
  • 2010年、SBSトーク番組『おしゃべりナイト~スターの真相~』にMCとしてレギュラー出演
  • 2011年、MBNドラマ『WHAT'S UP』にハ・デス/ハ・ドソン役として出演
  • 2013年、MTV Japan『D'splay 』にMCとして出演。日本でソロ初のレギュラー番組。[18]
  • 〃年秋、MTV Japan『D'splay Returns 』にMCとして出演。

ライブ

  • 2013年3月、初ソロライブツアー『D-LITE D'scover Tour 2013 in Japan ~DLive~』を開催[19]、下記ほか、全国を回る追加公演も開催した[20]
    • 3月23-24日 神戸ワールド記念ホール
    • 3月30-31日 日本武道館
  • 2014年、『D-LITE DLive 2014 in Japan ~D'slove~』を開催[21]

ソロ活動(その他)

  • 2008年、ミュージカル『CATS』にRum Tum Tagger役として出演。
  • 2012年8月、公式モバイルサイト『BIGBANG☆WORLD』にてブログ「トさんの新発見」を開始。

V.I(ヴィ・アイ)[編集]

  • 本名:이승현 / イ・スンヒョン(李升炫)
  • 1990年12月12日生まれ
  • 星座:射手座
  • 血液型:A型
  • ボーカル
  • 韓国活動名:スンリ(승리)
  • 愛称:スンリ、スン、スンちゃん
  • 特技:歌、ダンス、英語、日本語
  • ドラマ出演:金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件(2013年)
  • 映画出演:우리 집에 왜 왔니(我家にどうして来たの)(2009年)
  • 中央大学校演劇映画学部に在学中(2010年度入学生)
  • 東方神起ジュンスのファンで、ユンホとはプライベートで遊ぶこともある
  • 日本のドラマ、映画、お笑い、音楽が大好き。日本活動における日本語MC担当
  • また安室奈美恵宮崎あおいスギちゃんなど好きな芸能人も多数いるが、中でもずっと安室の大ファンである
  • デビュー前はアマチュアのダンスグループに所属していた
  • BIGBANGのメンバーオーディションの最終選考でチャン・ヒョンスン(現・BEASTのメンバー)と一緒に落選したが、復活オーディションに合格し現在に至る
  • 2007年ライブ中、演出用の火薬の破片が目に当たるケガが起こった。幸い白目だったため大丈夫だった
  • 2007年の年末、疲労がピークに達したメンバーが「So Fresh So Cool」(ビール)のCF撮影中に脱走を計画。そのとき未成年だったので一緒にいなかったV.Iを誘うも、V.Iがヤン社長に報告。これにより脱走計画がバレて失敗に終わったが、その結果社長よりすべてのスケジュールをキャンセルして二ヶ月の休暇がプレゼントされた
  • デビューのために高校を中退したが、2009年4月に高卒検定試験に合格し、今の大学に入学
  • 最年少(末っ子)のためメンバーによくいじられ遊ばれている。G-DRAGONとはトムとジェリーのような関係[独自研究?]
  • 2012年7月ごろから9月末頃まで日本に残って一人で活動することを発表した
  • 2012年9月13日発売の週刊誌『フライデー』でV.Iと夜を共にした女性が提供したV.Iが上半身裸でベッドの上で寝ている写真が掲載され、V.Iが性行為中に首を絞める癖があるなどと伝えた。同月25日BIGBANGのメンバーがスキャンダルについてお詫びした。[22]
  • 妹は女優のイ・ハンナ。アマチュアバンドのボーカルとして活動中。過去には歌手を目指して練習生としてトレーニングを受けていた。

CM[編集]

  • SKOOLOOKS
  • CAFFE LATTE
  • HITE
  • EVERSENCE
  • FILA
  • BASKIN ROBBINS
  • NII AND
  • LG CYON
  • LG Lollipop
  • LG SMURF
  • LG OPTIMUS ONE
  • BEANPOLE
  • LG OPTIMUS BIG
  • LOTTE DUTY FREE
  • G-MARKET
  • CJ GROUP
  • SOUL BY LOUDACRIS
  • NIKON
  • SUNNY 10 SPARKLINGADE
  • NORTH FACE
  • FUBU

作品[編集]

シングル[編集]

  1. Bigbang(06年08月28日) [23]
  2. BigBang Is V.I.P(06年09月28日) [24]
  3. Bigbang 03(06年11月21日)[25]

デジタルシングル[編集]

  1. Look At Me, Gwisun [テソン ソロ] (08年6月16日)
  2. Look At Only Me Part.2 [G-DRAGON ソロ] (08年06月30日)
  3. FILA Limited Edition With Bigbang(08年12月30日)
  4. Big Hit ! [テソン ソロ] (09年01月29日)
  5. LOLLIPOP -with 2NE1(09年03月27日)
  6. Where U At [テヤン ソロ] (09年10月15日)
  7. Wedding Dress [テヤン ソロ] (09年11月13日)
  8. Cotton Candy [テソン ソロ](10年01月26日)
  9. LOLLIPOP Pt.2(10年02月19日)
  10. The Shouts of Reds part2 -Feat.kim YuNa(10年05月11日)
  11. Turn It Up [T.O.P ソロ] (10年6月21日)
  12. That XX [G-DRAGON ソロ] (12年9月01日)
  13. Ringa Linga [テヤン ソロ] (13年11月08日)

ミニアルバム[編集]

  1. Always(07年08月16日)
  2. Hot Issue(07年11月23日)
  3. Hot [テヤン ソロ] (08年5月22日)
  4. Stand Up(08年08月08日)
  5. V.V.I.P [スンリ ソロ] (11年01月20日)
  6. Mini 4(11年02月24日)
  7. Alive(12年02月29)
  8. One Of A Kind [G-DRAGON ソロ] (12年9月15日)
  9. Let's Talk About Love [V.I ソロ] (13年8月19日:オンラインリリース/13年8月21日:アルバムリリース)

スペシャル・エディション[編集]

  1. Special Edition(11年04月08日)
  2. Special Edition : Still Alive(12年06月06日)

正規アルバム[編集]

  1. BIGBANG Vol.1(06年12月22日)
  2. Remember(08年11月05日)
  3. Heartbreaker [G-DRAGON ソロ] (09年08月18日)
  4. Solar [テヤン ソロ] (10年07月01日)
  5. Solar (International Release Album) [テヤン ソロ] (10年08月25日)
  6. THE FIRST ALBUM [GD & TOP] (10年12月24日)
  7. Coup D'etat [G-DRAGON ソロ] (13年09月03日:前編リリース/13年09月05日:後編リリース/13年09月13日:アルバムリリース)

LIVE CD[編集]

  1. 1st Concert Live Album - The Real(07年02月08日)
  2. 2nd Concert Live Album - The Great(08年02月27日)
  3. 3rd concert Live Album - Big Show(09年04月22日)
  4. 1st Live Album : Shine A Light [G-DRAGON ソロ] (10年03月30日)
  5. 4th concert Live Album - 2010 Big Show(10年06月23日)
  6. 5th concert Live Album - 2011 Big Show(11年06月14日)
  7. 6th concert Live Album - ALIVE TOUR IN SEOUL(13年01月10日)
  8. 7th concert Live Album - ALIVE GALAXY TOUR [THE FINAL IN SEOUL](13年05月30日)
  9. 2nd Live Album - 2013 G-DRAGON WORLD TOUR LIVE CD [ONE OF A KIND IN SEOUL] [G-DRAGON ソロ] (13年09月03日)

DVD[編集]

  1. 1st Live Concert DVD - The Real
  2. 2nd Live Concert DVD - The Great
  3. 2008 Global Warning Tour & TAEYANG Concert DVD
  4. 2009 Big Show
  5. G-Dragon Concert Live DVD ‘Shine a Light’
  6. 2010 Big Show
  7. TAEYANG [SOLAR] LIVE CONCERT DVD
  8. 2011 Big Show
  9. BIGBANG 1st PHOTOGRAPH COLLECTION [Extraordinary 20’s]
  10. BIGBANG’S ALIVE 2012 MAKING COLLECTION
  11. 2012 BIGBANG LIVE CONCERT DVD - ALIVE TOUR IN SEOUL
  12. BIGBANG BEST MUSIC VIDEO COLLECTION 2006~2012 -KOREA EDITION-
  13. G-Dragon Collection DVD ‘One Of A Kind'
  14. BIGBANG BEST M/V MAKING FILM COLLECTION 2006~2012 -KOREA EDITION-
  15. 2013 BIGBANG ALIVE GALAXY TOUR DVD - THE FINAL IN SEOUL
  16. 2012~2013 BIGBANG ALIVE GALAXY WORLD TOUR DVD
  17. G-DRAGON 2013 WORLD TOUR DVD 'ONE OF A KIND IN SEOUL'
  18. 2013 G-DRAGON WORLD TOUR DVD [ONE OF A KIND THE FINAL in SEOUL + WORLD TOUR]
  19. 2014 BIGBANG +α CONCERT IN SEOUL DVD

OST[編集]

  1. MBCドラマ「チング」挿入歌:チング [T.O.P & テヤン](2009年06月26日)
  2. SBSドラマ「アイリス」挿入歌:ハレルヤ [G-DRAGON , T.O.P , テヤン](2009年11月04日)
  3. ドラマ「What's Up」挿入歌:Lunatic [テソン](2012年月日)

ミュージックビデオ(韓国)[編集]

  1. We Belong Together
  2. A Fool Of Tears
  3. This Love [G-DRAGON]
  4. La La La
  5. Ma Girl [TAEYANG]
  6. Forever With You [G-DRAGON , T.O.P]
  7. Goodbye Baby
  8. Dirty Cash
  9. Lie
  10. Always
  11. Last Farewell
  12. Haru Haru
  13. ガラガラ GO!! (Korean Ver.)
  14. Prayer [TAEYANG]
  15. Only Look At Me [TAEYANG]
  16. Strong Baby [SEUNGRI]
  17. Lollipop (with 2NE1)
  18. Hallelujah [G-DRAGON , T.O.P , TAEYANG]
  19. Heartbreaker [G-DRAGON]
  20. A Boy [G-DRAGON]
  21. Breathe [G-DRAGON]
  22. Butterfly [G-DRAGON]
  23. Lollipop Pt.2
  24. The Shouts of Reds part2
  25. Where U At [TAEYANG]
  26. Wedding Dress [TAEYANG]
  27. I'll Be There [TAEYANG]
  28. Turn It Up [T.O.P]
  29. Gmarket Party [G-DRAGON] (CF)
  30. High High [GD & TOP]
  31. Knock Out [GD & TOP]
  32. Baby Good Night [GD & TOP]
  33. Don't Leave [GD & TOP]
  34. V.V.I.P [SEUNGRI]
  35. What Can I Do [SEUNGRI]
  36. Tonight
  37. Love Song
  38. The North Face [G-DRAGON , T.O.P , TAEYANG , SEUNGRI] (CF)
  39. Blue
  40. Bad Boy
  41. Fantastick Baby
  42. Never Stop Dreaming (CF)
  43. Monster
  44. One Of A Kind [G-DRAGON]
  45. That XX [G-DRAGON]
  46. Crayon [G-DRAGON]
  47. MICHIGO [G-DRAGON]
  48. GOTTA TALK TO U [V.I]
  49. COUP D'EAT [G-DRAGON]
  50. CROOKED [G-DRAGON]
  51. RINGA LINGA [TAEYANG]
  52. DOOM DADA [TOP]

書籍[編集]

  1. 実録:世界で君を叫べ!(2009年)

MV 出演[編集]

  1. Red Roc-Hello (ft. TOP)
  2. Gummy-I'm Sorry (ft. TOP)
  3. オム・ジョンファ-D.I.S.C.O (ft. TOP)

日本[編集]

シングル[編集]

リリース日 曲名 オリコン
最高
順位
販売形態 レコードNo. 形態
1 2009年6月24日 MY HEAVEN 3位 CD
CD
CD+DVD
UPCH-561
UPCH-562
UPCH-9498
通常盤
通常盤
初回限定盤
2 2009年7月8日 ガラガラ GO!! 5位 CD
CD+DVD
UPCH-5616
UPCH-5615
UPCH-9500
通常盤
通常盤
初回限定盤
3 2009年11月4日 声をきかせて 4位 CD
CD+DVD
CD+DVD+グッズ
UPCH-5632
UPCH-9532
UPCH-9531
通常盤
初回限定盤
完全初回生産限定盤
4 2010年6月9日 Tell Me Goodbye 5位 CD
CD+DVD
UPCH-5654
UPCH-9574
通常盤
初回限定盤
5 2010年8月25日 BEAUTIFUL HANGOVER 7位 CD
CD+グッズ
UPCH-5660
UPCH-9579
通常盤
初回限定版

ミニアルバム[編集]

  1. For The World〔インディーズデビューアルバム〕(08年1月4日)
  2. WITH U(08年5月28日)
  3. SPECIAL FINAL IN DOME IN JAPAN MEMORIAL COLLECTION 〔ドームツアー記念作品〕 (12年12月5日、オリコン4位)


オリジナルアルバム[編集]

タイトル 発売日 規格品番 オリコン
最高
順位
1st Number 1 2008年10月22日 13位
2nd BIGBANG 2009年8月19日 3位
3rd BIGBANG 2 2011年5月11日 UPCH-9624(初回限定盤A)
UPCH-9625(初回限定盤B)
UPCH-1832(通常盤)
1位
4th ALIVE 2012年3月28日 AVCY-58043(初回限定盤A)
AVCY-58044(初回限定盤B)
AVCY-58045(初回限定盤C)
AVCY-58046(通常盤)
AVZ1-58060(特殊仕様盤)
3位
5th ALIVE -MONSTER EDITION- 2012年6月20日 AVZY-58064(初回生産限定盤)(SPECIAL BOX仕様)(フォトT-SHIRT付き)(YGEXポイント封入)
AVCY-58065(初回仕様:スペシャルスリーブケース / YGEXポイント封入)(DVDトールケース仕様)
AVCY-58066(初回仕様:スペシャルスリーブケース / YGEXポイント封入)
3位

ベストアルバム[編集]

リリース日 曲名 オリコン
最高
順位
販売形態 レコードNo: 形態
1 2009年11月7日 ASIA BEST 2006-2009 20位 CD UPCH-1742 通常盤
2 2011年12月14日 THE BEST OF BIGBANG 2位 CD
CD+DVD
CD+DVD+グッズ
UPCH-1851
UPCH-9683
UPCH-9682
通常盤
初回限定盤
初回限定盤 –Special Edition -

LIVE CD[編集]

  • Love & Hope Tour 2011
  • BIGBANG ALIVE TOUR 2012 IN JAPAN: SPECIAL FINAL IN DOME -TOKYO DOME 2012.12.05- (ONLY IN DELUXE EDITION)

ミュージックビデオ(日本)[編集]

  • How Gee
  • With U
  • Number 1
  • MY HEAVEN
  • ガラガラ GO!!
  • 声をきかせて
  • Tell Me Goodbye
  • BEAUTIFUL HANGOVER
  • TONIGHT
  • Oh Yeah [GD & TOP Feat. BOM]
  • BLUE
  • BAD BOY
  • FANTASTIC BABY (Ver.0 & Final)
  • MONSTER (Ver.0 & Final)
  • High&High (from GD&TOP)
  • ピタカゲ (from G-DRAGON)

DVD[編集]

  1. BIGBANG LIVE CONCERT“BIGSHOW”(2009年8月19日)
  2. BIGBANG THE CLIPS vol.1(2009年12月23日
  3. BIGBANG STAND UP TOUR '08(2010年3月17日)
  4. BIGBANG ELECTRIC LOVE TOUR 2010(2010年4月28日)
  5. BIGBANG Love & Hope Tour 2011(2011年12月14日)
  6. BIGBANG ALIVE TOUR 2012 IN SEOUL -JAPAN EDITION-(2013年1月29日)
  7. BIGBANG ALIVE TOUR 2012 IN JAPAN: SPECIAL FINAL IN DOME -TOKYO DOME 2012.12.05-(2013年3月27日)
  8. 2012~2013 BIGBANG ALIVE GALAXY TOUR DVD [THE FINAL IN SEOUL & WORLD TOUR](2013年7月24日)
  9. BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2013~2014(2014年3月19日)
  10. 2014 BIGBANG +α CONCERT IN SEOUL -JAPAN EDITION-(2014年7月2日)

ソロアルバム[編集]

G-DRAGON[編集]
タイトル 発売日 規格品番 オリコン
最高
順位
1st COUP D'ETAT [+ ONE OF A KIND & HEARTBREAKER] 2013年11月27日 AVZY-58114~5B (2CD+DVD+PHOTO BOOK+GOODS)
AVCY-58116~7B (2CD+DVD)
AVCY-58118~9 (2CD)
AQZD-50895 (PLAYBUTTON)
SOL[編集]
タイトル 発売日 規格品番 オリコン
最高
順位
1st RISE [+ SOLAR & HOT] 2014年8月13日 AVCY-58197~8/B (2CD+DVD)
AVCY-58199~200 (2CD)
AQED-76268 (PLAYBUTTON)
D-LITE[編集]
タイトル 発売日 規格品番 オリコン
最高
順位
1st D'scover 2013年2月28日 AVCY-58125 (CD+DVD)
AVCY-58126 (CD)
AQZD-50852 (PLAYBUTTON)
2nd D'slove 2014年7月16日 AVZY-58228/B (CD+DVD+GOODS)
AVCY-58229/B (CD+DVD)
AVCY-58230 (CD)
AQED-76271 (PLAYBUTTON)
V.I[編集]
タイトル 発売日 規格品番 オリコン
最高
順位
1st LET'S TALK ABOUT LOVE 2013年10月9日 AVZY-58157/AVCY-58158 (CD+DVD)
AVCY-58159 (CD)
AQZD-50970 (PLAYBUTTON)

ソロシングル[編集]

  1. I LOVE YOU [D-LITE] (2013年7月31日)

GAME[編集]

  1. ONLINE GAME サドンアタック “BIGBANG CHARACTER”(2010年4月16日)

写真集[編集]

  1. ELECTRIC LOVE TOUR 2010(2010年9月29日)

受賞歴[編集]

2006年[編集]

  • 第15回ソウル歌謡大賞/ 優秀新人グループ賞
  • 2006年 10月 CYWORLDデジタルミュージックアワード/10月のRookie Of The Month (La-La-La)

2007年[編集]

  • 2007年 12月 第22回ゴールデンディスク/本賞
  • 2007年 12月 第08回大韓民国映像対戦 男子歌手部門/フォトジェニックスター賞
  • 2007年 12月 CYWORLDデジタルミュージックアワード/12月のSong Of The Month (마지막 인사)
  • 2007年 11月 M.net KM Music Festival/今年の歌賞、男子グループ賞、編曲賞
  • 2007年 09月 CYWORLDデジタルミュージックアワード/09月のSong Of The Month (거짓말)
  • 2007年 08月 CYWORLDデジタルミュージックアワード/08月のSong Of The Month (거짓말)

2008年[編集]

  • 2008年 12月 大韓民国文化産業有効文化体育観光部/ユインチョン長官表彰
  • 2008年 12月 2008第09回大韓民国国会大賞/大衆音楽部門
  • 2008年 11月 CYWORLDデジタルミュージックアワード/11月のSong Of The Month (붉은 노을)
  • 2008年 11月 コスモポリタン100号発刊行事/今年の歌手賞 受賞
  • 2008年 11月 M.net KM Music Festival/今年の歌手賞、男子グルップ賞、デジタル音源賞、 ミュージックポータルM.net賞
  • 2008年 10月 2008スタイルアイコンアワーズ/男子歌手部門
  • 2008年 09月 第35回韓国放送大賞/新人歌手賞
  • 2008年 08月 CYWORLDデジタルミュージックアワード/08月のSong Of The Month (하루하루)
  • 2008年 08月 M.net 20´s Choice/HOTトレンドミュージシャン賞
  • 2008年 06月 2008上半期SMBI指数(Star Marketing Brand Index) 1位
  • 2008年 04月 第01回Nickelodeon Kids Choice Awards/ベスト男子歌手賞
  • 2008年 03月 第05回韓国大衆音楽賞 ネチズンが選んだ/最優秀ダンス&エレクトロニック歌賞
  • 2008年 01月 第17回ハイワンソウル歌謡大賞/デジタル音源賞、本賞、大賞

2009年[編集]

  • 2009年 12月 大韓民国コンテンツアワード/海外進出アーティスト部門 文化体育観光部長官賞
  • 2009年 12月 第42回日本有線大賞/新人賞, 最優秀 新人賞
  • 2009年 12月 第51回日本レコード大賞/新人賞、最優秀新人賞
  • 2009年 11月 日本 NTV ベストヒット歌謡際/ゴールドアーティスト賞
  • 2009年 09月 Asia Song Festival/アジア最高歌手賞
  • 2009年 08月 M.net 20´s Choice/HOT CF STAR賞
  • 2009年 04月 CYWORLD デジタルミュージックアワード/04月のSong Of The Month (Lollipop)
  • 2009年 04月 第02回 Nickelodeon Kids Choice Awards/ベスト男子歌手賞
  • 2009年 03月 第21回 韓国PD大賞/歌手部門 出演者賞
  • 2009年 02月 第18回 ハイワンソウル歌謡大賞/本賞、最高アルバム賞、モバイル人気賞、ハイワンミュージック賞

2010年[編集]

  • SPACE SHOWER Music Video Awards / BEST CHOREOGRAPHY VIDEO(振り付け、ダンス部門最優秀作品)
  • 第24回日本ゴールドディスク大賞 / ザ・ベスト5ニュー・アーティスト部門
  • MTV WORLD STAGE VMAJ 2010 / 最優秀新人アーティストビデオ賞
  • MTV WORLD STAGE VMAJ 2010 / 最優秀ポップビデオ賞
  • MTV WORLD STAGE VMAJ 2010 / 最優秀コラボレーションビデオ賞 (w-inds.×G-DRAGON)
  • 国連承認 NGO機関 国連の友「Global Unity Award」受賞
  • 第52回日本レコード大賞 / 最優秀作品賞
  • 2010年 Mnet アジアミュージックアワード / 男歌手賞(テヤン)

2011年[編集]

  • MTV EUROPE MUSIC AWARDS 2011 / ワールドワイド・アクト賞
  • 2011年 Mnet アジアミュージックアワード / 今年最優秀MV賞 (love song)
  • 2011年 Melon Music Awards / 今年TOP10、今年最優秀Music Style Rap/HipHop賞 (GD&TOP)

2012年[編集]

  • 2012年 Mnet アジアミュージックアワード / 今年の歌手賞、ワールドワイドパフォーマー賞、ベストグループ賞、ソロアーティスト賞(G-DRAGON)
  • 2012年 Melon Music Awards / 今年TOP10
  • SPIN誌 - 今年のK-POP / 1位(G-DRAGON - Crayon)、7位(Bad Boy)、13位(Fantastic Baby)
  • BuzzFeed / 23 Best Music Videos Of 2012 (FANTASTIC BABY-13位、G-DRAGON-CRAYON-17位)
  • 2012年 May MTV Italy TRL Awards 2012 / BEST FAN賞
  • 2012年 1st GAONチャートK-ポップ·アワード / 今月の歌賞 -4月- 「LOVE SONG」
  • 2012年 CYWORLDデジタルミュージックアワード / 今月の歌賞 -2月- 「BLUE」
  • 2012年 CYWORLDデジタルミュージックアワード / 今月の歌賞 -3月- 「FANTASTIC BABY」
  • So-Loved Awards 2012 / 男性ソロ(G-DRAGON)1位、男性バンド1位、ミニアルバム1位、ソング部門1位、ミュージックビデオ部門2位
  • MTV ベスト・バンド・スタイル・オブ・2012 / TOP10

2013年[編集]

  • 2013年 ALLKPOP 全てのK-ポップ·アワード / 今年の歌賞「FANTASTIC BABY」
  • 第27回ゴールデンディスク / 本賞、MSNインターナショナル賞
  • 第22回ハイワンソウル歌謡大賞 / 本賞、今年のアルバム賞 (G-DRAGON「ONE OF A KIND」)
  • 第27回日本ゴールドディスク大賞 / アジア部門·ベスト3アルバム賞 「ALIVE」
  • 2013年 2nd GAONチャートK-ポップ·アワード / 今年のアルバム賞 -第1四半期- 「ALIVE」
  • 2013年 2nd GAONチャートK-ポップ·アワード / 今年の歌手賞 -2月- 「BLUE」
  • 2013年 2nd GAONチャートK-ポップ·アワード / 今年の歌手賞 -3月- 「FANTASTIC BABY」
  • 2013年 KOREAN MUSIC AWARDS (韓国の音楽賞) / ベストラップ/ヒップホップソング賞 (G-DRAGON「ONE OF A KIND」)
  • 2013年 MTV MVAJ / ベストダンスビデオ賞 「FANTASTIC BABY -Ver.Final-」
  • 2013年 スタイルアイコンアワード / ベストスタイルアイコン賞 (G-DRAGON)、今年のスタイルアイコン賞 [大賞] (G-DRAGON)
  • 2013年 Mnet アジアミュージックアワード / BC-UnionPay今年の歌手賞(G-DRAGON)、ベストダンスパフォーマンス男性ソロ賞(G-DRAGON)、ベスト男性アーティスト賞(G-DRAGON)、NISSAN JUKEザ·ベスト·ミュージックビデオ賞(G-DRAGON)

2014年[編集]

  • 2014年 KOREAN MUSIC AWARDS (韓国の音楽賞) / 今年のベストネチズン投票男性ミュージシャン賞 (G-DRAGON)

テレビ[編集]

その他の番組にも多数出演。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ . koreatimes. http://web.archive.org/web/20080202191614/http://www.koreatimes.co.kr/www/news/special/special_view.asp?newsIdx=16685&categoryCode=178 2013年11月2日閲覧。 
  2. ^ “contents.innolife.net”. billboard (contents.innolife.net). http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=128564 2011年6月28日閲覧。 
  3. ^ billboard (contents.k-plaza.com). http://www.k-plaza.com/news/enter_news_5850 2012年3月28日閲覧。 
  4. ^ billboard (news.kstyle.com). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1957653 2012年12月2日閲覧。 
  5. ^ http://japanese.joins.com/article/350/144350.html?servcode=700&sectcode=740 2011年10月05日[中央日報日本語版]BIGBANGのG-DRAGON、日本で大麻吸引…起訴猶予
  6. ^ http://japanese.joins.com/article/399/163399.html?servcode=700&sectcode=740 BIGBANGのG-DRAGON、両親に超豪華ペンションを贈る
  7. ^ 【韓流】BIGBANGのデソン、交通事故で病院に搬送
  8. ^ BIGBANGのD-LITE、交通事故の容疑が晴れる
  9. ^ BIGBANGのD-LITE、復帰の心境語る
  10. ^ D-LITE、「“殺人魔”のコメントに極端な考えも…」
  11. ^ http://japanese.joins.com/article/671/148671.html
  12. ^ 韓国のニュースサイト イーデイリースターin (朝鮮語)
  13. ^ BigBangテソン、『芸能街中継』での報道に放通信委が注意喚起
  14. ^ D-LITE初のジャパンソロシングルは、UULAオリジナルドラマ「I LOVE YOU」主題歌!「I LOVE YOU」2013.07.31 on sale
  15. ^ [[1]]
  16. ^ D-LITE、ジャパンソロデビュー作品にして珠玉のJ-POPカヴァー・アルバム リリース決定!『D'scover』2013.02.27 on sale
  17. ^ 2014/7/16(水) D-LITE 大ヒットソロデビューアルバム『D'scover』に続く、待望のニューアルバム発売決定!!
  18. ^ 「BIGBANG」D-LITE ソロ初レギュラー番組がスタート!
  19. ^ D-LITE (from BIGBANG)【D-LITE D'scover Tour 2013 in Japan ~DLive~】
  20. ^ D-LITE (from BIGBANG)【D-LITE D'scover Tour 2013 in Japan ~DLive~】追加公演
  21. ^ D-LITE DLive 2014 in Japan ~D'slove~
  22. ^ http://japanese.joins.com/article/271/160271.html V.Iスキャンダルについてお詫び「深く反省している」 日本語がものすごく上手なので、日本のバラエティ番組に出るとよく喋る。
  23. ^ http://www.ygfamily.com/artist/Album.asp?LANGDIV=K&ATYPE=2&ARTIDX=3&Page=7&IDX=337
  24. ^ http://www.ygfamily.com/artist/Album.asp?LANGDIV=K&ATYPE=2&ARTIDX=3&Page=7&IDX=341
  25. ^ http://www.ygfamily.com/artist/Album.asp?LANGDIV=K&ATYPE=2&ARTIDX=3&Page=7&IDX=345

関連項目[編集]

外部リンク[編集]