江南スタイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江南スタイル
PSY(サイ) の シングル
リリース 2012年7月15日
時間 3分39秒
レーベル YGエンターテインメント
チャート最高順位
PSY(サイ) シングル 年表
江南スタイル
2012年
ジェントルマン
2013年
テンプレートを表示

江南スタイル』(カンナムスタイル、: 강남스타일: Gangnam Style)は、PSY(サイ)の6枚目の正規アルバム『PSY6甲』に収録されたタイトル曲である。

概要[編集]

作詞:PSY、作曲:PSY、ユ・ゴニョン、編曲:ユ・ゴニョン。

曲名の「江南」とは、PSY本人の出身地で、高級住宅街が多いことでも有名な、ソウル特別市江南区のことである。歌詞では、江南に暮らす富裕層の贅沢な暮らしぶりを題材に、「洗練された振る舞いをするべきとき、ワイルドになるべきとき」を知っている「完璧なガールフレンド」をテーマにしている。PSYによると、実際に江南に暮らす人々は韓国社会での嫉妬を避けるためにその事実を隠そうとする。この歌の歌詞やダンスは、そのことを揶揄するものだとPSYはインタビューに答えている[1]。歌詞は、"sexy lady"や"style"、"baby baby"、"You know what I`m saying(俺の言っていることがわかるかい)"といった英語フレーズ以外は、大部分が韓国語で歌唱されている。

同曲の振り付けは、「乗馬ダンス」(「馬ダンス」と表記される場合もある)と呼ばれている。元々、韓国には乗馬をしているイメージの「江南お坊ちゃま」という言葉があり、江南(韓国でも指折りの高所得者層の居住地域)の金持ちに皮肉を込めて「乗馬ダンス」となっている[2]

作曲・編曲を手がけたユ・ゴニョンは、同曲の誕生について次のような裏話を語っている。「曲自体、作ることは難しくない曲だった。PSY兄さんが作詞をすぐ終えた。実は、『江南スタイル』のスタイルは、何回も変わっていた。様々なバージョンがあり、最初の雰囲気と今の雰囲気はまったく違う。何回も何回も変えているうちによりシンプルになって、最近のトレンドに近づく事ができたと思う。PSY兄さんもそうだし、私も仕事をする時はとても完璧主義者だから、何回も変えたのだと思う。とても苦労して作り上げた曲だけれど、7月15日に初めて曲が出た時はとても不安だった。『江南スタイル』は少し聞いただけだと、これまで私とPSY兄さんが作った曲と似たような雰囲気の曲だと思えるかもしれないけれど、実はまったく違う曲だったからだ。」「この曲は、ものすごくヒットするか、最悪の状況になるかどっちかだろうと思った。兄さんと一緒に作りながら、こんなに不安になったことはなかった。アルバムが公開されてずっと兄さんと携帯で連絡を取りながら、とても不安だった。私たちの立場では果敢な試みであった。このような曲をタイトル曲にしたという事が、今考えてみても驚きだし、結果的にはいい選択であった」。同曲は、それ以前にユがPSYと共作した楽曲とは異なり、サビのメロディーラインが無く、すぐ「馬ダンス」につながる点が、ユに「これでいいのか」と思わせる要因だったようだ。[3]

ミュージックビデオの撮影場所は、江南地区を流れる漢江の河川敷や、仁川地下鉄1号線国際業務地区駅のホームなどであった。共演者は、女性音楽グループ「4minute」のメンバーであるキム・ヒョナ、男性音楽グループ「BIGBANG」のメンバーであるV.IとD-LITE(所属事務所はPSYと同じくYGエンターテインメント)、お笑いタレントのノ・ホンチョルユ・ジェソクなどである。

YouTube経由で世界的大ヒットに[編集]

同曲が発表されるまで、PSYは韓国国内では一定の人気と知名度があったが、国外では無名に近かった。しかし、同曲は欧米諸国を中心に世界的大ヒットを記録し、PSYは一躍、韓国を代表する世界的スーパースターになった。PSYは、「『江南スタイル』は海外を狙って作った曲ではなかった。なのに、驚くべきことが起きてしまったのだ。ドッキリカメラではないかと思った。なぜ僕にこんなことが起きるんだろうと思った」[4]、「何も意図したことがなかったために(人気要因を)分析する暇もなかった」[5]と語っており、同曲を発表した時点では海外進出の意思は無かったとされている。にもかかわらず、世界的大ヒットになったのは、YouTubeで公開されたミュージックビデオが世界各国で好評になったことが要因である。

2012年7月15日にYouTubeに公開されたミュージックビデオは、ケイティ・ペリーマルーン5らによって話題にされ、公開から2ヵ月で再生回数1億回を突破した。レディー・ガガの『ポーカー・フェイス』は、約3年で1億3000万回を記録したのに対して、『江南スタイル』は58日で同じアクセス回数を記録した[6]。その後、『江南スタイル』のビデオは2012年10月8日に4億回以上の再生回数を記録し、アデルの「ローリング・イン・ザ・ディープ」、ブルーノ・マーズの「ザ・レイジー・ソング」などを超えた[7]。さらに2012年10月20日には、5億回以上の再生回数を記録し、レディー・ガガの「バッド・ロマンス」、LMFAOの「パーティ・ロック・アンセム」などを超え[8]、2012年10月31日には、6億回以上の再生回数を記録し、エミネムの「ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ライ」、ジェニファー・ロペスの「オン・ザ・フロア」などを超えた[9]。そして2012年11月13日には再生回数7億回を突破。そしてついに、長年再生回数1位の座に居座っていたジャスティン・ビーバーを抑えて、2012年11月24日に8億回を超える再生回数でギネス記録を保持しているジャスティン・ビーバーの「ベイビー」の記録を4ヵ月で塗り替えた。その次のタイトルとして2012年12月21日にYouTube開設以来史上初となる一つの動画においての再生合計回数10億回を超えたのである。さらに勢いは止まることを知らず、現在(2013年4月8日時点)のYouTubeの再生回数は15億回を突破した。ギネスブック2013年版には11億回と記載されているため、短期間でのこれほどの再生回数の伸びはまれである。再生回数14億回を突破したのが2013年3月31日の出来事であるため単純計算をした場合約1か月で再生回数が1億回を記録していることになる。

YouTube再生回数が1億回を突破した2012年9月3日時点における国別の再生回数は、1位がアメリカの1936万6054回、2位が韓国の1706万2827回、3位がタイの897万6791回、4位がマレーシアの679万1181回、5位がカナダの365万2129回だった。100万回以上の再生回数を記録した19カ国のうち、欧州北米が12カ国含まれていた。その一方で、以前から韓流ブームが存在していた日本は20位で95万7901回、中国は128位で2785回といった状況で、再生回数は相対的に少なかった(ちなみに、過去のYouTubeにおけるK-POPの動画再生回数(あらゆる韓国人歌手の楽曲を含む)では、日本は2011年に、4億2368万3759回で1位を記録した)。以上の数字は、『江南スタイル』のミュージックビデオが、従来のK-POPアイドル歌手とは違う形で広がったことを示している[10]

2012年10月12日にYouTubeは、ランキングの仕様変更を実施し、動画のクリック回数より視聴時間を重視して検索結果の順位に反映する方式に変更した。この時、一時的に1位から96位ランキング圏外になるという現象が起きた[11][12]。そのため、「『江南スタイル』の再生回数を水増しする工作が行われていたのではないか?」との疑問の声がネット上で出たが[13]、その後はすぐに1位に復帰し、再生回数は順調に伸び続けている[14]。このようにランキングが一時的に急降下した原因ははっきりしていない。YouTubeでの再生回数水増し疑惑について、韓国のNPO「韓流研究所(Korean Wave Research Institute、KWRI)」は、こうした反応が「常軌を逸した」「陰謀論」であり、「五輪マラソンの世界記録を疑うのと同じこと」などと非難し、「小学生による嫉妬と羨望とみなすべきだ」との声明を発表した。

2014年5月31日には、YouTubeでの再生回数が20億回を突破した。

チャート成績[編集]

アメリカビルボードチャートHot 100では、2012年9月26日に2位を獲得した[15] 。これは、韓国人歌手としては、過去最高記録である。同年11月7日までの間には、7週連続で2位を獲得した[16] 。また、アジア出身歌手が歌う曲がビルボードチャートの上位にランクインしたのは、坂本九上を向いて歩こう(欧米版タイトル「SUKIYAKI」)』が1963年に3週連続で1位になって以来である。

イギリスオーストラリアオーストリアオランダカナダベルギードイツデンマークフィンランドホンジュラスポルトガルニュージーランドノルウェールクセンブルクの計14ヶ国では、公式チャートで最高1位を獲得した。

もちろん、PSYの母国である韓国でも大ヒットした。KBSの歌番組『ミュージックバンク』では、2012年11月16日の放送までに10週連続、累計13回も1位を獲得した。これは、2009年に少女時代Gee』が9週連続1位を獲得して以来の新記録である。当時のPSYは、欧米諸国でのプロモーション活動で多忙だったため、『ミュージックバンク』に出演して『江南スタイル』を歌ったことは一度も無かった。同番組の歴史では、出演しない歌手が1位を獲得するのは異例の出来事だった[17]

ガオンチャートとMnet音源チャートでは、それぞれ5週連続1位を獲得し、ケーブルテレビMnetの音楽番組『M! Countdown』では3週連続1位を獲得した[18]

韓国の芸能・スポーツ情報サイトOSENが、2012年1~11月期のGAONチャートにおけるデジタルチャート、アルバムチャート、YouTube基準のミュージックビデオ再生回数を総合し、各分野でベスト5を選んだところ、PSYは音源とYouTubeの2部門でトップになった[19]

欧米諸国でのプロモーション活動[編集]

同曲がYouTube経由で欧米諸国でも注目を集めると、PSYは2012年後半から、欧米諸国に直接出向いてプロモーション活動を開始した。PSYは欧米におけるマネージメント契約を、ジャスティン・ビーバーマネージャーでもあるスクーター・ブラウンと結んだ[20]。PSYは、アメリカへの留学経験があるために英語が堪能であり、アメリカやイギリスでの活動は通訳無しで行った。

アメリカでは、『エレンの部屋』『The Today Show』『サタデー・ナイト・ライブ』などの有名テレビ番組に相次いで出演した[21]。2012年9月に放送された『エレンの部屋』では、共演したブリトニー・スピアーズに、『江南スタイル』の振り付けである「乗馬ダンス」を教え話題となった[22][23] 。同番組では、司会者のエレン・デジェネレスがブリトニーに、「ダンスを習うには靴から脱がなければならないのではないのか」と発言したら、PSYは「そんな必要はない」として「服はおしゃれに、ダンスはちゃちに(Dress Classy Dance Cheesy)にすればいい」と発言した。この言葉は各種のパロディを作り出し、言葉をTシャツにプリントする人もいたとされている[24]

同年11月14日にニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンで開催されたマドンナコンサートにPSYがゲスト出演し、2万人の観客の前で『江南スタイル』を歌い、マドンナと一緒に乗馬ダンスを踊った[25]

同年11月18日にロサンゼルスで開催された「第40回アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)」で、PSYはM.C.ハマーと共演した。具体的には、PSYが『江南スタイル』を歌っている途中で、M.C.ハマーが代表曲『Too Legit To Quit』を歌うというマッシュアップの手法による共演だった[26][27]。この共演は、同年10月のGoogle Zeitgeistイベントのパーティで、PSYのマネージャーであるスクーター・ブラウンがハマーに会い、PSYがハマーのファンであるからぜひ共演してほしいと話を持ちかけたところ、ハマーがこれを快諾したことで実現した[28]。PSYとM.C.ハマーの共演は、同年12月31日にニューヨークタイムズスクエアで開催された年越しライブで再び実現した[29]

ヨーロッパ諸国では、イギリスフランスドイツなどでプロモーション活動を実施した。例えばイギリスでは、同年11月7日に、オックスフォード大学で講演を行うなどの活動をした[30]

受賞[編集]

2012年9月17日には、2012MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードの最優秀ビデオ賞にノミネートされた[31]。また、YouTubeの「グッド!」クリック数最多記録を達成したとしてギネス世界記録に認定され[32]、その証明書は、2012年11月8日にイギリスで、PSY本人が受け取った[33]

同月12日には、2012MTV EMAでベスト・ビデオ部門を受賞した [34]

2013年1月26日には、フランスカンヌで開催された『NRJ Music Awards』にPSYも出席し、インターナショナル・ソング、インターナショナル・ビデオの2部門と特別賞の計3個のトロフィーを獲得した[35]

パロディ・替え歌・リミックス[編集]

  • 曲が世界的な注目を集めると、多数のパロディ動画が制作された。 Cody Simpson[36] や Fine Brothers [37] といったミュージシャンのほか、the Tampa Bay Buccaneers Cheerleaders[38] や The Ohio University Marching 110 [39] といったアマチュアによる動画もYouTube上にアップロードされた。2012年8月8日までに「江南」をタイトルに含む動画が1000本近くアップロードされた[40]。また、スウェーデンのプロアカペラグループのザ・リアル・グループが「Reindeer Rodeo」という題でこの曲の替え歌を歌っている[41]。彼らの地元であるストックホルムにちなんで、Stockholm Styleとして歌っている。
  • 2012年にYouTubeで流行った動画を組み合わせたYouTube公式動画"Rewind YouTube Style 2012"は江南スタイルを中心にした構成で、PSY自身も出演している。同じ趣旨の2013年版の動画"What Does 2013 Say?"ではThe Foxが中心の構成だがPSYのジェントルマンが途中に挿入されている。
  • このほか各国の様々なイベントでもパロディが披露された。スイスのジュネーヴで、地元ラジオ局が「スイス版カンナムスタイル」を踊るイベントを行って300人ほどの参加者を集めたほか[42]、エルサレムでも同様のイベントが行われた[43]
  • 2012年9月には、アメリカカリフォルニア州エルモンテ市で、プールの監視員をしていた職員14人が、同曲のパロディービデオを撮影したが、市当局は、市役所のロゴが入っている制服姿で、市の所有物であるプールで映像を撮ったことをルール違反だと判断し、職員たちを解雇した。これに対して職員たちは、プールの利用時間が終わった後に撮影をしたので、利用客に迷惑をかけたことがなく、市の名誉を毀損したこともないと主張した[44]。PSYは、同月14日に出演したアメリカ・MTVテレビの番組で、解雇された職員を復職させてほしいと発言した[45]。同年10月16日にエルモンテ市議会は、職員を復職させる議案を賛成多数で可決した[46]
  • 2012年に行われたアメリカ合衆国大統領選挙の直前には、オバマ大統領を題材にした「オバマスタイル(Obama Style)」[47]や、共和党ロムニー候補を題材にした「ミット・ロムニースタイル(Mitt Romney Style)」[48] といった替え歌が作られた。
  • 風刺動画を専門に制作しているアメリカのBarely Political社は、北朝鮮金正恩第一書記を題材にした「キムジョンスタイル(KIM JONG STYLE)を制作した[49]
  • コロンビアの映像制作会社であるInternautismo Crónicoは、替え歌の「Zombie Style(ゾンビスタイル)」を制作した[50]
  • 同曲で「🎵オッパン カンナムスタイル(兄さんは江南スタイル)」と歌う部分は、一部のアメリカ人やイギリス人には、”open condom style"あるいは”open condom star"などと、あたかもコンドームのことを歌っているかのように空耳で聴こえるようだ。この下ネタを題材にした動画も複数制作されている[51][52][53]
  • 日本国内では、以下のような替え歌あるいはパロディが作られた。
  • 韓国の女性アイドルグループであるCRAYON POPが、2013年に発表した楽曲『パパパ』のミュージックビデオ「グローバルバージョン(Global Ver.)」には、『江南スタイル』および後続曲『ジェントルマン』のミュージックビデオをパロディにした場面がある[57]
  • リミックスとしては、アメリカのロックバンドであるリンキン・パークの1stアルバム『ハイブリッド・セオリー』に収録された全12曲を、『江南スタイル』と掛け合わせたマッシュアップ楽曲が作られた[58]

経済効果[編集]

  • Googleニケシュ・アローラ最高事業責任者は、2013年1月の時点で、「江南スタイル」のミュージックビデオがYouTube広告収入で800万ドル以上を得たと語った。YouTubeでは、広告収入の半分が著作権者の収入となるので、PSYは400万ドル以上の収入を得たことになる[59]
  • その一方で、韓国音楽著作権協会(KOMCA)によると、2012年に韓国の音楽がアメリカで得た著作権収入は5800万ウォン(当時の為替レートで約500万円)だった。この年には、『江南スタイル』がアメリカでも大ヒットしたにもかかわらず、著作権収入が少なかったのは、同曲がYouTubeを通じて無料で配信されるミュージック・ビデオが主な視聴形態であり、CD販売などによる収入が少なかったのが原因である[60]
  • 韓国芸能界関係者の株式保有総額ランキングは、2012年まではSMエンターテインメント会長の李秀満が長期にわたり1位の座を維持していたが、「江南スタイル」のヒットにより、PSYの所属事務所であるYGエンターテインメント代表のヤン・ヒョンソクが、2012年9月に初めて1位を獲得した[61]
  • 同じく2012年には、PSYの父親であるパク・ウォンホが大株主を務める半導体検査機器製造会社「DI(ディアイ)」の株価も上昇した[62]

著名人の反応[編集]

  • アメリカオバマ大統領は、2013年5月7日にワシントンD.C.で、韓国朴槿恵大統領と初会談した時に、「娘たちが、結構上手な『江南(カンナム)スタイル』を私に教えてくれました」と発言し、同大統領の娘である長女マリアと次女サーシャが「乗馬ダンス」を踊れることを明らかにした[63]。また、オバマ大統領自身も、前年の2012年12月12日に、PSYが出演したワシントンD.Cで開催されたクリスマスチャリティーコンサートに出席している[64]
  • イギリスエリザベス2世女王の三男であるエドワード王子は、2013年11月5日に同女王が主催した、朴大統領を迎えた晩餐会に出席した時に、「5歳になった息子(セヴァーン子爵ジェームズ)がPSYの馬ダンスにハマッている。『江南スタイル』が英国王室にまで入ってきた」と話したという[65]
  • 2014年1月にスイスダボスで開催された世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)では、開催前日の21日夜に「2014韓国の夜(Korea Night)」と題したイベントもあり、PSYも出演した。同イベントで挨拶した朴大統領は、『江南スタイル』についても言及し、「ニューメディアのYouTubeと結合して全世界18億人に楽しさを与え、莫大な付加価値を創出した。国の経済にも寄与した」と述べ、「創造経済の良い事例」だとしてPSYの功績を称えた[66]

日本での評価[編集]

日本では、PSYの知名度や人気は、他のK-POP歌手に比べると低いのが現状である[67]。その理由としては、PSYが他のK-POP歌手のように日本語詞バージョンの楽曲を発表しなかったことや[68]、PSYが日本でプロモーション活動をしなかったこと、パパイヤ鈴木のように小太りでダンスが上手いキャラがすでに売れており、欧米で受けたPSYのダンスもそれほど目新しく映らなかったことなどが指摘されている[69]。2012年夏ごろの時点では、PSYの日本進出が検討されており、『江南スタイル』に日本語バージョンの歌詞を付け、タイトルも『六本木スタイル』に変える案もあるとのマスコミ報道があった[70] [71]。しかし実際には、欧米諸国での反響のほうが大きかったので、この時点での日本進出は実現しなかった。PSYが初めて日本で出演したライブは、『江南スタイル』発表前の2012年1月に京セラドーム大阪と、さいたまスーパーアリーナで開催された『2012 YG Family Concert in Japan』だった[72]。しかし、『江南スタイル』後の初来日は、2014年4月~5月に京セラドーム大阪東京ドームで開催される『YG Family World Tour 2014 -POWER- in Japan』が初めてとなる予定だったが[73]、PSYはスケジュールの都合により出演をキャンセルした[74]

TIME』誌のコラムでは、少女時代などの韓流スターが人気を集めてきた日本で、『江南スタイル』がヒットしていないのはパラドックスであり、2012年8月に竹島の領有権が日本と韓国との間での外交問題となったことが背景にあるのではないかと指摘していた[75]。一方でMSN産経ニュースは、コリア・タウンのある東京新大久保を取材して、PSYが「かっこよくない」ことが不人気の理由で、日韓関係の政治的緊張は関係ないという韓流ファンの声を紹介していた[76]。日本の別所浩郎駐韓国大使も、「(PSYは)美男美女が多い従来の韓国スターとは一線を画すスタイルであるため」日本で人気が無いと発言したと報道されている[77]

ヒットした要因についての分析[編集]

同曲が世界的大ヒットになった要因について、関西大学教授の三浦文夫 (メディア学者)は、「彼の楽曲はよくできています。まずヒップホップ系の16ビートで、乗りやすい。ん・たあ・ん・たあ、というように2拍目と4拍目を強調する『後ノリ的感覚』もある。自然と体が動くようになっています。しかもサウンド的には、米国の最先端の音作りとほとんど同じです。それに加えて、ツイッターなどで拡散しやすい要素がある。小太りで、セレブな遊び人。それがお馬鹿をやっている。そして、なんだかんだ言っても、インパクトの強いのはあの踊り(引用者注:乗馬ダンス)。『見た?』となりますよ」と指摘していた。また、タレントデーブ・スペクターは、「アメリカのテレビ局は、ユーチューブで何百万回も再生された話題の人を呼ぶ。彼が日本を後回しにしてアメリカに行った、というより、先に飛びついたのがアメリカなんです。」「ビルボードで上位にランキングされ続けているのは、ラジオの影響も大きい。アメリカではテレビよりもラジオからヒット曲が生まれる。」「エルビス・プレスリーの時代から、アメリカで歌が評価される要素の一つに、ノリがいいか、踊れるかどうかもある。それを『江南スタイル』は十分に満たしている」と指摘していた[78]

ラジオDJ韓国大衆文化ジャーナリスト古家正亨は、「YouTubeの時代になって、音楽は聴くものから見て体感するものに変わってきました。『江南スタイル』の大ヒットは、シュールな映像とキャッチーな馬ダンスが世界中の人を虜にしたんでしょう。アメリカ人にとっては、江南ソウルにあるリッチでおしゃれなエリア)のことも知らないだろうし、韓国語の歌詞だって理解できない。つまり、詞も曲もどうでもよくて、ただおもしろいんだと思います。かつて世界を席巻した“マカレナ(引用者注:恋のマカレナ)”や“マイアヒ(引用者注:恋のマイアヒ)”のヒットと同じ要素を持っています」[79]と指摘していた。また、古家は「ちょうど『江南スタイル』がヒットしていた昨年(2013年)の秋、僕がたまたまハワイにいたので、現地の人々に『江南スタイル』のどこが面白いのかと質問したところ、ほとんどの人が『歌詞は良くわからないけど、頭に残るフレーズとダンスが面白い』と答えていたのが印象的でした」とも述べていた[80]

K-POP海外進出における歴史的意義[編集]

2000年代からの国内CD市場の縮小により海外に販路を見出さざるを得なかった韓国音楽業界(K-POP)は、汎用的なパッケージ(ミュージック、ファッション、ダンス)を対象地域の言語や嗜好に即してカスタマイズした「製品」として、YouTubeに代表されるインターネットの動画サイトを宣伝媒体として売り込むという、さながら同国製工業製品と同様の販売戦略により、海外進出を実施していた。例えば、韓国人歌手の日本進出では、日本語バージョンの歌詞で歌い、場合によっては日本人が作詞・作曲した楽曲を歌うなどの「現地化」の手法が主流で、この戦略は功を奏していた。しかし、世界最大の音楽市場であるアメリカへの進出でも、英語バージョンの歌詞で歌い、欧米人が作詞・作曲した楽曲を歌うなどの「現地化」手法で挑戦したものの、なかなか成果を挙げられなかった。『江南スタイル』がヒットする前では、SE7ENワンダーガールズBoA少女時代などがアメリカ進出に挑戦したが、いずれもセールス結果は芳しくなかった。しかし、『江南スタイル』は韓国人が作詞・作曲し、歌詞の大半は韓国語であるにもかかわらず、欧米諸国で初めて大ヒットした韓国人歌手の楽曲となった。

経済評論家の「ぐっちーさん」こと山口正洋は、「アメリカ人に聞いてみると、この江南スタイルを『韓国』と意識しているわけではなく、『最近元気な、変わったアジア的エキゾチズムを感じている』という人がほとんどです。(中略)これは日本企業にとってもマーケティングなどにおいて大いに参考にすべきです。つまりそのまんま『あ、これはアジアだ』とわかるものを強烈に全面に出さないとアメリカでは成功しにくいですよ、という教訓です」[81]と指摘していた。

その他のエピソード[編集]

  • PSYは2004年に、自身のコンサートで『Dear Americans』という曲を歌っていた。この曲は、「イラクの戦争捕虜を拷問するアメリカ兵やその家族を殺せ」という趣旨の過激な内容の歌詞だった。『江南スタイル』が大ヒットしてから、アメリカ国内でもこの曲の存在がマスコミで報じられた。これに対してPSYは、「この問題の歌は、私が8年前に歌ったものです。この歌は、当時のイラク戦争や、韓国人の女子中学生2人が(引用者注:米軍に)殺されたこと(引用者注:議政府米軍装甲車女子中学生轢死事件)への、感情的な反応を示したものでした。表現の自由には感謝しておりますが、言葉遣いに不適切な表現がある場合があるということを私は学びました。この歌詞がこういう風に伝わってしまったことに対して、深く謝罪をしたいと思っております。私は、この言葉で人を傷つけてしまったことを、一生すまないと思うでしょう」と公式声明文で謝罪した[82]
  • ミュージシャン音楽評論家近田春夫は、2010年の時点で、「『SUKIYAKI』(引用者注:坂本九上を向いて歩こう』)以来極東から国際的ヒットは出ていない。今度そういうことがあったなら間違いなく韓国産だろう」と予言していた。近田は、少女時代Gee』を初めて聴いた時、「『あッ、今、日本の商業音楽が韓国に抜かれようとしている!』まさにその瞬間に立ち会ってしまったような気がしてしまったのである」と感じたようだ。その理由については、「J(引用者注:日本)といいK(引用者注:韓国)といいポップ即ち”POP MUSIC"なのだから『本場はアメリカ』のマーケットでの評価が最終の評価である。その(マーケットとの)親和性の部分ですっかりJはKの後塵を拝すポジションに収まってしまったのでは?」「韓国のポップスにはいつかインターナショナルな成功を!といった逞(たく)ましい気合が感じられる反面、我がJといえば内向きに閉じたードメスティックなー満足に終始している感がますます強く、もはや”世界”など考えるだけ無駄、みたいなことになってきているようにも思えたのだ」と分析していた。その上で、前述の予言が述べられていた[83] 。近田の予言は、2012年に『江南スタイル』の世界的大ヒットで的中した。
  • 同曲は、使用されているシンセサイザー音色や、ミュージックビデオの一部シーンにおける振り付けが、日本の自動車用品店であるイエローハットが2011年に放送したCMに類似しているのではないかという指摘もあった[84][85]
  • 2012年12月8日には、イギリスのブルックリンで、IT企業に勤務していた46歳の男性が、クリスマスと妻の誕生日祝いを兼ねたパーティーで、『江南スタイル』に合わせて「乗馬ダンス」を踊った後、心臓発作を起こして急死する事件があった[86]

脚注[編集]

  1. ^ “Interview: PSY on 'Gangnam Style,' posers and that hysterical little boy”. CNN. (2012年8月17日). http://www.cnngo.com/seoul/play/interview-psy-gangnam-style-posers-and-hysterical-little-boy-285626 
  2. ^ 韓タメ!POP #58”. フジテレビジョン (2012年10月8日). 2012年10月28日閲覧。
  3. ^ 「江南スタイル」誕生させたユ・ゴニョン“実はとても不安だった曲”Kstyle、2012年11月29日
  4. ^ PSY、来年発売の新曲を予告「PSYらしい曲で作っている」Kstyle、2013年12月23日
  5. ^ PSY「12年ぶりの全盛期にどぎまぎ、どっきりカメラのようだ」Innolife.net、2012年9月25日
  6. ^ “レディー・ガガが3年かかった記録を韓国人歌手PSYが58日で…” (日本語). 中央日報日本語版 (Joongang Ilbo). (2012年9月11日). http://japanese.joins.com/article/297/159297.html?servcode=700&sectcode=720 2012年10月28日閲覧。 
  7. ^ “歌手PSYの「江南スタイル」 86日間でユーチューブ再生4億回” (日本語). 中央日報日本語版 (Joongang Ilbo). (2012年10月8日). http://japanese.joins.com/article/859/160859.html?servcode=700&sectcode=720 2012年10月28日閲覧。 
  8. ^ “PSY「江南スタイル」、ユーチューブのアクセス数5億回突破” (日本語). 中央日報日本語版 (Joongang Ilbo). (2012年10月21日). http://japanese.joins.com/article/662/161662.html?servcode=700&sectcode=720 2012年10月28日閲覧。 
  9. ^ PSY「江南スタイル」YouTube再生回数6億回突破!Kstyle、2012年10月31日
  10. ^ レディー・ガガが3年かかった記録を韓国人歌手PSYが58日で…中央日報日本語版、2012年9月11日
  11. ^ “ブームがいきなり終焉!? K-POP「江南スタイル」がランク外に消える“珍事”が勃発”. RBB TODAY (イード). (2012年10月16日). http://www.rbbtoday.com/article/2012/10/16/96033.html 2012年10月28日閲覧。 
  12. ^ ソル (2012年10月16日). “YouTubeの仕様変更により『江南スタイル』が1位から圏外へ転落 仕様変更前とランキング比較”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). http://getnews.jp/archives/263774 2012年10月28日閲覧。 
  13. ^ ブーム捏造がバレちゃったPSYの「江南スタイル」NAVERまとめ、2012年11月21日
  14. ^ 「江南スタイル」にまたまた異変!? 関連動画が一挙に5本ランクイン!”. RBB TODAY (2012年10月18日). 2012年11月6日閲覧。
  15. ^ PSYの『江南スタイル』がビルボードチャート2位の大記録中央日報日本語版、2012年9月27日
  16. ^ 「江南スタイル」 ビルボードで7週連続2位朝日新聞デジタル、2012年11月8日
  17. ^ PSY、一度も出演していない「ミュージックバンク」で3ヶ月間1位…その理由は?Kstyle、2012年11月18日
  18. ^ 【2012年歌謡 Vol.2】“音源1位”やっぱり独占したのはYGだったKstyle、2012年12月24日
  19. ^ 2012年音源&MV&アルバムの王者は…ベスト5を発表!Kstyle、2012年12月8日
  20. ^ <YouTube>で大ブレイク中のK-POPシンガーPSY、ジャスティン・ビーバーのマネージャーと電撃契約!Aol News、2012年9月12日
  21. ^ ““ワールドスター”PSY、米国ビルボード11位入りの快挙”. 中央日報日本語版 (Joongang Ilbo). (2012年9月20日). http://japanese.joins.com/article/903/159903.html 2012年9月23日閲覧。 
  22. ^ PSY、ブリトニー・スピアーズに馬ダンスを伝授!Kstyle、2012年9月11日
  23. ^ Surprise! Britney Learns 'Gangnam Style' from Psy!YouTube、2012年9月10日
  24. ^ “PSY「服はおしゃれに、ダンスはちゃちに」、米国でも通じた”. 中央日報日本語版 (Joongang Ilbo). (2012年9月21日). http://japanese.joins.com/article/959/159959.html 2012年9月23日閲覧。 
  25. ^ 米ビルボード「マドンナはPSYの大ファン」…PSYとマドンナの“馬ダンス”を報道Kstyle、2012年11月15日
  26. ^ PSYとMCハマーのコラボにアメリカの観客が熱狂!ハリウッドニュース、2012年11月20日
  27. ^ PSY & MC Hammer AMA Awards GANGNAM STYLE Full Performance [Official Video ]YouTube、2012年11月18日
  28. ^ [http://news.aol.jp/2012/11/22/mc-hammer-goes-gangnam-wi/ PSYとMCハマーが異質のコラボ!その経緯とは? ]Aol News、2012年11月22日
  29. ^ PSY再びMCハマーと合体! 黄色いスーツの伊達男も登場! 大晦日NYで超豪華「江南スタイル」熱唱[動画]tvGroove、2013年1月2日
  30. ^ 歌手PSY、英オックスフォード大で講演…最後は馬ダンスで“締め”中央日報日本語版、2012年11月8日
  31. ^ “PSY、「MTV EMA」ベストビデオ部門にノミネート…韓国歌手で初”. 中央日報日本語版 (Joongang Ilbo). (2012年9月18日). http://japanese.joins.com/article/726/159726.html 2012年10月15日閲覧。 
  32. ^ “PSY「江南スタイル」、MVでギネス記録を達成”. 中央日報日本語版 (Joongang Ilbo). (2012年9月23日). http://japanese.joins.com/article/036/160036.html 2012年10月15日閲覧。 ; “Psy: the cult Korean rapper as big as Justin Bieber”. Telegraph (Telegraph). (2012年9月24日). http://www.telegraph.co.uk/culture/music/music-news/9562478/Gangnam-Styles-Psy-the-cult-Korean-rapper-as-big-as-Justin-Bieber.html 2012年11月4日閲覧。 
  33. ^ PSY、イギリスでギネス認定書を受け取る“生涯初”Kstyle、2012年11月9日
  34. ^ “PSY「江南スタイル」 MTV EMAで最優秀ビデオ賞”. 朝日新聞. (2012年11月12日). http://www.asahi.com/showbiz/korea/AUT201211120011.html 
  35. ^ Psy フランスの音楽祭で3冠に輝くJapan billboard、2013年1月28日
  36. ^ Gangnam Style – Cody Simpson, Victoria Duffield and Crew”. YouTube (2012年9月14日). 2012年9月21日閲覧。
  37. ^ Teens react to Gangnam Style”. YouTube (2012年8月19日). 2012年9月24日閲覧。
  38. ^ Tampa Bay Buccaneers Cheerleaders (2012年9月23日). “Captain Fear & Tampa Bay Buccaneers Cheerleaders – Gangnam Style (YouTube)”. 2012年9月28日閲覧。
  39. ^ The Ohio University Marching 110 (2012年9月22日). “Ohio University Marching 110 – Gangnam Style (YouTube)”. 2012年9月28日閲覧。
  40. ^ Allocca, Kevin. “'Gangnam Style' is Your International Hit of the Month”. YouTube Trends. YouTube. 2012年9月28日閲覧。
  41. ^ The Real Group (2012年12月12日). “The Real Group-Reindeer Rodeo (YouTube)”. 2013年1月31日閲覧。
  42. ^ “And here is the "Gangnam Style" sauce Geneva!”. Le Matin (Edipresse). (2012年10月1日). http://www.lematin.ch/culture/musique/Et-voici-le-Gangnam-Style-a-la-sauce-genevoise/story/24371527 2012年10月2日閲覧。 
  43. ^ Friedman, Ron. “'Gangnam Style,' Jerusalem style”. Times of Israel. 2012年10月21日閲覧。
  44. ^ PSY「江南スタイル」のパロディー映像で14人が解雇される“馬ダンスを踊っただけなのに”Kstyle、2012年9月9日
  45. ^ PSY、「江南スタイル」で解雇された15人の復職を訴え中央日報日本語版、2012年9月16日
  46. ^ 米国“馬ダンスパロディー”の解雇職員が復職…PSYに会えるか?中央日報日本語版、2012年10月18日
  47. ^ Obama Style (Psy Gangnam Style Parody) Feat. Smooth-E and AlphacatYouTube、2012年9月21日
  48. ^ Mitt Romney Style (Gangnam Style Parody) YouTube、2012年10月8日
  49. ^ The Key of Awesome! : PSY - GANGNAM STYLE (강남스타일) PARODY! KIM JONG STYLE! | Key of Awesome #63YouTube、2012年9月21日
  50. ^ GANGNAM STYLE (강남스타일) - PSY - Zombie StyleYouTube、2012年10月7日
  51. ^ Gangnam Style Parody - Misheard Lyrics (Open Condom Style) YouTube、2012年8月11日
  52. ^ GANGNAM STYLE in ENGLISH Misheard Lyrics (Open Condom Star) Parody of PSYYouTube、2012年8月23日
  53. ^ OPEN CONDOM STYLE BY MOCHA GIRLS (GANGNAM STYLE PART 2)YouTube、2012年9月14日
  54. ^ 「笑っていいとも!年忘れ超特大号」で、近距離でボーリングのピンをボールで倒す、リンボーダンスを普通にくぐる等。
  55. ^ GUNDUM.STYLE ガンダムスタイル 日本語版.mp4ニコニコ動画、2013年2月27日
  56. ^ ガンダムスタイルニコニコ動画、2013年5月15日
  57. ^ CRAYON POP、PSYへのオマージュが詰まった「パパパ」グローバルバージョンの見どころは?Kstyle、2013年9月10日
  58. ^ 【才能の無駄遣い】『LINKIN PARK』x『PSY』をアルバム丸ごとコラボさせたやつがいるロケットニュース24 2014年1月4日
  59. ^ “PSY「江南スタイル」、YouTubeの広告収入だけで800万ドル”. ITmedia ニュース (ITmedia). (2013年1月24日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1301/24/news121.html 2013年1月19日閲覧。 
  60. ^ K-POPニュース001回 著作権使用料から何が見えるか?All About、2013年4月1日、執筆者:古家正亨
  61. ^ YGヤン・ヒョンソク代表、SMイ・スマン会長をおさえ芸能人株長者1位にKstyle、2012年9月6日
  62. ^ PSY、父の会社の株価が再び上昇…時価総額4000億ウォン突破 2012年10月16日
  63. ^ オバマ氏「娘に江南スタイル教わった」 米韓会談後会見朝日新聞デジタル、2013年5月8日
  64. ^ 「江南スタイル」PSY、オバマ大統領のために「クリスマス・スタイル」披露tvGroove、2012年12月28日
  65. ^ エドワード王子「息子がPSYのダンスにハマッて・・・」中央日報日本語版、2013年11月07日
  66. ^ PSY、「韓国の夜」で朴大統領とともに韓国の魅力をアピールMSN エンターテイメント、2014年1月22日(リンク切れ)
  67. ^ 例えば、2012年10月末の時点でのBillboard JAPANのランキングによると、同じく韓国出身であるKARA「エレクトリックボーイ」が第2位に入っていることに対して、『江南スタイル』は第38位“Hot Top Airplay”. Billboard Japan. (2012年10月29日). http://www.billboard-japan.com/charts/detail/?a=top_airplay 
  68. ^ KIM JAE-HWAN (2012年10月23日). “日本の「江南スタイル」への無関心、韓国では「怒り」の声”. AFPBB News (AFP). オリジナル2012年10月25日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-1025-2014-51/www.afpbb.com/article/life-culture/life/2908865/9699385?ctm_campaign=txt_topics 2012年10月25日閲覧。 
  69. ^ “小太り韓国人ラッパーPSYのGangnam Style(江南スタイル)再考”. BLOGOS. (2012年10月13日). http://blogos.com/article/48304/ 2012年11月4日閲覧。 
  70. ^ PSY '江南スタイル' 改詞した '六本木スタイル'で9月に日本進出スポーツソウルJAPAN、2012年7月21日
  71. ^ PSY“六本木”の代わりに「江南スタイル」で日本デビューKstyle、2012年8月8日
  72. ^ 2012 YG Family Concert in Japan公式サイト
  73. ^ YG FAMILY CONCERT YG Family World Tour 2014 -POWER- in Japanローチケ.com
  74. ^ YG Family World Tour 2014 -POWER- in Japan 【PSY】出演キャンセルのお知らせ<大阪・東京 全日程>
  75. ^ Erica Ho (2012年10月15日). “‘Gangnam Style’: Is Japan Immune to PSY Mania?” (English). TIME (Time Warner). http://newsfeed.time.com/2012/10/15/gangnam-style-is-japan-immune-to-psy-mania/ 2012年10月28日閲覧。 
  76. ^ “世界的ヒットの韓国人歌手PSY 新大久保で不人気のなぜ…(1/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2012年10月24日). オリジナル2012年10月26日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-1026-1533-02/sankei.jp.msn.com/entertainments/news/121025/ent12102506220003-n1.htm 2012年11月5日閲覧。 
  77. ^ “「江南スタイル」PSYが日本で人気ない理由は?駐韓日本大使がコメント―中国報道”. 新華経済. (2013年3月13日). http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/337722/ 2013年3月19日閲覧。 
  78. ^ 『朝日新聞』2012年11月21日、耕論「PSY,who?」
  79. ^ PSY「東洋人が変なことをしている」という好奇の目からヒットアメーバニュース、2012年10月5日
  80. ^ 最新K-POPアルバム 002回 PSY『Gentleman』All About、2013年4月22日、執筆者:古家正亨
  81. ^ ぐっちーさん「ここだけの話 「江南スタイル」から学ぶ輸出戦略」、『AERA』2012年10月29日号、朝日新聞出版、2012年10月29日、 68頁。
  82. ^ 人気韓国人ラッパーPSYが過激な反米ソングを歌った過去を謝罪Hollywood News、2012年12月8日
  83. ^ 週刊文春』2010年11月11日号、p66、近田春夫の考えるヒット「少女時代を聞いてアタマをよぎる JポップがKポップに抜かれる日!!」
  84. ^ 「江南スタイル」PSY“パクリ議論”激化 東京スポーツ、2012年10月17日
  85. ^ PSY『江南スタイル』の馬ダンスとイエローハットCMと比較してみたYouTube、2012年11月3日
  86. ^ 「江南スタイル」をクリスマスパーティーで踊った英国人男性が死亡ライブドアニュース、2012年12月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]