オリエンタルラジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリエンタルラジオ
メンバー 中田敦彦藤森慎吾
別名 オリラジ
結成年 2003年8月1日[1]
事務所 よしもとCA
活動時期 2005年4月 -
出身 NSC東京10期生[2]
影響 ダウンタウン千原兄弟シティーボーイズ爆笑問題
出会い 大学時代のアルバイト
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 中田敦彦
現在の代表番組 火曜サプライズ
ヒルナンデス!
Let's天才てれびくん
過去の代表番組 10カラット
オビラジR
笑っていいとも!
オリエンタルラジオのオールナイトニッポンR
同期 はんにゃフルーツポンチなど
公式サイト http://orientalradio.jp/
受賞歴
テンプレートを表示

オリエンタルラジオは、吉本興業東京本社東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ。略称は「オリラジ」。東京NSC10期生。 2014年10月より「オリエンタルラジオ公式サイト(orientalradio.jp)」をオープン。

メンバー[編集]

大阪府高槻市出身、慶應義塾大学経済学部卒業。愛称は「あっちゃん」。ボケ担当。キャッチコピーは「理論武装SEXYモアイ」
相方の藤森にはよく、「ちゃんあつ」と呼ばれている。
長野県諏訪市出身、明治大学政治経済学部卒業。愛称は「しんご」、「チャラしんご」。ツッコミ担当。キャッチコピーは「関東一の媚売り眼鏡
チャラ男」としてのキャラクターが定着しており、「チャラメガネ」という愛称もついている。

概要[編集]

中田と藤森は自動車事故の受付のオペレーターのアルバイトで知り合う。互いを知り合う内に、元々お笑い好きだった中田の影響を受けた藤森が逆に中田を誘う形で、大学に通いながらNSCへ入学することとなる。

コンビ名は「オリエンタル」を中田が持ち寄った言葉の中から選び、「ラジオ」を藤森が持ち寄った言葉から選んだ。また中田の父親が自動車保険販売業を営んでおり、「良い車の名前にはラ行(ラ・リ・ル・レ・ロ)の文字が入っている。」(例:カローラ、センチュリー、プレジデント等)と言われ、「自分もコンビ名には、ラ行を入れたい。」と思い、ラ行が3文字入っている「オエンタルラジオ」としたそうである[3]。コンビ名をオリエンタルラジオに決定した理由のひとつは、この単語をネット検索にかけたところ1件もヒットしなかったため、「このコンビ名にすれば、今後自分たちがどれだけ売れたかが検索ヒット数で分かるようになる!」と思ったからである。

2005年4月に、TBS『ゲンセキ』にてテレビデビュー。『武勇伝』ネタで一気にブレイクして看板番組を持つなどしたが、その後はしばらく低迷。近年ではコンビとしてではなく、それぞれが単独で出演することが多く、そうしたなかで、中田が「オタク・インテリ」キャラを確立し、遅れて藤森が「チャラ男」キャラを確立して再ブレイクを果たした。

主な出演[編集]

テレビ番組[編集]

現在
過去

ドラマ[編集]

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

日本語吹き替え・声の出演

CM[編集]

舞台[編集]

公式商品[編集]

書籍
ファッション雑誌Seventeen』で連載していたエッセイの単行本。
その他
  • オリエンタルラジオステッカー(ステッカーシール、吉本興業)
  • オリエンタルラジオクッキー(菓子、吉本興業)
  • オリエンタルラジオラバーストラップ(ストラップ、吉本興業)

ディスコグラフィ[編集]

参加作品[編集]

作品 収録 備考
2008年 YOSHIMOTRANCE feat.オリエンタルラジオ YOSHIMOTRANCE トランスに合わせて「武勇伝」がサンプリングされている。
2009年 HOME TOWN HOME TOWN 宮城編 ザ!!トラベラーズ 」名義。
2010年 世直し journey 世直し journey

映像作品[編集]

情報 オリコン
最高順位[7]
認定
2008年 44
  • 発売日: 8月20日
  • レーベル: よしもとアール・アンド・シー
  • 2008年に行われた同名の漫才ライブツアーの東京公演を収録。
128
2010年 オリエンタルラジオ漫才ツアー 我
  • 発売日: 6月23日
  • レーベル: よしもとアール・アンド・シー
230
2011年 VS
  • 発売日: 7月6日
  • レーベル: よしもとアール・アンド・シー
  • 2010年に行われた同名の漫才ツアーの最終ルミネ公演を収録。
169

単独ライブ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TBS「金スマ」2011年11月11日放送分
  2. ^ a b オリエンタルラジオ” (日本語). 芸人プロフィール. 吉本興業. 2011年8月15日閲覧。
  3. ^ TBS「ヤリキレナイ川」2009年9月29日放送分
  4. ^ 2012年4月3日~9月18日までは隔週レギュラーだった。2012年10月2日より毎週出演。
  5. ^ 藤森メインであり、中田はマスコットのビッグエコーマンのかぶり物で出演した。
  6. ^ バージョン別で中田・藤森それぞれが単独出演。
  7. ^ オリエンタルラジオのDVD売上ランキング” (日本語). オリコン芸能人事典. オリコン. 2011年8月13日閲覧。
  8. ^ “オリエンタルラジオ全国漫才ライブツアー「才」” (日本語). オリエンタルラジオのブログ. 東京都: 吉本興業. (2008年7月8日). http://oriental.laff.jp/blog/2008/07/post-0cf9.html 2011年8月15日閲覧。 
  9. ^ “オリエンタルラジオ全国漫才ツアー「業」” (日本語). オリエンタルラジオのブログ. 東京都: 吉本興業. (2008年7月8日). http://oriental.laff.jp/blog/2008/07/post-0cf9.html 2011年8月15日閲覧。 
  10. ^ “オリエンタルラジオ全国漫才ツアー「業」9月〜11月スケジュール!” (日本語). オリエンタルラジオのブログ. 東京都: 吉本興業. (2008年8月25日). http://oriental.laff.jp/blog/2008/08/911-8623.html 2011年8月15日閲覧。 
  11. ^ “オリエンタルラジオ漫才ツアー「我(ガ)」” (日本語). オリエンタルラジオのブログ. 東京都: 吉本興業. (2009年6月4日). http://oriental.laff.jp/blog/2009/06/post-2859.html 2011年8月15日閲覧。 
  12. ^ “VS” (日本語). オリエンタルラジオ中田敦彦のブログ. 東京都: 吉本興業. (2010年5月1日). http://oriental-nakata.laff.jp/blog/2010/05/vs.html 2011年8月15日閲覧。 
  13. ^ “オリエンタルラジオLIVE2011〜絶賛、再ブレイク中。オファーお待ちしております〜 握手会開催決定!!” (日本語). よしもとアール・アンド・シー. 東京都: 吉本興業. (2011年9月5日). http://www.randc.jp/oriental_radio/top.html#news2813 2011年9月16日閲覧。 

外部リンク[編集]