☆Taku Takahashi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
☆Taku Takahashi
基本情報
出生名 高橋 拓
別名 ☆Taku、☆タカハシタク、Startak、TCY FORCE
出生 1974年3月29日(40歳)
日本の旗 神奈川県横浜市
学歴 セント・メリーズ・インターナショナル・スクール
オクシデンタル大学
ジャンル ヒップホップエレクトロR&Bポップ
職業 DJ
音楽プロデューサー
活動期間 1998年 - 現在
レーベル Tachytelic Records
TCY Recordings
事務所 ARTIMAGE
共同作業者 m-flo、THE SUITBOYS、Ukatrats FCravex
公式サイト Artimage
block.fm

{{{Influences}}}

☆Taku Takahashi(タク・タカハシ、☆Taku、本名:高橋 拓〔たかはし たく〕、1974年3月29日 - )は、日本DJ音楽プロデューサーである。神奈川県横浜市出身。m-floUkatrats FCravexのメンバー。レーベル "Tachytelic Records" および "TCY Recordings"、インターネットラジオ「block.fm」を主宰。マネージメント事務所ARTIMAGEに所属。トラックメイキングを担当。一部楽曲ではラップ(「gET oN!」など)やボーカル(「I WANNA BE DOWN」、「Love Long and Prosper」など)も担当。

プロデューサーとして、日之内エミのデビューアルバム「Dramatiques」を全曲プロデュースし、ガイナックス製作の日本のテレビアニメパンティ&ストッキングwithガーターベルトのサウンドトラックをプロデュースした。

来歴[編集]

父親は横浜市で建設会社を経営していた。m-floVERBALと同じくセント・メリーズ・インターナショナル・スクール出身。在学中はミクスチャー・ロックバンド"N.M.D."にてドラムや作曲などを担当していた(☆Takuのドラムプレイは、「chronopsychology」と「DOPAMINE」のプロモーション・ビデオで見ることが出来る)。ハイスクール時代の友人に小宮山雄飛ホフディラン)がいる。卒業後はアメリカ合衆国ロサンゼルスオクシデンタル大学に留学した[1]。在学中は物理学、経済学、哲学などを学んだが最終的にはアジア学を専攻した[1]。しかし、途中から近隣の音楽学校に通い始め、DJ、作曲活動を開始[2]。帰国後、女性ボーカルとユニット "Love Soul" を結成[3]。その後、デモテープを通じてARTIMAGEの浅川真次に出会い、以後音楽活動を本格化させ、1999年m-floとしてメジャーデビューした。

m-floとしての活動の他に、他アーティストへの楽曲提供やリミックス、さらにレーベル"Tachytelic Records"を主宰して、日之内エミのプロデュースなどを行った。また、代官山AIRにおいて自らのイベント"Tachytelic Night"を隔月で開催し、クラブDJとしても活動している。

また、国内アーティストの作品はもちろん海外アーティストの楽曲のリミックスも積極的に行っており、The Ting Tingsをはじめ、UKシングルチャートで2週連続1位を獲得したカルヴィン・ハリスの「I’m Not Alone」のリミックスも手がけており、初来日時には共演を果たしている。また、レディー・ソヴァリンの「JIGSAW」のリミックスは、BBCradio1のプログラム『Kissy Sell Out show』でオンエアされた。

DJとしても活躍しており、国内はもとより海外のパーティに招かれるなど、精力的に活動の場を広げている。また、自身でもレギュラーパーティ『Tachytelic』『orthosync』を開催している。

2010年6月からは自身によるレーベル「TCY Recordings」を立ち上げ、国内外を問わず若手クリエイターを中心に、世界のダンスミュージックシーンに向け、クラブ・アンセムを発信している。

2011年3月には、ソロプロジェクト「THE SUITBOYS」を始動させ、第一弾としてMIX CD『AFTER 5 VOL.1』を発売した[4]

2011年11月11日大沢伸一FPMVERBAL、Jaguar Skillsなど国内外の大物DJがレギュラー出演するインターネットラジオ「block.fm」を開局した。[5]自身もTJO(Takeru John Otoguro)と供にレギュラー番組「TCY RADIO」を放送している。

人物[編集]

m-floVERBALと☆Takuは、サングラスキャラとして定着しているが、デビュー当時は共にあまりサングラスをかけていなかった(かけても色の薄いものが多かった)。VERBALがサングラスをかけ始めたのは『EXPO EXPO』(2001年)、☆Takuがかけ始めたのは「miss you」(2003年)の頃からである。VERBALがサングラスをかけ始めたきっかけは「自分たちのPVで視線が落ち着いておらず、また童顔であったから」、☆Takuは「周囲に勧められたから」である[6]

SF作品を非常に好んでおり、とりわけスタートレックシリーズやガンダムシリーズに造詣が深い。影響を受けたアーティストには、スタートレックシリーズの生みの親とされるジーン・ロッデンベリーと答えている[7]。『ASTROMANTIC』(2004年)レコーディング時、ジャズプレイヤーのTOKUとはガンダム話で打ち解けあったという[8]m-floのアルバムのインタールードには☆TakuのSF好きの影響が見られ、『COSMICOLOR』(2007年)にはスタートレックのナレーションのパロディやスタートレックとコラボレーションした、m-flo loves STAR TREK™「love long and prosper」が収録されている。

趣味はサッカー日本代表観戦、サッカーゲームカタン[7]。☆Takuが手掛けた「AIDA (020609 TACHYTELIC REMIX)」は、スポーツ番組においてしばしば使用されている。テレビゲームウイニングイレブン』シリーズの熱狂的なファンであり、2006年発売の「ワールドサッカーウイニングイレブン10」ではオープニングテーマ「Win and Shine」を制作した。2007年にはヤマザキナビスコカップのアンセムを制作した[9]2006年のワールドカップではドイツまで観戦に行った[10]

長年に渡りMacintoshユーザーである[11]

飛行機のマニアであると本人が語っており、エアフォースワンのコーヒーに付属する紙ナプキンをeBayで購入し所持している[12]。しかし、飛行機に乗ること自体は苦手である[12]

ディスコグラフィ[編集]

m-floとしての参加作品はm-flo#ディスコグラフィーを、ravexとしての参加作品はravexの頁をそれぞれ参照されたい。

MiX CD[編集]

  • 『Tachytelic Night 〜welcomes you to the FAR EAST〜』 (2003年3月5日
  • 『AFTER 5 VOL.1』 (2011年4月20日) THE SUITBOYS A.K.A. ☆TAKU TAKAHASHI 名義

コンピレーションアルバム[編集]

作品[編集]

1999年

2000年

  • Little Wish / K. - 編曲
  • Under the same sky / K. - 作曲・編曲

2001年

2002年

  • hard to say / Crystal Kay - 作詞・作曲・編曲
  • Violet Nude <m-flo's Soulstice Xtended Mix> / 嶋野百恵
  • Magic/World / 日之内絵美 - 作詞・作曲・編曲
  • AIDA (020609TACHYTELIC REMIX)
  • 映画『模倣犯』オープニングテーマ「modulation」
  • 映画『模倣犯』挿入曲「ピースのジレンマ」

2003年

  • Boyfriend -part II- / Crystal Kay - 編曲
  • 上海Boogie Woogie(超速進化的台北リミックス)Remix by ☆Taku Takahashi(m-flo)&境亜寿香 / amin
  • What's Your Secret? / MIC BANDITZ - 編曲
  • Crying / 日之内絵美 - 編曲
  • Freak! / 日之内絵美 - 編曲
  • Painful / 日之内絵美 - 編曲
  • hey boy… / 日之内絵美 - 編曲
  • 片想い / Crystal Kay - 作曲・編曲

2004年

2006年

  • see you... / melody. - 作曲・プロデュース
  • (Is This The Way To) Amarillo / ☆Taku Takahashi (m-flo)
  • I Know / Crystal Kay - 作曲・プロデュース
  • Win and Shine / Ukatrats FC - 作詞・作曲・プロデュース
  • 君の優しさ / AYUSE KOZUE - プロデュース
  • GO WEST -020609 TACHYTELIC REMIX- ☆Taku Takahashi (m-flo) a.k.a 020609 TACHYTELIC / ULTRAS

2007年

  • AMOR…SAUDE〜VERSAO em PORTUGUES〜 -Tachytelic Remixed- / マルシア
  • Jリーグヤマザキナビスコカップアンセム

2008年

  • 愛だけが / 日之内エミ - プロデュース
  • I Love You / 日之内エミ - プロデュース
  • That's Not My Name (☆Taku Takahashi Remix) / ザ・ティン・ティンズ
  • FRENCH GIRL!!!!! / BOO - プロデュース
  • 夢のFUTURE feat. KOTOMI (TIME IS DISSING ME REMIX) / RYUKYUDISKO
  • Romantic / Rie fu - 作曲・編曲
  • Summer Carnival ☆Taku Takahashi Remix / 岩村学
  • Intro to Ten / COLDFEET - ナレーション

2009年

2010年

2011年

2012年

  • New Style Standard (We Won't Stop)
  • All Night Till 7AM
  • All Night Till 7AM (☆Taku Remix)
  • Ebi Sukui - 『へうげもの』オープニングテーマ
  • LADIES / ICONIQ
  • She’s So (Outta Control) (BFM remix) / 2NE1
  • HEART BEAT / 加藤ミリヤ - プロデュース
  • Take A Walk (☆Taku Takahashi & El Poco Maro Remix) / Passion Pit
  • I wanna party feat. The BK Sound & ASSASSIN / MINMI - 編曲
  • Teo Teo 〜D.I.N.C〜 feat. DOBERMAN INC / MINMI - 編曲
  • SOUTHPAW / MEG - サウンドプロデュース
  • さくら 〜永遠〜 “Tachytelic Remix”/ MINMI

2013年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 金剛地武志 /TOMORROW: これから二十歳を迎える若者と昔二十歳だった人々へ”. J-Wave (2006年11月16日). 2007年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月13日閲覧。
  2. ^ MTV-Staff (2008年6月27日). “【MTV】ピックアップ・アーティスト<7月の特集>”. MTV 365 World Trip 〜 on SMIRNOFF ROAD 〜BLOG. 2008年10月28日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ BARKS (2002年10月31日). “m-flo - バイオグラフィー / BARKS アーティスト”. 2011年1月30日閲覧。
  4. ^ “☆Taku(m-flo)のソロプロジェクト"THE SUITBOYS"遂に始動!!” (プレスリリース), http://m-flo.com/works/taku/20110303-2.html 
  5. ^ BARKS 2011年11月11日
  6. ^ 田中隆信 (2005年9月2日). “Yahoo!ミュージック - ミュージックマガジン - m-flo ライブトークレポート”. 2009年12月28日閲覧。
  7. ^ a b PROFILE - m-flo official website”. 2011年1月30日閲覧。
  8. ^ amigo (2004年4月28日). “m-flo アルバム『ASTROMANTIC』インタビューほぼ全文”. HAPPY MUSIC. 2009年12月28日閲覧。
  9. ^ Jリーグ. “ヤマザキナビスコカップ・アンセム”. Jリーグ公式サイト. 2011年1月30日閲覧。
  10. ^ m-flo Special Interview - Future Tracks→R” (2006年7月6日). 2007年6月25日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ Apple Inc. “Apple - Pro - 事例 - ☆Taku Takahashi(m-flo)”. 2009年12月28日閲覧。
  12. ^ a b ☆Taku Takahashi (2011年1月22日). “Twitter / @Taku Takahashi- ちなみに、僕は飛行機に乗るのは苦手なんですが、大の飛 ...”. ☆Taku Takahashi Twitter. 2011年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]