トヨタ・センチュリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

センチュリーCENTURY )は、トヨタ自動車が主として日本国内で販売する同社の最高級乗用車である[1]

生産はトヨタ自動車傘下のトヨタ自動車東日本(2012年6月までは関東自動車工業。7月1日にセントラル自動車トヨタ自動車東北と合併)が担当し、工程の多くを手作業に頼る形態で限定生産されている。日本国内における販売店はトヨタ店(東京のみ東京トヨペットと併売)。

概要[編集]

日本国内の官公庁、企業、富裕層などでの自家用使用でのショーファードリブンカー(運転手が付きオーナーは後席に乗る車)として企画されており、後部座席の快適性に重きを置いた作りになっている。

法人需要が大部分だが、富裕層の自家用車にも少なからず用いられている。特装改造のベース車として霊柩車化されての需要も多い。

現行モデルでは内外装には、トヨタの企業ロゴは使用されていない(以前は「TOYOTA」の文字ロゴがトランクリッドに入っていた)。代わりに、「鳳凰」及びセンチュリーのイニシャルを象ったマークがフロントやサイド、ホイール等に使用され、リヤは「CENTURY」とアルファベットでトランクリッドに幅広く記載されている。

「センチュリー(世紀)」の名称は、初代モデルが発表された1967年明治100年(同時に、創業者・豊田佐吉の生誕100年)であったことに因む。

主として自国内の特定クラスのみを対象とする車種としては、日本車では他に日産・プレジデントがあった(2010年8月生産終了)。日本国外で類似の性格を備えた高級車にはイギリスのオースチンA135(1952年 - 1968年)、デイムラー・DS4201968年 - 1992年)、 旧ソビエト連邦ロシアZISおよびZIL1936年 - )や中華人民共和国紅旗1958年 - )などが挙げられるが、センチュリーもそれらの例と同様に、国際市場での販売を考慮しない独特の性格を持った自動車になっている。

2005年に、トヨタの高級車ブランドレクサス」の販売が日本でも開始された。最高品種レクサス LS600hLは、その価格(1550万円)こそセンチュリー(1219万円)を上まわる(2013年5月現在)が、センチュリーはその独自の位置づけにおいて、トヨタだけでなく日本の乗用車市場におけるフラグシップセダンとしての地位を築いている。

歴史[編集]

初代(1967年~1997年)VG2# 3# 4#[編集]

トヨタ・センチュリー(初代)
VG2#/VG3#/VG4#型
前期型(VG20型)
1967 Toyota Century 01.jpg
後期型(VG40型)
Toyota century(VG40).jpg
VG40 Toyota century2.jpg
販売期間 1982年 - 1997年(後期型)
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 5V-EU型
V型8気筒OHV 3,994cc
変速機 4#前期:3速コラムAT
4#後期:4速AT/4速コラムAT
駆動方式 FR
サスペンション 前・ストラット
後・4リンク
全長 5,120mm
5,270mm(Lタイプ)
5,770mm(リムジン)
全幅 1,890mm
全高 1,450mm
ホイールベース 2,860mm
3,010mm(Lタイプ)
3,510mm(リムジン)
先代 トヨタ・クラウンエイト
-自動車のスペック表-

世界の豪華車に匹敵するプレステージサルーンを目標にして開発(トヨタ博物館による解説)され、1967年11月に発売された。以後細部の改良を受けながらも、1997年まで30年間に渡ってモデルチェンジなしで生産される希有な記録を作った。

1964年には、トヨタ自動車の最上級車であった「クラウン」の車体を拡大するとともに、V型8気筒2,600ccエンジンを搭載した「クラウンエイト」が開発されていたが、クラウンの構造拡大型に留まった「エイト」と異なり、センチュリーは全面的な新設計により開発された。

想定する市場としては、パイロットモデルたる「エイト」に続き、従来アメリカ製高級車によって占められていた日本国内のVIP向けショーファー・ドリブン用途への本格的参入を狙ったものである。

4ドアセダン一種のみのボディは、「伝統的な日本」を感じさせるテイストを持ち、重厚で保守的だがある意味極めて個性的なデザインである。長矩形の異形ヘッドライトなどは登場当初は当時の日本車としては珍しかった。

V型8気筒の後輪駆動車で、エンジンはクラウン・エイト用エンジンを拡大した3V型OHV・3,000ccエンジンから始まり、その後排出ガス対策等で3,400cc(4V-U型、4V-EU型)、4,000cc(5V-EU型)まで排気量拡大がなされた。

当初、(当時の)トヨタ車としては異例に凝ったメカニズムを採用しており、それらは通常のコイルスプリングに換えてエアチャンバーを用いたフロントサスペンション(アーム配置はトレーリングアーム)や、ギアボックスをスカットル上部に置き、リンケージの大半をエンジン上部に配置したステアリング系(ナックルアームはストラットタワーの頂部に配置)に代表される。これらは、当時の日本車はもとより欧米車でもあまり例が無く、登場から40年以上経た現在の眼で見ても極めてユニークで、興味深いものである。

しかし、複雑なメカニズムが実際の走行性能の向上にどれほどの役割を果たしたかはやや疑問と評すべき面もあり、メーカーとしても机上のスペックよりも現実の実用性能を重視するという考え方のもと、1982年の大規模なマイナーチェンジの際に、より一般的な方式に変えられたものも多い(前述のフロントサスペンションや、ステアリング系も一般的な方式に改められた)。その結果、実質的な実用性能は向上したものの、純技術的にはやや後退した感は否めない。

VG20型は、自動変速機装備が常識化していたアメリカ製大型車に対抗するため、当初からオートマチックトランスミッションが標準だったが、初期には手動変速機の4速フロアシフト車も設定されていた。イメージには不似合いであったことやオートマチック車の需要が高かったことから、マイナーチェンジ(VG21型へ移行時)には廃止されている。

  • 1973年4月 - マイナーチェンジでVG21型へ変更された。昭和48年排出ガス規制適合と同時に総排気量が3,400ccの4V型へ変更。テールランプのデザイン変更と同時にウインカーのアンバー色追加。フロントディスクブレーキ追加。電磁式ドアロックの廃止。
  • 1975年6月 - 昭和50年排出ガス規制適合。マニュアルトランスミッション車が廃止される。
  • 1977年1月 - 昭和52年排出ガス規制適合で型式をC-VG30型へ変更。
  • 1978年11月 - 昭和53年排出ガス規制適合で型式をE-VG35型へ変更。ホイールキャップのデザイン変更。
  • 1982年 - 大規模なマイナーチェンジ。エンジンが3,400ccの4V-EU型に代わり、4,000ccの5V-EU型となり、前述の通り各部の特異な機構がより一般的な機構に改められた。また発売以来大幅な変更がなかった内外装が変更され、外装ではヘッドライト、フロントグリル、テールライト、バンパーなどが、内装ではオートエアコンの採用、ラジオの電子チューナー化、各種スイッチの日本語表記化などが行われた。
  • 1985年8月 - EタイプにTEMSが採用される。
  • 1987年 - 一部改良。デジタルメーターの採用と内外装の変更。ATを3速から4速型の電子制御式に変更。フロアシフト車復活。
  • 1990年9月 - 一部改良。ホイールベースを150mm延長したロングボディのLタイプ追加。(型式はVG45)
  • 1992年12月 - 一部改良。フロントグリル、ホイールのデザイン変更。後席VIPシート、サイドドアビーム、LEDハイマウントストップランプ、運転席エアバッグを全車標準装備。
  • 1994年12月 - 一部改良。エアコンカットシステムの採用。車載電話用アンテナをバックウインドウ内蔵タイプに変更。

このモデルは極めて長期に渡って生産されたことから、やはり長期生産されたプレジデントと並び、中古車市場では法人ワンオーナーで程度の良い車が後期形モデルを中心に比較的安価に流通している。

クラシカルなイメージが強い外観デザイン、アメリカ車並に大柄なボディサイズ、いわゆる「ベンコラ」(ベンチシートにコラムシフトの組み合わせ)が受け、ローライダー、あるいはVIPカーのベース車として若者にも人気がある。特にベンコラ車はクラウン同様にやや高く取引されている。

2代目(1997年~) GZG5#[編集]

トヨタ・センチュリー(2代目)
GZG5#型
1997 Toyota Century 01.jpg
リア
1997 Toyota Century 02.jpg
車内
1997 Toyota Century 03.jpg
販売期間 1997年-
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 1GZ-FE型
V型12気筒DOHC 4,996cc
変速機 4速AT/4速コラムAT(-05年1月)
6速AT/6速コラムAT(05年1月- )
駆動方式 FR
サスペンション 前・ダブルウィッシュボーン
後・ダブルウイッシュボーン
全長 5,270mm
全幅 1,890mm
全高 1,470mm
ホイールベース 3,025mm
車両重量 2,050kg
-自動車のスペック表-

1997年、異例の長期生産が続いた初代から30年ぶりにモデルチェンジが行われ、2代目モデルに移行した。

最新のメカニズムを満載したハイテクノロジーの権化のような自動車でありながら、車体デザインは1967年以来の初代モデルのデザインをほとんど踏襲し、遠目には初代モデル末期型と区別を付けにくい外観となった。また、リムジンの設定がなくなった。

日本製市販乗用車としては史上初にして唯一のV型12気筒DOHCエンジンを搭載した後輪駆動車である。4カムOHC(片バンクあたりDOHC機構)の5,000cc・280PSで、基本構造はトヨタ自動車で長い実績のある既存の直列6気筒エンジン(JZエンジン)をベースにしている。エンジンの形式名は、1GZ-FE型であり、片バンクの6気筒にトラブルが生じても、残りの6気筒が機能して走行できるようになっている。その他の走行機器の多くにバックアップのための2重系統化が施されている。

内装に使われている木目パネルには職人が手作業で制作したものが使われるなど、高度な素材・技術が使われている。また、ボディーカラー名には「神威」(かむい、エターナルブラック)、「摩周」(ましゅう、シリーンブルーマイカ)、「瑞雲」(ずいうん、デミュアーブルーマイカメタリックモリブデン)、「鸞鳳」(らんぽう、グロリアスグレーメタリックモリブデン)、「精華」(せいか、レイディエントシルバーメタリック)と、おおよそ他の車種では使用されないような名前[2]が使われている。車の性格からオーナードライバーが自ら運転するケースは多くないものの、ショーファードリブン時とオーナードリブン時とで走行性能を切り替える機能もある。

初代モデルは末期まで全車フェンダーミラーで、ドアミラーを選択することができなかったが、この代よりオプション設定でドアミラーを選択できるようになった。

  • 1997年4月 - フルモデルチェンジ。
  • 2000年4月 - 一部改良。
  • 2001年5月 - 一部改良。
  • 2003年1月 - 官公庁での使用を見込んで圧縮天然ガス(CNG)仕様車を追加。しかし、四国のように都市ガスの天然ガス化が遅れている地域が少なくない上、ベースモデルよりも約300万円高いため導入拡大にまでは至らず、2005年の一部改良時には消滅した。CNG仕様車のエンジンは1GZ-FNEで、出力は258PSとやや下がっている。また、識別のためフロントドア横に「CNG」の文字が入っている。
  • 2005年1月 - 一部改良。ATが6速化され(フロアシフトはシーケンシャルシフトマチックとなる)、平成17年排出ガス75%低減でSU-LEVの認定と平成22年燃費基準を達成した。また、デュアルEMVが標準装備になった。この時後席ビデオデッキに代わり、DVDプレーヤーが標準になっている。
  • 2006年1月 - 一部改良。テールランプとブレーキランプにLEDを採用。
  • 2007年10月 - 第40回東京モーターショーにセンチュリーの製造元である関東自動車工業が専用フロントグリル、内装にウールを使用するなど、より高級化を図った「プレミアムセンチュリー」を出品。
  • 2008年1月 - 一部改良。ディスチャージ付(ロービームのみ)マルチリフレクターヘッドランプを装備した。それに伴いフォグランプがバンパーに移動し、コーナリングランプが廃止された。また、地上デジタルテレビチューナーも装備された。
  • 2010年8月 - 一部改良。新たにバックガイドモニター(音声ガイダンス機能付)とETCを標準装備。また、鳳凰のエンブレムの背景色を黒に変更し、より際立たせた。リアセンターアームレストの一部に本木目を採用し、左後席にフットレストを新設定した。また、ウィンドシールドガラスはUVカット機能に加え、高遮音機能、赤外線カット機能を追加した合わせガラスとなり、車内の温度上昇を抑えることでエアコンの負荷を軽減するなど、静粛性・快適性を高めた。
  • 2013年5月 - 一部改良。地上デジタルテレビチューナーを4チューナーに増強して受信性能を向上したほか、リモコン受光部を前席にも設定したことで操作性を高めた。また、ドアガラス(クォーターガラスを除く)にスーパーUVカットガラスを採用したほか、フェンダーミラーの鏡面屈折を変更したことで視認性を向上させた。

センチュリーロイヤル[編集]

1967年以来使用されてきた天皇皇后御料車プリンスロイヤル」が老朽化のためセンチュリーをベースとした特別生産車「センチュリーロイヤル」に順次切り替えられ、2006年9月28日臨時国会開会式に出席する際から使用されている。

センチュリーの特殊性[編集]

5層コートを5回焼き付けた塗装を専門の検査員が「鮮映性」という基準でチェック、専門の職人が担当する木目パネルや本革シートなどの内装、専属の作業員により専用のラインで組み立てられるなど、生産効率を重視するトヨタ生産方式からは相容れないコストを度外視した車であるが、かつては1000万円を切るという、異常な水準の廉価で販売されていた。しかし2005年に値上げが図られ、現行車(2013年現在)の価格設定は1208万円からである。

日本におけるセンチュリーの主なユーザーである皇族保守的上流層、政治家、企業幹部や宗教指導者は、「センチュリーに乗る事を積極的に誇示する」のではなく、一種の匿名性と儀礼的性格を兼ね備えたこの乗用車の独特なキャラクターを利用している傾向が強い。

多くの高級車がフロントのエンブレムやラジエーターグリルなどの端的に理解されやすいマークで認識されるのに対し、センチュリーのイメージはフロントマスクやテールランプ回りの独特なデザインをはじめとするボディデザイン全体によって構築されている。故に2代目の開発にあたっても、そのデザインは初代の古典的デザインモチーフが全体に踏襲される事になった。

輸出を重視したモデルではないが、アジアヨーロッパ市場に少数の輸出実績がある。香港では、特別行政区行政長官の公用車が永くセンチュリーであった(2007年5月、レクサスLS600hLに代替された)。右側通行の国向けに、主に日本政府の在外公館向けとして左ハンドル仕様のセンチュリーも存在する(在仏、在中国日本大使館など)。

その他[編集]

  • 官公庁での公用車としての採用が多く、自治体の長の公用車にも広く用いられるが、近年は「高価な大排気量車」による公費浪費の批判を避ける政治的判断[3]、あるいは純粋な維持費用節約の見地[4]から、都道府県知事や市町村長用の公用センチュリーを売却し、ハイブリッドカー等の低公害車、あるいは輸送力で勝る大型ワンボックスカーで代替する事例(奈良県宮崎県)が増えている。広島県では以上のメリットに加え、県内に本社を置くマツダへの支援と道路環境の悪い安芸灘諸島自治体での運用を考慮して、2009年より同社が生産するミニバンMPVを公用車に指定している[5]
  • 2007年10月13日夕方、秋田県横手市を公務で訪問中の皇太子徳仁親王を乗せたセンチュリーが路上で立ち往生するトラブルに見舞われた。トヨタ自動車広報部によるとエンジンを制御しているコンピューターと電源との接続部分の金属が振動などで摩耗したことにより、電圧が異常になって安全装置が作動したとしている。
  • タコメーターは、スピードメーターの下の中央部分に配置されている。

脚注[編集]

  1. ^ 販売価格については、厳密には同じトヨタ製のレクサスLS600hより低価格であるが、本文にて記述されている独自の性格から、日本においては別格の最高級乗用車として位置づけられている。
  2. ^ 2013年現在、ボディーカラー名に漢字が入っているのはセンチュリーのみである。
  3. ^ 『知事公用の高級車をネット売却 経費削減でハイブリッド車に 奈良』 MSNニュース 2008年4月25日。この記事によると、実際の経費削減効果よりも象徴的な意味合いの方が大きいと知事が発言している。
  4. ^ 『黒塗り高級車やめました 知事公用車で東国原知事』 千葉日報ウェブ 2007年2月7日。
  5. ^ 知事記者会見 平成22年4月6日。この記者会見で、「皇族のご来行や外国からの要人訪問等の際、車列としてどうしてもという場合に備えて1台は残す」と発言している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]