ワタナベエンターテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ワタナベエンターテインメント
Watanabe Entertainment Co., Ltd.
WES building jingumae shibuya tokyo 2009.JPG
本社のあるWESビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ナベプロ.ワタナベエンタ
ナベエンタ.WE
本社所在地 日本の旗 日本
150-0001
東京都渋谷区神宮前4-2-12
WESビル
設立 2000年10月24日
業種 サービス業
事業内容 芸能事務所・番組制作会社
代表者 代表取締役会長 吉田正樹
代表取締役社長 渡辺ミキ
資本金 18億円
売上高 55億円(2007年1月現在)
従業員数 85名(所属タレントを除く)
主要株主 渡辺プロダクション
外部リンク http://www.watanabepro.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ワタナベエンターテインメントは、渡辺プロダクション系列の芸能事務所

2000年10月24日、渡辺プロダクションの組織改編により、芸能プロダクション部門を分社化して設立。代表は、渡辺ミキ代表取締役社長(渡辺プロダクション代表取締役会長も兼任)。本社は東京都渋谷区神宮前4-2-12 WESビル

概要[編集]

渡辺プロダクション(ナベプロ[1])時代は、有力タレントを多数抱え、番組も多数制作。1960年代から1970年代に掛けて渡辺プロが放送タレント業界の最大手であった。

ジャズミュージシャンであった渡邊晋と妻の渡辺美佐は、所属タレントに仕事を斡旋し出演料の一部を受け取るだけであった芸能プロの仕事を変革した。レコードやテレビ番組や映画を自社で制作して、レコードの原盤制作収入や番組制作費、興行収入が入ってくるようにし、戦後の新しい芸能ビジネスのスタイルを作った。

スターの他事務所への流出や独立を阻止するために妨害工作を行ったこともあり、伊東ゆかり森進一小柳ルミ子らは独立により一時期民放全局に出演できなくなった。しかしその後も独立するタレントは後を立たず、1970年代後半以降、吉本興業ホリプロジャニーズ事務所など競合他社が力をつけたことにより、相対的に影響力が低下した。とはいえ、現在でも渡辺プログループ全体でフジテレビと強固な関係を維持するなど(後述)、大手プロダクションとして安定した地位を維持している。2000年10月24日の組織改編も、経営を安定させる経営多角化の一環と考えられている。

その後、2002年8月2日ビスケットエンターティメント、 ワタナベデジタルメディアコミュニケーションズと会社統合した(後者は後に再分社)。

ワタナベエンタの待遇について、所属タレントがその現状をテレビなどで語ることが多い。例としては、青木さやかが「以前は、自分1人で現場に行かなければならなかった。売れてからようやく現場マネージャーがついてくるようになったが、そのマネージャーが学生アルバイトで、学祭になると休んでしまうので困る」と語っている。また、波田陽区が「宣伝に使用される写真が、僕の場合はインスタントカメラ(で撮影されたもの)だった」と語った。

トラブル防止のため、また副業禁止(ただし本業がタレントでない場合を除く)であるため、所属タレントの著した書籍の印税等は一旦全てが事務所に入り、その後タレントに定率で分配している。

井澤健池田道彦大里洋吉諸岡義明野田義治尾木徹らの著名芸能プロダクションの社長もかつてナベプロやその系列のプロダクションの社員だった。

2006年には、ワタナベエンターテインメント九州事業本部を創設。それまで東京で活動していたゴリけんパラシュート部隊などが九州支部に異動したほか、九州地方でも所属タレントのスカウトを行っている。また、当地のフジ系列局であるテレビ西日本とも関係を作っている。

フジテレビとナベプロ[編集]

フジテレビとナベプロは古くからパイプが太いことでも知られている。その端緒は、当時、渡辺晋社長の右腕として力を発揮していた松下治夫が制作を担当、同局開局数か月後に放送開始した「ザ・ヒットパレード」と言われている。その後も、松下の指揮の下、正月恒例だった長寿番組「新春かくし芸大会」や週一レギュラー番組「ウチくる!?」などはナベプロが制作権を持っている。

また渡辺ミキ渡辺プロ会長およびワタナベエンタ社長と、フジテレビのバラエティ班で長らく活躍した吉田正樹現ワタナベエンタ会長とが夫婦であることもフジテレビとの太いパイプを象徴している。

フジ日曜12時枠の番組(現在は「ウチくる!?」。過去の番組としては「クイズ・ドレミファドン!」「上岡龍太郎にはダマされないぞ」など)は、エンディングのスタッフロールの最後の部分が、「フジテレビ」ではなく「企画・制作 渡辺プロダクション」になっている。また、ナベプログループのイザワオフィスも、「ドリフ大爆笑」や志村けん主演の番組では、フジテレビではなくイザワオフィス制作としている。

キー局系の番組で、制作者が放送局名義でないことは現在では珍しく、ナベプロの存在感を示す一例といえる。

主な製作参加番組[編集]

フジテレビ系列番組[編集]

フジテレビで放送しているトークショーとゲーム番組とクイズ番組を兼ねたバラエティ番組で、ネプチューンの冠番組。
「新春ポピュラー歌手かくし芸大会」として始まった第1回より現在まで製作を担当。そのため、1970年代にはライバル関係になりつつあったホリプロジャニーズ事務所等、他事務所の所属タレントがこの番組には出演できない等の制約があった。尚、最初期にはすぎやまこういちも担当していた。
全編ロケーション形式のトークバラエティー。司会は、やはり専属タレントの中山秀征中川翔子(2011年9月~)。
当時フジテレビの社員であったすぎやまこういちがディレクションを手がけた。初代司会は、所属タレントだったミッキー・カーチス。レギュラーとして売り出し中のザ・ピーナッツが出演。フジテレビとの強固な関係を築く土台となった。その後も長沢純布施明と司会者にはナベプロ専属タレントが当り、まさにナベプロを代表するテレビ番組であった。
家族対抗ドレミファ大賞」をマイナーチェンジする形でスタートしたクイズ番組兼音楽番組。司会は高島忠夫ほか。現在も「イントロ大作戦」等の名称で、中山秀征司会によるスペシャル番組として継続中。

その他の主な系列番組[編集]

ハナ肇とクレージーキャッツザ・ピーナッツの2枚看板が大活躍したバラエティ番組。最後にはジャッキー吉川とブルーコメッツもレギュラーとなる。
ザ・ドリフターズが大活躍し、放送当時の子供達を中心に絶大な人気を博したバラエティ番組。公開生放送。
「8時だョ!全員集合」の第1期が終了後、同番組の第2期までの間につなぎ番組として放送されたハナ肇とクレージーキャッツがメインのバラエティ番組。
「8時だョ!全員集合」の第1期終了後に始まったザ・ドリフターズがメインのバラエティ番組。番組フォーマットは「全員集合」と似ていた。
この番組のスタートをめぐり、日本テレビ系「NTV紅白歌のベストテンプロデューサー井原高忠との間に深刻な確執が生じる(詳しくは「紅白歌のベストテン」の項を参照されたい。同番組の司会はかくし芸の司会者でもある高橋圭三)。
「あなたならOK」以来続くテレビ朝日系ナベプロ枠(月曜20時)の一つで、その中でも最大のヒット番組となった。レギュラーは加山雄三伊東四朗(伊東はナベプロ所属ではない)、小松政夫キャンディーズほか。「電線音頭」・「シラケ鳥」などのギャグが流行する。

50周年イベント[編集]

2005年12月23日より2006年1月15日まで、東京都千代田区にある丸ビルで、「渡辺プロダクション創立50周年企画 「抱えきれない夢」 日本のエンターテインメントの50年」が開催された。会場では、過去のタレントを中心に、現在所属のタレントの資料も一部展示されていた。その後、同年7月2日より9月3日まで長野県諏訪市まるみつ百貨店で、また同年12月より2007年1月4日まで石川県金沢市めいてつ・エムザでも開催された。同年8月16日より8月28日まで東京都渋谷区東急百貨店本店で開催された。

グループ会社[編集]

所属タレント[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 改称後も一貫して「ナベプロ」という略称が使われているが、自ら好んで使用することはなく、現在は通常「ワタナベ」「エンタ」などが使われている。