キャロライン洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キャロライン洋子(キャロラインようこ、1962年8月10日 - )は、日本(アメリカ国籍)の元タレントテレビラジオアテレコCM雑誌などで幅広く活躍した。本名はキャロライン・ナーン・カフ(Caroline Nan Koff)。別名キャロライン・キャムダー(Caroline Kamdar)、キャロライン・コス(Caroline Koss)。黒沢浩(William Hiroshi Koff)は兄。

略歴[編集]

船舶会社に勤務するアメリカ人の父と日本人の母の間に東京で生まれ育つ。3歳の時、兄と共に劇団若草に入り、読売テレビ『パパのおくりもの』等に出演。1960年代より主に子役としてテレビ・舞台等で活躍、また、子供モデル(写真モデル)としての活動もある。NHK教育放送の英語教育番組、ドッグフード(ビタワン)のCMなどに出演していた。1970年代前半に積水ハウススポンサーとなっていた推理クイズ番組があり、レギュラー解答者として活躍。他になかよしの読者コーナーを担当していたこともある。

私生活では、幼稚園から高校までアメリカンスクールに通った。東京都調布市の私立ASIJを1980年に卒業。上智大学に進学、心理学を1年間学んだ後に退学し、19歳で父の祖国アメリカに移り、1981年オレゴン州立大学入学。程なくしてタレント活動を停止。大学時代は数理科学数学を専攻し、1986年、オレゴン州立大学科学部コンピューター科学学科の大学院に入学、人工知能を研究。のち修士号(M.S. of Computer Science)を取得。大学院修了後はヒューレット・パッカード社に入社し人工知能の研究員として現在も勤務する。2009年より同社 Globalization Program Manager、2012年より同社 Internationalization Consulting and Localization Program Manager[1]。米国コロラド州在住。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

情報・バラエティ番組[編集]

舞台[編集]

吹き替え[編集]

アニメ[編集]

ラジオ[編集]

人形劇[編集]

レコード[編集]

  • おしゃまなブンブン / 日曜日が好きよ(1970年)
  • ゲバゲバおじさん / とっても素敵なあなた(1971年3月)
  • おとなの不思議な世界(1972年2月) ヘドバとダビデとキャロライン洋子
  • こいびと同志(1972年)キャロライン洋子・ウィリアム浩 / オネショのラブ・ソング
  • ペペとミミ(1978年) 岸部シロー&キャロライン洋子
  • キャッツ・アイ・ラブ(1978年) 柳沢真一・キャロライン洋子
  • シャムネコまりちゃん / 雪さん空からこんにちは
  • キャンディ・キャンディ / あしたがすき(1979年) 堀江美都子のカバー

著書[編集]

  • 黒い瞳と星条旗 キャロライン洋子のアメリカ学園だより(1986年、日本文華社

脚注[編集]

  1. ^ Caroline Koff”. Linkedin (2014年4月22日). 2014年5月8日閲覧。

外部リンク[編集]