笑福亭鶴光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

笑福亭 鶴光(しょうふくてい つるこ)は、上方落語名跡。当代は2代目。

  • 初代 笑福亭鶴光1892年 - 没年不詳)は、4代目笑福亭松鶴門下で、後に4代目笑福亭松竹を襲名。5代目笑福亭松鶴主催の「楽語荘」同人。本名は瀬尾伝治郎(昌平の諸説あり)。享年不詳だが、没年は昭和中期頃であると推測される。
  • 2代目 笑福亭鶴光1948年1月18日 - )は、本項にて詳述。

なお、「鶴光」の正式な読み方は「つるこう」ではなく「つるこ」である。


2代目 笑福亭 鶴光
Gomaisasa.svg
五枚笹は、笑福亭一門定紋である。
本名 小林 幸男
生年月日 1948年1月18日(66歳)
出身地 大阪府中河内郡長吉村(後の大阪市東住吉区、現:平野区域)
血液型 O型
方言 大阪弁
最終学歴 大阪市立天王寺第二商業高等学校卒業
師匠 6代目笑福亭松鶴
芸風 上方落語
漫談
事務所 松竹芸能
活動時期 1968年 -
同期 桂三枝(現:6代目桂文枝
桂春之輔
過去の代表番組 笑福亭鶴光のオールナイトニッポン
MBSヤングタウン
鶴光の噂のゴールデンアワー
おとなの子守唄
他の活動 タレント
ラジオパーソナリティ
受賞歴
ゴールデンアロー芸能新人賞
夜のレコード大賞最優秀新人賞
ギャラクシー個人撰賞
全国人気DJ第1位

2代目笑福亭 鶴光(しょうふくてい つるこ、1948年1月18日 - )は、大阪府中河内郡長吉村川辺(現:大阪市平野区)出身の上方噺家上方落語家)、ラジオパーソナリティ上方落語協会協会員、落語芸術協会上方真打松竹芸能所属。本名、小林 幸男(こばやし ゆきお)。

血液型はO型。大阪市立天王寺第二商業高等学校卒業(演劇部の同級生に4代目林家小染がいる)。出囃子は『春はうれしや』。桂三枝(現:6代目桂文枝)、桂春之輔と同期。別名は「エロカマキリ」「Mr.オールナイトニッポン 」。弟子には笑福亭学光(しょうふくてい がっこ)らがいる。

上方落語協会公式ホームページの会員プロフィールでは、読み方は「しょうふくていつるこ」となっている。対して、落語芸術協会公式ホームページでは「しょうふくていつるこう」となっており、また自身のブログでもタイトルを「つるこうでおま!」としている。

来歴・人物[編集]

父は紙芝居師。

弟子入り[編集]

6代目笑福亭松鶴に師事。2013年現在では3代目笑福亭仁鶴に次ぐ2番弟子である[1]

入門の際、松鶴の許を直接訪問せずに、「入門を認めるなら○、認めないなら×」との内容を記した往復はがきを郵送したエピソードが知られる。結局返信されなかったため、直接6代目松鶴の元に訪れ弟子入りを直訴した。その際に6代目松鶴から「笑福亭の「笑」が「松」になってたやないか!! ドアホ!!」と叱られた。

正式な入門は1967年4月。初舞台は1968年2月の新世界新花月。以降、ラジオパーソナリティとして売れるまで松鶴の運転手をする。

上方落語協会、関西演芸協会のほか、5代目春風亭柳昇の口添えで1990年より落語芸術協会にも上方真打として参加しており、通常は東京寄席に出演している。これは鶴光が1987年から2003年の間、東京のニッポン放送で平日帯のレギュラー番組(後述)を持っていたというスケジュール上の事情が背景にあるが、これとは別に師匠である6代目松鶴が「鶴光が引き続き東京で活躍できるように」と計らい、落語芸術協会に働きかけたことによるものともいわれている。また、松鶴は、東京に上方の人間が常駐することによって、東京と上方の架け橋になればいいと考えていたとの説もある。

現在、東京の寄席でトリを取る資格を持つ上方落語家は鶴光のみ。東京の寄席事情を知る唯一の上方落語家として、上方落語協会会長6代目桂文枝からの信頼も厚い。春風亭小朝ら、鶴光に上方ネタをつけてもらう東京の噺家も多いという。東京での地道な活動が徐々に認められつつあり、NHKの演芸番組『日本の話芸』にもしばしば出演する。

ラジオパーソナリティ[編集]

松鶴に入門するや否や「まずは顔と名前を売らなアカン!」と考えた鶴光は「兄弟子の仁鶴、同期の三枝(現:文枝)」をライバルとして、修業時代から関西ローカルのテレビ番組ラジオ番組に出演した。折りしも時代は演芸ブームであり、長髪という落語家らしからぬ風貌と機転の利いた喋りはすぐに注目され、ラジオのレギュラーだけで13本を抱える売れっ子になった。

1971年4月より関西の人気深夜番組『MBSヤングタウン』のパーソナリティに抜擢。三枝とともに同番組の看板パーソナリティとなる。

そんな鶴光の活躍ぶりをラジオ大阪の関係者から聞きつけたニッポン放送亀渕昭信(後に同社社長)が、全国ツアーで『オールナイトニッポン』を3か月間休むことになっていたあのねのねのピンチヒッター要員として、鶴光にオーディションを受けさせた。亀渕は、最初のオーディションに間違って桂朝丸(現:桂ざこば)を呼んでしまったという逸話があるが、見事オーディションに合格した鶴光は、1974年に『オールナイトニッポン』水曜日パーソナリティを3か月間担当することとなる。鶴光は「どうせ3か月しかないのなら」と、当時の全国ネットのラジオでほとんど聞くことのなかったコテコテの関西弁下ネタを連発。一気にブレイクし、全国区への足がかりとなった。あのねのねがレギュラーに復帰すると土曜日に担当が変わり、最終的には11年9か月という当時の歴代最長パーソナリティ記録を樹立した(現在の最長パーソナリティはナインティナイン)。鶴光の成功により、以降明石家さんまをはじめ多くの関西芸人が東京のラジオで活躍することになる。

笑福亭鶴光のオールナイトニッポン』は「この歌はこんな風に聞こえる」「ミッドナイトストーリー」「驚き桃の木ピンク話」などエッチ系のコーナーが満載で、まだAVが存在しない時代でもあったので、若い男性にとってはこの番組は福音でもあった。タモリとともに「なんちゃっておじさん」ブームも巻き起こした。

長期間に渡り番組を担当したため、番組内でのエピソードも多い。

  • 生放送中に地震が発生し怖じ気づいた鶴光は、真夏の放送にも拘わらず「ストーブの火を消してください」とマニュアル通りにアナウンスした。リスナーから「こんなクソ暑い季節にストーブをつけてる家庭がどこにあるか!!アホ!!」と抗議されたという。
  • 放送直前にとある愉快犯より「爆弾を仕掛けた」と通告されたことを受け、厳戒態勢の中放送を行なった。気丈に生放送を務めた鶴光だったが、極度に緊張していたため、放送終了後にはトイレに駆け込み嘔吐したという。
  • ニッポン放送のポッドキャスト番組で地震関連の放送をした時に注意喚起のアナウンスの後で「あー怖わ!!」とコメントした。
  • 長丁場の番組中空腹を催し、屋台のおでんを食べに行こうということで、ミキサー1人を残してスタジオを離れた。その際、場つなぎとして「河内音頭」のレコードをフルコーラス(およそ30分)放送した。この放送を偶然ゴルフに行くために起きていた亀渕(当時:編成部長)が聴いており、後に説教されたという。亀渕から「俺の分はないのか?」と聞かれた鶴光が「ない」と答えると、亀渕はさらに怒ったという[2]

当時の女性アイドルもアシスタントとして出演しており(深夜4時台にアシスタント単独のコーナーもあった)、芦川よしみ日高のり子榊みちこ川島なお美松本明子坂上とし恵らも、アイドルとして売れなかった時代に『鶴光のオールナイトニッポン』でアシスタントを務めた。

1985年の『オールナイトニッポン』降板後は、東京と大阪を行き来しながら『鶴光の代打逆転サヨナラ満塁ホームラン』『かけこみワイド・鶴光のまかせなさい』を担当したが、1987年3月にABCラジオポップ対歌謡曲』を除くすべての在阪レギュラー番組を降板。東京に単身赴任して『鶴光の噂のゴールデンアワー』のパーソナリティを16年間務めた。「乳頭(ニュートゥー)の色は?」「ダンナのアソコに小鳥は何羽止まりますか?」などの変わらぬトークぶりを展開し、主婦のアイドルとして不動の地位を築いた。

その後は冬期限定レギュラーパーソナリティとして数々の番組などを担当したが、2009年3月をもってニッポン放送でのレギュラー番組は消滅した。

なお、鶴光の中では落語とラジオは「別物」として厳密に分類しており、「ラジオのファンが高座に足を運んでくれるということは期待していない」「本業は落語、ラジオは愛人」などと発言している。

コミックソング[編集]

鶴光は多数のレコードをリリースしたが、ヒットしたのは約20万枚を売り上げた『うぐいすだにミュージックホール』(作詞・作曲:山本正之)のみである。しかし、この曲のヒットが原因で、師匠の松鶴が「鶴光のやつ、落語の勉強せずにストリップの歌など歌いおって!許せん」と激怒し、鶴光は3か月間の破門を言い渡されている(ラジオ番組『鶴光・美和子!噂のゴールデンリクエスト』内で本人談。また著書『つるこうでおま!』P116とp208にも同様の記述がある)。

映画[編集]

映画にも数多く出演している。代表作はレギュラー出演した『トラック野郎シリーズ』で、ビニ本屋の店長役などで持ち味のエロを存分に発揮した。五月みどり主演の『奥様はお固いのがお好き』などのポルノ映画にも出演。また、Vシネマミナミの帝王シリーズ』の3作品にも友情出演している。

テレビCM[編集]

2005年リクルートの「フロム・エー(FROM A)関東版/関西版」のテレビCMに出演する。様々なシチュエーションで「ええか~、ええか~」と語りかけるCMが人気を博した。「ええか~、ええか~」は『鶴光のオールナイトニッポン時代』からのギャグフレーズであるが、当時の流行を知らない若者の間でもこのフレーズが再度ブレイクし、このフレーズの着メロダウンロードは急激に増加した。

落語[編集]

売れ始めた頃にはテレビなどで新作落語や小噺などを披露し放送時間を繋いでいたが、円熟味を増してからは師匠譲りの豪快な話芸で『三十石夢の通い路』『相撲場風景』『三人旅』『阿弥陀池』『ぜんざい公社』『竹の水仙』などを得意にしている。

また、『木津の勘助』『荒茶』『鼓ヶ滝』『竹の水仙』などの講談種や『掛川の宿』などの浪曲種、『袈裟御前』『紀州』といった地噺なども得意としており、落語家・鶴光の顕著な特徴として認められる。

高座はもっぱら都内の定席や国立演芸場首都圏の市民ホールなどが中心であるが、学校寄席にも精力的に取り組んでいる。地元大阪で新たに始まった天満天神繁昌亭の定席では、大トリも務めることもある。また、横浜にぎわい座で年2回「鶴光一門会」を開いている。松竹芸能が新宿にオープンした寄席「新宿角座」では月に1度「角座深夜寄席〜特選真打ちの会〜」をプロデュースし、鶴光一門と落語芸術協会所属の落語家が出演している。

弟子[編集]

落語家[編集]

  • 笑福亭學光上方落語協会松竹芸能
  • 笑福亭笑光(廃業後、嘉門達夫としてタレントに転向)
  • 笑福亭迷光(廃業)
  • 笑福亭大五郎(廃業)
  • 笑福亭扇光(廃業)
  • 笑福亭真光(廃業)
  • 笑福亭久光(廃業)
  • 笑福亭新之介(鶴光の長男。廃業)
  • 笑福亭光壱(廃業)
  • 笑福亭里光落語芸術協会真打・松竹芸能)
  • 笑福亭つぐみ(女流。廃業)
  • 笑福亭和光(落語芸術協会二ツ目・松竹芸能)
  • 笑福亭典光(廃業)
  • 笑福亭乃光(廃業)
  • 笑福亭羽光(落語芸術協会二ツ目・松竹芸能)
  • 笑福亭竹三(落語芸術協会・二つ目)
  • 笑福亭希光(落語芸術協会・前座)

落語以外の弟子[編集]

  • ナオユキ(スタンダップコメディ芸人・松竹芸能)
  • 小林ありさ(鶴光の長女。元漫才師
  • 海野かつお(元「鶴光劇団」。廃業)
  • 海野いわし(元「鶴光劇団」。廃業)
  • 海野とまと(元「鶴光劇団」。廃業)

影響を与えた人物[編集]

  • 『鶴光のオールナイトニッポン』歴代アシスタントの中でも、特に松本明子とは因縁がある。
    • 『鶴光のオールナイトニッポン』がフジテレビ系『オールナイトフジ』と同時放送を行った際、鶴光と片岡鶴太郎が松本をそそのかし、松本に放送禁止用語を叫ばせた。この件で松本は謹慎処分となり、後にバラドルに転向することになる。
    • 鶴光はこの件の「主犯格」と見なされ、ラジオスターとしての人気ゆえ干されこそしなかったが、「松本明子を地獄に追いやった上方落語家」というレッテルを貼られる。その後長い間、関東のテレビ局や番組制作会社、アイドルタレントを擁する多くの芸能事務所から「下ネタ系要注意タレント」として警戒され続けた。松本の一件以降、知名度や人気、仕事量の割にはテレビ生放送の仕事や女性アイドルとの共演が少なくなる状態が長く続いた。
  • また、日高のり子も後に声優としてブレイクしたが、その後のKBS京都はいぱぁナイト』で「身ぃ削ってナンボ!」と自ら公言し、鶴光譲りの暴走トークで人気を集めることになる。
  • この他、芸能界で活躍しているタレントの中にも『鶴光のオールナイトニッポン』のリスナーであった者は多い。

現在の出演番組[編集]

テレビ[編集]

不定期ゲスト出演

過去の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

本項では原則的にレギュラー番組のみを掲載するが、ニッポン放送においては半ば専属的に出演していたため特別番組なども掲載した。

ニッポン放送[編集]

レギュラー番組
特別番組
  • 初日の出!笑福亭鶴光の落語でおめでとう(2006年1月1日)
  • 笑福亭鶴光と松本ひでおの歌の日本シリーズ(2006年10月、スペシャルウィーク)
  • 笑福亭鶴光と松本ひでおの歌の紅白リクエスト合戦(2006年12月、スペシャルウィーク)
  • 笑福亭鶴光と松本ひでおの深夜放送ヒット電話リクエスト(2007年2月、スペシャルウィーク)
  • 笑福亭鶴光の噂のゴールデンリクエスト(2007年4月、スペシャルウィーク)
  • 笑福亭鶴光と増山さやかのサウンドコレクション(2007年6月、スペシャルウィーク)
  • 鶴光・美和子!噂のゴールデンリクエスト
  • 鶴光の噂の青春リクエスト
  • 笑福亭鶴光のオールナイトニッポンDX(2009年2月26日)
  • 笑福亭鶴光のオールナイトニッポンGOLD増刊号(2010年2月17日)
  • セイ!ヤング・オールナイトニッポンコンサートまであと26日 Are you ready?Oh!の魅力(2011年1月3日)
  • オールナイトニッポン大百科(2012年4月16日)
  • 伝説のパーソナリティが今を語る オールナイトニッポン45時間スペシャル(2013年2月22 - 24日、総合司会)
  • ホリデースペシャル 鶴光・美和子の浅草ヘルスセンター(2013年9月16日)

ラジオ大阪[編集]

ラジオ関西[編集]

  • ナマナマ大放送(1970年5月 - 1972年3月)
  • さんちかサテライトジョッキー
  • 大人の子守唄ラジオ版
  • サテスタであいましょう
  • ポケットジャーナル
  • ジュエルコーナー

毎日放送[編集]

  • MBSヤングタウン(1971年4月 - 1972年9月、1973年4月 - 1975年3月、1975年10月 - 1984年3月)
  • ごきげんさん!3時は鶴光です
  • ジャンボサタデー
  • 歌謡ゴーゴーファイブ
  • やる気満々藤本永治です
  • ミュージックハイウェイ
  • 歌うハイウェイ

朝日放送[編集]

京都放送[編集]

  • 丸物わいわいカーニバル(1972年 - 1974年)
  • KBSワイドスコープ
  • オールナイト電話リクエスト

その他[編集]

  • ツー快!お昼ドキッ2006年4月 - 2009年4月、CBCラジオ、水曜日)
  • 鶴光のおもいっきりラジオ(静岡放送)
  • 笑福亭鶴光のハッピーカムカム幸福ラジオ(福井放送)

テレビ[編集]

TBS[編集]

日本テレビ[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

朝日放送[編集]

毎日放送[編集]

読売テレビ[編集]

関西テレビ[編集]

サンテレビ[編集]

名古屋テレビ[編集]

その他[編集]

CM[編集]

映画[編集]

DVD・セルビデオ[編集]

  • 鶴光のオールナイトニッポンDELUX・鶴光でおま(ビクターエンタテインメント)
  • ワザオギ落語会vol.3(ワザオギ
  • 鶴光のおとなの子守唄
  • 平成紅梅亭特選落語会/特選!噺家の会8(ポニーキャニオン)
  • 繁昌亭らいぶシリーズ6 〜笑福亭鶴光〜(テイチクエンターテインメント)
  • 電車男(ポニーキャニオン) ※舞台版/声の出演

著書[編集]

  • 鶴光のなじょなじょ512発!!―出して快感!出されて悶絶!(ニッポン放送出版)
  • 笑福亭鶴光のセクシーなぞなぞ(ワニ文庫)
  • 笑福亭鶴光の金魚鉢の青春(サンケイ出版
  • 鶴光のかやくごはん(ペップ出版)
  • 鶴光のかやくごはん(角川文庫) ※文庫版
  • 鶴光自身(ペップ出版)
  • 鶴光のニューかやくごはん(ペップ出版)
  • お子様ランチ(ペップ出版)
  • 午前1時のひまつぶし(ペップ出版)
  • 午前2時のひまつぶし(ペップ出版)
  • 鶴光の新かやくごはん(ワニ文庫)
  • 鶴光のあの子はだあ〜れ(ワニ文庫)
  • 驚き桃の木ビックリ話(サンケイ出版)
  • 驚き桃の木ピンク話(サンケイ出版)
  • 元祖なんちゃっておじさん(ペップ出版)
  • つるこうでおま!(白夜書房

レコード・CD[編集]

コミックソングほか[編集]

  • 男心の番外地/鶴光小唄(1972年4月、キング)
  • 鶴光の大阪小唄/鶴光の浪速の子守唄(1974年2月、東芝EMI)
  • うぐいすだにミュージックホール/ももえちゃん(1975年5月、ワーナーパイオニア)
  • 鶴光のかやくごはん LP(1975年7月、ワーナーパイオニア)
  • イザベル =関西篇=/買わなきゃ、Song!Song!(1975年11月、ワーナーパイオニア)
  • 鶴光のかやくごはん2 LP(1975年11月、ワーナーパイオニア)
  • 星のふる夜/ア!なんだなるほど節(1976年4月、ワーナーパイオニア)
  • スイタラ・タンゴ/Mr.ツルコー(1977年5月、ワーナーパイオニア)
  • なんちゃって行進曲/なんちゃって人生(1978年4月発売予定だったが、レコード会社の判断により発売中止) ※A面曲は植木等のヒット曲のメドレー。
  • 鶴光の新説SOS/ナンチャッテ一代男(1978年12月、日本コロムビア) ※A面曲は岡林信康のカバー。B面曲は、発売中止となった「なんちゃって行進曲」のB面曲に予定されていた「なんちゃって人生」の改題。
  • レコード版かやくごはん総集篇・ベスト・オブ・ツルコウ(キャニオン)(1979年12月)
  • すんまへ~ん!「あっごめん!」サラリーマン編/人気的英雄 スーパーヒーロー(1980年12月、ポニーキャニオン)
  • ええかええかのテーマ(MBSヤングタウン・木曜日の歌)」(1983年、CBSソニー/福武書店) ※角淳一と共演
  • オール・ザット・おもろない/ええかええかのテーマ(1983年、クラウン)
  • ええんやったら/クリスマスやったね(1990年12月、ポニーキャニオン) ※田中美和子と共演
  • 涙の綱取物語(1994年7月、ポニーキャニオン)
  • うぐいすだにミュージックホール2000(2000年2月、日本クラウン)
  • 宝船だよ!! 七福神/夢色の人生(2001年2月、テイチク) ※田中美和子と共演
  • いっしょに歌お!CBCラジオ 今月の歌セレクション Vol.4鶴光&まな「ほんまにええのんか」(サークルKサンクス)
  • 未来無きロマンス/そう、さよなら(2013年1月) ※加藤リナと共演

落語[編集]

  • 上方落語大全集・朝日放送1080分落語会実況録音盤(テイチク)
  • やんぐ寄席・松竹編(クラウン)
  • 島之内寄席ライブ第一集(キング)
  • ライブ上方艶笑落語集5(日本コロムビア)
  • 上方艶笑落語(エヌ・ジー・シー)
  • 上方落語名人選・珍品抱腹上方お色気噺(ビクター)
  • 笑福亭鶴光集成 1(落語のワザオギ)

ゲーム[編集]

エピソード[編集]

  • 現在、東京で単身赴任生活を送っている。
  • 父親は紙芝居屋をしていた。
  • かつて大阪府吹田市千里丘の自宅1階に「寄席スタジオ笑福亭」を開設。笑福亭一門の落語会やラジオ番組(ラジオ大阪『鶴光の麺食いランド』など)の録音、「鶴光劇団」の稽古場として使われていたが、鶴光が東京に単身赴任するようになってからは使用されることがなくなり、現在は物置となっている。
  • 鶴瓶の実の姉と同級生であり、「絵がむっちゃ上手やったわぁ」と毎日放送のラジオ番組で語っていた。
  • 結婚式当日、袴を持っていないことに気付き、なんば花月の舞台に出演中の仁鶴に借りたというエピソードがある。
  • かつてペットとして飼っていたアカゲザルの三吉)のせいで自宅がボヤ騒ぎになったことがある。

脚注[編集]

  1. ^ 入門当時は2番弟子ではなかったが、兄弟子の死去や廃業が相次いだため2番弟子に昇格している。
  2. ^ 著書『つるこうでおま!』P131より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]