ポルノ映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カメラマン、ヨハン・シュウォーツァーと彼のサターン・フィルム・カンパニーによる1906年頃のオーストリアのエロティック映画『Am Sklavenmarkt』から

ポルノ映画(ポルノえいが)は映像媒体のポルノグラフィ。世界的には「成人映画」とほぼ同義であり、ポルノビデオもこれに含むが、日本においてはより狭い意味で使われることが多い。

世界のポルノ映画[編集]

黎明期[編集]

ポルノ映画の歴史は、映画自体とほとんど同じくらい古い。パトリック・ロバートソンの『Film Facts 』によれば、「確実に年代を特定できる最も初期のポルノ映画は、『A L'Ecu d'Or ou la bonne auberge 』である」。この映画は1908年にフランスで製作された、宿屋の使用人の女の子と逢い引きの約束をする、疲れきった兵士の物語である。ロバートソンは、アルゼンチンのポルノ映画『El Satario 』の方がより古い可能性がある点にも言及している。この映画は1907 - 1912年の何れかの時点で製作された。ロバートソンは「最も古い残存するポルノ映画は、アメリカのキンゼイ・コレクションに含まれている。」と記している。ある映画は、ポルノの慣習的な「お約束」がいかに早く確立されたかを証明している。1910年のドイツ映画『Am Abend 』について、ロバートソンは「この10分間の映画は、寝室で一人マスターベーションをする女性のシーンに始まり、彼女の男性とのセックスフェラチオアナルセックスのシーンへと進行していく。」と紹介している[1]

ポルノ映画は1920年代のサイレント映画時代、広範囲にわたって、多くの場合売春宿で上映された。多数のポルノ映画が以降の数十年間に製作されたが、撮影と配布が秘密裏に行なわれた関係で、これらの詳細を知ることは通常は困難である。1950年頃より以前に製作されたポルノ映画の多くは、永久に紛失したと考えられる。

1960年代から1970年代[編集]

1960年代、性的描写に対する取り組み方が変化を見せ始めた。『私は好奇心の強い女[2](I Am Curious (Yellow)) 』(1969年)や『愛の言葉[3](Kärlekens Språk) 』(1969年)などのスウェーデン映画はきわどい性描写が含まれていたが、法的な位置付けを曖昧にする擬似ドキュメンタリーとして製作された。

1969年、デンマークハードコアポルノを合法化した最初の国となった。直ぐに『Bordellet 』(1972年)、『Jomfruens tegn 』(1973年)などの劇場用長編セックスコメディ映画の製作が開始された。これらは一般の俳優が出演し、ハードコアシーンがあるにもかかわらず、通常「ポルノ映画」としては認識されていない。

1970年代に入ると、法規制の緩和により、アメリカ合衆国や他の多くの国々で「XXXレート(本格的ポルノと評価された)」映画の上映が許可され始めた。1970年代の有名なアメリカのハードコア映画としては『ディープ・スロート』(1972年)、『グリーンドア』(1972年)、『ミス・ジョーンズの背徳』(1973年)、ラドリー・メツガー監督の『ミスティ・ベートーベン』(1975年)、『Debbie Does Dallas[[Debbie Does Dallas - Original public domain movie download] 』(1978年)などが挙げられる。これらはフィルムで撮影され、映画館に配給された。ニューヨークでは、ジェラルド・ダミアーノ監督の『ディープ・スロート』が特に評判となり受け入れられた。そして「Porno chic(おしゃれポルノ)」という言葉が生み出され、文化的な趨勢として認められた。真面目な芸術作品としては、日本の大島渚監督の「愛のコリーダ」があげられる。同作品では、松田英子と藤竜也が主演をつとめた。

1980年代[編集]

1970年代後期から1980年代初期にかけての家庭用ビデオテープレコーダの普及でポルノ映画産業は飛躍的な成長を遂げ、ロン・ジェレミークリスティ・キャニオンジンジャー・リンジョン・ホームズトレイシー・ローズなどのアダルトスターや、グレゴリー・ダークのような有名監督を生み出した。視聴者は、快適な自宅で内密にポルノを観賞できるだけでなく、特殊な妄想やフェティシズムを満たす選択肢もより広がった。

同様に1980年代のカムコーダの普及はポルノの変化に拍車をかけた。人々は個人的な使用、あるいは広く配布するために、自分自身でアマチュアセックス映画を製作することができるようになった。

当時、アダルトビデオ業界が技術的に優れたソニーのシステムの代わりにVHSを選んだため、ベータマックスがVHSとの規格争いに敗れるという一幕があった。

1990年代[編集]

1990年代には2つの顕著なテクノロジーが、ポルノ映画を変化させた。

DVDはより高品位の画質と音質を提供し、主なハリウッドスタジオや民間消費者に受け入れられたのと同様に、ポルノ製作者たちにも熱心に受け入れられた。DVDはユーザーに変化に富んだ複数のカメラアングルと結末、あるいはコンピュータ専用の内容を選ばせる「双方向」ビデオのような革新を可能にした。

インターネットはそれ以前のいかなるテクノロジーよりもポルノの配布を激変させた。アダルトショップや通信販売を通して映画を注文しなくとも、人々は自分のコンピュータでポルノ映画を観賞することができる。商品の到着を待つことなく、数分または数秒でポルノ映画をダウンロードすることができた。ただしインターネットの普及により、違法な猥せつ物に対する規制も困難となった。

ビブ・トーマス、ポール・トーマス、アンドリュー・ブレイク、アントニオ・アダモは、1990年代の著名な監督である。

1998年、オスカーにもノミネートされたことのあるデンマークの映画製作会社ツェントローパ(Zentropa)は映画『Constance 』を製作し、公然とハードコアポルノ映画を製作する世界初の主流映画会社となった。

同年、ツェントローパはラース・フォン・トリアー (Lars von Trier) 監督による『イディオッツ (Idioterne) 』を製作した。これは多くの国際的な賞を獲得し、カンヌ国際映画祭でもパルム・ドールにノミネートされた。映画は、勃起した男性のシャワーシーン、乱交パーティーでの性器挿入のクローズアップシーンを含んでいる。『イディオッツ』は例えばロッコ・シフレディが出演したカトリーヌ・ブレイヤの『ロマンスX』と同様に、露骨な性的イメージを呼び物にする一般映画の世界的な波を起こした。

1999年、デンマークのテレビチャンネル、カナル・ケーベンハウンは夜間のハードコア映画放映を開始した。暗号化されておらず、コペンハーゲン地域のいかなるテレビ受像機でも視聴が自由であった(2008年現在、ツェントローパが設立した会社、イノセント・ピクチャーズの好意により、これはまだ続いている)。

2000年代[編集]

イギリスでは、ポルノに対する検閲はより緩和された。今日、イギリスでのポルノ映画製作や出演は違法ではない。2005年から、露骨な性的内容の映画が全国テレビで放映されている。チャンネル4でラース・フォン・トリアーの『イディオッツ』が上述の露骨なシーンにもかかわらず無検閲で放映された。

2000年代初め、イーオン・マッカイ (Eon McKai) はサブジャンルである「オールト・ポルノ(alt porn - オルタナティブ・カルチャーを反映した、型にはまらないポルノ)」映画製作者の旗手の1人であった。また2004年には、マイケル・ウィンターボトム監督がマルゴ・スティリー主演で「9Songs(9ソングズ)」を制作した。

日本における「ポルノ映画」[編集]

ポルノ映画が上映されている日本のポルノ映画館(客足減少で一般映画館がポルノ映画館に転向した映画館の例)

概要[編集]

日本では大手映画会社によって製作された劇場上映作品を「ポルノ映画」、独立映画会社によって製作された劇場上映作品を「ピンク映画」、最初からビデオ用に製作されたもの(オリジナルビデオ)を「アダルトビデオ」と呼び、別のものとして扱う慣習がある。また、このほかにいわゆるVシネマ(オリジナルビデオ)のアダルト系作品なども存在し、それぞれ作品性、俳優の質、制作費、などに大きな違いがみられる。このため例えば「ポルノ女優」と「ピンク女優」、「AV女優」ではニュアンスがそれぞれ全く異なるのである。

ピンク映画[編集]

同性愛系作品については「ゲイ向けピンク映画」を参照

ピンク映画は本来「お色気映画」とも呼ばれ、ささやかなセクシー表現を売りにした二流映画であった。現代の形態となったのは、1960年代に大蔵映画などのピンク映画専門映画会社が相次いで設立されてからである。1970年代ごろからは大手映画会社によるポルノ映画が競合するようになり、ピンク映画から資金力のある大手への人材流出が止まらず業界は悩まされた。ポルノ映画の時代が終わると次はアダルトビデオの攻勢を受け、大幅に市場規模が縮小することとなったが、ピンク四天王の作品などにより作品性に注目が集まるようになり、2000年代においても細々と製作は続けられている。また1982年に日本初のゲイ向けピンク映画が上映され、1983年にはゲイ専用映画館「梅田ローズ劇場」(2011年閉館、2012年新世界に日劇ローズとして復活)が開館した。

ポルノ映画[編集]

刺激的なキャッチコピーが踊るポルノ映画館の看板

日本の大手映画会社である東映は1960年代末頃からエログロ路線での新市場開拓に乗り出した。この路線は「東映ポルノ」と呼ばれ、ピンク女優の大量引き抜きでも話題となった『徳川女系図』(監督:石井輝男)などを筆頭に一定の成功を見せた。ただし、「ポルノ映画」という名称を初めて用いたのは1971年7月公開の「温泉みみず芸者」である。プロデューサーの天尾完次がポルノグラフィティを元に作った造語といわれる。しかし、そのわずか4か月後に日活ロマンポルノがスタート。ほぼ全番組をこれに専一させた日活に比べれば下番線用の東映ポルノは本数が少なく、また、興行団体PTA、さらには東映労働組合からの反対運動も発生し、一時的に撤退に追い込まれた。ただし、その後も1970年代まで散発的に主に二番館向けとしてポルノ作品を発表した。その後、東映本体は1979年の『天使の欲望』(監督:関本郁夫)をもってポルノから一応再撤退したものの、1980年代半ばまで関連会社の「東映セントラル」を通して、主として獅子プロダクション作品などのピンク映画及び洋ピンを買取配給していた。東映ポルノはスケバンもの、猟奇ミステリー、時代劇などとのジャンル・クロスオーバー的なものが多数を占めているのが特徴で、日活の団地妻もののようにポルノ自体を第一命題として企画されたものは少ない。セックスシーンすら稀少な作品も含まれている。これらの成人映画には当時れっきとした大スター、または成長株であった丹波哲郎天知茂梅宮辰夫渡瀬恒彦らが当然のような顔で出演しているが、これらの出演歴が別段話題になることがない点も日活との大きな違いである。

一方、同じく大手の日活は当時経営難に陥っており、製作コストの安さから東映にならいポルノ映画制作を開始した。一般映画制作を切り捨ててのポルノ専業化であったため人的戦力の集中著しく、数年で東映をポルノから撤退させるほどの成功を収めたが、アダルトビデオが登場すると大いに苦戦し、1988年にはロマンポルノを終了。再び一般作の製作へと回帰した。これら大手映画会社のポルノ映画出身の俳優・スタッフはその後一般作で大きな成功を収めた人物が多く、結果的には「芸能界への登竜門」ともいえる存在になっていた。

1990年代以後、両社から「ポルノ映画」を銘打った作品は基本的に製作されていない。ただし、杉本彩主演『花と蛇』(2003年、東映ビデオ)のように、ポルノ映画の流れを汲む作品は散発的に企画されている。

アダルトビデオ[編集]

ビデオによる製作・配給環境が整った1980年代以降、世界的にポルノ映画のビデオ媒体への移行が進んだ。このため、世界の多くの地域では撮影・配給媒体を区別せずに一括して「ポルノ映画」(Pornographic film)として呼称される。一方、日本のアダルトビデオはポルノ・ピンクとは隔絶した新勢力であった(ただし、代々木忠のようにピンク映画の黎明期から活躍し、アダルトビデオに移行した人物もいた)。

初期のアダルトビデオは比較的ポルノやピンクの影響を受けた作品が多かったが、やがて内容面でも大きく変化が現れるようになる。脚本演出照明や撮影など作品性に欠かせない技術へのこだわりは薄れ、かわって手持ちカメラを使ったハメ撮りなど臨場感を高める手法がもてはやされるようになった。出演者は当初、ピンク映画やポルノ映画出身の者が兼業する例も多かったが、製作スタイルの変化により女優に求められる演技力のレベルは低くなり、一方で相手男優との本番など具体的な性行為が求められることが増えるなど、正統派を自認する俳優が出演しづらい環境へと変質していった。

その他[編集]

TMC[1]エンゲル[2]などの製作会社は、アダルト性の強いオリジナルビデオを製作している。低予算かつ作品性の低いビデオが多いなど内容面ではストーリーもののアダルトビデオに近いが、俳優間の性行為がなく、一般作の女優が出演することがあるなどアダルトビデオともまた隔絶している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Patrick Robertson: Film Facts, 2001, Billboard Books, p. 66
  2. ^ DVD発売時のタイトルは『私は好奇心の強い女—イエロー篇』
  3. ^ DVD発売時のタイトルは『スウェーデン・ラブ・ライフ as 愛の言葉』

関連文献[編集]