シャロン・ケリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャロン・ケリー
Sharon Kelly
プロフィール
別名 コリーン・ブレナン
Oiga Vault
Colleen Beccaire
生年月日 1949年12月1日
現年齢 65歳
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・ケンタッキー州
民族 コーカソイド
毛髪の色 赤毛
公称サイズ(1973年来日時点)
身長 / 体重 165 cm / kg
スリーサイズ 96 - 63 - 91 cm
備考 自然の胸
活動
ジャンル セクスプロイテーションソフトコアハードコア
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

シャロン・ケリーSharon Kelly、1949年12月1日 - )は、コリーン・ブレナンColleen Brennan)などの別名でも知られるアメリカ合衆国のポルノ女優XRCO栄誉殿堂入りメンバー。本名は、シャロン・リン・ネールズ。

来歴[編集]

父親はトラック運転手だった。

豊満で、そばかすに赤毛のシャロン・ケリーの女優としてのキャリアは、ハリー・ノヴァクのプロデュースによる何本かのセクスプロイテーション映画により始まった。彼女はまた、ラス・メイヤー監督の『スーパー・ヴィクセン』、女囚映画『イルザ ナチ女収容所 悪魔の生体実験』、その続編『イルザ アラブ女収容所 悪魔のハーレム』に出演している。

アメリカの本番女優という触れ込みで、また下品で明るく親しみやすく、豊満、そばかす、赤毛の愛嬌のある容姿で人気となり、1974年の東映映画『色情トルコ日記』に出演の為の来日中に、共演相手の梅宮辰夫ではない日本人と、横浜でプライベートにセックスした事を告白している。プライベートでは乱交、スワッピング、アナルセックス愛好者である。

1975年、彼女は一般映画『ハッスル』と『シャンプー』にカメオ出演した。

1977年に引退し、カリフォルニア州サクラメント市のレンタカー店に勤務。通勤中にレイプされ、口内射精、アナルセックス、縛られてのSM調教プレイ、プッシーと口、プッシーとアナルの二穴同時、プッシー二本同時挿入等を強制された事を発言している。その後1980年代に入りコリーン・ブレナン名義で、ポルノ映画界に復帰。ハードコアポルノ映画での広範囲な活動を開始した。数本の『Taboo』シリーズに出演し、1987年には「トリニティー・ブラウン」にてAVN最優秀主演女優賞、助演女優賞(いずれも映画部門)を獲得した[1]。彼女は結婚を機に1990年に映画界から引退した。2012年Tvドラマ「Killer Teens」に出演して復帰した。

1970年代前半より日本の深夜テレビ番組「11PM」等に頻繁に登場するようになり、下品で親しみやすい容姿で人気者となった。アメリカからやってきた「本番女優」という触れ込みであったが、実際にはシャロンがハードコアポルノの活動に絞るのは前述のように1980年代になってからである。この人気に目をつけられ、1974年の東映映画『色情トルコ日記』に出演し、梅宮辰夫と絡んだ。梅宮とシャロンが本番行為(実際の性行為)に及んだのかどうかいう事は話題となり、宣伝に利用された。梅宮は当時のインタビューで「本番行為をするつもりはなかったが、シャロンの絶妙なフェラチオで不覚にも勃起してしまい、性行為に及んだ。彼女のあそこは名器だった」と答えているが、シャロンが当時まだソフトコアの女優だった事を考えれば、空気を読んでのリップサービスである可能性が高い。

私生活[編集]

夫はロサンゼルスの歯医者である。

受賞歴[編集]

  • 1984年 CAFA最優秀助演女優賞 - 『性婦 (Good Girl, Bad Girl)[2]
  • 1986年 XRCO最優秀主演女優賞 – 『スキンレス・ナイト/けもの妻 (Getting Personal)[2]
  • 1986年 XRCO最優秀助演女優賞 – 『Star Angel[2]
  • 1987年 AVN最優秀主演女優賞 (映画) – 『スキンレス・ナイト/けもの妻 (Getting Personal)[1]
  • 1987 AVN最優秀助演女優賞 (映画) – 『Star Angel[1]
  • XRCO殿堂[3]

日本でのTV出演[編集]

References[編集]

  1. ^ a b c Past Winners”. AVN. 2007年9月22日閲覧。
  2. ^ a b c “rame awards list”. http://www.rame.net/library/lists/best.html 2007年12月27日閲覧。 
  3. ^ “XRCO Hall of Fame”. http://www.bwdl.net/XRCO-2/hall.htm 2007年12月27日閲覧。 

外部リンク[編集]