セックスは森を救う会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルリン文化カーニバルで(2008年5月)
トミー・ホル・エリングセン(中央)とレオーナ・ヨハンソン(右)

セックスは森を救う会(セックスはもりをすくうかい、: Fuck for forest、FFF)は、2003年レオーナ・ヨハンソントミー・ホル・エリングセンによってノルウェーで結成された非営利の環境団体。世界の熱帯雨林を救うためにポルノを製作するか、公共の場でセックスすることによって資金を調達する。グループは最初の6ヶ月間、ノルウェー政府から資金提供を受け取った。世界初のエコポルノ団体である[1][2][3]

歴史[編集]

最初の年(2003年)に、熱帯雨林保護のために団体の運営するポルノサイトで有料会員を募り、10万ドル以上の純利益を計上した[1]。しかし、正当な手段でなく、利益を分配することは困難だった[2]。ノルウェーとオランダWWFは、FFFから寄付を受け取ることを拒否したため、セックスは森を救う会は直接アマゾン熱帯雨林コスタリカ先住民と活動する計画に取り組んでいる[1]

論争[編集]

ノルウェーの歌手クリストファー・シャウとそのバンド「The Cumshots」が出演したロックフェスティバル・クォート・フェスティバルで、メンバーのうちの2人が熱帯雨林での人間活動の影響についての短いスピーチの後に、ステージ上で性交をしたことにより、グループは悪名を高めた[2]クリスチャンサンの法廷によって命じられた罰金刑から逃れるため、団体は本部をドイツベルリンに移した[1][3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Dicum, Gregory (2005年4月13日). “Eco-porn: Great Sex For A Good Cause”. San Francisco Chronicle. Hearst Communications. 2011年1月5日閲覧。
  2. ^ a b c Harris, Lissa (2004年10月6日). “Norwegian Wood. Porn activists go all the way to save the rainforest”. Grist (magazine). http://www.grist.org/article/harris-naked/ 2011年1月5日閲覧。 
  3. ^ a b Dalrymple, Theodore (August 26, 2005). “Ethical Pornographers?”. City Journal. http://www.city-journal.org/html/eon_08_26_05td.html 2011年1月5日閲覧。. 

外部リンク[編集]