裏ビデオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

裏ビデオ(うらビデオ)とは、主として性器部分に修整(モザイク処理など)を加えず性交場面などを収録しているわいせつ映像作品(アダルトビデオ)である。日本においては、多くは法に抵触し、わいせつ物頒布罪に該当する可能性が高いため、流通・販売が「表」では出来ず「裏」で行われるためこう呼ばれる。1980年代頃より業界と市場が存在した。ここでは主に日本の裏ビデオについて記述する。DVDによる違法ポルノ映像作品については裏DVDを参照。

また、わいせつ以外の「裏ビデオ」については下記の非性的なものを参照。

概説[編集]

そもそも日本においては、性器の画像修整が無いわいせつ映像の流通販売がわいせつ物頒布罪によって違法とされている。米国などのポルノビデオとは異なり、日本で合法販売、あるいはレンタルされているアダルトビデオ(“表”ビデオ)は、倫理審査団体の審査による自主規制、もしくはメーカー側の判断による自主規制により性器に“モザイク”など様々な手法で修整がかけられている。

性器に修整が無い映像(無修整映像)を観たい市場の潜在的な需要に対応し、1980年代頃より目立たないように頒布されるようになった違法なビデオの事を通称「裏ビデオ」と呼ぶ。1989年昭和天皇崩御前後の自粛期間における当局による風俗に対する一斉検挙以後は、裏ビデオ業界の自主制作作品がほとんど姿を消し、変わって、1990年代までには、修整をかける予定で撮影されたアダルトビデオの修整前テープの流出などがしばしば裏ビデオとして認識されるようになった。

歴史[編集]

家庭用VHSデッキの普及と同期して、1980年代頃から一般に登場した。

  • 創成期(1980年代前半)
    • 日本には戦前から(一説には20世紀初頭、大正期)わいせつな映像メディアとして非合法フィルム=「ブルーフィルム」文化が存在していた。「ブルーフィルム」は、映写機など高価で大きな機材が必要なため、一部の愛好家による金持ちの道楽的な要素が強かったが、小型で個人視聴が可能なビデオデッキの普及は、アンダーグラウンドメディアに革命をもたらし、「ブルーフィルム」はやがて淘汰され消滅していった。しかし、その流通方法、撮影のノウハウは少なからず裏ビデオに影響を与えることとなった。
    • 当時は家電販売店がVHSデッキ拡販のため、「おまけ」としてこっそりとプレゼントしていたこともあったともいわれる[1][2]。1980年代は、初めから裏ビデオとする目的で性交を露骨に映した作品を非合法組織が製作していた。流通していた物の多くは、何度もダビングを繰り返した粗悪品で(もちろん、著作権を主張される可能性がないことをいいことに作られた無断コピー品である)、画質は悪かった。
    • 定説では、自主制作裏ビデオの第1号は「星と虹の詩」と言われている。その後、1982年頃、本格的裏ビデオ「洗濯屋ケンちゃん」(一部の書物には、裏ビデオ第1号を「洗濯屋ケンちゃん」とする説を載せているが間違いである)が登場すると、「8時だよ全員集合」などゴールデンタイムのバラエティ番組や人気アーチストのプロモーションビデオの中で、タレントが「洗濯屋ケンちゃん」と発言するなど、裏ビデオの存在が公然と語られるようになった。
  • 発展期(1980年代中頃)
    • 「洗濯屋ケンちゃん」登場に前後して、裏ビデオは単なる性交ビデオから、作品展開に共通の流れができ映像作品と呼べる内容に向上してきた。代表的なストーリー展開は、女性登場-入浴-オナニー-男性登場-前戯-性交、というパターンで、性交は最後の5分間だけというものも少なくなかった。現代[いつ?]においては作品の多くの時間が性交シーンに当てられているため、今[いつ?]考えると極端に短く感じられるが、この頃の出演者は専門の俳優ではないので実生活と同じ感覚で性交していたものと見られる。
    • 裏ビデオそのものが珍しかったこの時代には、夫婦やカップルなど男女で観賞することも当たり前に行われていたため、男性のオナニーシーン(勃起から射精まで)を取り入れた作品も珍しくなかった。
    • また、この頃から、表ビデオ雑誌に公然と裏ビデオ紹介記事が目立ち始めた。裏ビデオ評論家なる者も現れ、鑑賞した裏ビデオに点数をつけて評価したり、購入方法のノウハウなどを雑誌に載せたりした。この情報をもとに裏ビデオを購入したユーザーも少なくなく、裏ならなんでもいい時代から、内容重視の指向に変わった時期でもある。
  • 成長期(1980年代後半)
    • 1980年代後半からは、当初より裏ビデオとして制作された作品の他に、合法アダルトビデオの製作会社から倒産や借金の肩代わりに持って行かれるなどして流出した無修整マスターテープをコピーしたものが加わった。元々は合法アダルトビデオのため出演女優の質が高く鑑賞に堪える半面、擬似性交が大半であったので面白みに欠ける欠点があった。また、素人撮影物が人気を集めたのもこの頃であった。
    • それまでの裏ビデオは実際の性交を記録したものと言って良く性交や射精、中出しも本当に行っていたが、この時期以降の作品では一般流通の「表モノ」と同様、擬似精液の使用や擬似性交が当たり前となっていった。
    • 1988年秋、昭和天皇が危篤状態になると(翌年1月7日崩御)社会全体が自粛ムードになる中、警察当局はそれを口実に1989年にかけて一斉摘発に乗り出し、自主制作作品は壊滅的な打撃を受けた。以後、前出の合法アダルトビデオの「流出」モノが主流となった。そのため、裏ビデオが本来持つ、後ろめたさやアンダーグラウンドゆえの稚拙さが醸し出す独特の怪しげな雰囲気が損なわれ、裏ビデオから離れていったマニアも少なくない。
  • 成熟期(1990年代後半から2000年頃)
    • DVDの一般普及に伴いメディアの形態がVHSビデオカセットからDVDに置き換えられていったが、DVDはデジタル録画であるため何回重ねてダビングしても画質が劣化することがなくクリアな画質で作品を視聴できるようになった。コンテンツは「日本人出演の海外作品」とされるものが多くなり、また、これらは一般に「米国在住の日本人向け」とされている場合が多い。しかし、アダルトコンテンツの通信販売サイトが日本語で表示され、日本での代金決済や日本向け発送に対応しているなど、実質的に日本在住の者に向けてのものとなっている場合も多い(関税法における禁制品の為、DVDの輸入を行った場合には関税で没収・返送される場合や罪に問われる場合がある。しかし、業者側も没収時の再送オプションを備えたりDVD以外の何かに見せかけ発送するなど、いたちごっこが続いている)。日本裏業者の商品は日本でのプレスが不可能なため、DVDを装うDVD-Rである。
  • 現在
    • そして2000年代の現在は、米国など日本国外から直接映像をインターネット配信をする方式へと移行しつつあり、この場合は発信側・受信側ともに日本の法に触れない(取り締まり不可能)日本でも事実上合法となる。これによりディスクメディアを使った裏ビデオ(違法ビデオ)の存在理由が薄れてきている。また、ファイル共有ソフトによって多くの裏ビデオが流通し入手が困難ではなくなっているため、創生期のような限られた人のみがこっそり見られるモノという見方は薄れてきた。

流通別分類[編集]

いくつかのタイプに分類可能であるが、複数のタイプが複合したものもある。

合法の国の正規品
現在流通する裏ビデオはAV女優が出演している米国正規品がほとんどである。素人女性が出演することもある[要出典]。通常のアダルトビデオだと、だまされて出演する場合もある。しかし、発信元の米国などでも規制が厳しくなっており、「騙し」による出演は最近は珍しくなっている。最近[いつ?]は、女優と契約していないメーカーが動画を流すのは肖像権侵害であるとして、訴訟沙汰になるケースが増えている。無修整わいせつビデオ販売サイトでは出演女優と直接交渉し、無修整ビデオへの出演を依頼することで、トラブルを避けるケースが多くなっている。契約内容が無修整動画を一般に向け販売するというものであるため、かなり高額のギャランティを払わなければ女優は出演しないとされている。そのため、表ビデオに比べ、出演料が何倍にもなるケースもある。この場合では国際販売がほとんどである。
日本国内の裏業者
日本裏ビデオ業者によると思われる作品は、実際は摘発逃れのためのたび重なる名称変更、生産国や所在地を明かさず、極めて不明な点が多い。これらの作品は無修整ではなく、性器等のモザイク処理が極めて薄い「薄消し」が施されている。なお、中には「極薄消し」なる、ほとんどモザイクの意味を成さないものもある。摘発された時の言い逃れができる最低限のモザイクをかけているとされるが、勿論それでも摘発対象である。
無断コピー品
上記2点及びインターネット作品から無断でDVD-Rに家庭用レコーダーでコピーして販売されるものがある。この場合著作権法にも違反する。
裏ビデオに類似するもの
一部の「インディーズ系」ビデオ作品(ビデ倫未審査)の中には、「薄消し」と呼ばれるものが存在し、裏ビデオと同列で販売されているものもあるが、「薄消し」と銘打っている作品であっても、いわゆる裏業界・裏市場における「薄消し」とは異なり、ビデ倫と比べモザイクが小さくても女性器が確認できないほどに濃いことがある。この手の「薄消し」作品は専門ビデオ販売店でも見かけることが少なくない。

ジャンル[編集]

ここからは、主にジャンルで示す。基本的にはモザイク有りのアダルトビデオと大きく変わらない。

  • アダルトビデオ - 女性が出演して女性器や性行為を見せる、主に男性を視聴対象としたもの。
  • ゲイビデオ - ゲイである男性同士の性行為(アナルセックス)、もしくはバイセクシャルノンケの男性がオナニーや女性との性行為を行い男性側の描写を中心としたもの。男性を視聴対象としているが女性ファンもいる。
  • アダルトアニメ - 国内で発売されているアダルトアニメ(18禁OVA)では、製作元が同一作品の無修正版の輸出を積極的に行っており、無修正の海外正規品として販売される場合が多い。

アダルトビデオのジャンル[編集]

  • 単発女優物、企画物 - かつての作品では沖田真子渡瀬ミクなどのものが有名。
  • 特集物 - 単品作品の冗長部分をカットし、作品数点分の性交場面だけを集めて一本にした作品。
  • 乱交物 - 複数の男性でひとりの女性もしくは複数の女性と性交するもの。
  • 熟女物 - 基本的は合法アダルトビデオ同様、この種のビデオに出演する人間(男優、女優含む)の年齢は18歳(法律による)から30代程度である。この作品では、それ以上の年齢(例えば40〜60歳代の女性(俗に言う「熟女」といわれる女性))が性的行為を行う内容である。
  • 素人物 - 素人がプライベートな性交シーンを撮影したもの。画質がよくないものが多い。制作者(業者もしくは個人)が街で一般人(素人)をスカウトして撮影するものもあるが、実際は関係者による演出がほとんどである。
  • ハメ撮り物 - カメラマン自らが性交を行いながら撮影するもの。
  • 青姦物 - 文字通り、野外での性交物。アダルトビデオでは、大勢の人の前で裸体をさらしたり性交を見せたりするなどの過激な作品は厳しく規制されるようになり、裏ビデオのジャンルになりつつある。
  • SM物 - 文字通り、SMを撮影したもの。
  • 獣姦物 - 主に犬や馬等の動物と性交するもの。
  • 黒人物 - 主として黒人と性交を行う内容である。相手をする女優は女子高生、主婦、単体女優などがある。アメリカのプロの黒人AV男優から素人まで、その数は決して少なくない。

裏ビデオ特有のもの[編集]

  • 裏流出物
    • AV女優が出演し、通常のアダルトビデオとして制作された内容で、モザイク処理前のテープが流出したもの(倒産したメーカーの作品が裏の業界に流れることはよくある)。内部の人間が故意にダビングテープを流出させたこともあった。大まかに編集されたいわゆる「粗編集」のままダビング、コピーされ流通するため、通常カットする監督の声やコンドーム装着シーンなどが入っている、逆に一切音声が入っていない、タイムコード入り映像だけのものもある。そのため現在の主な合法アダルトビデオメーカーでは流出対策として、早い段階でモザイクをかけている。
  • 逆輸入物
    • 日本人(日本語をしゃべる・日本と見られる場所で撮影)が出演し、米国向けに無修整で制作された作品が逆輸入され、日本で裏ビデオとして流通しているもの。映画『白日夢』(武智鉄二監督、佐藤慶・愛染恭子主演)あたりからはじまり、現在[いつ?]の主流である。
  • ネット流出物
    • プライベートで撮影された素人男女の性交ビデオが、故意に流出あるいはwinnyなどファイル共有ソフトを介して流出したもののうち、特に美人女性であるもの、作品性が高いものを中心に、裏ビデオとして構成、頒布されることがある。

裏ビデオ特有のもので犯罪性も高いもの[編集]

前者は、単にロリータビデオもしくはショタビデオと言った場合、裏ビデオには属さないものもあることに注意。裏ビデオに属するものの場合、双方共に違法性が高い。また、被写体の児童やその保護者の同意の下に撮影された物と、児童への猥褻行為を記録した物とがある。海外でも違法性が高い国が大半を占めており(重罪になることもある)、入手が困難で、ほとんどが海外の裏市場で入手された物であるが、現在[いつ?]法規制がされていなかったり、定義年齢が日本より低い国からインターネット配信をする方式で合法的に発信を行っているサイトも一部にある。ロリータビデオではないが、児童ポルノの被写体は女児のみならず男児も含まれ、これを「ショタビデオ」と呼ぶ。日本では、男児の児童ポルノ所持についても既に何人か逮捕者が出ている。日本国内で製作されたと思われる物の例として『名古屋団地』『双子姉妹』『妖精伝説』『堂山ビデオ』(少年を扱ったもの)などが挙げられる。

  • 援交
    • 援助交際(少女売春)の一部始終を表したもの。少女に金銭を渡し、性交を行いそれを撮影したもの。特に、少女が18歳未満の場合、これも犯罪行為にあたる。有名な例としては『関西援交』があり、これは製作者が逮捕されている。
  • 盗撮
    • ラブホテルに隠しカメラを仕掛けたものや、女子トイレ、公衆浴場、学校の更衣室などで秘かに隠し撮りされたもの。トイレ・浴場では女性の協力者がいる場合が多い。迷惑防止条例で定められている地域では撮影者が判明次第罰せられる。アダルトビデオでは、女優などによるやらせ撮影も多い。実際に盗撮者が逮捕された学校の更衣室での女子生徒の更衣盗撮映像が販売されている事がある。
  • スナッフフィルムen:Snuff film)海外の場合、被害者(性交相手も含む)を殺害する映像が含まれる明らかな犯罪物も存在すると言われる。
  • レイプ
    • 強姦の一部始終を表したもの。アダルトビデオでは女優などによるやらせ撮影による作品がほとんどであるが、裏ビデオのレイプ物の中には、現実に行われたレイプを録画したものもあり、これは犯罪行為にあたる。実際にレイプ犯からの投稿された映像が販売されている事がある。

レイプ物について[編集]

  • 犯罪行為である実際のレイプを撮影したものはあまりなく、多くはそれらしく演技、構成したものである。実際のレイプ物が存在するかは、その地域の宗教色やポルノに対する寛容度によって差があるとされている。ポルノに対して比較的寛容で、ポルノの話題を口にしやすい地域では、口コミで情報が広がりやすく、警察が情報を掴みやすく摘発に遭いやすいと言われる。
  • 対して、ポルノの話題を口にするのがはばかられる風潮がある地域では、ポルノに関する情報はなかなか広まらない。その結果、非常に犯罪性の高いものが出てきても、愛好者だけの間で秘密裏に鑑賞が行われるケースが多く、表面化しない。また、性に対してオープンな場合、逆に屈曲した陰湿な内容を好まない傾向があるともされる。[独自研究?]

このような現象をみて、オーストラリアキャンベラ市の女性市長は、「ポルノや性表現に寛容で、抵抗感が低い方が、犯罪性の高いポルノを撲滅しやすいので好ましいのではないか。特に男性ではなく女性がもっとポルノを見て、楽しむべきだ。そうすることで、女性がポルノを監視し、犯罪性の高いポルノを抑制できる」と発言。一時期物議をかもしたが、今[いつ?]では比較的受け入れられている。[要出典]

これを受けてオーストラリアでは、「ノン・バイオレンス・エロチカ」と言われる、暴力性の無いポルノは無修整でも完全に合法とされ、女性でも見る者が多くなっている。英国にある世界最大のポルノショップのオーナーも女性である。

非性的なもの[編集]

転じて、性的描写が含まれないものでも、非合法でひそかに流通しているものを「裏ビデオ」と称することがある。例として以下のようなものがある。

  • 本来許されていない場面で、個人が隠しカメラを持ち込んで撮影したもの(コンサートや演劇など。ブートレグも参照)。
  • 一度テレビ放映されたもので、後に「欠番」などと称され、諸般の事情や肖像権の関係で再映像化が行われなくなったもの(代表的なものとしてウルトラセブンの第12話、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアント戦のプロレス中継など)。
  • 倫理的な理由で、通常映像化が行われにくいもので、実際に殺人が行われるシーンや、爆弾テロでの死者や戦争での大量殺戮現場などを撮影したグロテスクなものなど(NHKスペシャル「世紀を越えて」でオープニングのクロスカッティングに用いられたものもある)。
ただし、これら非性的なものはYouTubeなどインターネット動画共有サービスの普及により流通しやすくなっている。

販売方法[編集]

合法のアダルトビデオとは異なり、一般的なレンタルビデオ店には置かれず、下記に示す流通法で販売されている。初期の作品が家庭用ビデオカメラを用いて撮影、編集されているものも多いうえに、ダビングを繰り返されているのも多いため、一般的に映像の品質は高くない。しかし近年[いつ?]ではファイル交換ソフトの普及で(非合法ではあるが)だれでも無料で裏ビデオの入手が可能になった為に、原版と同一で画質の良好なものが多数存在している。DVDプレーヤーの普及に伴い、メディアはDVD-Rへ移行しつつある。

わいせつ物は陳列、販売、頒布することは違法になるが、単に所持しているのみでは違法とされていない(ただし、販売する目的での所持を除く)。そのため、裏ビデオを買った場合に取締りの対象になるのは店側のみである。ただし、証拠品として警察にビデオ提出を要求されたり、事情聴取として連行されたりすることがある。

ネット上に販売サイトを開設し、米国のハワイ州カリフォルニア州などから発送を行う業者がある。国際発送を行うのは、業者が販売の罪に問われるリスクを低減するためである。しかし、裏ビデオは輸入禁制品であるため、税関で没収されたり、荷物の開封の要請がくる場合もある。現地にて直接購入する場合も同様である。

なお、米国で成人限定で合法の無修整アダルトビデオを米国発信、日本でweb閲覧することは、日本のわいせつ物頒布罪に触れない。しかしアメリカでは、2257法案などにより、アメリカ国内で未成年へのアダルトビデオ販売に関する規制が厳しくなっており、年齢確認証明などの成人限定という写真付き本人証明の提出登録などの手続きが必須となっており、違反した場合は米国連邦捜査局(FBI)の調査が入り、摘発された場合は20年の禁固刑が科せられる。

販売経路[編集]

主な経路を示す。

  • 繁華街のアダルトショップ(合法アダルトビデオと共に売られている店と、裏ビデオ専門店とある。通販対応しているところも少なくない)。暴力団の資金源とも言われる。
  • アダルトショップ店内での呼び込み(レンタル会議室などに客を集めて、リストを見せて選ばせる)
  • 独身男性(女性)の家(アパート)にビラを投函し、宅配便や販売者が届ける。
  • インターネット合法サイト(ハワイ州やカリフォルニア州など)を用いての販売(州内では合法)

一般的にこの種のビデオの価格は1本あたり約1,000円から1万円を超える高価な物まで様々である。ただし、データ配信のみ、まとめ買い、コピー商品(著作権などでも違法)などでは1本300円以下になることもあり、低価格化が進んでいる。現状では、海外で直接購入したりファイル共有ソフトで入手した裏DVDをコピーして販売する業者が価格破壊に乗り出しており、1本800円から1000円程度で入手できる。かつてのビデオテープなどのダビングとは異なり、デジタルデータは無劣化で複製できるため、コピーとはいえ高品質な裏ビデオを入手できるとされる。

インターネットでの動画配信サイトでは、メディアという直接媒体を不要とするため流通リスクを犯さずに日本撮影関係者が無修整流通ルートを確保する手段でもあり、顧客もブロードバンド普及とともにweb配信へ移行している。しかし、裏ビデオを大量購入しやすくなったことと商品在庫という概念が無くなったので市場規模は拡大している。

近年の流通経路[編集]

近年[いつ?]はインターネットによるストリーミング再生を用いて裏ビデオが流通することが多く、直接商品販売経路とは別のデータのみの販売という第二の流通経路として存在している。理由として日本では裏ビデオ配信は違法で犯罪であっても、海外で成人限定の裏ビデオは「合法」とされている国家から裏ビデオが送信されている。他国の領域内ですべて完結した営利目的の裏ビデオ動画配信サイトのデータ更新等の行為は、その他国の法律が適用されて日本のわいせつ物頒布罪が適用されないので主流になってきている。

具体的には、海外においてあるサーバよりWMVDivXなどの圧縮した映像をDRM化でコピーコントロールした、ストリーム再生技術を使用したweb配信の利用である。動画の決済には配信先の国家の通貨建てのクレジットカード支払である。

違法性の高いロリータ物から海外のweb配信ものまで幅広く流通している。基本的に全ジャンル流通していると言ってよいだろう。

ファイル共有ソフトを用いる裏ビデオの流通も、雑誌でだれでも簡単に収集可能と紹介された為、(非合法ではあるが)高画質な裏ビデオを無料で入手することができる。これらはファイル共有ソフトウェアで蔓延しているコンピュータウィルスに感染するリスクを伴い、裏ビデオの収集が原因となっている可能性が高い(これはウィルスによって情報と共に添付される検索ワードファイルから確認可能)。情報流出事件も多発しているため、違法であると共に情報流出という点からも安易な利用は避けるべきである(情報流出では実際に収集していたものに関して報道される場合がほとんど無いが、これらの流通経路を秘匿する為とも、わいせつ物頒布罪の法解釈の盲点や矛盾点が表面化されない為とも言われる)。

これらは、裏ビデオという非合法性をはらみつつ、さらに著作権法にも違反している。

ファイル共有ソフトの台頭によって裏ビデオを無料で入手可能な状況となり、既存の裏ビデオ業者は存続の危機に立たされている。

主な作品[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和54年警察白書 - わいせつフィルムをもとに複製したビデオテープをサービス品につけてビデオコーダーの売上げを伸ばそうと計画。
  2. ^ 昭和55年警察白書 - 電気器具販売業者がビデオデッキの販売促進手段として、わいせつビデオテープを抱き合わせで販売。

参考文献[編集]

関連項目[編集]