スナッフフィルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スナッフフィルム(Snuff film)は娯楽用途に流通させる目的で行われた実際の殺人の様子を撮影した映像作品を指す俗語[1]スナッフビデオスナッフムービー殺人フィルム殺人ビデオ[2]ともいう。『ジャンク』シリーズなどのように死体映像、解剖映像、事故映像、処刑映像など、撮影者が殺したわけではない映像はこれに含まれない。

概要[編集]

スナッフとは蝋燭を吹き消す擬音語であり、転じてイギリスでは「殺す」のスラングとなっていた[1]。スナッフフィルムという言葉が初めて使われたのは、1971年に出版されたエド・サンダーソンが書いたマンソンファミリーを扱った書籍である。その本の中でサンダーソンは「マンソンファミリーが殺人の様子を撮影したビデオが存在する」旨でインタビューを行っているが、そのインタビュー対象者は実際にはスナッフフィルムを見てはいない[1]

これをきっかけに、スナッフフィルムは「裏世界では娯楽のために人が殺され、その模様を収めたフィルムがひそかに売買されているらしい」などといった噂とともに知られるようになり、様々な作品の題材に取り上げられている。特に1975年モンド映画スナッフ/SNUFF』は実際のスナッフフィルムとの触れ込みで公開されたことで有名である[1]。また『食人族』のように、劇中の映画撮影隊が殺人行為を撮影したり殺されたりする場面をリアルに演出し、さらに誇大宣伝をすることによって本物の殺人映像と思い込ませた例もある。

2008年末、「ウクライナ21」と呼ばれる、ウクライナの若者達が男性を拷問の末殺害するホームビデオがインターネット上で出回り、誰でも閲覧が可能となった。これらのビデオでは快楽目的の殺人行為が記録されている。報道では、ドニプロペトロウシクに住む19歳の若者2人が、2007年夏の1ヶ月程度の間に21人を殺害したとされている[3]。男性の動画の他、死んだネコのとなりでにっこり笑うスナップもあった。 この「ウクライナ21」は「犯人たちがその後、殺害映像を販売する予定であったとの証言もある」ことから、「有史初のスナッフ・フィルムである[4]」とされる。

信憑性[編集]

実際に娯楽・流通のために人を殺した映像だという「本物」のスナッフフィルムは今日まで表面化したことがなく、都市伝説モラル・パニックに類するものである[1]。ただしホラー映画や小説などの題材としては数多く扱われていた。こうした映画は、観客の欲情に訴えるゆえに本質的にポルノグラフィーの一種だとする定義もある[5]

またセックスサディストと呼ばれるような極度の加虐主義者の欲求を満たすために作られた本物の殺人さながらのフィクション・ポルノが存在し、アメリカの連続殺人犯テッド・バンディ等が愛好者だったことが知られる。ただしフィクション・ポルノがその性的志向をさらに強化するように働くのか、それとも欲求を満たすためのはけ口に留まるのかは未実証である。

記録された殺人[編集]

ドイツの殺人犯アルミン・マイヴェス[6]のようにさまざまな殺人者は殺人の様子をビデオに収めているが、「娯楽用途に流通させる目的」には当てはまらないため厳密な意味でのスナッフフィルムに当たらない。

興業目的で動物を殺害する映像を収めた「アニマル・スナッフ」は少なからず実在している。世界最初のアニマル・スナッフは、電流戦争1899年に、交流送電陣と対立していたトーマス・エジソンが交流電流がいかに危険かを示す宣伝映画を作るために撮影させた、トプシー)を一瞬で感電死させる映像とされている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e snopes.com: Snuff Films” (2006年10月31日). 2014年8月19日閲覧。
  2. ^ 宇佐和通 『THE都市伝説』 新紀元社、2004年、122-125頁。
  3. ^ Ilyinskaya, Marina. “Dnepropetrovsk Maniacs hear verdict” (Russian). blik.ua. 2014年8月19日閲覧。
  4. ^ 福田光睦 『放送できない怪事件』(ミリオン出版、2014年)188頁、190頁
  5. ^ Definition of "snuff film", dictionary.com
  6. ^ “German 'cannibal' tells of regret”. BBC. (2003年11月23日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/3230774.stm 2014年8月19日閲覧。 

外部リンク[編集]