ヌードシーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヌードシーン(英語:nude scene)は、映画テレビドラマなどで俳優全裸ヌード)もしくは半裸で映るシーンのこと。 ヌードシーンのうち、性行為の描写を伴うものは濡れ場(ぬれば)と呼ばれる。

一般映画やテレビドラマでの濡れ場、入浴シーンなどはカメラの写らない部分(濡れ場であれば布団等の中、入浴シーンであれば入浴剤などで着色した浴槽の中)で何らかの衣装を着させている場合があるが、これはあくまで裸に見せかけているだけなので、ヌードシーンには含まれない。

歴史[編集]

映画におけるヌードシーンは、長い間論争の的となっている。サイレント映画時代には、既にヌードシーンを売りとする映画が複数存在した。これらに対する非難に対し、米国ではヘイズ・コードと呼ばれる自主規制基準が制定され、1930年代から1960年代までの間ヌード描写が原則禁止された。ただし1950年代始めにはヌーディズムに関する半ドキュメンタリー映画がヌーディストの裸体を、また1959年の『インモラル・ミスター・ティーズ』は一般のヌードシーンを含んでいた。

ヘイズコードが廃止されるとともに自主規制が現在のようなレイティング方式に移行すると、多くの米国映画がヌードシーンを売り物にするようになった。しかし、一方で正面からの全裸描写(full frontal nudityヘアヌードに類似)、特に男性のそれについてはまだ稀少な存在にとどまっている。この点についてはヨーロッパ映画においての開放・普及がとくに目覚ましく、また、ヌードシーン(性的ではあるが、ポルノではないもの)に対する観客の理解・許容度も深いとされる。

以下の映画はそのヌードシーンに関して公開時に話題となった作品と、論争を巻き起こした歴史的に重要な作品のリストである。

日本映画[編集]

日本映画において初めて全裸になったのは、1956年の『女真珠王の復讐』における前田通子であるとされる。ただし該当シーンは女優の背後からの撮影であるため、現代の基準と比較すると非常にソフトな描写であった。

1960年代からは若松孝二の革命的ピンク映画が、新しい映画の表現様式を提示してきた。また日活は、71年からロマン・ポルノ路線を歩んだ。さらに76年の大島渚監督・松田英子主演の『愛のコリーダ』で、ヌードと性表現はその頂点を迎えることになる。1970年代~1980年代前半において邦画地盤沈下を継続していたために当時清純派と見られていた竹下景子名取裕子ら若手女優がこぞってヌードになり世間を驚かせた。

ヘアヌードが事実上の解禁状態となった1990年代以降では、1994年の『愛の新世界』における鈴木砂羽片岡礼子のヘアヌードが、日本映画における初のヘアヌードである。だが後にCM契約において、イメージを重視する企業側が女優に対してヌードにならないよう要請する場合も出てくるようになり、若手女優のヌードシーンは激減している。前評判との落差で物議を醸した伊東美咲(『海猫』)の例がこれに該当すると報じられている。ヌードシーンを披露しながらもCM契約を継続できた星野真里(『さよならみどりちゃん』)などのような例もある。

関連項目[編集]