AV男優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

AV男優(エーブイだんゆう)とは、アダルトビデオに、主に性行為をする者として出演している男優のこと[1]

概説[編集]

過去にはサオ師とも呼ばれた時期があった。

AV女優が自身の経験と感性、指導された演技をもってセックス時の反応を身体で表現することで主役になるのだとすれば、AV男優は撮影や映像作りの流れをリードするのがその役目である。AVの主役が女優である以上、AV男優はそのAV女優の性交時の反応(演技を含む)を引き出す側に徹することが多い。AV男優は相手との性交を通じて性的欲求を充足することが出来ると思われがちであるが、実際は明るいライトに晧々と照らし出され大勢のスタッフ(AV監督カメラマン音声スチールカメラマン)がいるなかで見せるための性交をせねばならないので、自分が満足するための性交ができない[2]

1980年代のAV男優は、一般の俳優上がりのAV男優が多かった。清水大敬山本竜二がその代表である。またその当時は、ジャケット裏にAV男優の顔が映っており、さらにAV男優名がクレジットに載せられていたが、現在ではほとんど見られなくなっている[3]

AV男優のルックスについては、イケメン系・個性派俳優系・オタク系、キモ系などに分けられる。身長も高身長から低身長、また体格も肥満体形からスリム体形、更に年齢層も若手から老人と様々である。これは、出演するAV女優や作品の設定によって求められる男優像が大きく異なるためである。

近年は鈴木一徹月野帯人などイケメン系の若手男優が注目されているが、彼らの多くは23 - 24歳ほどでデビューし、3年以上のAV男優キャリアを積んでから注目されるのが一般的で、若手AV女優に比べると年齢層は高い。

2012年現在、推定10000人とも言われる現役AV女優に対して、現役AV男優は約70人ほどで、プロのAV男優として認知されてる者は、約20人ほどである。トップクラスのAV男優の年収は1000万円以上になり、高級マンションに住み、高級車を乗りまわす生活を送っている者もいるが、大半のAV男優が独り立ちできずに、消えていくことになる[4][5]。年に数千人がデビューしては消えていくAV女優と比べ、一定の実績を築けば長く活躍できるが、それでも10年以上現役で一流とされるAV男優は十数人程である[6]

デビューから引退まで[編集]

  • 大手AVメーカーMOODYZなど)には、「汁男優友の会」が存在する場合もある。入会金や年会費は無料。18歳以上で、顔出しOKの男性なら、誰でも入会可能。
  • 仕事内容は非常に厳しいものである。常にベストな仕事(芝居、絡み、射精)をするため、スポーツ選手並みの体調管理が必要である。いかなるAV女優とでもいい絡みが出来、撮影進行や画角を考え、常に撮影がスムーズに進行出来るようにするためのホスト並みの気配りが一流男優には要求される。また性感染症の危険性もあるため、特に多忙の男優は常に性病検査(尿検査と血液検査の2つ)を行っている。
  • AV男優としての寿命は人それぞれで、数作で消える者から20数年以上の者もいる。AV男優からAV監督やスタッフに転じる場合もある。
  • AV現場のスタッフが撮影現場においてAV監督に促され、半ば無理やりにAV男優の仕事をさせられる場合もある。

AV男優の仕事[編集]

  • AV女優はAV男優を指名出来るが、AV男優がAV女優を指名する事はできない。印象や体の相性が良い、話が合ってやりやすいなどの理由で、売れっ子のAV女優から指名される事がままある。逆の理由でNG男優も指名できる。会ったこともないAV女優からNG男優にされる事もある[7][2]。作品によっては、ニューハーフと絡むケースもある。
  • AV女優とプライベートな関係になると、AV女優を抱えるプロダクションからNG男優にされる事もある[2][8]。AV女優に手を出すAV男優はメーカーからも嫌われ、起用禁止のお達しがでて、事実上の出入り禁止になる[2]。ただし、AV女優に嫌われないような、適度なコミュニケーション能力も必要である[2]
  • 撮影時間は短い時で約30分、長い場合は1週間など様々である。AV男優は一日数回の射精を数日間の撮影期間中続けるだけの体力と勃起力、そして、射精時にはある程度の精液量を出すことが求められる場合もある。
  • 売れっ子AV男優は多くの現場をこなすため、EDバイアグラやレビトラに頼っているAV男優もいる[9][10]

AV男優のギャラ[編集]

  • 汁男優を卒業した男優たちが、一現場1万円~2万円のギャラで、その上にはキャリア5年以上で、出演本数も200本以上のAV男優で一現場3万円~4万円のギャラである。キャリアが10年以上で、出演本数も2000本以上のトップAV男優で一現場5万円ほどのギャラになる[11]

擬似本番について[編集]

  • 草創期から1980年代は、八割ぐらいが擬似(本当には挿入せず、挿入しているフリだけすること。現在はモザイクが細かくなったことにより、疑似での撮影はかなり難しくなってきている)で、1990年代でも、半分ぐらいが擬似本番をしていた[12]

一般芸能界との関連[編集]

日本のAV男優一覧[編集]

出典[編集]

  1. ^ 安田泰淳さんの雑学研究所
  2. ^ a b c d e [裸一貫 チョコボール向井 p.82~83]
  3. ^ AVマイスター・東風克智が語る AV男優30年史
  4. ^ 『セックスの向こう側〜AV男優という生き方』
  5. ^ [あの人の年収がズバリ!わかる本 p.179~180]
  6. ^ AVマイスター・東風克智が語る AV男優30年史
  7. ^ AVマイスター・東風克智が語る AV男優30年史
  8. ^ AV黄金時代・序章──太賀麻郎という名の伝説
  9. ^ ベテランAV男優“ゴールドフィンガー”加藤鷹「俺たちは『強制撤去』されている
  10. ^ 有名男女13人「人生引き際」の美学 (6) チョコボール向井 時代の変化に「飲食店」オーナーに転身 「もうプロの男優が必要ないと痛感した」
  11. ^ [哲学 チョコボール向井 p.45~46]
  12. ^ [哲学 チョコボール向井 p.169~171]

関連項目[編集]