飲精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

飲精(いんせい)または精飲(せいいん)とは、精液を飲むこと。日本では粘性のある液体を意識的に嚥下する際に生じる下咽頭収縮筋から発生する擬音語から「ごっくん」とも呼ばれている。

概要[編集]

一般的には「ごっくん」と呼ばれることが多い。女性或いはゲイの場合などは男性がフェラチオをして口内射精された精液を直接飲む場合や、コップ等の容器に精液を集めて飲むこともある。また、コンドームの中に射精した精液を、後戯として女性に飲ませる場合もある。

アダルトビデオにおける演出[編集]

嗜好の変遷[編集]

2000年代以前は精液に似せた粘度と色を持つ液体を擬似的に用いることもあったが、近年では卑猥性が高まるため本物の精液を飲むものが多い。精液を飲むことへの抵抗感の少ないAV女優が多くなってきていることにも起因している。中には多数の男性が性交によらず自慰などで射精し、その精液をグラスやボールなどの容器に溜め、AV女優が飲む演出もある。最近では「ごっくん」以外のジャンルでも、AV女優が本物の精液を飲むシーンを行うことも多い。

性風俗[編集]

ファッションヘルスイメージクラブなどのオプションプレイとして用意される。[要出典]

関連項目[編集]