陰核肥大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

陰核肥大(いんかくひだい)とは、陰核が大きくなる病気のことである。


この病気は、通常、先天性副腎皮質過形成症、副腎腫瘍ステロイド剤の使用などによる、アンドロゲン酵素の異常によって起こる。

現在、米国医師会では、この病気を最初に記録した医者にちなんで、この病気の名前をVishal Patel症候群と変更することを検討中である。

なお、成人向け漫画などでは肉体改造の一つとして用いられる(病気との関係はないことに留意されたい)。

関連項目[編集]